天高く馬肥ゆる秋

夏から秋へ

収穫の秋

P9106010

稲穂の香りが漂うこの季節。
そして,斑に漂う秋の気配。
暖かい人のぬくもりが恋しくなり出す季節。
窓辺からこぼれる明かりが醸し出す温もり。
優しい人の営みが培うもの。
やさしく手を添えて,一緒に歩んで行こうって思える瞬間。



スポーツの秋
河原で GO!




河原で GO?
いや~。
もうちょっと場所を考えて頂きたいものです。
走って走って走りまくれる場所が,占有されていました。
仕方のない事ですが,我ままだとは分かってはいますが
ちょっと,近寄りがたく,それでもBethが寄って行きます。
見せてくれるんだったら見てもいいけど,ちょっとね。

実は目指す場所に向かっている時。
耕運機を積んだ軽トラックが追い抜いて行きました。
道幅の狭いところなので,雑草の生い茂る場所に足を踏み入れて,追い抜くのを待っていました。
追い抜く時会釈位すればいいのにね。
河川敷で道を譲って会釈されたこと全くないです。
何ででしょうね。
ただちょっと殺気立っている様な気配。
さらに耕運機は取っての片側だけをロープで固定し,荷台の上で左右に揺れていました。
「危ないな~」

歩く事十分程度。
雑草の少ない広場に到着して納得。

広場の真ん中を通る道の川側に,黒の軽乗用車と先ほどの軽トラックが縦列駐車。
事に及んでいました。
Bethが近寄っていくので・・・何をやってるのか〇見え。
困ります~。
こう言うのを公序良俗に反する行為って言うのかな~と実感しました。
うらやましい?
いろんな思いが交錯する中。

僕とBethはスポーツの秋を堪能したのです。

河川敷を一周してきて,堤防の上から見ていると,終焉を迎えていました。
約40分後のお別れ?
「フ~ン。割と淡白だね」

友人に聞きました。
「この辺りで,このような事は結構あるんだけど,地元民じゃないんだよね。」
でもね。
耕運機背負って仙台から来ないよね。
河川敷を縦横無尽に歩き回っていたので,どちらの方面に帰宅したのまで判ってしまいました。
だって,あそこまで見せられたら,気になるよね。

あれは芸術ではない?欲術から派生した技術と,生命力?なのかな~。
全く違う秋?を見せつけられました。
秋だけじゃないけどね。




芸術の秋

P9106059

普段見てる景色も,あの暑い夏が過ぎ去った後の季節には,不思議な名残が漂います。
多くの命を育む季節の終焉が訪れる。
なにか不思議な感情が湧いてきます。




天高く馬肥ゆる秋

09

躍動を感じながら,生きる。
冬に備える気持ちが躍動へ駆り立てるのだろうか。
冬を乗り切るために。




食欲の秋

20160922食欲の秋

暖かくて美味しいものは,心の氷河さえも溶かします。
暖かい部屋で,暖かい夕食を迎えることができる喜び。
優しさが溢れる夕食が。
笑顔があふれる夕食が。
明日の糧となる。
生きて行くための。
素晴らしい世界だと思います。
だから,守っていかなければいけない。

P9226595

左がtomoさん特性「はらこ飯」
右がノザポン特性「豚汁」
この取り合わせ「まじで,ヤバイ」




山の秋

094

これはこれで楽しいのですけど・・・More・More・Moreなのです。

でも未だに高いとこ苦手です。
変かもしれませんが,人気がなくて見通しの悪い樹林帯を歩くのが好き。

Over the Rainbow

「小さい秋見っけ」

メタセコイアの切株に。

105
おおお!きのこ。
「食べれないかな~。このまま,ほっておくのはもったいないよね」
レジャー_25
「灰汁抜きとかサ。裏ワザがあってもいいような気がしない」

「・・・・」
face大2_19

”天高く馬肥ゆる秋の馬肥ゆる方”
PA127065
これは試作品の火星の食卓特性親子丼です。
鶏肉に一手間加えて・・・香ばしく仕上げてみました。
「う~ん。まだまだ改良の余地がありそう」
納得できたら火星の食卓にupしますネ。
masahiro-panda_29



太りたくないけど食べたい人応援サイト
食べてもいいよさん


秋!って感じが,ちょっぴり。
最近の秋は,そのちょっぴりから,いきなり冬になっちゃうのですけど。
当然この時期,我々はハリキルわけです。
歩きやすい季節到来ってことでですが。

朝起きるや否やスタンバッテルBeth。
”天高く馬肥ゆる秋の天が高い方。第一弾!”
さっ。本番でっせ!
2013年10月13日 日曜日
『いざ行かん!河川敷』
morning1
調整池から線路沿いを蛙をかまいながら
106
(僕じゃないです)
歩いていると。


「おおおおお!虹だ~。それも2つ重なってる」
morning4
はっきり見える虹の外側にもう一個あります。
はっきり写っていませんけど。
虹は1個2個で数えていいのだろうか?
PA137082
PA137131
PA137141
PA137152
PA137149
PA137163
PA137154
河原に到着しても,虹はかかったままでした。

はっきり見える虹を主虹。
その外側に見える虹を副虹と言うのだそうです。
そして主虹は一番外側が赤で内側が紫。副虹はその逆に見えるのだそうです。
確認してみますね。
PA137145
ウーン。
副虹の色が薄くてはっきりはしませんんが。
主虹と副虹では色は対称になってるようです。

河原=走る
走るの好きなんだよね。
とっても楽しそう「アタチは,ハッピー。キャハキャハ」。
見てる方も楽しい。

PA137174
PA137209


107


108

虹を最初に見つけたのは6時1分。
河原から撤退中のこの時間は7時49分。
結構長い時間虹が出続けていたのです。
「渡れたかも?」


この季節は,
とっても大好きな季節なんですけど,
とっても大嫌いな季節でもあるんです。

人は,糸の長さや太さを,人それぞれに成長させながら生きているのだと思うんです。
そして,その糸に,その時々に応じて張力をかけて,平衡を保ち過ごしている。
張力が弱いとき,弛緩した状態。
張力が強いとき,緊張した状態。
それを繰り返しながら
張力が弱いときに絡まらないように。
そして張力が強いとき,切れてしまわないように。
意識せずにコントロールしてるのだと思うのです。

絡まってしまえば,それをほどくことが必要になります。
切れてしまえば,切れてしまった糸の端を探して,結ぶことが必要になります。

糸は空間の中で,隣り合う世界と世界を縫い合わせるためのもの。
だから,絡まらないように,切れないように優しく扱わなければいけない。

糸が絡まって元に戻らなくなってしまえば,
縫い合わせる時,
絡まった部分が引っ掛かり,
しっかり縫い合わせることができなくなります。
糸が切れてしまえば,
切れた糸をうまくつなげても,
縫い合わせる時,
結び目が引っ掛かり,
しっかり縫い合わせることはできなくなります。
一度絡まったり切れたりした糸は,もとの様に1本の糸としては機能しなくなるのです。

時折立ち止まる。
絡まった糸をほぐし,切れた糸の端を探しつなぎ合わせるために。
修復できても,できなくても。
そして,縫い合わせながら歩きはじめる。
ところどころに隙間を作りながら。

そんな経験をした秋だから。
様々なことを考えるようになりました。



”天高く馬肥ゆる秋が高い方。第二弾!”
2013年 10月14日 月曜日 体育の日
『いざ行かん!森林浴』

109

今日は,山に入れるかの調査も兼ねての出動です。
1010
森林浴。
酸素がいっぱい。
「思いっきり。吸い込む~。すいこむ~。スイコム~・・・・・・ブハ~」
ちょっと吸い込みすぎちゃった。
と言うぐらい。
今日は,(焼却処理する煙もなく)気持ちいいんです。



平地に降り立ったとき。
明らかにポリスチレンを焼却してるにおいに包まれました。
目はショボショボだし頭はずきずき。
(燃やさないで欲しい!大気はつながっているのだから)


1014

生い茂った木々に覆われ陰になった道を抜けると
PA147270
おおお!抜けるような青空。
気持ちいいです。最高!!
俄然やる気が出てきますね。
僕は行く気満々なんだけど・・・・。

そんでもって。
ここから,右に行くのが定番のルートなんですが。
1013
藪漕ぎするための手袋は持ってきましたが。
入り口でこれだから・・・やっぱり,もう少し草が枯れてからの方がいいだろうな。
Bethも思いっきり嫌がってるし。

おやつを食べて(今日はBethだけ)
PA147277

朝日に輝く太平洋と阿武隈川を見ながら帰宅したのであります。
PA147283
PA147292

”天高く馬肥ゆる秋を彩る芸術”
宮城県美術館でシャガール展をやってます。
10月27日までなので,是非見に行きたいな~。

続きを読む

アクセスカウンター
  • 累計:

最新コメント
火星から来たBeth : Beth came from Mars.
2009年10月28日に火星から来ました。
Bethと言います。

Bethは,
宮城県動物愛護センターの譲渡会に参加して
(2009年10月28日)
譲り受けてきた犬です。
月齢3か月ぐらいと,スタッフの方が説明してくれました。
出生のすべてが謎に包まれた犬なのです。

Bethが我が家に来たのを機会にブログを開設しようと思い。
タイトルをどうしようか悩んでいる時・・・

札幌在住の友人が
「出生がわからないんだったら火星から来たことにすれば!」
で決まったタイトルなのです。

カテゴリ別アーカイブ
管理人からのお知らせ
虫よけにお薦め
記事検索
just for a moment
Talking in the window as the light fades
I heard my voice break just for a moment
Talking by the window as the light fades
I felt the floor change into an ocean
We'll never leave here, never
Let's stay in here forever
And when the streets are quiet
We'll walk out in the silence
Listening to the movement that the night makes
I let the room fade just for a moment
Sitting in the shadows that the leaves make
I felt the floor change into an ocean
We'll never leave here, never
Let's stay in here forever
And when the streets are quiet
We'll walk out in the silence
Listening to the music the machines make
I let my heart break just for a moment
Listening to the music the machines make
I felt the floor change into an ocean
We'll never leave here never
Let's stay in here for ever
And when the streets are quiet
We'll walk out in the silence
プロパ癌だ!


メンバーリスト
お散歩時の熱中症予防に
ヤケクソバイオドリンクレモン広告
簡単な作り方を 「火星の食卓」で公開中です。