河川敷

河原へGO!

「あなたの今まさしく行ってる行為は,5年以下の懲役もしくは一千万円以下の罰金刑なのだよ」
「・・・・・・・」
「つまりですね。
今日からあなたも晴れて犯罪者の仲間入りと言う訳です。
パンパカパーン!
おめでとう!!」
と思わず言っちゃった。

まさしく,交錯した瞬間。


思い出したくもない,今年最も最悪で不愉快な出来事。


土地の境目。
歴史の境目と時間の狭間。
国の境目と利権の狭間。

境目にはいろんな思惑が交錯している。
その境目が接触し交錯した時起きるトラブル。
誰もが,積極的にかかわりたいとは思っていないでしょう。
ごく少数の,曰くのある人たちや,都合のいいように情報を捻じ曲げる為政者達を除いては。


そして,季節の境目に起きた出来事。

『お願いだから目の前で,行為に及ばないでくれ~』と祈る気持ちとは裏腹に。
何の躊躇もなく,行為に及ぶ人達』

『あ~あ,やっちゃった』

まさしく,トリガーを引かれた瞬間。

『言わないで後悔する。
言って後悔する。
どちらを選択しても後悔の念に焼かれるのは間違いないわけで。
言った場合に,こうむるであろう甚大な被害も,ある程度想定できる。
しかし,駄目なものは駄目だろう。』
等々,1から10まで数える間に去来する思い。

そして。
「今日からあなたも晴れて犯罪者の仲間入りと言う訳です。
パンパカパーン!
おめでとう!!」

『あ~あ。交錯しちゃった』


晩冬と初春の境目に。

とっても!トッテモ!面倒なシーンを演出してしまったのです。
三文役者は彼らで,演出は僕です。



という訳で,河川敷から足が遠のいて。
行くエリアが限定されてました。

流れる時間は,感情の凹凸を削りながら,過去の感情の上に堆積物を残していく。
時の力を借りて,恐る恐る来てみました。


風景が変わっていて・・・。
0512

「ン?テロ?・・・・テロ対策警戒実施中?」って書いてある。
何か違和感を感じる。
テロ対策として警戒を実施していると。
こんな文言になる?

それは置いておいて。

「おおお!晩冬と初春の境目に起きた出来事。
あれは,テロだったのか」
彼と彼らは,とある組織の工作員?だったとか。
市民と言う仮面をかぶったテロリストだったとか。
だから境目を微妙に接触させながら,ここぞというときを見計らって交錯。
「合点!!」



それじゃ・・・亡くした心に弔いのうたを



remember how it used to be
when the sun would fill up the sky
remember how we used to feel
those days would never end
those days would never end

remember how it used to be
when the stars would fill the sky
remember how we used to dream
those nights would never end
those nights would never end

it was the sweetness of your skin
it was the hope of all we might have been
that fills me with the hope to wish
impossible things

but now the sun shines cold
and all the sky is grey
the stars are dimmed by clouds and tears
and all i wish
is gone away
all i wish
is gone away

all i wish
is gone away






でも,意を決して来てよかった。
テロリストがいない水辺は,本当にいいな~。

でも,護岸工事などの影響が出始めていて,徐々に侵入できるエリアが限られてきています。

必要なんだろうけど・・・。
日毎に山が削られ。
山肌が痛々しく露出し。
風景の中から消えていくのを見るのは,とても悲しい。


0513

0514



楽しむこと。
それは,自らが欲する物を貪欲に貪る事により,得られるテロリストたちの夕べもあるだろう。
しかし,
ひたすら走る。
ただ,走る事の喜びを体現するのを目の当たりにすると。
その貪欲な喜びは色褪せて見えてきます。



0516

0515

0517

0518

夕べは,
多くの命とそれを育む命の上に成り立っている。
だから大事に,大事に育んでいくべき。
命を軽んじることは,自らの命も軽んじる。
自縄自縛の中であえぐのならば,自らの内面の葛藤の中であえげばいい。
自らのフラストレーションを,自ら以外の命で代用する愚行を知るべきです。

ちょっとしんどかった河川敷

出発と同時に桟橋付近で,ペットボトル類を燃やす煙に巻かれました。
左の鼻の奥が「ツーン」と,左側の頭が「イタイ」
鼻血出そう。
(幸い散歩中は出ませんでしたが,翌朝「ドバー」っと)
なんでこんな目に合わねばならぬのだろう。
masa-panda_17
「プンプン」



散歩に行く前に,スマイリー・マッチャンに会いました。
本当に久しぶりです。
『山の会』の今年の予定表を持って来てくれたのです。
顔を見なくなって1ヶ月近くなるかな~。
休日の散歩やトレーニング施設でも顔を見なくなってました。
「どこか行ってたのですか?」って聞いてみると。
ベトナム・・・なんとホーチミンに行ってたんだそうです。
「ヤルナ~」
南ベトナム時のサイゴンですね。
「サイゴン陥落と言うかサイゴン解放時の傷跡ってまだあるんですか?」
「ホーチミンのお墓には行かなかったんですか?」
と矢継ぎ早に聞いてしまいました。
実はホーチミン廟はハノイにあります。
「いや~そういう目的で言ったんじゃないから」
「ムムム,ソウスカ~」

食材の宝庫。
そして,とても美味しい国という感じだったそうです。
只,バイクが多い。
道を渡るのにも,バイクを避けながら命がけなんだそうです。

ベトナム土産をもらいました。
ベトナム
この他にチョコレートも頂いたのですが・・・

「アッ」
tomoko-sheep_22
と言う間に無くなってしまいました。

そして,共犯者
m-panda_29

塩の結晶は,家庭の食卓で使ってる粗塩より甘みがあります。
粒胡椒はまだ味見はしていません。
「さ~て,どう料理してくれよう・・・ワクワク」

実は,今年から『山の会』に入会することにしています。




『ワクワク』した気持ちから,『ドヨ~ン』となってしまった河川敷に戻ります。


まいったね。
リフレッシュのために来てるのに。


人の気持ちを尊重しすぎるのは,付け入られる隙を作るのでは?
でも,それでもいいのかもしれないね。
僕は僕で僕以外の何物でもないのだから。

頭がズキズキして・・・折角のいいお天気が台無し。

P2289007

この辺まで来ると,流石にあのプラスチックの燃える匂いはしなくなってます。
ただ,服にしみついてるので「パタパタ」しながら。
「クー,風呂入りて~」遠吠えの様に吠えたのです。

P2289008

Bethは元気だな~。
嗅覚が優れてるのだから,人一倍?反応しそうなんだけど。
基礎代謝の問題なのかな~。
歳と共に代謝の衰えを感じる昨今。
何となくネガティブな気持ちが先行します。


何となく無言,無反応な単調な散歩になってました。
「楽しくないな~」


P2289048

0226

「猫」
・・・・・
「大きい?」
・・・・・
「犬???」
ちょっと待てヨ。
あの尻尾の太さと顔つきは
「キツネデッセ旦那!」
葦の草原の入り口付近で,こちらを「ジーー」っと見てる。
そして,カメラに手を伸ばしモード設定してる最中に,葦の生い茂る中へ姿を消したのでした。

うつむきかげんにただひたすら淡々と歩いていたせいで,気づくのが遅れました。
「チッ」と舌打ちしながらも。

ドッチ道,砂浜に行くために,葦の生い茂る中を藪漕ぎする気で来ていたので。
葦の生い茂る草原に「突入!」

追跡開始。
途中全く見失ったので,当初の予定通り砂浜へ「ズンズン」と侵入。

身を切る様な風が「ビュンビュン」
だけど,「気持ちいいい~最高!汚染物質を吹き飛ばせ~」
river
「アハハハハ。復活!」

葦の草原が阻んで誰の足跡も無い!
「キャホー。やりたい放題だぜ!」

P2289067


0227


やりたい放題!
無礼講だぜ?
矢でも鉄砲でも持ってこい。
俺は無敵だ!
やっとポジティブな気持ちへ推移?
単にハイテンションになってるだけ?
ドッチでもいい。
元気出てきたから。

と,遊びまくっていたら。

P2289112

更なる突風が


蔵王おろしが川を下ってき来たような「メッチャ,サブ~」

「帰るとしますか,Beth」

戻るルートは?
砂浜には足跡があって,葦の草原のどこから出てきたかは当然わかります。
葦の草原の中に入ったら,同じルートをたどることは多分不可能でしょうね。
そして,Bethは行きは後ろで,帰りは先頭になる事が多く。
自分の都合のいいところを「トットト」歩く癖があります。
やっぱり,
『行きはよいよい。帰りは痛かった!』



P2289128


6号線の亘理と岩沼の間に架かる,阿武隈橋の下をくぐり抜け。
P2289142

P2289149

tomoさんに,お出迎えの依頼の電話をし。

不思議な美しさを醸し出す工場のシルエットを,撮影しながら。
待ち合わせ場所に向かったのです。

P2289168

P2289177



暖かい車に乗り込んで「ホッ』と一息。
「あのさ,今日はね。河川敷の展覧会だったんだよ」
「何?どういう事」
「いや~一言では言えないのだよ。だからさ今日はビール飲みながら話さないといけない」
「何それ。ピロリ菌殲滅のための薬飲んでる最中でしょう。それにアルコール飲まない様にって言われたんでしょ」

「それはね。担当医が何も言わなかったからさ。
薬をもらう時,薬剤師にビール飲んでも大丈夫ですか?って聞いただけなんだよ」
そしたら
「え?」って怪訝な顔して聞くので。
「アルコール類飲んでも大丈夫ですか?」って聞き直したんだよね。
そしたら,薬剤師が。
「ウ~ン。できれば飲まない方がいいです」って答えただけなんだよ。
「処方箋の備考欄にも何の記述もなかったし,まったく飲んじゃダメダだとは言ってないのだよ」
「ヘラぐちよね。それって」
「ウ~ン。汚染物質大分拾ってきちゃったから,消毒して洗い流さないといけないんだ。
それは今夜やらないといけない。とっても切実な問題なんだよ」
「???」



帰宅後ダニ予防のブラッシング。
ブラシを持って外に出ると,寄ってきます。
ただひたすら気持ちいいんでしょうね。

おしまい

河川敷の展覧会

strange boutique




メニュー


1.桟橋  2.広場   3.土手  4.橋



1.桟橋

P2288975

「ここでゴミを燃やしたり,捨てたりしちゃいけないよ」

「これは,ごみじゃね~んだ。生活の残骸なんだ」

「残骸って?ウ~ン。でもゴミだよね。
利用価値が無くなった物を捨てに来て,燃やしてる訳だから」

「俺達にとっちゃゴミじゃないのさ。生き続けてきた残骸なのさ」

「理由はどうあれ。
捨てても,燃やしても,それを川に流しても。
みんなの生活の場を汚しちゃいけいよ」

「俺たちが生活してきた証と言える残骸に火を点ける事で,炎には生活の灯。煙には生活の吐息を感じるんだぜ。
そして,抜け殻になった残骸を川に流すのは,泡沫の命の儚さを水に流したいからなのさ。
利用価値が無い物などありはしない」

「・・・・」

「だから・・・アンタラなんかに邪魔される筋合いなんかないね~」

「ほんのちょっと想像力を働かせることが出来れば,自分達のやってる行為が反社会的な行為だって事ぐらい判るんじゃないの。
あなた達はわざわざ自転車や車で街から来てるのでしょう。
人のいない様なところに持って来るのは,近所の空き地や道端などに捨てる罪悪感があるからじゃないの。
それと自分の居住空間から見えないところに持って行きたい。
自分達のテリトリーが良ければいい。
と言うただそれだけの理由がそうさせてるのだし。
燃やすのだって,川に流すのだって,同じことだよね。
自分に都合のいいように理由付けするのは,心の奥底には後ろめたいという意識があるからだよ。」

「関係ないね,。俺らはやりたいようにやるだけさ」

「・・・・」




2.広場

P2288986

来るたびに遭遇する車。
何時も同じ場所に駐車している。
人の気配はします。
おそらく中で横になってる。
時折起き上がり周りの様子を伺ってるのだと思う。
オフロードバイクが来ると,移動を始める。
散歩中の人や犬が来ると,移動を始める。
他の車が来ると,移動を始める。
車で来る人は,ゴルフの打ちっぱなしだったり,
リモコン飛行機を飛ばす人だったり,
オフロードバイクを積んでこの場所で走らせに来たり,
それぞれの思いを乗せ。
自分の都合で来て,様々な思いと一緒に,様ざまな物を落としていく。
そんな人たちとの接触を避ける様に,その都度そそくさと土手沿いの草原の方に移動する。
広場に居なくなった途端,戻って所定の場所に駐車する。
寒くても暑くても。
「人の都合のいい思いで落としていく,落とし物が嫌い」






3.土手

P2288977

遙か前方。
土手の内側の道に自転車?
盗まれて放置された自転車?
ここまで来て放置する理由は無いよな~と考えながら,さらに進むと。
土手のコンクリートで固められた斜面に何かあります。
雑草の間から見えたのは。
人?
人なの?
横になったまま動く気配がない。
人だ!
背中が凍り付いた瞬間。
・・・・・・・・・・・
つい最近焼けた車の中で人が発見された現場のとても近く。
・・・と頭をよぎる。
「ドキ,ドキ,ドキ」さらに鼓動が早く打ち始める。
何で?ここに
かすかに動いてる・・・生きてるよね。
まだ2月デッセ。
日向ぼっこするには,夕暮れ時だし風は冷たくてとっても寒い。
休んでるにしても,横たわるか普通。
コンクリートは冷たく体温を奪うもんね。
と言う事は
行き倒れ?
体調が悪くなって休んでる?
防寒着の中に着込んだフリース,そのまた下にある携帯電話を防寒手袋をした右手で確認。
防寒着の前の部分のファスナーを下げ,
いつでも取り出せるように右手の手袋を外しながら,臨戦モードに移行しつつ。
横たわる人物に急接近。
どうも,体調が悪くて休んでるという風には見えない。
若い兄ちゃんの様だ。
上下ともにかなり厚手の防寒着を着て,左ひじを斜面のコンクリートに付き,若干身体をお越し,
右手に何か持ってそれを一心不乱に見つめている。
・・・・・・
話しかけられたくないと言うオーラをかなり発散している。
・・・・・・
横を通り過ぎる時。
顔は前方を向けたまま,目の端に神経を集中すると。
スマホ。そしてヘッドホン。
スマホの画面を見ながら指だけが動いてる。
僕が通るのも気にならない様子。


通り過ぎてから,何度も何度もさりげなく振り返りながら見ても,そこから動く気配が全くないのです



「僕の今の居場所なんです。ここが。」と言わんばかりに。




4.橋

P2288979

橋の歩道を颯爽と走り過ぎようとしてる女性。
着ている物などから想像するにジョギングしてるのだと思う。
何の変哲もない普通の光景だったのです。
そして,前方の信号が赤の為,橋を渡り終える直前に速力を落とし歩き出していました。
橋を渡り終えた場所は信号機のある十字路。
横断歩道のちょっと手前で立ち止まり,もと来た方に戻り始めたのです。
信号待ちをするのが嫌か,あるいはジョギングを中止したのかと思ってなんとなく歩きながら見てると。
橋にかかる直前の歩道で急にしゃがみこみ。
転落防止の白いポールが上下に2本。
その間から一生懸命手を伸ばし「ガサゴソ」
何か落としたにしては不自然すぎる?
何かを探り当てた様子で立ち上がった彼女の手には?
雑誌?
捨てられてから結構日にちが経過してる様で,ゴワゴワになってる様に見えるのです。
それを一生懸命ページをめくりながら目を通してる。
結構交通量の多い交差点。
気にならないのかと思いつつ。
こんどは興味津々で,正面の堤防の上で足を止めて観察。
雑誌?かなりごわごわになってかさばってる様子?
手に取りゴワゴワに苦労しながらパラりパラリとめくっている。
数分後,全てを見終わったのか,,歩道の転落防止のポールの上から誰も手の届かい様なところへ「ポイ」
ポイした行方を確認しつつ,踵を返して何度目かの青信号の交差点を橋とは逆の方向にまた颯爽と走り始めたのです。
まるで,〝小学生が道端で見かけたポルノ雑誌〟
それを遠巻きにしながら『ジー』っと見つめ。
意を決したように手に取って見る。
そして,見終わって誰にも見せたくない。
だけど,持って帰れない。
扱いに困って誰の手も届かないところに捨てる・・・そんな光景。
「フ~ン。妙な物を見ちゃった」


そして,約30分後に同じ場所を通過中。
先ほどの女性が逆方向に走り去って行ったのです。
今度は何も拾わずに。
今思えばどんな雑誌だったのでしょう。確認すればよかったかな?
でも確認するのには,彼女のとった行動と似通った行動をとらなければいけなくなるので,かなり恥ずかしいです。


20150228足跡





アクセスカウンター
  • 累計:

最新コメント
火星から来たBeth : Beth came from Mars.
2009年10月28日に火星から来ました。
Bethと言います。

Bethは,
宮城県動物愛護センターの譲渡会に参加して
(2009年10月28日)
譲り受けてきた犬です。
月齢3か月ぐらいと,スタッフの方が説明してくれました。
出生のすべてが謎に包まれた犬なのです。

Bethが我が家に来たのを機会にブログを開設しようと思い。
タイトルをどうしようか悩んでいる時・・・

札幌在住の友人が
「出生がわからないんだったら火星から来たことにすれば!」
で決まったタイトルなのです。

カテゴリ別アーカイブ
管理人からのお知らせ
虫よけにお薦め
for girls who grow plump in the night
記事検索
just for a moment
Talking in the window as the light fades
I heard my voice break just for a moment
Talking by the window as the light fades
I felt the floor change into an ocean
We'll never leave here, never
Let's stay in here forever
And when the streets are quiet
We'll walk out in the silence
Listening to the movement that the night makes
I let the room fade just for a moment
Sitting in the shadows that the leaves make
I felt the floor change into an ocean
We'll never leave here, never
Let's stay in here forever
And when the streets are quiet
We'll walk out in the silence
Listening to the music the machines make
I let my heart break just for a moment
Listening to the music the machines make
I felt the floor change into an ocean
We'll never leave here never
Let's stay in here for ever
And when the streets are quiet
We'll walk out in the silence
プロパ癌だ!


お散歩時の熱中症予防に
ヤケクソバイオドリンクレモン広告
簡単な作り方を 「火星の食卓」で公開中です。