朝の散歩

朝の風景

09

収穫の秋



稲穂

稲穂



P9136314

太陽に向かって



P9136337

月とHeavenly Blue


P9136335


P9136332


P9136333


朝の散歩

毎年のようにいろんな彩りを見せていた朝。
今年は,今のところ今一。
大気中の塵や埃が原因じゃないのかな。
なんとなく何時も煙い感じがしてますから。

失われつつあるもの。
その中に大気があるのでは?
燃やして得るもの。燃やして失うもの。
普通に考えれば判りそうなもんだけど。


P8244980

P8244981

P8244984

P8244987


朝の散歩で出逢った人。
いろんな人とお友達になりました。

その1人マタギのサブちゃん。
今年,トマト・茄子・パセリ・レタスの苗木をお譲りしました。


そして,収穫の時期到来。

お盆休みの最中に田んぼの中でバッタリ。
「もらったトマトの苗木。
一杯なっとりますぜ!
そして,滅茶苦茶美味しい。
最高でござる」
「おお!それは良かった。でも育て方が上手だからじゃないんですか」
「ウンニャ。苗木がいいんだと思う。
そんでさ。月山行ってきたんだよ。」
いきなり月山ときたか。
山開き前の雪の中を,スパイクの着いた長靴で登る人ですから,全然びっくりしませんけど。
何時でも高速使わないで,日帰りで登るんだから,大したもんですよ。
流石元マタギ。
「サブロウと登ってきたんだ。喜んでさ。頂上で走り回ってた」
「僕もこの間,行ってきましたよ。リフト使いましたけど」
「そうなの。あそこのリフト頂上駅で案内してるの俺の友達なんだ。
俺の地元だから,友達一杯いるんだよ。
そんでさ。村山の友達の所でスイカもらったんだけど,いらない?」
「イルイル」

088

スイカと一緒に写ってるキンカンは,
スイカを受け取る時庭で受け取ったのですが。
お礼に茗荷を抜いている時,蚊の大群の襲撃を受け。
応急処置の為に出動願ったので,飛び入り参加してもらいました。

と貰ったのが,村山産スイカと鳥骨鶏の有精卵。
スイカを半分に切ってみると・・・蜜も滴るいいスイカ?じゃありませんか。
チョイとつまみ食いをして「ウメ~」
半分は一口サイズに切りパックに入れて冷蔵庫へ。
そして暑い夏の朝食の後のデザートに。
もう半分はそのまま冷蔵庫へ入れて出番待ち。


卵は大好きなトマト入り挽肉オムレツ

089


月並みですが,
やはり「早起きは三文の徳」だよね。
と実感しながら,美味しく頂きました。


朝のお散歩

お散歩日和が続いてます。
歩く人,走る人が増える時期です。
「ワラ・ワラ・ワラ」と,でてきて一斉に歩きはじめます。

一年中,そしてだいたい同じ時間に歩いてる僕達は,いろんな人と出会います。
会う人は季節によって変化します。
とっても少なくなる時期は12月~3月と7月~9月。
寒い時期,そして暑い時期は,やはり少なくなるのですね。
12月から3月,寒い早朝は避けて,日中にシフトする人。
冬の季節風を阻む街並みを縫うように歩き続ける人。
7月から9月,暑い日中は避けて,早朝にシフトする人。
いろんな歩き方がありますが,やはり冬が一番少なくなりますね。
でも僕達はあまり変わりません。
真冬の田んぼの中は,かなり寒いです。
でもここ数年,鼻毛が凍らなくなりました。
そうなんです。
犬の散歩に王道はないのです。
ただ暑い時期のアスファルトには十分注意していますけど。

僕もBethもいつも同じ気分で歩いてるとは限りません。
楽しい気分の時もあれば,沈んだ気分の時もあります。
Bethに話しかけながら≪変なおじさん≫になりながら歩いてる時もあれば。
無言で,俯き加減に寡黙に歩いている時もあります。
あまり気分がすぐれない朝でも,余儀なく歩かされます。
歩くことで,筋肉がほぐれ,停滞した思考もほぐれていきます。
絡まってしまった思考の一端を,いらいらしながら無理やり引っ張ってしまいたくなるような。
どうにもならない時でも歩きます。
だから,その絡まってしまった思考の一端を無理やり引っ張ってしまい,ほどけなくしてしまう事が無いのだと思います。

Bethは,僕の様な斑な性格はしていません。
そのBethもいつも同じ気分とは限らない時があります。



「ムムムム・・・後が気になる?仲間なんかいないヨ・・・何が嫌なの?」
時折跨線橋の上ではこんな不思議なバトルが展開します。
そんな僕達を見て,通りすぎる車の窓越しに白い歯が見える事もあります。

このバトルが一段落すると,通常のお散歩モードに切り替わり。
「スタコラ,テクテク,スタコラ,テクテク」と順調にお散歩が進行します。



いろんな朝を,いろんな一日を過ごして,また明日を迎える。
よく観察して,よく考え,想像力を働かせる。
自分の意識と同じように,それぞれの意識が考える事を想像してみる。
うまくいかないのは,何故?
それは自分の何かが起因している。
それ以外ないのです。
人のせいにしてはいけない。
ずうっと,そう言う中で生きてきたのだから,同じ轍を踏んではいけない・・・絶対。
朝のお散歩は,その原動力になっているのかもしれないです。


アクセスカウンター
  • 累計:

最新コメント
火星から来たBeth : Beth came from Mars.
2009年10月28日に火星から来ました。
Bethと言います。

Bethは,
宮城県動物愛護センターの譲渡会に参加して
(2009年10月28日)
譲り受けてきた犬です。
月齢3か月ぐらいと,スタッフの方が説明してくれました。
出生のすべてが謎に包まれた犬なのです。

Bethが我が家に来たのを機会にブログを開設しようと思い。
タイトルをどうしようか悩んでいる時・・・

札幌在住の友人が
「出生がわからないんだったら火星から来たことにすれば!」
で決まったタイトルなのです。

カテゴリ別アーカイブ
管理人からのお知らせ
虫よけにお薦め
for girls who grow plump in the night
記事検索
just for a moment
Talking in the window as the light fades
I heard my voice break just for a moment
Talking by the window as the light fades
I felt the floor change into an ocean
We'll never leave here, never
Let's stay in here forever
And when the streets are quiet
We'll walk out in the silence
Listening to the movement that the night makes
I let the room fade just for a moment
Sitting in the shadows that the leaves make
I felt the floor change into an ocean
We'll never leave here, never
Let's stay in here forever
And when the streets are quiet
We'll walk out in the silence
Listening to the music the machines make
I let my heart break just for a moment
Listening to the music the machines make
I felt the floor change into an ocean
We'll never leave here never
Let's stay in here for ever
And when the streets are quiet
We'll walk out in the silence
プロパ癌だ!


お散歩時の熱中症予防に
ヤケクソバイオドリンクレモン広告
簡単な作り方を 「火星の食卓」で公開中です。