ベゴ岩

千貫

尻尾の感じは,勢いよくルンルン。

PB138664

「ホンジャ行きますか」








登るぞ~と言う気合は,いらない。
そんな山歩きも素敵です。
人気(にんき)のある山は,結構人がいます。
追い抜かれたり。追い抜かれたり?追い抜かれたり??
(ご想像にお任せします)
へなちょこ登山家の端くれだって事さ。

静かに歩きながら,自分の時間に埋没できる。
値千貫の山歩き。
そしてここは千貫山。

若干の問題点は,街の喧騒がどうしてもついて回る。
そして,オフロードのオートバイは,流石に腹立たしい。
山にまで来て我を通してどうすんの?
ま~,くだらない事に怒ってもしょうがない。
余計なエネルギーは使わない。
でも,ウインカー挙げずに曲がってくる車には,やっぱり腹が立つ。
直進すると思って待ってるんだから。
これは平地の話です。


いきなり面白い物を見つけました

PB138669

アップで

PB138670


PB138671




PB138673


一気にベゴ岩まで・・・
ベゴ岩は苔むしてました。

PB138689


PB138697

ここを沢沿いに下り分岐点を左に行くと赤松展望台。
そのまま沢沿いを下りると竹藪があり,更に下ると砂防ダムに出ます。
新明寺沢砂防ダムです。
全く手入れされていない竹藪は,竹の枝が様々な方角から襲ってくるので注意が必要です。
竹藪を抜けると沢の中を歩いて砂防ダムに出ます。
そして,砂防ダムの右端から荒れた道があるのですが,まだ歩った事はありません。
この砂防ダムの上からはすぐそばに民家が見えます。
この民家に通ずる道が砂防ダムの左端にあります。
歩きやすい道なのでスタスタ下りて行ってしまうと,この民家の私有地に出ます。
「スミマセ~ン。道に迷って下りてしまいました~」とミエミエの嘘をついて無理やり通り過ぎ,私有地を出ると立て看板があります。
「私有地につき・・・」と。
なので,要注意です。
左側に朽ち果てた石の階段が,ここも竹藪に覆われており。
その階段の生い茂った竹の枝をかいくぐって登っていくと。
世間から忘れ去られた様な,大日如来堂があります。
管理されていないせいで,何か出そうで,風情?があり,僕のお気に入りです。
新明寺沢周辺は,でかいイノシシが出没しますので,これも要注意です。
この沢は下れば下る程,獣の匂いが強くなります。
僕の鼻腔にも感じるので,Bethはビンビンに感じるのではないでしょうか。
ベゴ岩まで来ると,獣の匂いを追っかけて,新明寺沢の方へ下りたがります。
新明寺沢へ下ると,砂防ダムから同じ道を登り返さなければいけないので,めんどくさいのであまり行きません。

Bethは「行こうよ」って言ってます。

PB138704


でも行きません。
今日はそんな気分じゃないし。
あまり猪には遭遇したくないし。

Bethとの行く行かないの駆け引きの間。
ベゴ岩の苔を撮影しました。

117


見事です。

今日は木の橋を渡って,蔵王展望地を経由して千貫山へ戻る予定です。

PB138706

いろんなルートを行ったり来たりしながら,千貫山へ。

PB138710




118



記念撮影をしながら

116


夕闇迫る,岩沼の街並み。

PB138738

PB138742

PB138747

その喧騒の源の町並みの水辺で,溺れそうな感覚を味わいつつ。
一歩,また一歩下りながら・・・泡沫の灯に集う人の作り出した刹那的な現実。
その現実へ戻らざるを得ない事に歯ぎしりしながら。
そして,そこでしか生きていけない,苦しさをかみつぶしながら。
口の中に広がる渋さに眉根を寄せ・・・下ります。


お散歩の後のお手入れ

ダニ予防で~す。



Roll over ・・・・

morning3

2015年11月28日 土曜日
寒さをブットバセ!!part 1

今日はお留守番♫(^^♪
お昼の1人メシは,残っていたキャベツと油揚げの味噌汁&鯖水煮缶で・・・アツアツのオジヤ~。
「寒い日の1人メシの定番なのっしゃ・・・ウッシッシ」

鯖水煮缶とキャベツと油揚げのみそ汁

(残ったごはんがある場合はそれを使います。)
ファンヒーターを付けずに調理をして。
「フ~,フ~,ハフハフ」を繰り返しながら汗だくで食べます。
美味しいで~す。
そして,寒さがぶっ飛んでいきます。



寒さをブットバセ!!part 2

お手軽という事もあるんですが・・・やっぱりここに来てしまいました。

1110

代謝があがると体も温まる。
だるまの様に起き上がる復元力の確保の為に,そしてより良い睡眠の為に。
たまに吐き捨てる様に「*ソったれ野郎~」って腹の底から呟きます。
歩きながら,いろんなことを思い出す余裕があるからですね。
余裕がある歩きもいいし,そうでない場合もそれなりに楽しいですけど。
寒くなってくっると,流石に人気は無くなるんで。
「*ソったれ野郎~」って言っても誰にも迷惑は掛からない。
Bethは「なんだ?なんだ?アタチの事」って振り返ります。
「違います。君じゃないよ」って言うと安心したように,「グングン」とリードを引っ張り山に分け入るBeth。
里山は寒さをブットバスだけじゃなくて。
不快な思いや,自分の失敗等,背中にしょった柵をブッ飛ばします。
「たまんね~」訳です。

こんなものがあったので

1111


これを利用してRoll over ・・・・してる位置を書き込んでみることにしました。

  1. 千貫山からせせらぎの道・・・・Let's Rock'n Roll


    只今の位置



  2. せせらぎの道・・・・Let's Rock'n Roll

    只今の位置2


    ベゴ岩周辺のチェック
    新明寺沢の上流域。
    せせらぎの道を下ると三つの沢が合流する地点があり,そこにベゴ岩があります。
    毎年4月になるとニリンソウが咲き乱れる,ニリンソウの群生地です。


    1112

    「アタチのエリアなんだから!!」


    「全然足りない」

    1113


    「まだまだ。これからよ」

    「次のエリアへGo!!」

    1114

    「ハハ~。ご随意のままに」


  3. 西の稜線・・・・Let's Rock'n Roll
    只今の位置3



時折帰ってこなくなることもありますが,そん時は道端に座って休息するか,そのまま歩き続けます。
道端に座っているときは,戻ってきてお座りしますし。
そのまま歩き続けてる時は,後ろから「ドドドドドドド」という足音と共に追い抜いて行きます。
そして,チラット振り向いて「オソイワヨ」って。


 


良い週末の締めくくりでした

PB284381

PB284390

そして酔い週末の宵へ
m-7_24

春のお裾分け

深山


「ムムムム」

041


前回・・・確か2月21日・・・来た時は,こんなポールは立ってませんでした。
ここが深山という名称だったとは。
このあたりの住所は,岩沼市南長谷山小屋って言います。
因みに山小屋は有りません。

どうもこの辺一帯を総称して深山と言ってるらしいです。
例えば蔵王連峰の様なものですね。
山の会の方が説明してくれました。
蔵王って山が無いのと同じ。
山元町にも深山ってあるんだよ。
って。
いろんなとこに深山て有るらしいのです。
調べてみたら,岩沼市志賀の岩蔵寺の近くにもありました。

5月の山行きは花山の予定になってるんですが。
6月が蔵王なんですよね。
それも大黒天~刈田岳~お釜~熊野岳のコースが予定されてるんですけど。
噴火警報が出てるもんね。
おそらくmasahiro-7_25だよねやっぱり。



今回は深山から春のお裾分けを



ニリンソウが満開だろうなと思いながら,お天気の良くなるのを心待ちにしてました。
そして,4月18日土曜日 風が強いけれども快晴!
いろいろな邪念を振り払うべく酸素と葉緑素の摂取に向かったのであります。
「ヒュ~ドロドロドロ~煩悩のゴ~ン~ゲ~」って出てこない様に。


煩悩まみれになった悲しみは
吹けば飛ぶような儚さから生まれた物なのだから
いっその事
根こそぎ吹き飛ばしてしまえば
楽になるだろうな

「今日は風も強いし,打って付けだ」



カタクリの咲き乱れる山道

042


春の息吹を体いっぱいに感じながら
「ホイホイ」
と山道を駆け巡り。

一人と一匹は,とってもご機嫌。



斜面を下り始めた時。
「オッ,キイチゴ?」

キイチゴの花が真っ盛り。

逆光になってなかなかうまく撮影できない。
もたもたしてると。
Bethが,
「何もたもたしてんのよ?」
とズリズリ。
「しばし~。しばし待たれよ。Beth殿」
ズリズリ。
「動くんじゃね~撮れね~だろうが」
いろいろアングルを工夫しながら

P4182227

なんとか撮影に成功。

このルートの中では,急斜面で割と歩きにくい場所なんです。
そして,とにかく滑る。
冬は雪と氷で滑る。
春と秋は落葉とその下のぬかるんだ土で滑る。
夏は・・・虻に攻撃されて酷い目にあった事があるので来ません。

歩きにくいって言っても。
「人間て我ままだから,能書き垂れんの好きだよね」
と言うレベルの話ですけど。

滑らない様に・・・そろ~り・そろ~り・・・と歩く僕。
立ち止まりつつ振り向いたBethの瞳は。
「今日は特に遅いよ!トットト歩きな」と言ってる様。
「フン。俺の脚は2本しかね~んだい!」

どうもいつもよりチョロチョロすると思ったら,人の足跡と犬の足跡がありました。

足跡からプロファイル。
犬は,足跡がかなり大きく深いので,大型の洋犬と判断。20㌔から30㌔近くありそう。
人は,足跡の大きさと深さから見て,男性。
そして,身長約170㌢。体重約70㌔から80㌔。
足跡の滑り具合からみて,年齢はおそらく60代後半で里山に関してはビギナーと判断。
なんちゃって,適当です。

追いついちゃうと遊べなくなるので,前方を確認しながら,少しのんびり歩いて,給水ポイントへ到着。

ご休息タイムは,様子見を兼ねながら。


牛に乗ったBeth

P4182273


「苔むしたベゴ岩の座り心地は?」
初めての経験に,ちょっと緊張してる?

P4182291

「緊張なんて・・・こんなのお茶の子さいさいでっせ」

Bethがのってる岩は,ベゴ(牛)岩と呼ばれています。
この辺りからニリンソウの群生地が沢に沿って続きます。
とても素晴らしい知る人ぞ知る穴場なんです。

P4182270
P4182251

P4182263

P4182264

さらに沢沿いの山道を下りながら遊びまくり

P4182319


「ウ~」
僕ですBethではありません。
沢沿いに歩きたくなって,唸る事数秒。
「ヨッシャ」

P4182354

沢沿いの道でお留守番。
「何やってんの,沢にまたがって?」

P4182322

沢の土手を滑り落ちたのを見て
「キャハハ。ダッセ~」

P4182341

「フン」

沢を渡り,上流に行ったり下流にいったり。

P4182336
044


ほっておかれたBethは

P4182358

山道で,沢と逆の方を向いて黄昏てました。
「ヨッ,いい味出してるね~・・・背中に哀愁が漂ってるぜ」


「おそらく,もう大丈夫だろう。こんだけうろついても合わないし」

P4182379

ベゴ岩に戻って

「Let's Rock'n roll」





次は,山神社とそのルート探索。

事の発端は道標なのです。
グリーンピア岩沼から深山へ向かう尾根沿いのルートに。
いつの間にか深山ルートと,山神社方面と言う二つの道標が立つようになり。
これが,黄色の背景に赤文字で目立つ目立つ。
景観的には『?』です。
来るたびに気になってました。
(頁の下に地図があります)

何時ものルートからそれる事10分位かな~。


「がっかり」

045

舗装道路に出てしまいました。

後で調べて判ったのですが,林道大鹿野線です。
左側に進むと山神社方面。
あくまで方面でこの道沿いにある訳ではありません。
右側に進むと仙南変電所方面。
と言うのも判りました。
山神社って言うぐらいだから,山の中腹か麓近くにあって,崖の上に鎮座してる?
等と勝手に山寺みたいなものを想像して「ワクワク」してました。
そして,いま散策してきた里山内には山神社なる物が無い!と言うのも判りました。
よく調べもせず,適当な思い込みで作り上げた山神社のイメージが。
「ガラガラ」と音を立てて崩れたのです。

道標は山神社方面なのですから,間違いじゃないけど。
せめて林道大鹿野線経由と入れて欲しかったデス。


この時点では,まだ山神社が山の中腹の崖の上に鎮座してる神社だと思い込んでいて。
「ア~ア」とは思った物の,まだ山神社はこの山のどれかの道を辿れば到達すると信じて歩ってました。

しかし,ちょっとガッカリしながら,もと来た道を登り始めた時。
「オオオ。スミレサイシンだぜ」

P4182387

料理法
若葉は,茹でて水に浸し酢の物,おひたし,汁の実。
花は揚げ物,おひたし,茹でて水に浸し酢の物。
地下茎は,おろし金でおろすか,すり鉢で潰してとろろ。
「ぬははは。ざま~ミヤガレ?転んでもただでは起きないんだぜ」

じゃ,気を取り直して。
更なる山神社への道を探索しようと試みたのですが。

046

左も右もこれじゃね~。
藪漕ぎする燃料は,新明寺沢で遊びすぎて,エンプティ―になりかかってるし。
下ってまた登ってくるのめんどくさいな~。
「ウ~ン。止めるか」


次の機会に藪漕ぎしてみましょ。
「帰んぞBeth」




わき道にそれて,送電線鉄塔の下へ。
「お主は磁束密度の高いところが好きなのかい?冷え性なの?それとも肩凝り?」
「電気力線が体を貫く快感~」



じゃなかったみたいです。
単なるオヤツでした。

048


山神社・・・残念ながら山の中腹や麓の崖の上にある神社ではありませんでした。
しかし,近くまでは車で行けるようですが,徒歩で山の中に分け入って行かないと,たどり着けない神社だというのが判りました。
そして,なかなか古い神社だってことも。

いつか岩沼西地区の里山地図をまとめたいなと思っているのですが。
まだまだ,知らないことが多すぎて・・・今回も取りあえず判明した部分のみデーター化しました。
新明寺沢ベゴ岩とニリンソウ
                  クリックするとデカい地図になるよ!

047


アクセスカウンター
  • 累計:

最新コメント
火星から来たBeth : Beth came from Mars.
2009年10月28日に火星から来ました。
Bethと言います。

Bethは,
宮城県動物愛護センターの譲渡会に参加して
(2009年10月28日)
譲り受けてきた犬です。
月齢3か月ぐらいと,スタッフの方が説明してくれました。
出生のすべてが謎に包まれた犬なのです。

Bethが我が家に来たのを機会にブログを開設しようと思い。
タイトルをどうしようか悩んでいる時・・・

札幌在住の友人が
「出生がわからないんだったら火星から来たことにすれば!」
で決まったタイトルなのです。

カテゴリ別アーカイブ
管理人からのお知らせ
虫よけにお薦め
for girls who grow plump in the night
記事検索
just for a moment
Talking in the window as the light fades
I heard my voice break just for a moment
Talking by the window as the light fades
I felt the floor change into an ocean
We'll never leave here, never
Let's stay in here forever
And when the streets are quiet
We'll walk out in the silence
Listening to the movement that the night makes
I let the room fade just for a moment
Sitting in the shadows that the leaves make
I felt the floor change into an ocean
We'll never leave here, never
Let's stay in here forever
And when the streets are quiet
We'll walk out in the silence
Listening to the music the machines make
I let my heart break just for a moment
Listening to the music the machines make
I felt the floor change into an ocean
We'll never leave here never
Let's stay in here for ever
And when the streets are quiet
We'll walk out in the silence
プロパ癌だ!


お散歩時の熱中症予防に
ヤケクソバイオドリンクレモン広告
簡単な作り方を 「火星の食卓」で公開中です。