火星から来たベス

abukuma river

計画

阿武隈川辺踏破計画一号?に基づき作成。
次にのような計画です。Bethお嬢様。
槻木大橋ー阿武隈大橋徒歩計画01-1


フムフム。まあまあの出来じゃない。

じゃ。 承認。  

槻木大橋ー阿武隈大橋徒歩計画01-2

 ああああ!地図の真ん中に承認印押すかふつう! 

と言うことで。出発進行。
aPB122946
 
aPB122939

おおお!いい天気だね。
おそらく,通常の徒歩の速度でも5時間はかかると予想。
なので,帰宅時間は夜になる予定。
夜の寒さを想定し厚着をしてきました。
しかし・・・出発して間もなくなのに,汗だくです。

風情がある景色ですね。Bethお嬢様。
aPB122951

顔に似合わないこと言わないでヨ。
 
aPB122954

そんなヒネタ顔して憎まれ口言っちゃって・・・
いいお顔が台無しですよ。Bethお嬢様。

aPB122957
 
aPB122964
 
aPB122968
 
aPB122972

よし。体も温まったし・・・というか汗びっしょりだけど。
本格的に歩くぜBeth! エンジン全開だ。
 
aPB122994
 
aPB123007

 
aPB123008
 
aPB123013

右手には,いつも散歩でお世話になってる千貫山。
今年の夏は,Bethも僕もアブの大群に遭遇して大変な目にあいました。
アブに刺されると,直径5センチぐらいに固く腫上り1か月ぐらいは跡が残ります。
そして,痛くて痒いんです。たまりません。
aPB123016

水道橋をくぐりぬけて。
仙南・仙塩広域水道の専用の橋で,この下をくぐりぬけるとき
運が悪いと・・・本当に運が悪いと・・・冷たいしずくが頭に落ちてくるんです。
「ピシッ」と音がして頭の地肌を直撃・・・
・・・めったにないのだから運がいいのかも?
管路に流れてる水と,外気の温度差があると結露するんでしょうね。
aPB123018
 
今日は蔵王は見えないね。
期待してたんだけどな。
残念。
 
aPB123019

”スンバラシイ”景色だぜ!
aPB123021

水道橋の下に常磐線の橋梁が見える。いい眺めだ。
aPB123026

そして槻木大橋:全長777.7m。
霊験あらたかな橋?なのです。
何にご利益があるの?
aPB123032

その霊験あらたかな?橋に挑戦?
PB123037

霊験あらたかな?橋から下流の船着き場?を眺めるBeth。
aPB123040

そうなんです。船着き場があるのですよ。
今ちょうど,船が到着したところだね。
aPB123042

そして,中州にBethと僕の影が・・・・
aPB123044 - コピー
ううううう~。高いとこは苦手だ。吸い込まれそう?

なんだろう?
aPB123055
早く行こうよ。頼むから・・・足がすくんじゃって・・・
勇気を振り絞って。
シャッターを押してます。
aPB123057

槻木大橋から見た千貫山
aPB123054
 
そして阿武隈川上流
aPB123061

ふ~。やっと渡り終えたぜ。めちゃめちゃ疲れた!
aPB123064



走った後は,やっりソーセージなのですネ。
aPB123078

秋の気配がいっぱい。
aPB123081
 
aPB123084
 
aPB123090
 
aPB123094

寄り道大好きなBeth
aPB123102
 
なぜ顔がないんでしょう。
長い年月風雨にさらされたため?
でも,ここはそんなに風も雨もあたらないよね。
信仰心の篤い人たちが,お顔を撫ですぎたのかな?

aPB123114
 
aPB123119
田沢磨崖仏(岩地蔵)へお参りしたわけじゃなさそうです。
信仰心じゃなく好奇心でした。

亘理側の常磐線阿武隈川橋梁
aPB123136

夕暮れも近くなってきて,さすがに寒くなってきたね。
Bethそろそろ寄り道しないで,帰ろう。
aPB123131
なに?遊び足りないんだけど。と言ってるみたい。

しかし,おぬしは寄り道が好きだね。
aPB123141

そろそろ,帰ろうよ。
aPB123147
仕方ないわね。

阿武隈川の夕暮れ。
aPB123155
 
aPB123159
散歩は最高だね。

しかし,
いつものように,6号線の下にあるトンネルを
aPB123167
半分まで来たとき・・・
aPB123168
車が・・・・
一度我々がいるのに躊躇して,停車したのですが。
僕はその時,僕たちがトンネルを出るまで待ってくれてるのかと思ったのです。
しかし車は,突入してきました。
え?マジッスカ?
Bethと僕は,トンネルの壁にへばりつき
お腹が・・・スレスレ・・・
運転手(♂)は,僕たちを上目づかいで睨み去っていきました。
思わず「歩行者優先だぞ~」と叫んでしまいました。
10m前後のトンネルなのに・・・・そして歩行者優先のトンネルなのに!
トンネルに入る前だったら,待ってるけど・・・半分以上来てるのに。
aPB123169


トンネルに入る前だったら
車が通り過ぎるのを待つんですヨ。何時もね・・・
そして,普通のドライバーは「すみませ~ん」と言って通り過ぎるんだけど。
そんな人ばかりじゃないんだね。
なにかとても殺伐とした気分で,帰ってきました。

そういえば写真の左側・・・・
よくトンネルや橋の橋脚などにある落書きだよね。
多分,同一人物?か,同一グループ?が書いたのだろうけど,
センスないよね。

このセンスのなさ,
自分の書いた落書きを見て恥ずかしくならないのかな?
落書きをする脳天気さよりも,センスのなさが光る?落書きだよね。

それとも,宇宙人のメッセージ???
こんな脳天気な宇宙人はいないだろうけどね。

帰宅。
Bethは夕食を食べたら・・・
aPB123172

僕は,レモン風呂(正確にはレモンの皮風呂)に入り,
ホカホカになって,食卓に。
フフフ。今日は ”漬マグロ(びんちょうまぐろ)丼” なのです。
最近マグロ高いもんね。
ちょっと安めの(高いけどね)”びんちょうまぐろ”で挑戦してみました。
下ごしらえをしてから散歩に出かけて・・・・ちょうどいい塩梅に漬かってるようです。
そして,tomoさん特性”ブリのあら汁”です。
付け合せは,カブの浅漬けだよ。
 
PB133254

 ***** おまけ ***** 

火星からBethが来た日。
2009年10月28日です。




2年前のBeth


空中浮揚

空中浮揚を披露するBeth
beth空を飛ぶ

                                 
空中浮揚後,どうだとばかりにカメラを覗き込むBeth。
PC010437


アクセスカウンター
  • 累計:

最新コメント
火星から来たBeth : Beth came from Mars.
2009年10月28日に火星から来ました。
Bethと言います。

Bethは,
宮城県動物愛護センターの譲渡会に参加して
(2009年10月28日)
譲り受けてきた犬です。
月齢3か月ぐらいと,スタッフの方が説明してくれました。
出生のすべてが謎に包まれた犬なのです。

Bethが我が家に来たのを機会にブログを開設しようと思い。
タイトルをどうしようか悩んでいる時・・・

札幌在住の友人が
「出生がわからないんだったら火星から来たことにすれば!」
で決まったタイトルなのです。

カテゴリ別アーカイブ
管理人からのお知らせ
虫よけにお薦め
記事検索
just for a moment
Talking in the window as the light fades
I heard my voice break just for a moment
Talking by the window as the light fades
I felt the floor change into an ocean
We'll never leave here, never
Let's stay in here forever
And when the streets are quiet
We'll walk out in the silence
Listening to the movement that the night makes
I let the room fade just for a moment
Sitting in the shadows that the leaves make
I felt the floor change into an ocean
We'll never leave here, never
Let's stay in here forever
And when the streets are quiet
We'll walk out in the silence
Listening to the music the machines make
I let my heart break just for a moment
Listening to the music the machines make
I felt the floor change into an ocean
We'll never leave here never
Let's stay in here for ever
And when the streets are quiet
We'll walk out in the silence
プロパ癌だ!


メンバーリスト
お散歩時の熱中症予防に
ヤケクソバイオドリンクレモン広告
簡単な作り方を 「火星の食卓」で公開中です。