犬小屋

朝の散歩で出逢う愉快な仲間たち

ギンは朝露マニア。

0317

朝露の好きなギンちゃんは,とっても小さくて,片手で「ヒョイ」と持ち上がります。
子犬ではありません,成犬です。
何時も物静かに,朝露を舐めながら,ピョコピョコと歩いています。
未だにどんな声で吠えるのか分かりません。
とっても,おとなしいワンチャンです。


マタギのサブは吠え鉄マニア。

0318

Bethのボーイフレンドです。
流石マタギ!!走るの大好き。電車大好き。Beth大好き。
いつも杉堤踏切で吠え鉄してます。
その時ぐらいかな吠え声聞いたの。
通り過ぎる一瞬「ワンワ~ン,ワン」で納得。
その一瞬に情熱を懸けるサブ。
無類の電車好き。

犬小屋の話になりました。
あるメーカーの犬舎が,塗装も材質も悪く,2~3か月で屋根がひび割れる話です。
そしたら,犬小屋の大きさを聞いて来るので,何でだろうと思いながらも,だいたいの大きさを答えました。
「大きいのかな?」
「?」
「実はさ,しっかり枠を組んで犬小屋造ったんだけどさ,入んないんだよ。
長持ちするように,ビスはオールステンレスにしたんだぜ」
「自分の匂いのする布団とか入れてみました?」
「あ~。いろいろやったんだよ。おもちゃも入れてみたり。だけど,全然見向きもしないだ。
だから,大きさかな~とか思ったりもしたんだけど」
「難しいですね。
Bethも新しい犬小屋に入んなくて,結局屋根が割れてきたんで,出戻ってもらいましたヨ。
だいたいですよ。屋根の上の面にザグリ加工がしてあって,雨水がたまる構造になってる。
挙句の果てに,ザグリ加工の部分に塗装もされてない」
「ハハハハ。そりゃ,ど素人の設計だよね。そんなの売り物にしたらまずいヨ」



マロンはグルメ。

0319

跨線橋を西から東へ渡って帰る時,北側歩道でフセをして待っていてくれました。

東北本線の上に掛かってる橋が,噂の跨線橋です。

「ヨークに登ったのよ今日は」
(ヨークに登る?どこの山にあるヨークなの?
ハハ~跨線橋を登るを転じて,ヨークへ登るになったのか~。
このオバチャマは,跨線橋を渡るのではなく登る人なのです。
という事は,今はヨークから下ってる事になるんですね)
「ハ~」
「朝日山公園に最近行くようになったんだけど,いいとこよね~」
「そうですか」
(僕はあまり好きな場所ではないです。
理由は,ある犬種専門のブリーダーオバぁチャンがいて。
近くを通ると,近寄んないでよ,ウンチしなくなるでしょ!
雑種でしょ,その犬」
とあからさまに犬種差別するオバぁチャンがいるからです。
無視すればいいのですけど,むかっ腹がたつので,朝日山公園にはあまり行きません。
自分の都合だけで犬を利用する人はもっと嫌いです。)
Bethが近づくと,スイッチが入ったマロン。
跨線橋の頂上付近で有ろうことか首輪が外れたのです。
あわてるオバチャマ。
バッグから取り出す,超特大ジャーキー。
「ホ~ラ。エサ(オヤツの事をこのオバチャマはこう言ってました)だよマロン」
(15㌢はありそうな棒状のジャーキーの真ん中に,延し烏賊みたいに平たく楕円形になったジャーキーがくっついています。
ものすごいジャーキー。
僕は生まれて初めて見ました。)
それを,手に持ってプラプラさせて呼ぼうとしてるのですね。
しかし,近づいてこないので歩道の上に置いてしまったのです。
そしたら,すかさずマロンが「パク」まさしく瞬殺。
そして,南側の歩道へ「ダ~」
(「ア~ア。オヤツあげちゃったら駄目だよ~。咥えて走って行っちゃうし」)
おばちゃま慌てふためき,バッグもリードも歩道に投げ捨てたまま,南側の報道でパクついてるマロンの方へ走っていってしまいました。
「エ゛~」と言いつつ困ってしまった僕。
跨線橋は,マロンが原因で徐行運転する車で渋滞になりかかってます。
このまま,見捨てて帰りたいと心底思いました。
(「カッチョワル~」)と思いながらも,首輪がついたままのリードとバッグを拾い上げ,Bethを引き連れ,車をかき分け南側の歩道へ。
「オヤツあげちゃったら駄目ですよ。咥えて逃げて行っちゃうから」と,リードとバッグを手渡す。
「首輪が緩いんでしょうから,少し縮めてからつけないと,また外れちゃいますよ」
「縫い付けてあるから,調整できないのよ~」と涙目。
「エ゛エ゛エ゛エ゛なんで~。何で縫い付けてるの?」
「どうすればいいの?マロン~」と言いつつも,あの超特大おやつを取りだす,オバチャマ。
オバチャマとマロンの知恵比べの始まり始まり。
明らかにオバチャマの形勢が不利。
何度も,おやつを奪われ,追いかけては奪われ。
このオヤツ,真ん中の延し烏賊の様なジャーキーが一番美味しいらしく,そこだけを食い散らかすマロン。
棒状のジャーキーの端っこだけ点々と歩道に散乱。
その短くちぎれて,散乱したジャーキーの匂いに・・・「ゲッ」Bethにもスイッチが入っちゃたぜ。
真ん中の延し烏賊ジャーキーのみを食べ逃げ回るグルメなマロン。
オヤツを振りながら後を追いけるオバチャマ。
点々と続く棒状のジャーキーを拾い食いすべく走るBeth。
「ギャー,マロン待って~」ほとんど悲鳴。
マロンを追いかけて僕にぶつかるオバチャマ。
跨線橋の壁にたたきつけれる僕。
修羅場と化す跨線橋。
通勤途中の皆様の『おバカな飼い主たち』的な視線を感じながら,いや~堪りませんぜ。
ほんの一瞬の出来事なのでしょうけど。
数十時間も格闘してるような錯覚のなかで,悪戦苦闘というより七転八倒かな~。

なんとか,マロンを捕まえて首輪を装着。
縮められないかいろいろやってみましたが,やはり末端が縫い付けられており,根本的な解決は無理。
応急処置を施し「ホッ」
「ア~疲れた~」と歩道で大の字になりながら,
「一日が終わった気分だわ」と口走るオバチャマ。
僕は(「そんな事やってないで,早くこの場を立ち去りましょうよ,恥ずかしいから」)
と言いたいのを我慢,我慢。
跨線橋の南側の歩道を下りながらも,バッグに飛びついて鼻を突っ込むマロン。
「以前も脱走したんだけど,40分帰ってこなかったのよ」
「ハ~?」(「だったら首輪交換したらいいんじゃないの」)
「胴輪にしたらいいんじゃないですか」

ご飯食べなくて困ってるんですと,こぼしていましたが。
こんな,ジャーキーをオヤツで食べてたら,ご飯食べないような気がしました。
それでも食べる様なら,超おデブになるだけでしょうね。
と思いながら,できるだけ早くこのコンビから離れたい僕は,跨線橋を渡り終えるとすぐ。
「僕達は,こっち行きますから」と脇の階段を降りたのでした。


お散歩の後,時折こんなことがあります。



エ~?お散歩足んないの
「朝は此れで打ち止めだぜ!続きは午後の部で,tomoさんと楽しんできな!!」

新しいお家の行方

新しいお家
2015年9月26日 カビ大量発生に気付く

09

これはいかんと,新しいお家を購入・・・組立。

092

問題①屋根固定の為のザグリ有(屋根にザグリはまずいでしょ。ど素人かい?)
問題②ザグリ部分の塗装無。
問題③塗装が甘い。
対策
問題①②・・・工業用コーキング剤充填。
問題③・・・購入したばかりの犬舎に塗装と言うのはね。おかしいじゃないやっぱり。
取扱い説明書には,購入後長持ちさせるためには,樹脂系の塗装を施してくださいとは,書いていないのですから。



2015年9月27日 設計上の問題を解決しながら新しいお家完成。

091


Bethは新しいお家が気にいらない様子。
中に入ろうとしないまま月日が経ち。
ある日犬舎を見ると。

126

2か月ちょっとでこんな状態に。
特に屋根部分が酷い。
樹脂系の塗装をするかどうか迷ったのですけど。
なんか釈然としないので,メーカーへ問い合わせ。
その結果,交換することに。
ついでに屋根のザグリの件も質問してみましたが,無回答。



2015年12月6日 交換

PC064626

運送屋さんが来て交換,組立。
組立後の屋根を見ると,やはり塗装が甘い。

やはりBethはこの小屋が気に入らない様で,中に入ろうとしないまま月日が過ぎ。

やっぱり

0315

こうなりました。

早速メーカーに問い合わせ

犬舎メーカーとのやり取り

コストの問題から安い塗装を使ってるとの事。
樹脂系の塗料を塗装したって,コスト的には1000円も変わらないと思うのに,何故?
庭の長椅子を10年以上前に作って,塗装無のまま雨ざらしで使ってるけど,まだまだ現役で活躍してるのに,何故この犬舎はヒビがはいる?
等々,疑問は尽きないのですが,返品可能だという事だったので,これ以上の追及はせず。
お客様窓口の責任者は,会社のお近くにお住まいなので,謝りに行かねばいけないところ云々。
来る気がないのに,こういう謝罪の仕方は,何か腹立たしい。
Bethはこの新しいお家に住む気がないのだから,交換してもらえばgoodなので。
「いえいえ,お気づかいなくと。丁重に断る」

風邪対策を施したビスを取り外し。
0316


「庭がスッキリしました」



2016年3月30日 返品

Bethの居場所は今。
P7187275

雨や日差しが強い時は,玄関の軒下の椅子の上か下がお気に入りの場所です。

引き取りの時,運送屋さんにtomoさんが聞いたところによると。
結構あるみたいですぜ,こんな感じの引き取り。
コストの追求?かえって高くついてるんじゃないのかな。
最終的に消費者に跳ね返って来てないと言えるのかどうか?


新しくBethのお家を購入するか?作るか?迷っています。
木材を購入して作れば,Bethも気に入ってくれそうなんですが・・・マタギのサブちゃんの件があるのでどうしようか迷っています。

続・続・新しいお家

購入日は9月26日で,組み立てたのが9月27日。
そして,Bethは?
その後もボール遊びをしながら,いろいろ試みるも入居の気配無し。
ただ,時折鼻先を家の中にいれ「クンクン」するまでには至っていました。
という事で経過観察中なのでした。


そして,11月28日土曜日の朝
嵐の後の庭でどんぐりを見ていた時

1115

「ナンジャ,コリャ」

1116

Bethの家の屋根が・・・。

「達するmasaよりtomoへ。緊急事態に付き至急玄関へ集合せよ」

ドドドドドドと言う足音と共に
「何よ!今掃除してんのに」
「これ見てみな」
「ヤヤ!何があったの?この屋根」
「よく見てみると屋根だけじゃないんだよ」
「ひどいわね」
「どうする。早急に対応しないと,指数関数的に酷くなっていくと思うんだ」
「ペンキ塗るって事?」
「それもありだけど,なにか釈然としないよね」
「そうね」
「ダメもとでメーカーに問い合わせてみようと思うんだ。1週間だけ回答を待って見て判断しようかな~」

結局メーカーが全て責任を持って交換してくれることになりました。
メールでのやり取り約一週間。
その間,tomoさん。
お散歩中に調査。
すると,多分同じタイプの壊れた犬舎があったのだそうで。
家の片隅に寂しく放置されているのを見つけたそうなんです。
破損内容はむね包み板が剥がれていたそうです。
ただ,お知り合いのお家ではないので,詳細情報はわかりません。

12月07日 日曜日 交換の当日
最後にもう一度屋根を確認

12

なんだか被害が進行してるように僕には見えました。

そして,交換と組立。
組立は運送屋さんがやってくれました・・・いや~助かったのです。

なかなか火星農園の収穫量増の為の土地改良が進んでいないのですよ。
なんだかいろいろあって,今回もあまりできませんでした。

小松菜は三回目の間引きをしました。

PC064619

間引き菜は殆ど生食です。
ラーメンやうどんや味噌汁・・・おいしいですよ。

そう言えばお昼に食べたんですけど。
麦の里の”九条ネギうどん”と”豆鼓味噌の鍋焼きうどん”
ちょと贅沢だけど,11月と12月,2回行きました。
おいしかったよ。
もう一度行けたら”九条ネギの親子丼”を食べたいと思っています。



アジャスターの長さが短いので,前回と同じように交換。
同時に,レンガに固定するためのステンレスワイヤーと圧着端子を取り付け(風邪対策)。
水準器で水平を出しながら一発ビスで固定。

PC064621

PC064624


Bethの入居。
また遠のいたのかもしれない・・・・・「フ~」
犬小屋をご利用の皆様へ
購入時のレシートは必ず保管しておきましょう。
購入日が判らないと,メーカー側としても対応できない場合があると思います。
レシートが無ければ,購入店へ行って相談してみるのも手だと思います。
多少時間がかかるでしょうが,購入履歴は基本的に残っているはずですから。
犬小屋だからと言って,簡単にあきらめるのは止めましょう。
通常製造を生業とするメーカーは,不具合のフィードバッグは製品の品質向上の為の宝の山だと考えるはずです。
遠慮なく。しかし,冷静にそして正確に不具合を連絡しましょう。


Bethも家も経過観察中となりました。
アクセスカウンター
  • 累計:

最新コメント
火星から来たBeth : Beth came from Mars.
2009年10月28日に火星から来ました。
Bethと言います。

Bethは,
宮城県動物愛護センターの譲渡会に参加して
(2009年10月28日)
譲り受けてきた犬です。
月齢3か月ぐらいと,スタッフの方が説明してくれました。
出生のすべてが謎に包まれた犬なのです。

Bethが我が家に来たのを機会にブログを開設しようと思い。
タイトルをどうしようか悩んでいる時・・・

札幌在住の友人が
「出生がわからないんだったら火星から来たことにすれば!」
で決まったタイトルなのです。

カテゴリ別アーカイブ
管理人からのお知らせ
虫よけにお薦め
for girls who grow plump in the night
記事検索
just for a moment
Talking in the window as the light fades
I heard my voice break just for a moment
Talking by the window as the light fades
I felt the floor change into an ocean
We'll never leave here, never
Let's stay in here forever
And when the streets are quiet
We'll walk out in the silence
Listening to the movement that the night makes
I let the room fade just for a moment
Sitting in the shadows that the leaves make
I felt the floor change into an ocean
We'll never leave here, never
Let's stay in here forever
And when the streets are quiet
We'll walk out in the silence
Listening to the music the machines make
I let my heart break just for a moment
Listening to the music the machines make
I felt the floor change into an ocean
We'll never leave here never
Let's stay in here for ever
And when the streets are quiet
We'll walk out in the silence
プロパ癌だ!


お散歩時の熱中症予防に
ヤケクソバイオドリンクレモン広告
簡単な作り方を 「火星の食卓」で公開中です。