火星の食卓

薬だと思って食べなさい!

目を三角にしながら。
「薬だと思って食べなさい!!」
好き嫌いの多かった子供の頃。
よくこんな事言われてました?
お口をあまり開けずに,とっても小さな声で。
「薬は食べるものじゃないよ~」
ってモゴモゴ。
「エッ?」
「でも~・・・・薬って噛まずに飲み込むものだし,だいたい一口で飲み込めるけど・・・」
ってさらにモゴモゴ。
「エ!ナニ?」とちょっとキンキンした声で。
「こんな大きな脂身の付いた肉片気持ち悪いよ~。噛んだら口の中油だらけになるし。デカいから飲み込めないよ~」
とモゴモゴ。
「給食の時間。いつも最後まで残って食べてるんでしょ。給食日誌に必ずラストnozaponって書いてあったわよ。そんなこと言ってるから,いつもラスト・ラスト・ラストって書かれるのよ」
「そんなに早く食べる事が大事な事なの~」
「そうだ。食べるのが遅い奴は,仕事が遅いって事だ!」
と味方は誰もいない。四面楚歌の状態なのです。
「だいたい好き嫌いが多すぎなのよ。食わず嫌いもあるのよ。いいから食べて見なさい。大きくなれないわよ」
三角オメメの奥に燃え滾る怒り・・・それにビビりながら。
「気持ち悪いよ~。大きくならなくたってイイヨ~」と,口に出さず叫んでました。
この当時,僕の通ってい小学校のクラスでは,なぜか判らないけど,一緒に昼食を取るグループで日誌を付け,一週間毎にそれぞれの家庭に持ち帰って,親に確認後判を押して担任の先生に返す決まりがありました。
その日誌の最後に必ずラストnozaponと記入する同級生がいたのです。
それは,1年間と言う物。
ほとんど他の同級生の追従を許さない程の成績を残したのであります。
確かに好き嫌いが多かったし,とても食べるのが遅かったのですが・・・・。
夕食と言えばカレー。
何と言ってもお子様たちが喜ぶ最高の夕食。
ところが・・・
家族の食事が終わった食卓。
「きちんと食べ終わるまでそこに居なさい」の一言。
台所に残されたまま冷たくなった食べかけのカレーライス。
食事をする台所と居間が離れていたので誰もいない台所で,そのカレーライスとにらめっこ。
この当時のカレーライスは,カレー用の肉と称して,デッカイサイコロ状の脂身がたっぷりついた豚肉が販売されており。
それを使ったカレーが定番でした。
お肉タップリのカレーライスと言うのが,とってもステータスだった時代です。
だから,僕にとっては,とっても厄介な定番カレーだったのです。
何とか肉片を避けて食べ始めても,どうもこの周囲が食べれない。
危険を感じるのですね。

とてもショッキングな事件がありました。
皿の中には大きなじゃがいも。
おお!よくぞここまで形を残したままいてくれたと,ワクワクしながら。
「パク・・・ホクホク」・・・口の中にほんのり広がるじゃがいもの甘い香り?
ところが。
「ガリ?・・・・・・・・」口の中に広がる脂身のニオイ・・・目の前が真っ暗になりました。
脂身の固まりにカレーが万遍なく絡んでいてじゃがいもと判別不能だったのです。
この件以来トラウマになってしましい,油断せずオソルオソル食べるようになっていました。
だから,スプーンで「ツンツン」しながら食べるのですが・・・これがあまり評判が良くないのです。
カレーの中に潜むものを確かめる様にスプーンをユックリ差し込む。
まるで遺跡の発掘現場の様だったと思います。
ですから尚更食べるのに時間がかかってました。
スプーンに脂身がくっつくのも嫌でしたけど。
芋好きの,そして脂身大嫌いの僕にとって,背に腹は代えられない発掘作業なのでした。

意を決して,冷たく硬くなった肉片を口の中に入れてひと噛み。
「ウェ・・・・・・」
と口を押さえながら生ものを捨てるバケツの容器(豚の物)に。
「ウゲ~」
食べたもの全部です。
すみません汚くて。
涙ポロポロ。

チョットご説明いたします。
カッコ内の豚の物とは?
この地域だけなのかもしれませんが,蓋つきのバケツの容器を言ってました。
このバケツは,野菜や肉,魚などの切屑を等を入れる容器なのです。
何日かに一回,養豚農家のオジチャンが,大きなドラム缶を積んだリヤカーを引っ張って,各家庭の台所を訪問。
回収して歩ってたのでした。
そうです。
お察しの通り,豚の餌としてです。
とても便利なシステムではあったのです。
養豚農家は餌代を。各家庭は生ごみを。それぞれ無料でクリアしていたのですから。
何せ生ごみは一切合切回収して行ってくれるのですから,家庭ごみから生ごみは全くでないのです。
但し,当たり前のことですけど,バケツには生ごみ以外のごみを入れてはいけない約束になっていたようです。

もうどうにもならないので,
「ばれてもいいや」って思い。
残ったカレーをバケツの容器に移動して,皿を洗って何とか食事終了。

「フ~・・・ご馳走様でした」

今も豚の脂身は得意ではないので,食わず嫌いではなかった思います。
ただ,ある程度までの範囲だったら,飲み込む術を会得はしました。

そして定番のカレーは,諸事情により僕が食事の主導権を握るようになって変貌しました。
豚ブロック肉から豚挽肉へ,そしてシーチキンへと。
今は,豚ひき肉とシーチキンを併用した水陸両用カレーが定番となっています。
嫌いな物と言うか,食べれない物と言うか,苦手な物に関しては。
子供の味覚から大人の味覚に変わっていくにつれて,様々な味覚を楽しめれる様になったとは思います。
でも子供の頃好んで食べてた物で,今食べれない物がある事も事実です。

そして,”好き嫌いがあるから成長しない”と言う命題に関しては。
ちょっと変な成長はしたものの
「ちょっと?」tomoko-sheep_23

「ハイハイ。判りました言い直します」
かなり変な成長はしましたが,とりあえず生きています。
変な成長の仕方は,食べ物のせいか,食べ合わせが悪いとか?
そんなの全く関係ないと思います。
性格以外の何物でも無いと思いますので。

それとですね。
ある時期から食べる速度は,とても速くなりました。
でも,仕事の処理速度は遅いまんまです。
食べる速度と仕事の処理速度(能力)には,何の因果関係もありませんね。
そして,今度は健康診断の時に,食事はゆっくり,味わいながら食べる様指導されました。
ハヤメシ=食べる速度>満腹中枢に満腹だよって知らせる信号の速度
なのだそうで,満腹中枢に信号が行く前にドンドン食べてしまう傾向があり,肥満になる原因なのだそうです。
だから,何もいいことが無いのだそうで。
「フ~ン。その昔,ハヤメシ=素晴らしい。オソメシ=ださい奴。だったのにね」
ハヤメシのいい事・・・食べられる前に食べることが出来る?事ぐらいらしい。
でも,生存競争の激しい場所では,かなり有効になるとは思いますけど。
ですから,ゆっくり食べる努力をしている最中なんですが,なかなかうまくいかないのです。
しかたなく箸をおいて,食べる事を一時停止するとかで何とか対応してる次第なのです。
時代の流行に翻弄された食生活なのです。
ま~どうでもいいような気もしますけどね。

自分なりにノンビリ食べて,ノビノビ生活できれば,それが一番かなって思ってます。




****************** 特別出演のBeth ******************

strange boutique : haevest season

harvest season

  • 秋は胃袋と共に訪れる。

  • 涼しくなると体を温めようとします。
    温めるためには代謝をあげる必要があります。
    代謝をあげるためにはエネルギー(燃やすもの)が必要です。
    だから秋はお腹がすくのです。
    単なる食いしん坊と言うのではなく。
    身体の摂理に正直に反応した結果なのです。
    (食いしん坊の言い訳)
    1. はらこ飯
      harvest seasonはらこ飯

      やっぱりはらこ飯は,この時期無視できる存在ではありません。
      本場はやはり亘理町荒浜ですね。
      そして,荒浜の人たちにとっては,ソウルフードと言っても過言ではないのだと思います。
      秋と言えば様々なまぜご飯やおこわが出回るときです。
      例えば栗ごはんや茸ごはん等。
      でも,これらはあまり歓迎されない。
      歓迎はされるけどはらこ飯ほどではない。と風のうわさで聞きました。
      隣町なのですけど,我が家ではそんなことはありませんでした。

      亘理町荒浜出身で入社一年目のヒロト君は,はらこ飯を会社に釜一杯もってきました。
      その釜は釜でもデカいんです。直径30㌢はあったと記憶しています。
      僕は部署が違ったので持って来ていたのは知りませんでした。
      そしてお昼。
      みんながそれぞれに頼んだお弁当や,作ってもらったお弁当を食べ始めてから30分以上経過してから。

      お昼休みは60分で5分前には各自の仕事場で仕事の準備をはじめます。
      午後1時になった時には,午後の仕事をスタート出来るようにするためです。

      何やら大きい釜を持ってみんなが食事してる休憩室に入ってきたヒロト君。
      「荒浜の名物『はらこ飯』です。母が作ってくれました。食べてください」
      って恥ずかしげにみんなの前でそれもおずおずと・・・。
      ①言い出すタイミングを計りかねてしまったのか。
      ②仕事が長引いて昼食時間まで食い込んでしまったのか。
      ③上長ののいじわるで②を強要したのか。
      多分すべて否定できない物がありますが,③が一番有り得るかな。

      何せ,精力絶倫?の人だったのです。
      僕も二の腕にあざを作られたことが何度かあります。
      気に食わなかったり,言うとおりに動かなかったりすると,そういう行為に及ぶんですね。
      滅多にいないと思いますが,似たような感じの人は多くいますね。
      ストレスが他人に対しての攻撃のトリガーになる人。
      明らかに八つ当たりとは違う部類のものです。

      「エ~。食い終わってから言ううなよ」ってみんな一斉に。
      昼食のお弁当を頼む時は10時までに,メニューを記入するとそれを業務が手配してくれることになっていました。
      「事前に行ってくれなきゃ,ダチョウの胃袋じゃないんだからさ~」
      可愛そうにしょげ返るヒロト君。
      有志が午後の仕事を犠牲にする覚悟で,食べ始めたのですが。
      全然力及ばず。半分以上残ったのであります。
      ヒロト君はとっても悲しそうな顔をしてました。
      そして,残ったはらこ飯の入った釜を抱え,肩を落としながら休憩室を出ていくヒロト君。
      今思い出してもとっても「モゾコイ」です。
      荒浜生まれの人にとっては特別の料理なんですものね。
      そして我が息子が初めて務めた会社の人たちに食べてもらうために。
      きっととっても早起きして作っってくれた・・・おかあちゃん。
      そのおかあちゃんに・・・なんて言って持って帰ろうか・・・って思ってたんじゃないのかな。
      残ったはらこ飯の行方はどうなったのかは不明です。
      当然翌年は持ってきませんでした。

      僕は有る時期が来るまで,好んで食べた事はありませんでした。
      好きになるきっかけは,今の場所に越してきた年の暮れも押し詰まった夕方。
      せわしなく障子の貼替をしていた時に訪れました。
      ご近所のおばちゃまとおばあちゃまが,実は同級生だったのですが,もちろんおばちゃまの方です。
      『はらこ飯』+αの差し入れをしてくれました。
      のんびり休みたかった年末。なかなかそう言う訳にはいかないのですいろいろと。
      そうじゃない人もいる様ですが。
      朝からあるもんで適当に食いつなぎながら一日中障子の貼替をしていてへとへとだったのです。
      まだ,keiちゃんとの二人暮らしで,食事の準備も考えなくちゃいけないし。
      まだまだ,家の大掃除・・・特に台所やトイレ等が残ってるし。
      年末から年始の食料の確保も必要だし。
      いろいろ思いを巡らせながらも,ちょっとパニックってました。
      そこに『はらこ飯』+αの差し入れはとてもありがたく。
      もろ手をあげて?いただきました。
      そして,食べたら「滅茶苦茶美味かったのです」
      それ以来『はらこ飯』のファンになったのです。




    2. 秋刀魚:さしみ
      harvest season秋刀魚の刺身

      ここ数年量販店でも写真のようにして販売するようになりました。
      多分。
      それ以前からあったのかもしれませんけど,気づかなかっただけかもしれないし。
      お気に入りの食べ方は,大葉の上に秋刀魚の刺身をのせ,さらにそれに山葵をのせて包むんです。
      そして醤油をちょっとつけて。っていうのが火星の食卓流です。
      この時期量販店の底値は100円を切ります。もちろん生秋刀魚一尾の値段です。
      それを待ってたかのように,秋刀魚の争奪戦が始まります。
      今年の底値は今のところ89円な~り。
      いろいろ試してみました。
      天ぷらやフライ等。でもなかなかうまくいかないのです。
      脂がのっていて実が柔く骨が多いせいで。
      「未熟物のど素人が~」って思いながら,べとべとになった秋刀魚を食べながら,「やっぱり塩焼きが一番だね」と何度言った事か。
      そして秋刀魚のすり身のつみれ汁と栗ごはん。
      たまりませんな~。
      去年は脂の乗りが悪くて,美味しくなかったので,秋刀魚好きの今年にかける意気込みは凄いものがあります。


    3. harvest season 米
    4. やっぱり,お米はつきものですね。
      どんなことがあっても欠かせない。
      でも,おかずを押しのけて自己主張するわけでもない。
      でも,ないととっても困る。
      新米が出回る季節は,ちらし寿司かな~やっぱり。漬鮪丼もいいな~。
      卵かけごはんもいいし。
      豪華に玉子二個使った目玉焼きなんて~のもいいな。
      白菜漬で「クル」っとくるんで「パク」っと食べる。

      やっぱり,食いしん坊なだけですね。



焼きそば物語

焼きそば帰省


  • 帰省。

  • 夏休みで帰省。
    21時過ぎに実家に到着。
    玄関の鍵を開けて。
    「ただいま」
    micchieはリビングで原稿書きながら,ウイスキーを飲んでました。
    「おっ。腹へったろ。台所の鍋に肉丼が入ってるから。食べていいぞ。俺は食べちゃったから。」
    「ふ~ん」
    で台所に行って,それらしい鍋のふたを開けてみると。
    「ゲッ?」
    何と形容したらいいのか判らない食べ物が。
    豚肉と玉葱と人参の炒り卵煮とでもいいましょうか。
    豚肉と玉葱と人参のごった煮に生卵を1個を落とし,ぐちゃぐちゃとかき回したような・・・・。
    ちょっとつまんでみると・・・多分醤油味。
    まっ,肉丼と言えないことはない。
    その他に料理した気配はないし,冷蔵庫を開けてみても
    豚丼と称している食べ物の残りの野菜,豚ばら肉。そして生卵があるのみ。
    実はkeiちゃんは何十度目かの長期入院中。
    台所の感じから想像するに,毎日このごった煮をつまみにウイスキーを飲み。
    夕食はこのごった煮をご飯にのせて食べていたと容易に想像することが出来るのでありました。
    リビングに戻って。
    「俺。電車の中で弁当食べてきたからイラナイよ」と嘘を。
    「お~そうか。飲むか?」
    「うん」
    ウイスキーの瓶を出されて。
    「自分で勝手にやってくれ」
    「俺,おつまみ作るから」
    「お~そうか。悪いな」
    ウイスキーを片手に
    バラ肉を細かく切り,玉葱と人参をみじん切りにし,これを具にしたオムレツを作って。
    「はい。おつまみだよ」
    「おっ」といって,食べ始め。
    「うまいな。なかなか」
    本来オムレツとか好きじゃなかったはずなんだけど。
    その食べっぷりを見て,毎夜あのごった煮を食べていたと確信を持ったのです。

    仕方ないので,その日はそのまますきっ腹を抱えながら睡眠。



  • 翌朝。

  • micchieの出がけに声をかけ。
    「何か食べたいもの有る?」
    「特にないな。う~ん。しいて言えば,ソース焼きそばとか天ぷらかな」
    「了解」



  • その日の午後。

  • ソース焼きそばと天ぷらの材料を調達。
    僕が食べたかったカジキもちゃっかり買い物かごに入れちゃったりして。
    「へへへ,カジキフライ~」
    カジキを生姜醤油につけてフライにすると,とっても美味しいくなります。



  • 夕食の準備。

  • 肉と野菜を炒めて。
    焼きそばの麺を冷蔵庫から出し,袋を破って麺を投入。
    なんかいつもの麺と違う。
    パラっとならない。
    べとべとがさらにベトベトになっていく。
    「オカシイ」
    ゴミ箱に投げ入れた焼きそばの袋を確認。
    「が~ん。ガ~ン。もう一つおまけに。ガ~ン。生麺?エエエエッラーメンの生麺じゃね~かよ」
    焼きそばと思って買ってきた麺は,ラーメンの麺だったのです。
    量販店でよく確認せずに,買い物かごに入れたのだと思います。
    「袋空けるとき普通確認するっちゃね」
    勝手知ったるソース焼きそば・・・のおごりが悲劇を招いたのでしょう。
    麺を茹でれば何とかなるかも?
    「う~ん。無理」
    麺はサラダ油と野菜と豚肉で『デロデロ。ベタベタ』になってる。
    ラーメンに変更できないだろうか?
    それも上記理由で無理。
    このままいくとこまで行くしかないと腹をくくったのです。
    前代未聞!!ラーメンの生麺仕様(使用)の焼きそば。
    ベタベタで混ざらずダマになった焼きそばの出来上がり。
    3分の1以上がフライパンにくっつく等,とっても酷い物でした。
    仕方ないので,翌日に作ろうと思ったカジキのフライと天ぷらも急きょ調理。



  • お食事の時間。

  • 「ソース焼きそばって,こんな感じだったかい?」
    「ゴメン。焼きそばの麺とラーメンの麺間違えちゃったんだよ」
    「そ~か。ま~これはこれで,何とか食べれない事ないけどな」
    「・・・・・・・」
    黙々と食べ進める中,micchieが突然。
    「将来。俺たち二人だけになる可能性が高いから,仲良くして行こうな」
    「なんだよいきなり。気持ち悪いな~」

    P1051934




アクセスカウンター
  • 累計:

最新コメント
火星から来たBeth : Beth came from Mars.
2009年10月28日に火星から来ました。
Bethと言います。

Bethは,
宮城県動物愛護センターの譲渡会に参加して
(2009年10月28日)
譲り受けてきた犬です。
月齢3か月ぐらいと,スタッフの方が説明してくれました。
出生のすべてが謎に包まれた犬なのです。

Bethが我が家に来たのを機会にブログを開設しようと思い。
タイトルをどうしようか悩んでいる時・・・

札幌在住の友人が
「出生がわからないんだったら火星から来たことにすれば!」
で決まったタイトルなのです。

カテゴリ別アーカイブ
管理人からのお知らせ
虫よけにお薦め
for girls who grow plump in the night
記事検索
just for a moment
Talking in the window as the light fades
I heard my voice break just for a moment
Talking by the window as the light fades
I felt the floor change into an ocean
We'll never leave here, never
Let's stay in here forever
And when the streets are quiet
We'll walk out in the silence
Listening to the movement that the night makes
I let the room fade just for a moment
Sitting in the shadows that the leaves make
I felt the floor change into an ocean
We'll never leave here, never
Let's stay in here forever
And when the streets are quiet
We'll walk out in the silence
Listening to the music the machines make
I let my heart break just for a moment
Listening to the music the machines make
I felt the floor change into an ocean
We'll never leave here never
Let's stay in here for ever
And when the streets are quiet
We'll walk out in the silence
プロパ癌だ!


お散歩時の熱中症予防に
ヤケクソバイオドリンクレモン広告
簡単な作り方を 「火星の食卓」で公開中です。