椎間板ヘルニア

救急搬送

とある週末の昼下がり

 外の物置の中で尋常ならざる痛みが左臀部を襲い、
明らかにまずいと感じた僕は、玄関に向かって歩こうとしました。
しかしその瞬間、
左脚外側の血管にトゲトゲを注入した様な痛み、それが一瞬にして広がり、物置と玄関の間で立ち往生。
数十分かけて玄関にたどり着き・・・・寝室のある2階へなんとか這い上がりました。
そして、その日の深夜に激痛で全く歩けなくなり、這うこともままならい状態に至ってしまったのであります。

寝室からトイレへの道のりは、サンルームを横切って、その遥かかなたにある為、
(そのように長く感じたという事です。決して豪邸に住んでるとか外便所だとかと言う事ではありません)
トイレに一番近い島(天国の一番近い部屋?)に布団を敷いてもらい。
トイレの扉とにらめっこしながら痛みとの格闘が始まりました。
しかし、長い道のり・・・なんとかトイレまで這ってたどり着いても、
今度は便器に腰を掛ける過程においては、
左脚の筋肉が硬直し固まってしまったのではないかと錯覚してしまうほどの快感?
更に運よく便器に鎮座できた時、その痛みは増幅され、昇天しそうな変態の世界へ誘うのであります。
冗談はさておき、
左臀部から左大腿部が便座に圧迫されるため、
ここがスイートスポットなんですねその為に「グワッ」
となって飛び上がれないけど、飛び上がるのです。
布団の上では、七転八倒ではなく、反転もできず固まったまま、
逃げることができない、悶絶の2日間。

小康状態の時もあり、その時を狙って営業のヤマちゃんに相談。
返ってきた回答は「救急車を呼ぶべきじゃないですか」
更に、お散歩仲間の kotetsu,komachi,koharuのパパさんにtomoさんが相談。
「呼ぶべきです。そのための救急隊ですから」
「その時は2階に寝てるとしっかり伝えてください。
屈強な面々がお迎えにあがると思います」と。



二日後の月曜日

 なんとなく休日は避けて、月曜日の慌ただしい時間を30分ほど過ぎてから。
二人の声に後押しされて、呼びました。
そして、カッコ悪いけど、生まれて初めて救急搬送されました。
検査は熾烈を極め、痛いからですけど。
結果は仙腸関節障害、椎間板ヘルニア?
ブロック注射一発!



三日後の木曜日

 多少前回のブロック注射で、
トレッキングポールを使えば、
恐る恐るですが歩けるようになってはいました。
しかし、
無意識に寝返ると、激痛で目が覚める。
意識的に寝返るのは、数十分を要する。
相変わらず便座に簡単に鎮座することができない。
等々により、
人目もはばからず尻を出しブロック注射を哀願したのであります。
一気に三個所・・・いて~です。
でも、あの痛さに比べれば、何ともありませんのです。



番外編 その一

 自宅には。
お見舞いが届いてました。
ワラビ(山から直送で調理済み)
リーフレタス(畑から直送)
コシアブラ(蔵王からの直送10リットル)
四つ葉ベーカリーの天然酵母で作ったパン(出来立て)
タマネギ(畑直送20個)
赤タマネギ(畑直送5個)
キャベツ(畑直送3個)

iphone1


皆様ありがとうございます。
そのまま食べれるものはそのまま食べ(アタリマエ)
ところで前田製菓の「あたり前田のクラッカー 」ってしってますか?関係ないけど。





基本食べるものばかリ。
そんなに食いしんぼさんと思われてるのかな。
でも、とてもうれしいです。
皆様ありがとうございます。

なんだか意欲が湧いてきます。
材料をこんだけ提供していただいて、レシピを考えないなんて。
人間の風上にも置けない。



番外編その二

 自宅療養を開始してから

・オロヌク天才。
・時間軸を自分の都合いい様に解釈する鬼才。
・裸の王様。

からの温かいクレーム対応のお見舞いが届きました。

現在寝泊りをしている最も天国に近い部屋は、
通常モードで生活を営んでる部屋からは、
先ほども説明しましたが、
這って歩くには、
気の遠くなるような快楽の坩堝を潜り抜けなければならず、
現状の僕にとっては、宇宙よりも、そして南極よりも遠く感じる距離なのです。
そして、当然PCはその部屋に置いてあるバッグパックに中に。
つまり、往路と復路では、「行きはよいよい、帰りは怖い」なのです。
登りで体力を使い果たし、下山で余計な荷物をしょい込んで遭難。
復路ではPCというお荷物をしょい込まなければならないと言う事。
2足歩行が困難な今、手立ては四足歩行しかない。
これはですね、PCを持ってしまうと四足歩行は三足歩行になり、
左脚と腰への負担は頂点に達し、歩行は困難を極めるのです。
匍匐前進と芋虫の様なクネクネの組み合わせで、床を掃除しながら・・・
沸騰した怒りが、それを凌駕した事でクリアできたのですが。
 二足歩行の素晴らしさがよくわかりました。
 健康な四足歩行者?が仮に右手でものを持ったとしても、
歩行は極めて困難になると実感したのであります。
恐るべし2足歩行・・・歩きながら何でもできちゃうんです。いや~まいった。参った。
と言う訳で、対応が終わった時には、病院の受付時間は過ぎ去っていたのです。



12日目水曜日

 中新田の工場へ、トレッキングポールを携帯し現地調査。
 渡された現地調査用のルート図は、あてにならず、地道にルートファインディングし下山。
直行、直帰。
依然、突然の動きには痛みが走り、突発的な動きには対応不可の状態。
腰の周りに鈍痛、左脚はしびれと痛みあり。
そして、Blog作成中。
 


13日目の明日

 動き出しの激痛と、通常モードの歩行には程遠い状態なので、病院へ行く予定にしてます。






朝の散歩は、tomoさんが

iphone2





続きを読む

続『やさしくしてね♡』

ごく一部のエリアを残して,7日目にしてほぼ全領域を物理的に制圧。
このまま掃討作戦を行いつつ,ノイズの遮断に移行。

過猶不及:火星から来たBeth からつづく

「どうですか?」
「1週間ぶりに犬(Beth)と早朝の散歩に出かけたんですけど。
躰がとても軽くて・・・・」
「エッ, どういう事。痛くないのですか?」
「もうほとんど痛くないです」
「エッ?痛み無いの。何で?」
「何でと言われても・・・
ブロック注射の後いくらか痛みが和らいだのですけど,やっぱり痛くて全く眠れなかったのですが。
翌朝少し痛みが引いて,アルパインポールが必要でしたが,少しづつ歩けるようになったんです。
でもやっぱり痛みはあり。
ただブロック注射をする前の,七転八倒する様な痛さはではありませんでしたけど。
その後も痛みが徐々に和らいできて。
4日目に,処方して貰った痛み止めを,おっかなびっくりですけど飲まないでみたんです。
そしたら,何ともない。
それ以降は,全然飲んでいないです」
「2種類の痛み止め,どれも飲んでなくて,痛くないの?」
「はい。小指の外側に違和感と,時折何とも嫌~なしびれの様な痛みはありますが」
「なんでだろう?・・・・・ちょっと,診察台の上に仰向けに横になってみて」
「はい・・・・・ヨイショっと」
「痛くなかった左脚から確認しますからね」
と言いながら,足首と踵に手を添えて,脚全体を持ち上げながら
「膝を曲げてみるよ~」
「・・・・」
「じゃ。膝を曲げずに脚を大きく持ち上げて。身体の方に曲げてみるよ・・・・ヨイショ」
「バキッ・・・イタタタ。あのですね筋金入りの鋼のカラダなんで,お手柔らかにお願いします」
「?」
「体硬いんです,鋼の様に」
「ハハハハ。こっちはやっぱり何ともないね」
じゃ問題の右脚言ってみよう
「まず膝から・・・・どう?」
「痛くないです」
「へ~・・・じゃ脚全体を体の方に曲げてみるよ・・・ヨイショ」
「イタタタ」
「何だヤッパリ痛いんじゃない」
「違うんですってば,筋金入りって言ったじゃないですか。弾性率が大きんですから曲がり難いんです。無理すると破断しますぜ」
「ハハハ,冗談・冗談・・・・・それじゃ診察台から下りて椅子に座っていいよ」
「ハイ」
「痛くないんだね。本当に。いったい何が起きたんだろう?」
「そう言われても・・・」
「今日の状態見て,再度写真撮ろうと思ってたんだけど,その必要全くないですね」
「先日頂いたパンフには

腰椎椎間板ヘルニア

髄核が一部はみ出てきて神経を圧迫してて症状が出るって書いてありましたよね。
という事はですよ。
痛みが無くなって来たという事は,引っ込んだって事なんですかね?
出るくぎは打たれる?みたいないな。」
「それ使い方違うと思うけど」
「髄核さんは尻尾を巻いて背骨の中に逃げ帰ったとか」
「髄核は追い返すことは無理だろうね。
追い返したのでも,自分から引っ込んだのではなくて,おそらく圧の弱い部分に抜けて行ったと考えた方がいいですね」
「神経を翻弄して満足したって事かな~。
髄核さんはストレスで暴れていた。
そして,スッキリして逸れたってことですか」
「擬人化して考えるの自由ですが。ま~そう考えていいと思います」
「トレーニングに関しては,再開しても問題ないですか?」
「様子を見ながらやっていいです」
「筋力トレーニングが良くないってことはあるんですか」
「限度にもよるけど。筋トレや運動は推奨する事が多いです。
ダイタイ,慢性化する原因は,
痛みが原因で体を動かさなくなるからで。
筋トレをやった方がいいんですよ。
腹筋のトレーニングとかね」
「オオ,じゃ,山行けますね」
「それは個人の判断に任せますけど。でも,くれぐれも無理しない様に」
「じゃ次回は来なくてもいいですね」
「そう言う事になりますね。
様子見て,痛くなるようなことがあれば来てください。
薬,まだたっぷり残ってるでしょうから。
いざって言う時はそれ飲んでください」


title画像



続きを読む

やさしくしてね♡

「やさしくしてね♡」
横になり,首だけ回し後ろを見て哀願するように・・・・

PA279556

そして,男の手は背骨をやさきく撫でながら,おもむろに『ブツリ』
「・・・・・」



青空に見放された様な9月:火星から来たBethからの続き

先生との問診と診察の後。
「このままじゃ,痛くて何にもできないでしょうから,腰椎穿刺によるブロック注射をしましょう」
「はい。お願いします」
(「・・・・とは言った物の,腰椎穿刺って,ものすご~く痛いって言ってたよな。あ~どうしよう。嫌だな~。いやだ」)
走って逃げだしたい。
けど,起き上がれない。
痛みに翻弄されてる頭の中は,パニック寸前状態に。
「それって,痛いんですか?」
痛さをこらえ。
動かせるだけ首を動かして振り返りながら。
僕の背中をムキムキしている,とっても若~い女性の看護師に。
「そうですね~。ちょっと痛いです」
「そうですか。やっぱり」
観念したかの様に首を枕の上に戻し,元の体制で左向きで横になりながら。
(「まさかね~。自分が・・・やりすぎだったのかな~。山,行けなくなるのかな~」)
沈痛な面持ちで,清潔で真っ白いクロス張りの壁を,焦点の定まらない眼で見ながら,これからの事を考えてました。

準備が出来て。
腰椎の上を確認するように撫でてる先生に。
「やさしくしてね(>_<)」
「もうちょっと丸くなれない」
「ハ~イ。自分のおへそを見る様にしてくださいね」
「エ~イ。コンチクショ」っと思いっきり・・・痛みに耐えながら。
「力を抜いてネ~」
「ハイ」
「もっと,丸くなって~」
(「いや~,力抜くと丸くならないんですけど~」)
その瞬間。背中に冷たいものが走り。
(「来る」)
プスリと言う音?と共に
「動かないでネ~」
「???・・・痛くないじゃん」
ものすごい激痛を期待?した・・・もとい,予測した割には・・・筋肉注射の痛さに比べれば。
(「屁の河童さ?」)さっきまで,涙目でビビっていたくせに。



何時もの時間に起き。
何時もの様に着替えをし・・・
立ったまま,ズボンを穿き,片足づつ足を上げて靴下を穿こうとした時。
「?」
右足の股関節部分に力が入らない。
階下ではBethが「電車行っちゃうよ」と尻尾を振ってる。
兎に角,椅子に腰を下ろして,腰かけながら靴下を履き。
右足に違和感を感じながら階下へ。
そして玄関に立った瞬間。
右足の付け根に今まで感じたことのない痛みが。
そして,右足が根元?からカクカクっといって言う事きかない。
そして,朝の散歩はtomoさんにバトンタッチ。

ちょっと休めば治るだろうぐらいに考えてました。

ところが,脹脛の外側に空爆と空挺師団の効果。
激痛にもんどりうってると,間髪入れす。
臀部から太ももの外側にかけて機械化部隊が電撃的に進行。
侵略者たちは留まる事を知らず,ついに右下半身を併合。
この電撃作戦に,右下半身は屈服したのであります。

そして,
地下に潜った抵抗勢力が,他の同盟国に救援要請。
右下半身奪還作戦が始まったのです。
その暗号名が「やさしくしてね♡」だったのです。

20141205

アクセスカウンター
  • 累計:

最新コメント
火星から来たBeth : Beth came from Mars.
2009年10月28日に火星から来ました。
Bethと言います。

Bethは,
宮城県動物愛護センターの譲渡会に参加して
(2009年10月28日)
譲り受けてきた犬です。
月齢3か月ぐらいと,スタッフの方が説明してくれました。
出生のすべてが謎に包まれた犬なのです。

Bethが我が家に来たのを機会にブログを開設しようと思い。
タイトルをどうしようか悩んでいる時・・・

札幌在住の友人が
「出生がわからないんだったら火星から来たことにすれば!」
で決まったタイトルなのです。

カテゴリ別アーカイブ
管理人からのお知らせ
虫よけにお薦め
記事検索
just for a moment
Talking in the window as the light fades
I heard my voice break just for a moment
Talking by the window as the light fades
I felt the floor change into an ocean
We'll never leave here, never
Let's stay in here forever
And when the streets are quiet
We'll walk out in the silence
Listening to the movement that the night makes
I let the room fade just for a moment
Sitting in the shadows that the leaves make
I felt the floor change into an ocean
We'll never leave here, never
Let's stay in here forever
And when the streets are quiet
We'll walk out in the silence
Listening to the music the machines make
I let my heart break just for a moment
Listening to the music the machines make
I felt the floor change into an ocean
We'll never leave here never
Let's stay in here for ever
And when the streets are quiet
We'll walk out in the silence
プロパ癌だ!


メンバーリスト
お散歩時の熱中症予防に
ヤケクソバイオドリンクレモン広告
簡単な作り方を 「火星の食卓」で公開中です。