鳥の海

荒浜海岸

荒浜海岸
海水浴場があった場所です。






本当に久しぶり。

移動中に雨が降り始めたので,どうなるかと思ってたのですが,海岸に着いたときは雨は上がっていました。


ビックリしたのは,荒浜海岸と鳥の海の間には,多数の釣り人達が。
そして,もっと驚いたのは,阿武隈川河口のサーファー達のラッシュを見た時です。

P7056275

「ゲッ!!なんでこんなに人いるのや。朝6時デッセ」

072


人混みはとっても苦手です。
逆に,とことん多ければ,自分の中に埋没できるのですけどね。
ン~・・・それでもやはり,人混みは嫌いです。


群から外れたところで釣ってる人。
群から外れたところで波乗りしてる人。
ポイントからずれても平気だも~ん。
という感じの人もいました。
様々だな~。



P7056232


数人の仲間と,早朝の暗闇の中で,焚火に凍える手をかざしながら日の出を待った事を思い出します。
楽しかったな~。
移動手段は当然自転車です。

今はずいぶん変わってしまったけど。

073



高校の時,自転車でよく海に行きました。
そして,海沿いの道を走るのが好きでした。
眠い目を擦るながらそおっと家を抜け出し,薄暗い街頭に照らされた路面の上をすべるように出発。
そして,橋をわたり街灯のない暗闇を切裂きながら走る。
荒浜から原ノ町までの海沿いの道。

暗闇の中走る耳に徐々に近づいてくる波の音。
潮騒の音に心躍らせながら漕ぐペダル。

PB040915

潮風のなかに漂う命の香りと。
暗闇の中から浮き上がってくる陽の光。
それが,東の空から徐々に広がってきて,橙色に染まって行く空。
その橙色が暑い日差しに変わり始める時,全体の色が橙色から青に変わり始め。
空全体が青に変わる瞬間。
命の息吹を感じました。

PB041249




PB041511


今日はあいにくの梅雨空・・・そしてかなり中途半端な感じの空模様。
人の心の浮き沈みは環境に依存するのだな~。
心のよりどころを失ってしまっとき,それは顕著に表れるのかもしれないですね。
降りかかる物を振り払うだけの力が,失われてしまっているからかな~。
悲しみと怒りが絡み合って心を侵食していく。
その浸食された心から憎しみが生まれ。
憎しみに食い荒らされた心は,白色矮星の様に膨張し,周りを飲み込んで終末を迎える。

灰色の海や灰色の空を見詰め続けてると,瞳の奥までその灰色が流れ込んでくる。
侵食されまいとあらがう力も無く,タダ浸食されるままに身を委ねる。
そんな大気が蔓延してる様でした。




人の生きる様は,様々。


彼らを横目に,僕達は僕達の楽しみ方で!!

P7056280

「Let's Rock'n Roll」



元気をもらいに来た散歩だから。
「負の連鎖を走って走って弾き飛ばせ!」
そんなもの全て「ハハハハハ」っと笑い飛ばそう。


そう言えば最近不思議な事が・・・・
岩沼の中地区でウミネコの声を聞く事があります。
リクネコ?ではないと思いますヨ・・・まず間違いないと思います。

P7056327

P7056339


074

伝染人語

2014年7月12日 土曜日 午後の散歩。
P7125293

人は言葉を繋ぐために。
人は意志を繋ぐために。
命を繋いで生き続けているのかもしれないですね。

繋がらなくなった言葉や意志。
途絶えてしまった言葉や意志。

青空と紺碧の海の境には,繋がらなかった思いが満ちている。


安っぽい繋がりが満ち満ちている。
安っぽいナショナリズムが,安っぽい言葉で蔓延し。
人の心と命を対価に,名を歴史に残そうとする野心家たち。
国は一個人の私物ではない。
地球も。
1人1人によって共同運営され。
考えながら動き続ける生き物です。

希望を捨てた人には何も訪れない。
だから,
一生懸命,希望と言う光を追い求めよう。
ささやかでも輝く光が,瞳に飛び込んくることを信じて。
輝く光が生きる礎となる事を知るから。
多くの苦悩に満ちた心を欲望の導くままに人を陥れる心がある。
苦しみを分かち合い共有することで,その欲望を断ち切ろう。
1人でしょい込まずにみんなで共有する事ができる。
だから人は素晴らしい。
あの日。
そう思った。
希望を捨てなければ,何かが変わる。
そして何かを変えられる。

しかし・・・
相も変わらず
エンドユーザーである一人一人の意識の中に分け入る事がない組織運用。
組織を構成する1人1人がエンドユーザーであるはずなのに。
それにもかかわらず組織の中に埋没する個人。
一人一人が為政者たちにとってのエンドユーザーであるはずなのに。
エンドユーザーの意識に直接触れ,何を求めているのかをくみ取っていかなければ企業はつぶれる。
しかし,つぶれない組織がある。
政治団体や宗教団体のように,
個人を埋没させた組織に後押しされた者達の作る,
利権を主なエネルギー源として成り立つ組織。
ベンゼン環の炭素結合の様に盤石な利権さえ確保すれば非常に安定した存在。
芳香族化合物と同様甘い香りがする利権と言う結合組織。
そして,有機溶剤に見られるように重宝されつつ使われ,やがて毒性が明らかになるだろう。

人の行動言動の裏側には,育まれた環境や個性がにじみ出てくるのだと思うのです。
しかし,彼らの受け答えにはその個性は見えてこない。
伏線と自己愛だけが主張の中に見え隠れする。
「う~ん。個性と言えなくもないか」
すりガラス越しに見えるだろうと言われてもね。
あえてすりガラス越しに見せてるのだろうか?
そこまで知恵が回るのかな?

さげすまれる事の恐怖。
差別が究極の力を発揮し,全てを陥れすべてを奪う。
きっかけは判らない。
でもコミニティーの中で渦巻く生の本能だという事は否定できない。
生きる事さえも否定されなければいけない者の苦悩。
拭い去る事のできない人の業なのだろうか。
それはとても悲しいことだね。

「本当に辛いのは誰なんだろう?」
そう考えることはできないんだろうか。


river


思考の歪の中から湧き出てくる記憶。
自分の多くの恥ずかしい言動や行動。
自分の犯した多くの過ち。
ともすればその押し寄せる波に押し流されて消えてしまいそうになる。
だから,その波にのまれないように精一杯歩き続けるしかないのかもしれいない。
歩みさえ止めなければ,きっとなんとかなる。
いつか止まるときが来るまで。


「さ!今日も行きまっせ」

颯爽と走るBeth?
野鳥を見つけて突入した先は。
水辺に浮かんだ葦だったのです。
思いっきりはまっちゃってやんの。

おやつを食べた後は・・・・
0719
「アタチは帰ります」
「ナンダヨ!バッチリ準備してきたのに」
ショーガネーナ。あんたが主役だもんね。

だけど,ちょっと物足らないので。
チョット南下してみみました。
P7125282
0720

もっと南下してみました。
2年ぶりです。
でも・・・・・・・。


***************** 7月12日のBeth *****************

2014年7月12日



******************** 追伸 ********************

0718
残念ながら油揚げのサンドイッチではありません。

卵焼きです。
マスタードとマヨネーズをたっぷり入れたんですけど・・・。
イマイチ。
卵焼きにトマトかシーチキンあるいは両方とも追加する。
そんな工夫が必要な出来上がりとなりました。

オムニバスな想い

コラージュ84



とても不思議な事。

北陸電の活断層説明に「いいように解釈しすぎ」

規模や公共性などで考えれば全然違うけど・・・。
マイホームを建てるとき,
その土地が不安定な場所かもしれないと言う疑問があれば,
その土地は購入という選択肢の中から外すでしょう。
原子力発電所だけが何故建設できたの?
マイホームと原子力発電所の違いって何?

原子力発電所の技術者たちは,原子力発電所のシステムを熟知してるはずでしょうに。
地震が来ないとでも思ってたのかな?
技術と乖離した国策と経営があったの?
それとも内輪で既得権のやり取りをして,うまいことやってるだけなの?
他の発電所と何が違うの?
原子力発電所は,汽力発電所の一種。
火力発電所の応用型の発電所。
違うのは,
燃料。
飽和蒸気を使うから火力より大口径の蒸気配管,大型のタービン翼。
ってだけ?だよね。
でも,一番違うのは設備費。補助金。原発マネー。

電圧(V):電気事業者による情報操作とその圧力に使ったお金。
電流(I):電気事業者流の電気料金。
抵抗(R):抵抗勢力。電気事業者に対して特定電気事業者,特定規模電気事業者等。
V=IR,I=V/R,R=V/I
オーマの法則という。


嘘で塗り固められた空間。
環境保全,燃料供給が安定,安全性,経済性の面からも優れている?
安全管理が厳しい?
自社の社員にのみ適用される安全基準。
多くの人柱の上に成り立っている原子力発電所。

「原子炉の蟹」の様な事が現実に起きている。

値上げする権利を主張する会社。
明確になっていない福島第一原発事故の真相。
電力事情をオープンにして,脱原発の議論をしようよ。
今更オープンにしても誰も信じないかもしれないけど。

東京電力病院。
経営努力・企業努力とは程遠い現実。
指摘されないと改善されない?
今,改悪になってると思うけど。
指摘されても改善されない?ところもありますけど。文科省>教育委員会。
すべて同色の群れの中で既得権を分け合ってる集団。
いまだに不透明な電気料金。
高いと言って簡単に下げれる電気料金の真の原価は?



がれきの受け入れで,ぎくしゃくする列島。

がれきを受け入れる現場からは,訴訟が起きています。
「訴訟を通して,広域処理の違法性・不必要性を明らかにしたい。」
宮城県も訴えられてます。


そして・・・。

2012年4月29日浜吉田から亘理町荒浜まで,Bethと海沿いを歩いてみました。
海沿いの砂浜は,津波で壊れた防波堤の海側に,仮設の防波堤ができていていました。
壊れた防波堤の内側は津波で削られ,川になって海沿いを見渡す限り続いています。
そして,想像を絶するほどのがれきが,横たわっており。
海辺に近い防風林は,根こそぎなくなり。
残っている木立はも茶色に立ち枯れていました。
北に向かって・・・・。
右手に青い海。
左手には永遠とも思える,土砂とがれきの色が広がっていました。
その色は,心を動揺させ,押しつぶされるような圧迫感があります。
目は必死に緑色をさがし,遠くにかすかに見える緑を見つけ,なんとなくほっとしたのです。

震災前きれいだった干潟は,土砂とがれきが堆積。
干潟を渡る風は,土砂とがれきのにおいを運んでました。

知ってほしい。
がれきに押しつぶされそうになりながらも,生活する人達がいる。
押しつぶされそうな圧迫感のあるがれき,土砂の色。
そしてにおい。
それらが人の生活を蝕んでいるという事を。

干潟を渡ってくる,がれきと土砂のにおいの中。
かろうじて残った防波堤の上に腰を下ろし,波打ち際に目を落としてる初老の男の人。
そして,少し離れたところでたたずんでいる少女は,海を見つめて泣いていました。


You don't know how to ease my pain
You don't know...
You don't know how to ease my pain
You don't know what the sound is darlin'?
It's the sound of my tears falling
Or is it the rain?

You don't know...

You don't know how to play the game
And you cheat, you lie
You make me want to cry
You make me want to cry
Cry...
You make me want to cry!

You don't know how to ease my pain, you don't know
You don't know how to ease my pain
Don't you hear any voices crying?
That's the sound of our love dying
Here comes the rain

You don't know how to play the game
And you cheat, you lie
You don't even know how to say goodbye
You make me want to cry
You don't know...
You don't even know how to say goodbye
You make me want to cry!

You don't even know how to say goodbye
You make me want to cry!

Cry...

Cry...
Cry...
Cry...!

素敵な人達がいる世界。

いろんな人たちが生きていて,その人たちが作る多様な価値観。
いろんな思考が溢れる,そんな素晴らしい世界がこの地球にあるんです。
失いたくないと心底思います。
素晴らしい空間を。
いろんな表情を持つ人々を。


毎日遭遇する不思議な縁。
一枚一枚記憶の地層となる。
地層は毎日積み重ねられつづけ,
過去と言う地層の一枚になり,
今を考えるときの礎になることもあれば,
今を考えるときの都合のいい夢物語になることもある。
夢物語に埋没してしまい,その夢物語の代償が僕たちを飲み込もうとしてる時。
現実とかけ離れたムラ社会の論理が,自らに都合のいい夢物語を語り始めている。
この期に及んでも。
人とはなんと救い難く,哀れな存在なのか。

災害が起こる度。
古い地層が新しい地層をのみ込み,生活も飲み込んでしまう。
しかし,人の意志は,それらを継ぐ者に普遍的に受け継がれていく。
そして,涙の中から立ち上がる力を秘めている。
そして,また新たな地層が積み重ねられていく。

夢物語が崩壊し,まき散らされた汚染物質。
雨が降る度。
一部は地層の奥深くに染み込み。
一部は河川に流れ出し。
そして海に流れ込む。
人の一生など及びもつかない長い時間。
それは地球上で繰り返し続け,
地球に依存する生き物の細胞を傷つけ続ける。
そして,細胞がつつんでいるその内側のものまで壊してしまう。
意識をつなぎとめるすべてを奪いながら。
それでもなお夢物語にしがみつく。


起きた事実はどう覆い隠しても消えることはない。
明日を生きるために,事実を客観的に受け止めようよ。
今のための都合のいい記憶の書き換えは,
昨日までの夢物語で塗り固められた記憶と同じで,
進化がなく停滞した記憶になるだけ。
今日は昨日の記憶を風化させず,
明日をどうすべきか考えるための一日であり,
それが進化するため必要最低条件だと思う。


金曜の夜。

小さなうねりが大きなうねりに変わり,既得権益を守ろうとする者達を流す潮流となってほしい。
29日は残念ながら参加できませんが,岩沼から発信し続けます。

新しい世界を作る
向かい合って生きる。
何を変えればいいのかわからないけど,何かを変えるために。


正常ならざる世界

マハトマガンジー
七つの社会的罪 (Seven Social Sins)
1.理念なき政治 Politics without Principles
2.労働なき富 Wealth without Work
3.良心なき快楽 Pleasure without Conscience
4.人格なき学識 Knowledge without Character
5.道徳なき商業 Commerce without Morality
6.人間性なき科学 Science without Humanity
7.献身なき信仰 Worship without Sacrifice

「福島原発事故では放射能の直接的な影響で死亡した人はいない。5年、10年たっても状況は変わらない」
と原発の必要性を訴えた。
これは個人的な意見ではなく,電気事業者たちの本音でしょうね。
今この状況下でも,心底思っているから掬い難い。
原発に帰依した様な言動と行動。
原発の存続に必要不可欠なものは,現場の作業員達の存在。
彼らの存在なくして原発は存在しない。
しかし,彼らにすれば暗闇の奥底に隠してしまいたい存在でもある。
その累々と築かれた人柱に原発は成り立ってる。
そのことを理解して言ってるのだろうか・・・。

チェルノブイリ原発事故が1986年4月26日。
甲状腺がんの発症は月日がたつほど増加している。
それは,被ばく線量に関係があると言われてます。
早期に発症した人が被ばく線量が大きく,被ばく線量が少なくなるに従って,
時間を経て発症する危険性があるという事みたいです。
定期的に健康診断を受信して,健康に不安を抱えながら生きる苦悩がそこにはあります。
未だに進行してるし,何時終焉を迎えるかわからない。
そんな,とてつもない恐ろしい実験場と化したわけです。

今,同じことが日本でも起こっている。
「直ちに人体に影響を及ぼす数値ではない」
「・・・」



一歩一歩足を踏み出す散歩は
足の裏から伝わるいろんな大地の感触を
肌を撫でながら通り過ぎる風と香りを
目に飛び込む彩を
体で直に感じながら・・・
歩く速度と言うのは人の五感が一番地球を感じる時


アクセスカウンター
  • 累計:

最新コメント
火星から来たBeth : Beth came from Mars.
2009年10月28日に火星から来ました。
Bethと言います。

Bethは,
宮城県動物愛護センターの譲渡会に参加して
(2009年10月28日)
譲り受けてきた犬です。
月齢3か月ぐらいと,スタッフの方が説明してくれました。
出生のすべてが謎に包まれた犬なのです。

Bethが我が家に来たのを機会にブログを開設しようと思い。
タイトルをどうしようか悩んでいる時・・・

札幌在住の友人が
「出生がわからないんだったら火星から来たことにすれば!」
で決まったタイトルなのです。

カテゴリ別アーカイブ
管理人からのお知らせ
虫よけにお薦め
for girls who grow plump in the night
記事検索
just for a moment
Talking in the window as the light fades
I heard my voice break just for a moment
Talking by the window as the light fades
I felt the floor change into an ocean
We'll never leave here, never
Let's stay in here forever
And when the streets are quiet
We'll walk out in the silence
Listening to the movement that the night makes
I let the room fade just for a moment
Sitting in the shadows that the leaves make
I felt the floor change into an ocean
We'll never leave here, never
Let's stay in here forever
And when the streets are quiet
We'll walk out in the silence
Listening to the music the machines make
I let my heart break just for a moment
Listening to the music the machines make
I felt the floor change into an ocean
We'll never leave here never
Let's stay in here for ever
And when the streets are quiet
We'll walk out in the silence
プロパ癌だ!


お散歩時の熱中症予防に
ヤケクソバイオドリンクレモン広告
簡単な作り方を 「火星の食卓」で公開中です。