跨線橋

ノボルとワタル

「スゴ~イ。跨線橋登って来てるんだ~」
「?」
「帰りも,跨線橋登るんでしょ。スゴ~イ。体力ある~」
「?」

「って西ヨークでマロンママに言われたよ」とtomoさん。
「マロン達は,どうやって西ヨークまで来たのよ」と僕。
「車できて,西ヨークの駐車場に車とめて,その周りを散歩してたんだってサ」
「跨線橋を登る?・・・ウ~ン・・・なんか変だよね」

「そう」

「ウ~ン・・・跨線橋ってさ登るもんじゃなくて,渡るもんじゃないのかい」
「ハハハハ,そうよね」

ある日の夜の会話でした。



そして,数日後のある朝。
跨線橋を渡り終えた平地で,マロンママ御一行様と遭遇。
反対側の歩道で佇んでいました。

去年の夏。
マロという名前で紹介しましたが,実は聞き間違っておりましてマロンでした。
僕としてはマロの方がいいですが。

P7157067

7月15日の早朝,跨線橋の上で撮影。
跨線橋の上を,行ったり来たりしてました・・・この時期は。
そして,反対側の歩道だったりすると,「ワ~イ」と言うような感じで,車道を走りながら横切り。
ルンルンお顔で近づいてきました。

今はもうちょっと大人っぽくなってます。


そして,今日もやっぱり「ワ~イ」と走って車道を横切り,ルンルンお顔で近寄ってきました。
「跨線橋下りてきたけど,行きは登って帰りも登ってるの?」
「ウ~ン・・・・・・まあそうですね」
何となく登ってるを否定できませんでした。
そして,
「体力ないからさ~,おばちゃんは跨線橋は登らないの。対岸に行くときは車なのよね」
「(ン?対岸)は~。そうなんですか」
 
ここでちょっと位置関係を説明します。
地図の真ん中あたりで赤く楕円で囲んである部分が跨線橋です。
JR東北本線と常磐線,そして日本製紙線の線路の上に掛かってる橋です。
JR東日本のそれらの線路を挟んで,東側を東ブロック,西側を西ブロックと呼んでいます。
あくまで僕たちのローカルな呼び名です。
そして,僕達もマロン達も東ブロックの住人です。

跨線橋

跨線橋の高さはビルの4階から5階程度と思って頂いていいと思います。
のぼり傾斜が始まって,下り傾斜が終わるまでの距離は,おおよそ350mです。

「跨」の検索結果


丘の様に見えるのかもしれないですね。

05


でもですね~やっぱり,跨線橋は渡るのだと思います。

バックオーライ?

strange boutique


バックオーライ?

まだ夜の闇を引き摺ってる朝。
いつのころから始まったのか定かではないのですが。
跨線橋の登り口から始まる・・・早朝限定のオヤツバトル。
時には上り口で。
時にはその中腹で。
でもまったくいらないときもあります。
滅多にないけど。
『トコトコ』歩いて『ペタン』
後ろを向いて「キリキリ歩くんだBeth」
『しょうがないな~』と言わんばかりに。
『ヒョイ』とお尻をあげて『トコトコ・・・トコトコ・・・トコトコ』歩き始めると。
遠くで救急車の音。
気になるらしく『ペタン』
また後ろを向いて
「トットト歩くんだBeth」とさらに気合を入れる僕。
『ズ~リ,ズ~リ』
徐々に近づく救急車の音。
座ったまま動かない。
仕方がないので,救急車の通り過ぎるのを待つことにし。
しんしんと足から登ってくる冷気に耐えながら救急車の来る東側を見ていると。
救急車は,跨線橋の交差点を南側に左折。
「よ~し,行くぞBeth」
『ズーリ,ズーリ』跨線橋に根っこが生えたみたいになってる。
「しょうがね~な」
Bethの方を向いたまま。
右手の手袋を外してバッグの中のオヤツが入ったビニール袋をガサゴソと二つ取り出す。
後ろを向きながらビニール袋を前方にある街灯にかざして,チーズの入った袋を残し,ジャーキーの入った方をバッグにしまう。
冷たくなり始めた指先に息を吹きかけながらビニール袋のジッパーを外し,ビニール袋の中に人差し指を入れてチーズを4個引っ張り出し袋をしまう。
そのまましゃがんで,
「Bethチーズでっせ」
でも妙に食いつきが悪い。
遠ざかる救急車の音が違う音に聞こえるのかもね?
しかたなく暫しそのままの状態で,Bethのリセットを待つ。
そして,おもむろに『お手』をして『クレ』
4度のお手と4度のムシャムシャの後。
手袋を装着。
「さ~,行きまっせ」
『トコトコ・・・ぺタン・・・・・・・・・・トコトコ・・・ペタン・・・トコトコ・・・・・・・ペタン』
街灯の下で動かない。
「う~ん。しょうがね~」
また手袋を外し,ジャーキー入りの袋をバッグを覗き込みながら取出し。
冷えきった右手でジャーキーを4個取り出して袋をしまう。
そして4度のお手と4度のムシャムシャの後,手袋を装着して。
「さ~,行きまっせ」
しかし,Bethは後ろを向いている僕の陰から顔を出すように前方を覗き見ている。
何か気配があるのかなって思い振り返ってみると。
黒い人影が1個。こちらに向かって歩って来てる。
「ま~いいか」って思いながら,
再度チーズの入った袋を取出し,4個取り出して袋をしまい。
しゃがみながら,
「ホーラBeth・・・お手」
といっても,僕の陰から前方を伺って,食いつきが悪い。
そのままで,Bethのほっぺたを両脇に引っ張りながら通り過ぎるのを待っていると。
足音が大きくなってきて。
Bethが突然立ち上がり,後ろの方に後ずさり。
気配がオカシイ?
足音の感じが普通の歩き方と違う?
いやな予感がした瞬間。
「ドカ・・・・グラグラ」強い衝撃が背中に。
なんだナンダ何が起きたんだっと地面に前のめりながら,転ばないように手をついて。
目をあげると背の高い黒装束の男性が。
「スミマセ~ン」
「?」
「申し訳ありませ~ん」
彼の姿をマジマジ見ながら,
「前見て歩きなさいよ!危ないな~」って言おうと思った瞬間。
彼は僕の方を向いてる事に気付いたのです
「え?後ろ向きでずっと歩って来たって事?」
じゃ前見て歩きなさいよと言っても意味ないよね・・・・等と考えてる間にその男性は,更に黙々と跨線橋を下って南の方に消えたのであります。

Bethはしばらく興奮状態。
僕もしばらく呆然とたたずんでいました。

数十秒経過。
お互いにリセット。
散らばったチーズを拾い上げて4度のお手と4度のムシャムシャの後。
散歩に出発。

おやつ戦線異状なし

P5172387

いつのころからだろう。
跨線橋を東側から西側に渡る時おやつを食べるようになったのは。
というか,
「オヤツクレ~」
おやつをくれないと,
「イキマッシェーン」
とストライキをするようになったのは。
P5202924
なぜか跨線橋の上はワンチャン達にとっては鬼門?のようで。
観察してると,ストライキ決行中のワンちゃん達が結構います。
そして,引きずられる様に連れて行かれてます。
車の中から「ヌハッハッハッ」って笑ってみてたんですが。
当事者になってみると,結構恥ずかしいんですね。
これが。

もともとBethもここ跨線橋では座り込むことが多くて,
その度に頭を撫でてやってました。
やはり東側から西側に渡るときだけなんですけどね。
しかし,写真の様になっても歩き続けると。
後ろから鼻で膝の右後ろ側を突っつくようになったんです。
特に右側の足を突っつくんです。
無視して歩いてるとさらに・・・。
Bethの鼻水がズボンにベッタリ。
「ゲッ」
なわけです。
それでも頑なに無視して歩き続けると。
足を後ろに蹴り出して引き戻す時,膝が曲がりますけど。
その時ズボンの余った生地が膝の外側にたわんで出っ張ります。
それをめがけて,
「パクッ」て噛むようになったのです。
するとですね。
例えば後ろに蹴り出して引き戻す時は,逆の足に全体重がかかっているのと。
例えば左足を軸足にして右足を蹴り出す時の力と言うのは,
(逆も同じですけどね)
膝を地面にぶつからない程度に曲げて,振り子のように振りながら踏み出してる。
だからあまり力が入ってないのでして。
そこを見計らったように
「パクッ」ってくるわけです。
思いっきりバランスを崩し。
「アッ?何すんだ(コノヤロ)」ってなる訳です。

こんなバトルが早朝の5時から,ここ跨線橋の上で繰り広げられる訳です。
Bethと僕のバトルフィールドと言うか,おやつを巡った駆け引きの場所と言うか・・・。

なかなか難しいのは,
本当に血糖値が下がって迷走状態でおやつが欲しいとか。
本当にのどが渇いて脱水状態一歩手前で水が欲しいときとか。
同じ方法で自己主張するので,
その判断が微妙なところではあるんですけどね。


最近までは,跨線橋の登り口でチーズのおやつ2個で,後はスムーズに通過してたのですが。
数か月前から。
「もう騙されないわよ」って言わんばかりに,
座り込んでしまいます。
0518
仕方ないので,跨線橋の上で店開き
0519
右がBethが一番好きなチーズグループ。
左がジャーキーとベジタブルグループです。

そして1回目はチーズグループの中から2個
0520

2回目は,ジャーキーとベジタブルグループの中から4個
0521

0522
そして,お水を飲んで
0523

「締めが大事なのよ」
0526
ってことで最後に再度チーズグループから4個
0524

「今日もバッチリ頂いたぜ」
0525
でBethの1日が始まるのです。

通りすがりのオバサマに「あ~らいいわね」と言われながら。

追伸
我が家では,チーズとコンタクトができるのは僕だけなのです。
ですから,僕からしかチーズのおやつはもらえない。
平日にBethがチーズとお目見えすることができるのは,
早朝の散歩の時間だけなのです。

そういえばtomoさん曰く。
散歩中の出来事なんだそうですが。
Bethにクッキーをあげてる時。
通りすがりのおじいちゃまが,
「美味しそうだね。頂戴」
「え?ワンチャン用なので美味しくないですよ」
「そうなの。じゃいらない」
「?」
アクセスカウンター
  • 累計:

最新コメント
火星から来たBeth : Beth came from Mars.
2009年10月28日に火星から来ました。
Bethと言います。

Bethは,
宮城県動物愛護センターの譲渡会に参加して
(2009年10月28日)
譲り受けてきた犬です。
月齢3か月ぐらいと,スタッフの方が説明してくれました。
出生のすべてが謎に包まれた犬なのです。

Bethが我が家に来たのを機会にブログを開設しようと思い。
タイトルをどうしようか悩んでいる時・・・

札幌在住の友人が
「出生がわからないんだったら火星から来たことにすれば!」
で決まったタイトルなのです。

カテゴリ別アーカイブ
管理人からのお知らせ
虫よけにお薦め
for girls who grow plump in the night
記事検索
just for a moment
Talking in the window as the light fades
I heard my voice break just for a moment
Talking by the window as the light fades
I felt the floor change into an ocean
We'll never leave here, never
Let's stay in here forever
And when the streets are quiet
We'll walk out in the silence
Listening to the movement that the night makes
I let the room fade just for a moment
Sitting in the shadows that the leaves make
I felt the floor change into an ocean
We'll never leave here, never
Let's stay in here forever
And when the streets are quiet
We'll walk out in the silence
Listening to the music the machines make
I let my heart break just for a moment
Listening to the music the machines make
I felt the floor change into an ocean
We'll never leave here never
Let's stay in here for ever
And when the streets are quiet
We'll walk out in the silence
プロパ癌だ!


お散歩時の熱中症予防に
ヤケクソバイオドリンクレモン広告
簡単な作り方を 「火星の食卓」で公開中です。