亘理

亘理の里山散策 四方山

愛宕沢登山口から四方山




3月12日(土曜日)
今年も山の会の活動時期がやってきました。



一人で活動してたら得ることができない情報等。
楽しさいっぱいなのですよ。

亘理中学校付近でバスを降り(9時53分),愛宕沢登山口(10時12分)へ

039

愛宕沢

愛宕山周辺の沢の事。
砂防ダム有。
ビックリする位に急に水かさが増すので,「動顛沢(どうてんさわ)」とも言われた。

愛宕山

151.0m「おはたごさん」と呼ばれる。
全国的に存在し,今日と愛宕神社【火伏の紙】の分霊を祀る。

亘理町地区まちづくり協議会「亘理の里山」より抜粋。


愛宕沢登山口で,面白い人に出逢いました。
道端でカメラのセッティングをしていたので。
「バードウオッチングですか?」と話しかけてみました。
すると。
「いえ,苔です」
「苔?」
「そうです」
「な~るほど。だから,霧吹き持ってるんですね」
そして,その人に教えてもらい撮影したのが。

P3128375

玉苔と言うのだそうです。

そして,どうも苔のポイントがあるらしく,そのポイントを転々としながら撮影しているらしいのです。
なかなか,面白いな~と思いながら。

キョトキョト

そして,木漏れ日に光る苔。

P3128381

「ウ~ム。綺麗ですね~」

P3128384

なんてことやってる間に・・・

P3128380

見事に置いて行かれました。

「お~い。マッチクリ~」

P3128385

今年も皆さん気合入ってますな~。

そして,角田側に向かって断崖絶壁の尾根(10時39分)。

035

角田側に向かって仁王立ちしてるのは,我局長。
「おめ~さんら。間違ってね~かい。こんなに削っちまって。山が泣いてるのが聞こえね~のかい」

そして,角田側が断崖絶壁の尾根には。
鴻ノ巣峠(10時41分)

0310

鴻ノ巣峠

この辺りにコウノトリが生息していたので,そう呼ばれたと言われている。
『伊具郡誌』には
「坂津田区橘沢より亘理町に通ずる処にて道甚だ険峻にして人馬の往来最も不便である」
と記録されている。
付近には歯山神の碑と馬頭観音の碑がある
亘理町地区まちづくり協議会「亘理の里山」より抜粋。



足尾神社の碑(10時44分)

0311

*尾神社??
長年の風雨にさらされたのでしょう。
はっきり読めませんでした。
後日,写真に撮った亘理里山ルート図を見ていて判明。
足尾神社の碑

鴻ノ巣峠の崖の上にある。
かつての人々は峠を安全に超える事を祈り建立したのであろう。
亘理町地区まちづくり協議会「亘理の里山」より抜粋。

ツツジノ森(10時52分)

0312


閑居山(11時04分)

P3128418

閑居山(かんきょやま)

204.4m
麓の地名は,大雄寺の坊さんが,隠居して住んだ静かなところという意味で閑居と名付けられた。
その近くの山で,閑居山。
亘理町地区まちづくり協議会「亘理の里山」より抜粋。


夜討坂(~11時32分~)

P3128428

夜討坂

戦国時代(天正年間)に,伊達氏が相馬氏に夜討を掛けた時に通ったからという『伊具郡詩』による。
割山峠や明通峠が開通した後は,通る人がなくなった。

亘理町地区まちづくり協議会「亘理の里山」より抜粋。


夜討の結果が気になる様子の局長。
夜討が,どの戦いの時によるものなのか,その結末は?『伊具郡誌』未確認のため不明。

という事ですが・・・気になりますよね。

伊具郡誌を調べに行く時間がないので,相馬氏と伊達氏の長くに渡った抗争から推測してみる事にしました。
それもまた楽しいのですね。

相馬氏と伊達氏の抗争

相馬氏と伊達氏との抗争は,天文十一年(1542)「伊達氏天文の乱」がきっかけで起こり。
天正18年(1590年)に至る半世紀の間に,30回もの戦いが繰り広げられた。
との事。

「伊達氏天文の乱」とは,伊達 稙宗(だて たねむね 伊達家14代当主:伊達政宗の曽祖父)と伊達晴宗(だて はるむね伊達家15代当主:伊達政宗の祖父)との諍いがきっかけで起きた争い。
事の起こりは,稙宗が三男実元を越後守護上杉氏に送りこもうと画策したのに対し晴宗が反対。
これが火種になり,稙宗の日頃からの独断専行に対する家中の不満が呼応したことで,父子の争いが伊達家全体の争いに発展。
その結果,晴宗が稙宗を桑折西山城に幽閉。

ところが,忠実な家臣であった小梁川宗朝(こやながわ むねとも:晴宗の死後墓前で殉死)が晴宗を救出。
稙宗の娘を正室にしていた相馬 顕胤(そうま あきたね 相馬家14代当主)に救援要請したことが,さらに問題をややっこしい方向に発展させていきます。
そして,顕胤ちゃんは此れに応えちゃうのです。
どんな思惑があったのでしょう。
「嫁のオヤジ殿の一大事」と単純に考えてはいけないような気もします。

何と言っても戦国時代。
顕胤も野心家であった可能性はあるのです。
それは,「晴宗,久保姫略奪事件」にその一端を伺い知ることが出来ます。
この晴宗が久保姫を略出した事件は,稙宗の子,晴宗の正室に岩城重隆の娘を仲介した様に情報操作し?
重孝がその約束をたがえたように画策?
岩城と伊達との不協和音を作りだし,挟撃の危険から自分の領地を守ろうとしたとも考えられるし。
また,白川と岩城の不協和音も同時に作り出せる。
推測の域を出ませんが。
話がうまくつながるので,多分あってる様に思います。
実はこの事件。
不思議な展開を見せるのです。
もともと岩城重隆は,娘の久保姫を白河晴綱に嫁がせる事にしており,先方の了解も取付,婚礼の日取まで決まっていました。
今だったらまだしも,当時ですからね,ドタキャンはヤバイです。
それを判っていて顕胤は,この美しい久保姫を晴宗に紹介した可能性はあると思うのです。
紹介しないまでも,奥州一の美少女と触れ回ったのではないでしょうか。
伊達家次期当主の正室に,相応しい女性だとか言って。
そして世間的にも,久保姫が晴宗の正室になると情報をリークした。
晴宗は,まんまとこの顕胤の策略に乗せられてしまった。
つまり,この久保姫を横恋慕してしまったのです。
そう,顕胤の策略はうまくいった。
そして,その輿入れの途中,晴宗自ら軍勢を率いて久保姫を奪い取り,いきなり正室にしてしまったのです。
世間的には,岩城重隆が約束を違えた事にしてしまえばいいと,晴宗にこっそり耳打ちしたのかも。
その後の,顕胤の岩城氏に対する言い分は言いがかりのような気もします。
と言うか・・・事実だとすれば,言いがかり以外の何物でも無いと思います。
約束を違えた事を口実に,岩城領の富岡・木戸を奪いとったりしちゃったのですから。
シメシメうまいこと行ったぜ。

と,「ニヤリ」としたのかどうかは分かりませんけど。
「したと思うな」
「したでしょう絶対」
「でも,何故岩城重隆は,やりたい方出させてたんだろう」
「力関係じゃないのかな~」
「戦国武将って,我ままで恥知らずって事だよね」
「そうじゃないと生き残れない?」
「生き馬の目を抜く戦国時代って事だね」

どうでしょう。
こう考えると顕胤が晴宗を焚きつけた可能性は,充分あると思うのです。
ただ単に,晴宗のごり押しと言う線も捨てきれませんが。

それに。
岩城から白河へ向かう一行を襲う訳ですから,誰か手引きしないとね。
軍勢を率いて襲うのは難しいと思うのです。

顕胤ちゃん結構ヤバイ橋渡ってると思いませんか。
戦国の世ですから。
ね,やっぱり何かありそうでしょう。

義に篤い奴だったのかも?という考えもありそうですが。


で,話を「伊達氏天文の乱」に戻すと。
救援要請を受けた顕胤は,田村隆顕・二階堂照行・葦名盛氏らとともに桑折西山城に駆け付け,稙宗を救出。
そして,稙宗・晴宗の親子の仲介をし,和睦の道を探ったけれどもうまくいかなかった。
家臣との溝。親子の溝はかなり深かったようです。
この事が,さらに抗争を激化させ,奥州諸大名を巻き込む大乱に発展させることになります。

平穏無事を願っただけなのかもしれません?
それとも,伊達家の混乱に乗じて,伊達と接する北側の土地(伊具)の領有権を狙う目論見があったのかもしれません。
和睦の道を探ったように見せかけ,更に拗れさせた可能性も否定はできない気がします。
実際この後,伊具郡を領有化するのですから。


この後。
伊達稙宗・相馬顕胤⇒相馬盛胤⇒相馬義胤
伊達晴宗⇒伊達輝宗⇒伊達政宗
とによる争いが半世紀に渡り繰り広げられることになります。

主な戦い

元亀元年(1570年)
相馬氏が伊具郡小斎・丸森城などを占拠し、伊具郡を領有。

天正九年(1591年)4月、
相馬盛胤・義胤父子vs伊達輝宗・政宗(初陣)父子
戦場:伊具郡矢野目(伊具郡の小斎城主佐藤伊勢守・宮内父子が伊達方に寝返ったのがきっかけ)

天正十一年(1583年)
伊具郡の領有権伊達に移る。

天正十七年(1589年)5月19日
伊達政宗が宇多郡に侵攻して駒ヶ峯城を攻略。

同5月20日
蓑首城攻略。
蓑首城には亘理重宗が入り宇多郡北部は伊達領となる。

同7月
相馬義胤は7月に亘理郡の鳥の海(宮城県亘理郡亘理町)と坂元(宮城県亘理郡山元町)に於いて。
伊達勢と戦うも劣勢を挽回することは出来なかった。

天正十八年(1590年)5月下旬、豊臣秀吉の小田原征伐が始まると相馬義胤が秀吉に謁見。
相馬氏共々伊達政宗も小田原城征伐に加わる。
ここに相馬氏と伊達氏との積年にわたる抗争にようやく終止符がうたれ、相馬氏の危機は回避された。


夜討坂の逸話

夜討坂の逸話は,30回にわたる合戦のなかで,おそらく相馬氏が危機に瀕し始めた頃の出来事だと思います。
可能性としては,天正17年(1589年)7月の合戦の時と思われます。
鳥の海の横に布陣した相馬勢が,この布陣を見た時。
伊達勢の意外に少ない兵力をこう分析したのではないでしょうか。
全ての兵が阿武隈川を渡り切っていないか,渡らせることが出来なかった。
そして地理的優位に,勝利を確信したのではないでしょうか。
ただ,伊達勢の援軍が来る前に,できるだけ早く決着をつける必要がある。
更に有利に進めるために,相馬勢もおそらく夜襲を考えていた。
ひたすら真直ぐ進めば,伊達勢を阿武隈川へ追い落とすことが出来る。
力で押そう。

ところが伊達勢は。
鳥の海に布陣する相馬勢の背後に回り込み,夜討を掛けるべく,兵を移動させていた。

天正十七年相馬勢と伊達勢布陣想像図

この海と山を利用した包囲殲滅作戦に使われた山道が,夜討坂だったのだと思います。
しかし,伊達勢にすれば,合戦の火ぶたが思ったより早く切られた。
それは,相馬勢が伊達勢の援軍が来る前の早期決着を考えたからでしょう。
ですから,完全に包囲する前に合戦が始まった。
この偶然が重なって,完全に包囲のできなかった浜沿いを,相馬勢は坂本まで逃げることが出来たのだと思います。
そこで戦線の立て直しを図った。
しかし,一度敗走した兵の指揮を維持するのは困難だったと思われ,結局坂本でも敗走することになったのだと思います。
と言う仮説が成り立つような気がします。


補足

夜討坂は幅も狭く,短時間で多くの兵を移動させるのは困難であったろうと思われます。
今歩ってもそう思うのですから,当時はもっと環境は悪かったと思います。
ですから,夜襲をかけた時に通った山道と言うよりは,闇夜に紛れて相馬勢の背後に兵を移動するために通った山道。
という風に考えた方が理に適ってると思います。
兵を相馬勢の背後に展開しないうちに,相馬勢に襲い掛かっても,狭い山道の出口付近を塞がれてしまえば,一乗寺の決斗(吉岡道場vs宮本武蔵):吉岡道場の二の舞になるでしょうから。
夜討坂と言う名称から,あくまで夜襲にこだわってみましたが,相馬勢の背後に兵をある程度布陣できた段階で,勝敗は決したのだと思います。
それに,浜沿いの地域は,初夏の朝は霧が発生しやすい気候になります。
例え,天気予報で,晴れ,降水確率0%と気象予報士が断言したとしても,風の無い日は霧が発生します。
その霧を利用しようとした可能性は充分にあります。
合戦前夜までに夜討坂を中心に兵を配置し,夜の闇を利用して山を下り,朝が来る前に・・・最悪でも霧が晴れる前に,相馬勢の背後に兵を展開しようと考えたのだと思います。
尾根沿いの山道に事前に兵を配置しておいたとしても,下る道は一本であったと思われ,兵の布陣にはそれなりの時間がかかったはずです。
前日の夜から移動を始めて,一晩はかかるように思います。
気配を悟られない様にしながらですから。
そして,最悪の場合でも霧を利用する。
しかし,布陣の最終段階に差し掛かろうとしてる時,風が吹いて霧が晴れだしたのかもしれません。
霧が流れだし,その合間から見える兵の姿に,相馬勢は凍り付いたのではないでしょうか。
そして,完全に包囲できないうちに,合戦の火ぶたは切って落とされたのでしょう。




この場所は,尾根沿いの道と角田側に下りる道・亘理側祈りる道の十字路になっており,十字路の真ん中に立つと風が抜けて行くのが分かります。
我々がここで休憩した時は,冷たい海風が亘理側から吹き上げてきており,山道が風の通り道になってる事が分かります。
気付かなかったのですが。
ここには山神の碑があり,通行の安全を願って建立された物らしく。
亘理と角田の間の生活道路だった事を窺い知ることが出来ます。

黒森山(12時05分~12時40分)
P3128438

黒森山

255.0m
崩れやすい地を「クレ」と言う。
その「クレ」から黒(クロ)になったのではないか。
森は山の意である。
里山全体は,低い(200m前後)割に急斜面である。
かつては,草刈り山・芝刈り山であった。
地形測量の一等三角点があり,関心を持ち訪れる人がいる。
山から黒森沢が流れ,その沢の奥に「入会林野整備事業完了記念山」の碑がある。

亘理町地区まちづくり協議会「亘理の里山」より抜粋。

P3128442

山メシ!!
煮しめ・唐揚げ・卵焼き・鯖の味噌煮(フフフ)
0313

オカズの左側の丸い容器に入った,茶色い粉をまぶしたような食べ物は,ティラミスです。
生れてはじめて食べました。
僕としては,鯖の味噌煮を二つにしてもらえると・・・ありがたいな~と思ったのでした。

四方山(13時21分)

パノラマ

四方山

262.5m
このあたりでは一番高い。
四方が良く見えるので,そう呼ばれたらしい。
戦時中に砲台が造られ様としたが,間もなく終戦になり,造られなかったという。
(造られても役に立たなかっただろうと思うけど)
山頂に,雷神・蚕神を祭る。
山頂で雨乞いをしたという。

亘理町地区まちづくり協議会「亘理の里山」より抜粋。


四方山6
四方山4


P3128482

途中,ちょっと寒かったけれど,楽しい山行でした。
皆様ご苦労様でした。

荒浜海岸

荒浜海岸
海水浴場があった場所です。






本当に久しぶり。

移動中に雨が降り始めたので,どうなるかと思ってたのですが,海岸に着いたときは雨は上がっていました。


ビックリしたのは,荒浜海岸と鳥の海の間には,多数の釣り人達が。
そして,もっと驚いたのは,阿武隈川河口のサーファー達のラッシュを見た時です。

P7056275

「ゲッ!!なんでこんなに人いるのや。朝6時デッセ」

072


人混みはとっても苦手です。
逆に,とことん多ければ,自分の中に埋没できるのですけどね。
ン~・・・それでもやはり,人混みは嫌いです。


群から外れたところで釣ってる人。
群から外れたところで波乗りしてる人。
ポイントからずれても平気だも~ん。
という感じの人もいました。
様々だな~。



P7056232


数人の仲間と,早朝の暗闇の中で,焚火に凍える手をかざしながら日の出を待った事を思い出します。
楽しかったな~。
移動手段は当然自転車です。

今はずいぶん変わってしまったけど。

073



高校の時,自転車でよく海に行きました。
そして,海沿いの道を走るのが好きでした。
眠い目を擦るながらそおっと家を抜け出し,薄暗い街頭に照らされた路面の上をすべるように出発。
そして,橋をわたり街灯のない暗闇を切裂きながら走る。
荒浜から原ノ町までの海沿いの道。

暗闇の中走る耳に徐々に近づいてくる波の音。
潮騒の音に心躍らせながら漕ぐペダル。

PB040915

潮風のなかに漂う命の香りと。
暗闇の中から浮き上がってくる陽の光。
それが,東の空から徐々に広がってきて,橙色に染まって行く空。
その橙色が暑い日差しに変わり始める時,全体の色が橙色から青に変わり始め。
空全体が青に変わる瞬間。
命の息吹を感じました。

PB041249




PB041511


今日はあいにくの梅雨空・・・そしてかなり中途半端な感じの空模様。
人の心の浮き沈みは環境に依存するのだな~。
心のよりどころを失ってしまっとき,それは顕著に表れるのかもしれないですね。
降りかかる物を振り払うだけの力が,失われてしまっているからかな~。
悲しみと怒りが絡み合って心を侵食していく。
その浸食された心から憎しみが生まれ。
憎しみに食い荒らされた心は,白色矮星の様に膨張し,周りを飲み込んで終末を迎える。

灰色の海や灰色の空を見詰め続けてると,瞳の奥までその灰色が流れ込んでくる。
侵食されまいとあらがう力も無く,タダ浸食されるままに身を委ねる。
そんな大気が蔓延してる様でした。




人の生きる様は,様々。


彼らを横目に,僕達は僕達の楽しみ方で!!

P7056280

「Let's Rock'n Roll」



元気をもらいに来た散歩だから。
「負の連鎖を走って走って弾き飛ばせ!」
そんなもの全て「ハハハハハ」っと笑い飛ばそう。


そう言えば最近不思議な事が・・・・
岩沼の中地区でウミネコの声を聞く事があります。
リクネコ?ではないと思いますヨ・・・まず間違いないと思います。

P7056327

P7056339


074

河川敷の出会い

6月7日午前5時30分
流石に釣り人以外はいないだろう?と思って乗り込んだ河川敷は・・・

P6075219

P6075229


いましたリモコン飛行機を飛ばすセ君・ス君・ナ君達。
釣り人「こんだけ水あれば,大丈夫だべ~」君とその連れ。
猫のイ君・ロ君・ハ君・ニ君。
キツネのゴン君
雉のギャ~君とトットちゃん・・・彼らの脚力はなかなか凄く,あっという間に草原を駆け抜けていきます。
そして,良く分からない小動物の権平君。



亘理大橋の近くの桟橋付近から上流へ向かって出発。

「ワ~イ。お・と・も・だ・ち。イ君あそぼ」



唸り続けるイ君。
お友達にはなれそうもないので,立ち去ろうとした時。
イ君,船から飛び降り・・・「逃がさないわよ」と,とうせんぼ。
困ったな~と思った瞬間。
猫パンチ炸裂。
スエーバックで交わしつつ「キャン,キャン」
「河川敷は,みんなのもんだから仲良くしようよ」と言うBethの論理は通用しなかったのです。
なかなか好戦的なイ君でした。
「アブネ~,アブネ~・・・逃げろ逃げろ」とリードを引っ張るBeth。
尻尾を巻いて逃げだしたのであります。

そして,第一のターゲットポイントへ。
しかし,先客あり。
飛行機を飛ばし始めたセ君達の視線を尻目に,
Beth最大のお仕事をしちゃったのです。
「走れないのは,あんたたちのせいよ」
「こんなとこでしなくても」と僕。


第二のターゲットポイントへ。
林の中の河川敷の道をさらに上流へ移動。

すると前方から権平君がピョンピョンと。




我々に気付かないのか,だんだん近寄ってくる権平君。
しかし,気付いた瞬間踵を返しもと来た道を戻り,途中で林の中へ姿を消したのでした。
何者?という疑問を残して。



第二のターゲットポイントでは,権平君が林の中へ逃げて行ったところからほんのちょっと上流にあります。
問題なく走れそうかな?キョロキョロしながら草原へ侵入。
「オッ?ゴン君」
我々が侵入してきた場所とは,まるっきり反対側の藪の近くに,キツネのゴン君がたたずんでいるのです。
こちらをじっと見ながら様子をうかがっている気配。
あわてて電源オン。
遠すぎるので,急ぎ足であまり音をたてない,妙なさじ加減?で近づきながら撮影。
そして,藪の中へ逃げるまでの数秒間撮影できたのです。
が,最大望遠で,でこぼこした草の上を気にしながらだったため。
帰宅してから見てみると,
焦点の定まらない画面が草原を彷徨い,
画面を見てると酔いそうになったので。
編集段階でUPはあきらめました。


Bethはゴン君に全く気付かず。
「お?コノニオイハ」


と何時もの場所の何時もの葉っぱを食べるのに夢中なのでした。


ひとしきり食べた後。
P6075274

草原を出て林の中の道へ戻ると,下流方向にロ君。
ロ君は我々にすぐ気づき,下流の方へスタコラと。
Bethは気づかないのか,猫パンチがトラウマとなったのか,スタコラと上流へ。


数分歩いて第三のターゲットポイントへ
道端から「走れるかな~」って草原を覗いてみると,ど真ん中で雉がツガイデ逢引中。
走れるのを確認して,
Bethと僕はお構いなく,
づかづかと草原へ侵入。
ギャ~君は,
頭は真っ赤で首が青。
胸はラメ入りの緑で,背中から尻尾にかけて薄青がかった燕尾服。
その燕尾服の一部に茶色の斑点と言う超ド派手なナンパ装束。
トットちゃんは,全体的に薄茶色でこげ茶の斑点と言う地味目の装束。
草原のまんなかで,逃げ惑うギャ~君とトットちゃん。
そして,「ギャ~」という声と共に。
二人とも踵を返し,ギャ~君は左の藪,トットちゃんは右の藪へ,一目散。
「早え~」
Bethは,ド派手な方のギャ~君を追いかけて,藪の中へ消えて行ったのです。

数分の後戻ってきたBethは


そしてさらに上流へ向かうべく林の中の道へ
出た途端ハ君に遭遇。
Bethは尻尾を振って立ち往生。
しかし,彼はすぐに来た道を逆戻りして藪の中へ。


歩く事さらに数分。
第四のターゲットポイント。
草原はやはり草を刈ったばかりで走り易そう・・・なのですが。
草原のほぼ中央付近のややくぼんだ部分にニ君。
彼はまさに狩りの真っ最中。
戦闘モードで匍匐前進して,その先には何やらかすかに蠢くものが。
ドドドドと侵入するや。
蠢くものがバタバタと飛び立ち。
狙いは鳥だった模様。
迷惑そうにこちらをチラ見しながら,走って藪の中へ消えて行くニ君。
「ナハハハ,溜飲が下がるぜ」・・・・匂い付けをしながら草原を縦横に歩き回り。

満足げなBethに「よっしゃ帰るか」と一言。

堤防の上に登り。
見晴らしのいい遊歩道の上をのんびりぶらぶら。
ヒンヤリして気持ちのいい酸素と葉緑素たっぷりの空気を。
お腹いっぱい吸い込み。
背中の方からスーッと灰汁が抜けていくような。
とってもいい気持ちになりながら,
下流の桟橋付近まで戻ったのでした。


おそらく,イ君は河原のドンだったのかもですね。
テリトリーを荒らす侵入者を威嚇したのかもしれないです。
ドンとしての御役目?
そんなの僕達には関係ないけど。

P6075306

午後のお散歩までのお昼寝。










『火星の食卓』夕食献立コーナー

「夕食にハンバーグを作るぜ!だから豚挽き肉1㌔買っておいてね」
そして,「散歩に行く前に食パンで生パン粉作っておいてね」とお願いしてました。
Beth & tomo が午後の散歩にお出かけ。
調理開始。
まずは生パン粉に牛乳。
そして欠かせない燃料補給。
「グビグビ・・・プッハー」
と一気に半分を飲みほし,残りは冷蔵庫へ。
微塵切りから焼き始めるまではおあずけになります。
玉葱と人参とピーマンをみじん切りにして,豚挽き肉,卵,粗塩,胡椒。
コネコネ・・・・ジューとなれば,あとは酒盛りあるのみ。
って調子にのってると焦がしちゃいますけど。
デモ焦げたのも美味しいですヨ。
我家の約3日分の夕食とeiちゃんへの差し入れを含め,
フライパン3つを総動員。
ハンバーグは少量つくるより大量に作った方が美味しいし,手間もそんなに気にならない。
1個の手間と12個の手間。
比重がそんなに変わらない。
レンジを3つフルに使うことが出来ればですけど。
量が多いだけで同じ手順だしね。
コネコネぐらいかなちょっとメンドイのは。
06





アクセスカウンター
  • 累計:

最新コメント
火星から来たBeth : Beth came from Mars.
2009年10月28日に火星から来ました。
Bethと言います。

Bethは,
宮城県動物愛護センターの譲渡会に参加して
(2009年10月28日)
譲り受けてきた犬です。
月齢3か月ぐらいと,スタッフの方が説明してくれました。
出生のすべてが謎に包まれた犬なのです。

Bethが我が家に来たのを機会にブログを開設しようと思い。
タイトルをどうしようか悩んでいる時・・・

札幌在住の友人が
「出生がわからないんだったら火星から来たことにすれば!」
で決まったタイトルなのです。

カテゴリ別アーカイブ
管理人からのお知らせ
虫よけにお薦め
for girls who grow plump in the night
記事検索
just for a moment
Talking in the window as the light fades
I heard my voice break just for a moment
Talking by the window as the light fades
I felt the floor change into an ocean
We'll never leave here, never
Let's stay in here forever
And when the streets are quiet
We'll walk out in the silence
Listening to the movement that the night makes
I let the room fade just for a moment
Sitting in the shadows that the leaves make
I felt the floor change into an ocean
We'll never leave here, never
Let's stay in here forever
And when the streets are quiet
We'll walk out in the silence
Listening to the music the machines make
I let my heart break just for a moment
Listening to the music the machines make
I felt the floor change into an ocean
We'll never leave here never
Let's stay in here for ever
And when the streets are quiet
We'll walk out in the silence
プロパ癌だ!


お散歩時の熱中症予防に
ヤケクソバイオドリンクレモン広告
簡単な作り方を 「火星の食卓」で公開中です。