彩り

秋の入り口

    秋の入り口から出口まで。
    その行程には様々な事があり。
    真夏の歓声が遠くの方にこだまするのを思い浮かべながら。
    過ぎた日の,そして過ぎゆく日の,物悲しさを感じ。
    日差しの先にある彩りが,まぶしく反射する挑戦的な彩りから。
    夏の間に溜め込んだその日差しを,柔らかく変化させながら一斉に花開かせ。
    その一瞬の鮮やかな彩りの果てに散っていく木々の葉。
    精一杯のそして刹那的な彩りにも見える変化を見せながら。
    秋の出口へ僕達を誘う。

    その行程が短く短く。
    急激に変化してきてるように感じます。

    P9179637




    一年中元気はいいのですが・・・やはりこれからですね。
    強烈に全開になるのは。




  • 9月15日

  • なぜかこの場所に来ると始める。
    昨日もおとといも。
    掘り始めたのに気付いて。
    「あっ。movie」と思ったときには,もう遅い。
    しかし,三度目の正直。
    今日は散歩に出発する時から,
    memoryにmovieとinput。
    反対側の歩道を歩くウォーカーの視線をものともせず。
    「撮るときは,撮るのっしゃ」

    何のために掘るのかね。
    嬉嬉として?掘ってる。
    「クンクン」そして鼻ピクピクさせて。
    「お宝?埋蔵金?」
    掘り当ててくれたら最高なんだけどネ。
    でてくるのは「my雑巾」だったりして。
    でも,普段家で使ってる雑巾が出てきたら不気味だよね。
    等とくだらないこと考えてました。


  • 9月16日

  • また今日も
    毎日お宝を期待する飼い主。
    「ここにお宝あるよ!」って

    でも出てくるのは石ころばかり。
    9月16日以降は,匂いを嗅ぐことは有っても,掘り返すことは無くなりました。
    「埋蔵金は何処へ?」


  • 9月18日part one

  • 「庭に埋蔵金か?」
    ここだったら,俺に所有権があるから。全部おれのもんだぜ!
    「アハハ。金だ。金だ。もっと掘れ。もっと掘れ」
    等と強欲ジジイになった気分。


  • 9月18日 part two


  • 有る訳ないのですけどね。
    お宝や埋蔵金は夢のまた夢だってわかってますが。
    それでもなお,一瞬でも考えるのは自分の業の深さを感じます。
    おそらく掘れば掘っただけ,ヒューム管や鉄筋がぞろぞろ出てくるだけなのです。
    もともとここは,コンクリートを原料に,ヒューム管などを作っていた会社の跡地。
    だからって訳ではないですけど,出てくる出てくる「ザクザク」と。
    金銀財宝であれば「ウホウホ」なんだけどね。
    「あ~あまた考えてしまった」
    ヒューム管や鉄筋,そしてコンクリートガラだから涙目になります。
    火星農園の庭の片隅には,ガラ塚があるのです。
    増えることがあっても減ることはない大きくなり続けるガラ塚。
    造成するときに,持ち込んだ土に産廃を紛れ込ませたのでしょうね,業者が。
    火星農園立ち上げの時から,ず~っと継続してこのガラとの闘いが続いています。


  • 9月19日

  • そして今日も



  • 9月23日

  • さらに今日も

    日中は,こんなに「お気楽ご気楽」
    ちょっとのスキも逃さず「ペタン。ゴロン。グースカピー」
    さっきまで飛び跳ねていたかと思えば,いつの間にか寝てる。
    実に効率がいい。
    そして中途半端はない。
    「1」か「0」

    これは1年を通して変わらない。
    悩むことなく首尾一貫したBethのpolicy。
    一本筋が通ってるから見ていて気持ちがいい?




    気配の違い感じる。
    かおりの違い感じる。
    肌触りの違いを感じる。
    川面を渡る風。
    山から吹き下ろす風。
    風に乗ってくる様々な粒子は,鼻孔を抜けて脳を刺激する。
    暑いという感覚のみが強調される季節から様々な感覚がよみがえってくる秋。

    P9209813

    秋の彩りが満開になるころ。
    始めて馬鈴薯を作った年の忌まわしい記憶が蘇る。
    様々な感覚の休眠を余儀なくされた苦しい現実は,
    未だに表層の意識へ,無意識の内にアクセスし,機能をマヒさせる。
    ポイントポイントで蘇る恐怖は,馬鈴薯栽培と言うトリガーで,表層の意識を占領してしまうのではないか。
    過去の記憶に振り回されないために,永遠に葬り去る事でその呪縛から逃れようとしていた。
    最初で最後の馬鈴薯栽培として。
    どうしても拭い去ることができないのなら,思い切って来年はその馬鈴薯を作ろう。
    連作障害が出始めているし。
    作付面積の狭い火星農園は,単に作物のローテーションだけでは対応しきれなくなってきてるから。


    芋は好きです。基本的に根っからの芋野郎だから。

    P9199737

    P9199745
    P9209844
    P9209847
    P9209854
    P9240165
    P9209875

    秋は芋野郎どもの季節。
    早く蘇ってこい芋野郎。

    空を見上げながら歩くのが楽しい季節。



    人は面倒な生き物なのかもしれない。
    想像することで,いろんなことを考えるから。
    いいことも。わるいことも。
    それでもやはり,想像の中で戯れ,空想しながら,多くの夢を見る。
    面倒でも・・・人のままでいい。
    想像の中で戯れることが出来るから。


    喜びを分かち合うために。
    苦しみを分かち合うために。
    言葉や社会がある。
    分かち合う事で,喜びはさらなる喜びとなり。
    苦しみはやさしく緩和される。
    でもその言葉や社会が,苦しみを生み出す元凶になっている。
    言葉が人を傷つけ。
    社会が軋轢を生む。
    矛盾の中で人は押し黙り。
    多くの苦しみを言葉と一緒に飲み込む。
    悲しみのなかに沈むこころ。
    諦めたまなざしにその沈んだ心を映しながら。
アクセスカウンター
  • 累計:

最新コメント
火星から来たBeth : Beth came from Mars.
2009年10月28日に火星から来ました。
Bethと言います。

Bethは,
宮城県動物愛護センターの譲渡会に参加して
(2009年10月28日)
譲り受けてきた犬です。
月齢3か月ぐらいと,スタッフの方が説明してくれました。
出生のすべてが謎に包まれた犬なのです。

Bethが我が家に来たのを機会にブログを開設しようと思い。
タイトルをどうしようか悩んでいる時・・・

札幌在住の友人が
「出生がわからないんだったら火星から来たことにすれば!」
で決まったタイトルなのです。

カテゴリ別アーカイブ
管理人からのお知らせ
虫よけにお薦め
記事検索
just for a moment
Talking in the window as the light fades
I heard my voice break just for a moment
Talking by the window as the light fades
I felt the floor change into an ocean
We'll never leave here, never
Let's stay in here forever
And when the streets are quiet
We'll walk out in the silence
Listening to the movement that the night makes
I let the room fade just for a moment
Sitting in the shadows that the leaves make
I felt the floor change into an ocean
We'll never leave here, never
Let's stay in here forever
And when the streets are quiet
We'll walk out in the silence
Listening to the music the machines make
I let my heart break just for a moment
Listening to the music the machines make
I felt the floor change into an ocean
We'll never leave here never
Let's stay in here for ever
And when the streets are quiet
We'll walk out in the silence
プロパ癌だ!


メンバーリスト
お散歩時の熱中症予防に
ヤケクソバイオドリンクレモン広告
簡単な作り方を 「火星の食卓」で公開中です。