砂防ダム

千貫

尻尾の感じは,勢いよくルンルン。

PB138664

「ホンジャ行きますか」








登るぞ~と言う気合は,いらない。
そんな山歩きも素敵です。
人気(にんき)のある山は,結構人がいます。
追い抜かれたり。追い抜かれたり?追い抜かれたり??
(ご想像にお任せします)
へなちょこ登山家の端くれだって事さ。

静かに歩きながら,自分の時間に埋没できる。
値千貫の山歩き。
そしてここは千貫山。

若干の問題点は,街の喧騒がどうしてもついて回る。
そして,オフロードのオートバイは,流石に腹立たしい。
山にまで来て我を通してどうすんの?
ま~,くだらない事に怒ってもしょうがない。
余計なエネルギーは使わない。
でも,ウインカー挙げずに曲がってくる車には,やっぱり腹が立つ。
直進すると思って待ってるんだから。
これは平地の話です。


いきなり面白い物を見つけました

PB138669

アップで

PB138670


PB138671




PB138673


一気にベゴ岩まで・・・
ベゴ岩は苔むしてました。

PB138689


PB138697

ここを沢沿いに下り分岐点を左に行くと赤松展望台。
そのまま沢沿いを下りると竹藪があり,更に下ると砂防ダムに出ます。
新明寺沢砂防ダムです。
全く手入れされていない竹藪は,竹の枝が様々な方角から襲ってくるので注意が必要です。
竹藪を抜けると沢の中を歩いて砂防ダムに出ます。
そして,砂防ダムの右端から荒れた道があるのですが,まだ歩った事はありません。
この砂防ダムの上からはすぐそばに民家が見えます。
この民家に通ずる道が砂防ダムの左端にあります。
歩きやすい道なのでスタスタ下りて行ってしまうと,この民家の私有地に出ます。
「スミマセ~ン。道に迷って下りてしまいました~」とミエミエの嘘をついて無理やり通り過ぎ,私有地を出ると立て看板があります。
「私有地につき・・・」と。
なので,要注意です。
左側に朽ち果てた石の階段が,ここも竹藪に覆われており。
その階段の生い茂った竹の枝をかいくぐって登っていくと。
世間から忘れ去られた様な,大日如来堂があります。
管理されていないせいで,何か出そうで,風情?があり,僕のお気に入りです。
新明寺沢周辺は,でかいイノシシが出没しますので,これも要注意です。
この沢は下れば下る程,獣の匂いが強くなります。
僕の鼻腔にも感じるので,Bethはビンビンに感じるのではないでしょうか。
ベゴ岩まで来ると,獣の匂いを追っかけて,新明寺沢の方へ下りたがります。
新明寺沢へ下ると,砂防ダムから同じ道を登り返さなければいけないので,めんどくさいのであまり行きません。

Bethは「行こうよ」って言ってます。

PB138704


でも行きません。
今日はそんな気分じゃないし。
あまり猪には遭遇したくないし。

Bethとの行く行かないの駆け引きの間。
ベゴ岩の苔を撮影しました。

117


見事です。

今日は木の橋を渡って,蔵王展望地を経由して千貫山へ戻る予定です。

PB138706

いろんなルートを行ったり来たりしながら,千貫山へ。

PB138710




118



記念撮影をしながら

116


夕闇迫る,岩沼の街並み。

PB138738

PB138742

PB138747

その喧騒の源の町並みの水辺で,溺れそうな感覚を味わいつつ。
一歩,また一歩下りながら・・・泡沫の灯に集う人の作り出した刹那的な現実。
その現実へ戻らざるを得ない事に歯ぎしりしながら。
そして,そこでしか生きていけない,苦しさをかみつぶしながら。
口の中に広がる渋さに眉根を寄せ・・・下ります。


お散歩の後のお手入れ

ダニ予防で~す。



鬼石沢デビュー 鬼石沢

鬼石沢デビュー : メニュー





鬼石沢




鬼石沢竹




妙な気配は,しなくなってました。
深山から鬼石沢ルート

出発!!

P1236206





Y字路

都合のいいように,自分勝手に解釈したって事ですけどね。

リードが引っかかって歩き難い。
初めての見通しの悪い山道で,リードを外すわけにもいかない。
歩きやすい方をチョイスしました。
「大分昔の話とはいえ,地元の子供たちが遊んだ場所だもんね。
道は整備されてるだろう。」
ぐらいに,あんまり深くは考えてませんでしたけど。

そして,鬼石沢と判明した時点でも,地獄沢は正式な名称ではなく,地元の人たちの俗称?
などとも思っていて,鬼石沢が地獄沢の可能性もある?とも考えてました。

歩きやすい右側の道をチョイス。


西方面に緩やかに下る道を歩いていると。
ほどなく,こんな看板が。

P1236214

破れかけた行先標示は,画鋲?で止まってました。
それにしても,破れ方が不自然・・・画鋲?ですねやっぱり。

鬼石沢と砂防ダム

「沢だ!沢だ!」

砂防ダムの手前を左に行くと,とっても気持ちのいい竹林の中を通り,山神社社務所に到着します。

砂防ダムに近づいて見ると。

P1236252

砂防ダムは,上流の方から順番に新しく作られたようで,3重になっており。
おそらく上流には,更にいくつか砂防ダムがありそうです。
はっきり確認はできなかったのですけど。
下って来る時,鬱蒼と茂った木立の間から白い人工物がかすかに見えたような気がしました。
さらに,この谷沿いには,とても大きな石も確認できました。
「ウ~ン。谷沿いに登れないだろうか」などと思いながら。
何か表示がないか探すと。

鬼石沢砂防ダム

「エ゛~・・・鬼石沢ッスカ。それも柴田町」

鬼石沢は?

P1236258

「ムムムムム,整備されていて,想像していたのとは違いすぎる」
やはり,nabeちゃんが言っていた,地獄沢とは違うのだろうか?

まずは下ってみましょう。

P1236238

P1236242

P1236244

P1236248

竹林を過ぎると右側に山神社社務所。

P1236233


019

左手に民家のブロック塀を見ながら通り過ぎると

山神社社務所前の街道


そして,街道側からみた山神社社務所。

P1236229


「フ~」とため息をついて。
「鬼石沢の砂防ダムのチェックをしながら深山に戻りましょう」
砂防ダムの上に,チョイと行ってみたい・・・等と考えながら。
と入り口付近に戻ると。

0111

「熊すか・・・・」

で砂防ダムの下まで来て。
鬼石沢の上流で,枯葉を蹴散らす音や枝が折れる音。
「ゲッ?・・・・」ちょっと嫌な感じ・・・この沢を登る人がいるのかな~。
人だと断定も出来ないし,他の生物だとも断定できない。
深山でフリーズしたBethの件もあるので,砂防ダムの上をチョイと覗いてみるのは断念。

ほんじゃ戻りましょう。
今までいろんな動物と遭遇しましたが,幸いなことにまだ熊さんとの出会いはありません。
出来ればこの幸運が続くことを祈りつつ,歌でも歌いながら戻りましょう。
で,今日は,この曲をチョイス。
詩は里山ツアーとは,別もんですけど。



坂道をしっかり足の裏で踏みしめつつ,軽やかに歩くのには,良い感じなんですよね。
起伏の違いで足の運びが変わるときは,頭の中でテンポを合わせて(^^♪

part of the union  :  Strawbs

「良い感じ,良い感じ・・・・・・フフフ」

この曲が頭に浮かぶときは。
暗い記憶の雪庇の縁で,這い上がろうと必死にもがいてる時か。
身も心も軽く,スタスタと周囲を万遍なく見渡しながら,はつらつとしてる時なんです。
今日は,当然後者です。



P1236265

右側の谷にも何か砂防ダムの様な人工物がありまっせ。
「ムムム,もしかしてそこが地獄沢?」



何か左側の谷。
鬼石沢が気になるようです。

時折,枯葉の上を歩くような,とっても大胆な音や,枝が折れる様な音がします。



上手く収録できませんでしたが,ホントなんですヨ。
「ガサガサ,バキバキ」
自分達が脚を止めると,静かになり。
動き始めると,音がする。
人なのだろうか。
鬱蒼と茂る木立からは,まったくなにも見えません。
音だけ。
「ウ~ン。人だとしたら,よっぽど物好き?だよな~。歩けないことないと思うけど」



「深山。到着!!」



鬼石沢1



ここからは,僕達のホームグランド千貫山へ続く

スリル満点!

2013年11月16日 日曜日 午後のトレッキング。

山の麓まで送ってもらっちゃった。
最近,横着してます。
でも,このほうが山をくまなく歩けるので「good」なのだヨ。
car_29

今日はある目論見があります。
2年前だった思うんですが,
沢に阻まれて行けなかった場所に是が非でも行きたい。
そのためにも山までの往復の時間と体力は温存しておきたかったのです。
久しぶりに記念撮影などしたりして,今日は余裕たっぷり。
1123

1124
先週の寒さがウソのような暖かい日です。
半袖ティーシャツ,薄手の長袖シャツ,ヤッケ,プラス薄手のフリース。
フリースは,お散歩バッグに括り付けて。
それでも,汗ばむ陽気。
体力の温存だけでなく,とっても軽装で身軽だから,更に歩きやすい。

もちろんズボンは,はいてます。

そして,突入開始!
1125


1126

奥へ
1127

さらに奥へ
1130

前回の行く手を阻んだ沢は,チョロチョロとした流れに変わっていました。
この沢はもっと水が流れていて,幅が広かったのです。
雪が降った日にも来たことがありますが,その時も渡れませんでした。
今日は濡れることもなく渡れます。
「ナッ,ハッハッハッハッ」と勝ち誇ったように雄たけびをあげながら,
「ズンズンズン」とすすんだのであります。
1134

運命の分かれ道。
今回選んだルートは,右側の沢沿いのルートです。
1135

竹藪の中から沢にかけて迷走。
1132
この反対側の斜面に,岩沼市側の東側斜面に大日如来堂があるはずなんですが。
竹藪の山で確信しました。
行けるかどうかは別としてですけど。
01
2010年1月16日:岩沼市の畑堤上南側から登った時撮影した「大日如来堂」の写真です。
ここに降りてくる予定だったのですけど。

1128

ここに来る途中の分かれ道で,より険しい右側の道を選んだのは間違いだったのかも?
左に行けばよかったのかもしれないな~。
1135
たどり着いたのは砂防ダムの上でした。
残念。

この時点で15時20分。
今来た道を普通に戻るだけでおそらく1時間かかるので,
今来た道をひたすら戻ることにしました。


1129
Beth曰く「走りまくって,歩きまくった。ヘヘヘヘ」

流石に寒くなってきて,フリースを着込んで,帰宅。

1133

「大日如来堂への道は,次回へのお楽しみにとっておいてやら~。」
と捨て台詞を残して。
「ちょっとイタチの最後っ屁のようだね」
実際行けるかどうかは,定かじゃないのに・・・強がってみました。
竹藪の中を突っ切る事ができれば行けるんだろうけど。
草も生えないぐらい密生してるので,厳しいでしょうね。
アクセスカウンター
  • 累計:

最新コメント
火星から来たBeth : Beth came from Mars.
2009年10月28日に火星から来ました。
Bethと言います。

Bethは,
宮城県動物愛護センターの譲渡会に参加して
(2009年10月28日)
譲り受けてきた犬です。
月齢3か月ぐらいと,スタッフの方が説明してくれました。
出生のすべてが謎に包まれた犬なのです。

Bethが我が家に来たのを機会にブログを開設しようと思い。
タイトルをどうしようか悩んでいる時・・・

札幌在住の友人が
「出生がわからないんだったら火星から来たことにすれば!」
で決まったタイトルなのです。

カテゴリ別アーカイブ
管理人からのお知らせ
虫よけにお薦め
記事検索
just for a moment
Talking in the window as the light fades
I heard my voice break just for a moment
Talking by the window as the light fades
I felt the floor change into an ocean
We'll never leave here, never
Let's stay in here forever
And when the streets are quiet
We'll walk out in the silence
Listening to the movement that the night makes
I let the room fade just for a moment
Sitting in the shadows that the leaves make
I felt the floor change into an ocean
We'll never leave here, never
Let's stay in here forever
And when the streets are quiet
We'll walk out in the silence
Listening to the music the machines make
I let my heart break just for a moment
Listening to the music the machines make
I felt the floor change into an ocean
We'll never leave here never
Let's stay in here for ever
And when the streets are quiet
We'll walk out in the silence
プロパ癌だ!


メンバーリスト
お散歩時の熱中症予防に
ヤケクソバイオドリンクレモン広告
簡単な作り方を 「火星の食卓」で公開中です。