里山

千貫

尻尾の感じは,勢いよくルンルン。

PB138664

「ホンジャ行きますか」








登るぞ~と言う気合は,いらない。
そんな山歩きも素敵です。
人気(にんき)のある山は,結構人がいます。
追い抜かれたり。追い抜かれたり?追い抜かれたり??
(ご想像にお任せします)
へなちょこ登山家の端くれだって事さ。

静かに歩きながら,自分の時間に埋没できる。
値千貫の山歩き。
そしてここは千貫山。

若干の問題点は,街の喧騒がどうしてもついて回る。
そして,オフロードのオートバイは,流石に腹立たしい。
山にまで来て我を通してどうすんの?
ま~,くだらない事に怒ってもしょうがない。
余計なエネルギーは使わない。
でも,ウインカー挙げずに曲がってくる車には,やっぱり腹が立つ。
直進すると思って待ってるんだから。
これは平地の話です。


いきなり面白い物を見つけました

PB138669

アップで

PB138670


PB138671




PB138673


一気にベゴ岩まで・・・
ベゴ岩は苔むしてました。

PB138689


PB138697

ここを沢沿いに下り分岐点を左に行くと赤松展望台。
そのまま沢沿いを下りると竹藪があり,更に下ると砂防ダムに出ます。
新明寺沢砂防ダムです。
全く手入れされていない竹藪は,竹の枝が様々な方角から襲ってくるので注意が必要です。
竹藪を抜けると沢の中を歩いて砂防ダムに出ます。
そして,砂防ダムの右端から荒れた道があるのですが,まだ歩った事はありません。
この砂防ダムの上からはすぐそばに民家が見えます。
この民家に通ずる道が砂防ダムの左端にあります。
歩きやすい道なのでスタスタ下りて行ってしまうと,この民家の私有地に出ます。
「スミマセ~ン。道に迷って下りてしまいました~」とミエミエの嘘をついて無理やり通り過ぎ,私有地を出ると立て看板があります。
「私有地につき・・・」と。
なので,要注意です。
左側に朽ち果てた石の階段が,ここも竹藪に覆われており。
その階段の生い茂った竹の枝をかいくぐって登っていくと。
世間から忘れ去られた様な,大日如来堂があります。
管理されていないせいで,何か出そうで,風情?があり,僕のお気に入りです。
新明寺沢周辺は,でかいイノシシが出没しますので,これも要注意です。
この沢は下れば下る程,獣の匂いが強くなります。
僕の鼻腔にも感じるので,Bethはビンビンに感じるのではないでしょうか。
ベゴ岩まで来ると,獣の匂いを追っかけて,新明寺沢の方へ下りたがります。
新明寺沢へ下ると,砂防ダムから同じ道を登り返さなければいけないので,めんどくさいのであまり行きません。

Bethは「行こうよ」って言ってます。

PB138704


でも行きません。
今日はそんな気分じゃないし。
あまり猪には遭遇したくないし。

Bethとの行く行かないの駆け引きの間。
ベゴ岩の苔を撮影しました。

117


見事です。

今日は木の橋を渡って,蔵王展望地を経由して千貫山へ戻る予定です。

PB138706

いろんなルートを行ったり来たりしながら,千貫山へ。

PB138710




118



記念撮影をしながら

116


夕闇迫る,岩沼の街並み。

PB138738

PB138742

PB138747

その喧騒の源の町並みの水辺で,溺れそうな感覚を味わいつつ。
一歩,また一歩下りながら・・・泡沫の灯に集う人の作り出した刹那的な現実。
その現実へ戻らざるを得ない事に歯ぎしりしながら。
そして,そこでしか生きていけない,苦しさをかみつぶしながら。
口の中に広がる渋さに眉根を寄せ・・・下ります。


お散歩の後のお手入れ

ダニ予防で~す。



鬼石沢デビュー 深山

鬼石沢デビュー : メニュー






深山




深山1






去年ぐらいから,チョイと少ない雪に,楽しみが激減。
程々に降ってもらわないとネ~やっぱり。
20センチ未満て感じですかね,Bethの足の長さからすると。
それ以上の積雪になると。
「ワ~イ」と飛び出して行って。
「ピョン,ピョン,ズボ・・・・・・・・・ピョン,ズボ・・・・・・・・・・・・・・ピョン,ズボ」
そして,こちらをチラ見して。
「デヘヘヘ,駄目だこりゃ」って顔。
そして,同じく「ピョン,ピョン,ズボ」を繰り返して戻ってきます。

雪は全然問題なし。
計画通り『地獄沢』を目指して。
岩沼清掃センターの登り口にある空地に車を止め。
里山のお散歩を決行。


ヤッパリ。
まずは,チョイと味見。

P1236156

雪があると,とりあえず「パクリ」
どんなに寒くても。
吹雪いていても。
そんな中で,脚がブルブル震えていても。
取りあえず「パクリ」
そして「ガリ・ガリ・・・ゴクリ」
雪があると,寄り道しまくり。

北風の吹く氷点下の散歩は。
「サブイ」です。
なにせ,身長の差が大きい。
風にあたる面積が,どう考えても大きい。
なんの障害物も無い,田んぼの真ん中で,雪交じりの風が「バシバシ」きます。
そして,震える手にリードを握りしめながら「ブルルル」
そんな中で「ガリ・ガリ・・・ゴクリ」とやる。
思わず「寒くねーのかよ?」と言ってしまいます。


でも今日は「ま~ユックリ楽しみな~」

P1236165


山道に入って,人がいないのを確認。

「Let's Rock'n Roll」



久しぶりなので,チェック?

017

それとも,何か気配を感じるの?



深山頂上へ近づいて
「ワ~イ」と途中まで走って行ったのですが・・・途中でフリーズ。
「・・・・・」
深山頂上とは逆の方へ走って行ってしまったBeth。
何やらただならぬ気配?

「オイデ~」といっても,ある程度まで来てそれ以上は近寄ってきません。
僕の背後の深山頂上に,気配を感じるらしい。



魚肉ソーセージの次に好きなチーズをちらつかせても,効果なし。

しかたないので,もと来た道を戻り。
少し頂上から離れてから呼んでみると。




リードにつないで,一回休み。

・・・・・・・

ほんじゃ,行きますか。

018


何だったのでしょうね。
妙な気配は,僕も感じてました。
人?でもあまりにも妙な感じでした。
(今日は,ベル持って来てないので,出会いがしらに注意です)



深山2




勝手に地獄沢と信じた道のりの先に待っていた物は・・・鬼石沢へ続く

くれました。あけました。

イヤハヤ。アッと言う間ですな。

2015年12月31日

2015年12月31日

マタギのサブで~す。

12

マタギのサブちゃんとは。
実は山形でマタギをしていたオジチャンの家にいるワンチャンのことなのです。
出身は神奈川県川崎市。
そこからもらわれてきた柴です。
長期出張中の旅館で,困っていた事を解決。
経営者の夫が柴犬のブリーダーをやっていて,お礼に頂いたのだそうです。
もともと狩猟犬を飼っていたそうで,とっても犬好きのオジチャン。
あ散歩の時間とルートが似ているので,よく出会います。

「今日は俺達はゆっくり出かけてきたんだけどさ。いつもの時間になると,お散歩行こう行こうって凄いんだよ」
「犬はお散歩命ですからね」
「暗いうちに出かけて,明るくなる前に帰る。冬だとさ~。どうしてもそうなるよね」
「分かるな~。まったく一緒ですから」

「来年もよろしくネ」


2016年1月1日,2日,3日

013


お正月はやっぱり 『コレ』

餅

調味料が2品増えました。
1つは,味どうらくの里。
もう一つは,一味唐辛子
火星農園で3年前に収穫したげきから唐辛子を,ミルで砕いて一味にしたものです。
とうがらし本体がとても辛い。
そして,細かくし過ぎた。
ですから,吸い込むと大変な事になる,とってもデンジャラスな一味。
蕎麦やうどんに振り掛けた場合,よ~く混ぜ合わせてからすすらないと,とっても危険。
取扱注意品目です。

餅2
これらを塗して,海苔を贅沢に使うのが,火星の食卓流です。

そして,
餅1
大根の甘酢漬けと,小松菜をトッピング。

P1025425

これに餅なし・セリ入り雑煮と,煮しめがあれば,万全。
朝の三連荘。
これさえあれば「腹減った~」等という事なく,つつがなくお正月を過ごす僕。
割と質素なのかもしれませんけど,僕にとってはお正月しか食べれないご馳走なのだから。
贅沢なお食事なのであります。


くれる寸前に,Bethと里山に行きました。
そして,迷いました
さらにあけてすぐ,単独で里山に行き,リベンジしてきました。



アクセスカウンター
  • 累計:

最新コメント
火星から来たBeth : Beth came from Mars.
2009年10月28日に火星から来ました。
Bethと言います。

Bethは,
宮城県動物愛護センターの譲渡会に参加して
(2009年10月28日)
譲り受けてきた犬です。
月齢3か月ぐらいと,スタッフの方が説明してくれました。
出生のすべてが謎に包まれた犬なのです。

Bethが我が家に来たのを機会にブログを開設しようと思い。
タイトルをどうしようか悩んでいる時・・・

札幌在住の友人が
「出生がわからないんだったら火星から来たことにすれば!」
で決まったタイトルなのです。

カテゴリ別アーカイブ
管理人からのお知らせ
虫よけにお薦め
for girls who grow plump in the night
記事検索
just for a moment
Talking in the window as the light fades
I heard my voice break just for a moment
Talking by the window as the light fades
I felt the floor change into an ocean
We'll never leave here, never
Let's stay in here forever
And when the streets are quiet
We'll walk out in the silence
Listening to the movement that the night makes
I let the room fade just for a moment
Sitting in the shadows that the leaves make
I felt the floor change into an ocean
We'll never leave here, never
Let's stay in here forever
And when the streets are quiet
We'll walk out in the silence
Listening to the music the machines make
I let my heart break just for a moment
Listening to the music the machines make
I felt the floor change into an ocean
We'll never leave here never
Let's stay in here for ever
And when the streets are quiet
We'll walk out in the silence
プロパ癌だ!


お散歩時の熱中症予防に
ヤケクソバイオドリンクレモン広告
簡単な作り方を 「火星の食卓」で公開中です。