岩沼

千貫

尻尾の感じは,勢いよくルンルン。

PB138664

「ホンジャ行きますか」








登るぞ~と言う気合は,いらない。
そんな山歩きも素敵です。
人気(にんき)のある山は,結構人がいます。
追い抜かれたり。追い抜かれたり?追い抜かれたり??
(ご想像にお任せします)
へなちょこ登山家の端くれだって事さ。

静かに歩きながら,自分の時間に埋没できる。
値千貫の山歩き。
そしてここは千貫山。

若干の問題点は,街の喧騒がどうしてもついて回る。
そして,オフロードのオートバイは,流石に腹立たしい。
山にまで来て我を通してどうすんの?
ま~,くだらない事に怒ってもしょうがない。
余計なエネルギーは使わない。
でも,ウインカー挙げずに曲がってくる車には,やっぱり腹が立つ。
直進すると思って待ってるんだから。
これは平地の話です。


いきなり面白い物を見つけました

PB138669

アップで

PB138670


PB138671




PB138673


一気にベゴ岩まで・・・
ベゴ岩は苔むしてました。

PB138689


PB138697

ここを沢沿いに下り分岐点を左に行くと赤松展望台。
そのまま沢沿いを下りると竹藪があり,更に下ると砂防ダムに出ます。
新明寺沢砂防ダムです。
全く手入れされていない竹藪は,竹の枝が様々な方角から襲ってくるので注意が必要です。
竹藪を抜けると沢の中を歩いて砂防ダムに出ます。
そして,砂防ダムの右端から荒れた道があるのですが,まだ歩った事はありません。
この砂防ダムの上からはすぐそばに民家が見えます。
この民家に通ずる道が砂防ダムの左端にあります。
歩きやすい道なのでスタスタ下りて行ってしまうと,この民家の私有地に出ます。
「スミマセ~ン。道に迷って下りてしまいました~」とミエミエの嘘をついて無理やり通り過ぎ,私有地を出ると立て看板があります。
「私有地につき・・・」と。
なので,要注意です。
左側に朽ち果てた石の階段が,ここも竹藪に覆われており。
その階段の生い茂った竹の枝をかいくぐって登っていくと。
世間から忘れ去られた様な,大日如来堂があります。
管理されていないせいで,何か出そうで,風情?があり,僕のお気に入りです。
新明寺沢周辺は,でかいイノシシが出没しますので,これも要注意です。
この沢は下れば下る程,獣の匂いが強くなります。
僕の鼻腔にも感じるので,Bethはビンビンに感じるのではないでしょうか。
ベゴ岩まで来ると,獣の匂いを追っかけて,新明寺沢の方へ下りたがります。
新明寺沢へ下ると,砂防ダムから同じ道を登り返さなければいけないので,めんどくさいのであまり行きません。

Bethは「行こうよ」って言ってます。

PB138704


でも行きません。
今日はそんな気分じゃないし。
あまり猪には遭遇したくないし。

Bethとの行く行かないの駆け引きの間。
ベゴ岩の苔を撮影しました。

117


見事です。

今日は木の橋を渡って,蔵王展望地を経由して千貫山へ戻る予定です。

PB138706

いろんなルートを行ったり来たりしながら,千貫山へ。

PB138710




118



記念撮影をしながら

116


夕闇迫る,岩沼の街並み。

PB138738

PB138742

PB138747

その喧騒の源の町並みの水辺で,溺れそうな感覚を味わいつつ。
一歩,また一歩下りながら・・・泡沫の灯に集う人の作り出した刹那的な現実。
その現実へ戻らざるを得ない事に歯ぎしりしながら。
そして,そこでしか生きていけない,苦しさをかみつぶしながら。
口の中に広がる渋さに眉根を寄せ・・・下ります。


お散歩の後のお手入れ

ダニ予防で~す。



不思議な力





PC124737


だるまかな?って時々思います。
何の事かって言うと。

日々の繰り返し。




ふと気が付くと断片的に覚醒してる意識があり,今もその記憶が斑に残っている。
それが夢うつつの世界の様でもあり,現実の世界の様でもある。
その斑な記憶を繋ぎ合わせて,描かれる過去の記憶は,
装飾が施されていない,そして家具のまったくない部屋にコダマする甲高い声のなか,
妙に鮮やかな映像がコマ送りの様に網膜の奥でスライドする。


月日と共に,その覚醒してる時間が長くなり,記憶の集積が始まる。

いつしか立って歩きはじめ。
一日,一日を踏みしめるようになる。
一日は,様々な喜びを生み出す事もあれば,悲しみや怒りを生み出す事もある。

朝起き上がり,歩きながら記憶を蓄積し,その重みに寝そべり眠りにつく。
眠りの中で,積上げられた記憶の蓄積が,整理され集積される。
断片化した記憶を,切り取り繋ぎ合わせ,明日のキャパシティーを確保するために。
そのゲートアレーは,自己保持と自己実現を目的としたフィアーウォールにより管理される。

喜び・悲しみ・怒り・憎しみ。
そのほとんどの原因は,自分自身にある事を感じながらも,ファイアーウォールの構成によっては,責任を転嫁しながら新たな覚醒を待つ。
あたかもバックグランドでタスクが走るように作られる記憶。
その集中力が途切れたひと時が,覚醒時の記憶を創る原動力となる。

意識が記憶を創って現在に至り,その記憶に垣間見える自分の無力さと愚かさを感じるとき。
意識は記憶の中で葛藤を始め。
覚醒する復元力,起き上がる復元力が低下していく。

そして,記憶の負荷に戸惑い,断片化した記憶を,整理することが出来なくなり。
ファイアーウォールが機能しなくなる。
こころは侵食され,横たわる意識は,明日への希望を失う。

復元力が低下し,どんなに苦しもうと,記憶を作り変えようとは思わない。
どんなに苦しくても,作られた記憶に頼ろうとは思わない。
すべての記憶は,意識が犯してきた罪の記憶だから。

意識が侵す罪は,利益と欲望の為に生み出される行動として記憶に刻まれる。

記憶と向き合いながら,負の記憶に侵食されない為の意識の覚醒を繰り返すことが出来なくなるとき。
覚醒しながらも記憶の整理ができる行動を人は取るのでしょう。

それはリフレッシュと言う言葉で表現され,記憶の呪縛から解き放つ特効薬の様な働きをする。
多くは,心地よい疲労をもとめ,様々な行動とる。
矛盾したような行動は,不思議な効果を停滞した意識に注ぎ込み,
だるまの様に,また起き上がる復元力を意識にもたらす。

覚醒しながらも記憶を整理できる方法。
それがリフレッシュなのでしょうね。
山に登る事もその一つ。
網膜に写る景色はまほろばの景色。
意識が景色の中に溶け込む瞬間。
その瞬間,瞬間に,バックグランドで記憶の整理が進む。
覚醒した意識の中のバックグランドでタスク処理が進む。
究極のマルチタスク。
素晴らしい瞬間。






そして,いつしか覚醒は断片化し,斑な記憶に包まれながら,もと来た場所に帰るのだろうと思います。



朝の光と影20151220


いつか無限のデーターを管理できるシステムが構築されたとき,
意識をネットの一部として共有すことが出来るようになるかもしれないですね。
その時,人の営みはどう変わるのでしょうね。
膨大な情報が飛び交い氾濫し,様々な意識が自己実現と自己保持の為にネット上を駆け巡る。
混濁した意識。
意識の境目。
何十億人もの意識が一つの意識として思考する事があるのでしょうか?
その時,アイデンティティーはどうなるのでしょうか?
利益の為に犯罪を生み出す脳も共有されてしまうのですから,不気味な気もしますが・・・
争いは意識の中の内部矛盾として,意識下で処理され,争いは起きないとも考えられますよね。




届け!僕達の声

2015年12月20日 日曜日

岩沼市議会議員選挙 投票日

届け僕達の声20151220

8時10分
アクセスカウンター
  • 累計:

最新コメント
火星から来たBeth : Beth came from Mars.
2009年10月28日に火星から来ました。
Bethと言います。

Bethは,
宮城県動物愛護センターの譲渡会に参加して
(2009年10月28日)
譲り受けてきた犬です。
月齢3か月ぐらいと,スタッフの方が説明してくれました。
出生のすべてが謎に包まれた犬なのです。

Bethが我が家に来たのを機会にブログを開設しようと思い。
タイトルをどうしようか悩んでいる時・・・

札幌在住の友人が
「出生がわからないんだったら火星から来たことにすれば!」
で決まったタイトルなのです。

カテゴリ別アーカイブ
管理人からのお知らせ
虫よけにお薦め
for girls who grow plump in the night
記事検索
just for a moment
Talking in the window as the light fades
I heard my voice break just for a moment
Talking by the window as the light fades
I felt the floor change into an ocean
We'll never leave here, never
Let's stay in here forever
And when the streets are quiet
We'll walk out in the silence
Listening to the movement that the night makes
I let the room fade just for a moment
Sitting in the shadows that the leaves make
I felt the floor change into an ocean
We'll never leave here, never
Let's stay in here forever
And when the streets are quiet
We'll walk out in the silence
Listening to the music the machines make
I let my heart break just for a moment
Listening to the music the machines make
I felt the floor change into an ocean
We'll never leave here never
Let's stay in here for ever
And when the streets are quiet
We'll walk out in the silence
プロパ癌だ!


お散歩時の熱中症予防に
ヤケクソバイオドリンクレモン広告
簡単な作り方を 「火星の食卓」で公開中です。