外山

思わず競争してみました・・・結果は

2月26日 日曜日

久しぶりです。
休日の山。
そして,Bethとの里山散策も。

028

昔,お姉さんとお兄さんの集団が,下山しきるのを待って。
「いざ」・・・・13:30
愛島台から外山へ登るのは初めてで。
こう言うのって楽しいよね!

P2260406

「ワクワク」

早速,その『ワクワク」をもっと「ワクワク」させるものが

道標20170226外山

「ムムムムム。読めない」
牛でも土でもない?
生れて初めて見た文字。
右ハ二ッ森。
左ハ・・・・山道?
「ムムムムム。確かに山道なんですけどネ」
この小松源三郎さんは,大正時代の新興宗教の祖なのかもしれない。
そして,何らかの圧力で,神のお告げを告げる口を閉ざされたのだろうか?
頭の中を駆け巡るいろんな思い。

029
サンスクリット

何か曰くありげな山道。

五社山展望台までは,とりあえずおとなしく歩き。

0210


腹ごしらえ



誰もいませ~ん。
本じゃ,遠慮なく走らさせていただきます。

いざ,外山へ

P2260438


競争だぜ!!











Bethと僕とでは,背負ってる物が違うのです。
  • 体脂肪
  • 防寒着
  • 手袋
  • オヤツ(Bethの分含む)
  • 水分(Bethの分含む)
  • Bethの落とし物
  • 様々な,しがらみ
  • 内臓脂肪は,おかげでエンプティ―になりました。

などと言い訳しても。
全く,歯が立たなかったのは一目瞭然です。

そして,僕も一服。



そして,三方塚に顔を出して?
一応礼儀かな・・・ここまで来たんですから。

0211

下山。
15時35分

0212




登山口の駐車場には,
ビールの空き缶と黒くなったバナナ。
いろんな人がいますからね~。
ただ,やっぱりとっても不愉快です。
「ゴミの気持ちになってみろ?ってんだ。ベラボウメ」

P2260478

「情けない事すんなよ!!」と叫びながらの帰宅。

増田川の源流を探る

メンバー:1名
目的:増田川源流を歩きつくす。
日時:2016年12月31日
お天気:曇り時々晴れ時々雨あられ。
6時50分自宅出発-7時21分登山開始。
結果:10時30分増田川本流に下りるのを断念。
本流の上流端から上流のみが未踏破。
12時50分大師側に下山。



ホットなクリスマスから未だ咳が抜けず,完全に風邪から脱却できずにいたのですが。
年末の大掃除をさぼり
「デヘヘヘ」
登り納めをしてきました。



以前来た時は水量が多くて渡渉に手間取ったのですが,
今回は水量がとても少なくて,渡り放題?です。

PC319477

まずは。増田川本流の上流端目指して。

上流に向かって本流の右側に支流があり。
その間に増田川上流端にむかう登山道があります。
支流の脇の登山道はBethと何度か登ったことがあります。
だらだらと山間を3㌔続く坂道で,ゲップが出る様な景色です。
来るたびにオフロードバイクに会うので,あまり好きな登山道ではありません。
本流の登山道も支流の登山道も何度か渡渉を繰り返しながら登る道になります。

登山道の入り口が土砂で埋まっていたので,水量の少ない沢沿いを登りはじめました。
7時35分

PC319480

PC319483

途中から登山道に入って

PC319484

以前来た時に名付けた≪増田川の守り人(巨岩)≫は,相変わらずデカかった。

PC319487

水量が極端に少ないので,ちょっと拍子抜けしながら

121

7時52分上流端に到着。
妙にピカピカしたポールで,沢はもっと上流まで続いていました。
上流端はもっと上の様な気がします。
重かったの?

122

後で下りて来るだろう上流域をちょっと覗いて,歩けそうなのを確認し,
上流端標示ポールから東に進路をとり五社へ

PC319514

PC319515

PC319517





鈴ヶ森方面からの登山道と合流する直前に。
目の前を横切る白っぽい大きな物体が・・・鹿でした。
雌の大きな鹿です。

PC319534


鈴ヶ森・中ノ沢地区の登山道との合流地点は広場の様になっています。

五社山展望台の分岐で,木立の隙間っから朝日に輝く阿武隈川と太平洋が見えました。
「綺麗です」

PC319539


8時28分五社到着

PC319545



バナナを3分の一食べてからお賽銭「チャリーン」

PC319548

目指せ!増田川源流踏破。

PC319563


9時1分 外山

123

PC319572

バナナを3分の2食べて出発。
外山の南側斜面は穴だらけでした・・・猪?

124


9時23分 三方塚

12

ここで,ホットドッグを1本。小休止。

今回のポイントは三方塚から下った丘陵地帯から,増田川本流に下る事ができるか。
5月に来た時は下れそうだと思っていました。
が・・・藪が濃そうで,あまりいい雰囲気ではないので,降りれる場所を探して「ウロウロ」

その間,赤土の丘で,

PC319593

赤土を押し上げる霜柱を撮影。

PC319595

PC319596

PC319601

PC319604


何とかいけそうな道を発見したのですが・・・・

右の地図が計画で,左の地図が結果です。

増田川源流域探索


途中支流を登ってくる道に一度出てしまい,もう一度藪の中に分け入って歩って見ました。

その結果が。

PC319611


水の流れる音が,微かに山間に谷間から聞こえてきました。

PC319612


下りれるかな?

PC319613


沢が見えました。

でも水の流れは,左から右に流れています。
ここは,本流の右岸ではない・・・左岸のはず。
なのになぜ左から右に水が流れてるのだろう。
方位磁石を取り出してみると水の流れは磁北極方面に流れている。
「ムムム?感覚的には南東方面に,
増田川上流端の標示ポールからやや遠ざかるように歩いてるような気がしていたのです。
だから少し躊躇しながら歩いていました。
向かってる方向は,間違いはなさそうですが・・・
このまま斜面を下りるべきか下りざるべきか 「To Be or not To Be」
時間はまだたっぷりあるけれど?
方向を見失ってるのだから戻るべきだろうな~。
増田川本流を上流端から登ってみてからでも遅くはないだろう。
沢の存在は流れてる方向の先まで,視界で捉える事が出来てはいないし。
下りた場合 「Dead End」 じゃないという保証はない訳だし。
その場合,登り返すのはしんどそうなので。

来た道をトレースしながら。
次回は,本流に西側から流れ込んでる支流があるのかどうか,本流を溯上して確認してみたいな~。








7時から15時で,増田川源流を歩きつくし,満面の笑みを浮かべて,帰宅する筈だったのですけど・・・三方塚から下った丘陵地帯から本流に向かって下りれると考えていたのですが
藪が深くて断念し,別ルートを探索したのですが,残念な結果に終わりました。
でも,次回登る楽しみを見つけたので良しとしましょう。

11時40分 三方塚 残りのホットドッグ2本を頬張り大休止。

大師へ

その帰り背筋が凍るようなことがありました。
雨まじりのあられが降り始めたので,大滝でカメラをバッグパックの中にしまい,お迎えの電話を掛けながら下りはじめました。
ここは大滝からちょっと下った地点以外圏外になるので,携帯を見ながらアンテナが立った瞬間電話しないと,
タイミングのいいお迎えになりません。
吹きさらしの県道を歩くのが嫌なので,携帯を見ながら,タイミングを見て掛けます。

下の地図をご覧ください。
大師沢へ下りる大きなS字カーブがあります。
大師沢

その上から①から下の沢を見た時,白とピンクのティーシャツが沢の中で揺れてるのが見えました。
見ようとしなくても下る方向なので,自然に目に飛び込んできたという感じです。
人が着てるにしては揺れ方がおかしいし,人が沢の中に入って何かするにしてもあまりの軽装なのでオカシイ?
不思議に思ったのですが,カメラはバッグパックの中・・・・。
下りて行けばカーブを大きく180度ターンするスプーンカーブなので,
何をしてるのか判るだろうな思いながら下ってました。
ところが,ターンして沢の中を覗くと,何もないのです。
怪訝に思い,②から沢の中に身を乗り出してみても,何もない。
あんなに鮮やかな白とピンクのティーシャツが跡形もなく消えていました。
まさか,下って行ってしまった?
でも車は無いし,大師へ通じる道には,まったく人影がないし・・・。
いったい何なんだ?と思った瞬間背筋に冷たい物がはしりました。
そして,気になる後ろを時折振り返りながら,足早の下ったのでした。
山怪?

五社山 出発地点金剛寺版 外山から大師


金剛寺-五社山-外山-三方塚-牛道峠-大師


雪の里山ハイキング






外山 着12時49分

026


そして,水分補給。

025

三方塚方面を見て座り込んだBeth。
話し声が聞こえてきました。

今度は,おじちゃま1名と,おばちゃま1名が登ってきました。
人がすれ違うぐらいの道幅はあるのですが,Bethと一緒という事もあり。
彼らが到着するのを待って。
ご挨拶を交わし,僕達は三方塚へ 発12時52分。

こんなに人に会うのは,初めてです。



Bethには匂いがするらしいのです。
僕には匂わないぜ!全然!!
足元を見てみると・・・鹿の足跡かな?


三方塚を経由して村田側の赤土の丘(勝手に僕が言ってる眺望ポイントです)へ寄り道。

蔵王2



来た道を三方塚に戻り。

電波塔の下を経由し。

三方塚から牛道峠までの間にも,絶好のランニングポイントがあります。
電波塔から牛道峠までは,道が二つあり。
一つは一般の登山道。
もう一つは電波塔のメンテナンス用の道。
このもう一つの道が,踏み跡など無くて結構気持ちがいいのです。




「オソイワヨ」

P2117429

「そんな事,言われても・・・
(言っとくけど,Bethの水とオヤツと残りのソーセージは俺が持ってんだかんね)」

牛道峠から大師林道へ。



ここは,程々に雪が積もってる時の方が,歩きやすいです。

沢を下りきって大滝に到着する直前。
小さくて丸くってコロコロしたこげ茶色っぽいもの?を足元に確認。
動物の「フン?」って一瞬思ったのですけど。
量が多いし,形もマチマチ。
右側斜面から,雪の上をコロコロと転げてくる?
そして,見上げた視線の先は?
「エ?・・・e゛・E゛・エ゛~。ヤバイ・・・・今にも崩れてきそう」

P2117450
大師林道崩落しそうな場所


急いでその場を離れて,大滝へ。

「チベタイ」思いをしながら大滝へたどり着いたのであります。
なにせ,靴の中には雪が・・・・・
出かける間際の玄関先で交わしたtomoさんとの会話。
「忘れ物は無いかな?持って来てくれって言われても,持って行けないからね」
「そりゃ,そうだ。でも,で~じょうぶでっせ。旦那!」
を思い出しながら,最後の最後・・・大師林道で「トホホのホ」となったのでした。


大滝入口付近につららが
「ウッヒョ~」
と近づいて
いろいろな角度から撮影・・・なかなかうまくいかない。

0210

アタチには関係ないわよ。


沢の中の雪に埋もれながら,約10分かかって撮影したのがこれです。

0211
0212

「フ~,チメタカッタ」・・・靴下濡れてましたから。

ここで,お迎え依頼の電話をします。

0213


ここ大滝から大師沢を下って大師まで行くのですが。
(時間はゆっくり歩いて25分ぐらい)
下り始める前に電話をしないと,沢沿いの道は山に囲まれてるので,電波が届かず通信不能になります。
大師に着いてから電話すると,約20分から30分待つことになります。
ひたすら道端で待つと,体が冷えてとってもサブイのです。
電話が通じないと知らない数年前。
下りながら電話をかけて通じず,結局大師まで下りて電話をかけました。
待とうと思ったのですが,数分もしないうちに,サブくなってきて。
たまらず舗装道路を早足で歩きながらお迎えを待ちました。


大師 着14時43分

バッチリのタイミングでお出迎えが来ました。

僕は,最近また車酔いしやすくなって,後ろに乗るとヤバイのです。
ですから「運転手は僕だ!車掌も僕だ!」とワンマンカーに早変わり。

 

アクセスカウンター
  • 累計:

最新コメント
火星から来たBeth : Beth came from Mars.
2009年10月28日に火星から来ました。
Bethと言います。

Bethは,
宮城県動物愛護センターの譲渡会に参加して
(2009年10月28日)
譲り受けてきた犬です。
月齢3か月ぐらいと,スタッフの方が説明してくれました。
出生のすべてが謎に包まれた犬なのです。

Bethが我が家に来たのを機会にブログを開設しようと思い。
タイトルをどうしようか悩んでいる時・・・

札幌在住の友人が
「出生がわからないんだったら火星から来たことにすれば!」
で決まったタイトルなのです。

カテゴリ別アーカイブ
管理人からのお知らせ
虫よけにお薦め
for girls who grow plump in the night
記事検索
just for a moment
Talking in the window as the light fades
I heard my voice break just for a moment
Talking by the window as the light fades
I felt the floor change into an ocean
We'll never leave here, never
Let's stay in here forever
And when the streets are quiet
We'll walk out in the silence
Listening to the movement that the night makes
I let the room fade just for a moment
Sitting in the shadows that the leaves make
I felt the floor change into an ocean
We'll never leave here, never
Let's stay in here forever
And when the streets are quiet
We'll walk out in the silence
Listening to the music the machines make
I let my heart break just for a moment
Listening to the music the machines make
I felt the floor change into an ocean
We'll never leave here never
Let's stay in here for ever
And when the streets are quiet
We'll walk out in the silence
プロパ癌だ!


お散歩時の熱中症予防に
ヤケクソバイオドリンクレモン広告
簡単な作り方を 「火星の食卓」で公開中です。