シラネアオイ

氾濫原と僕

僕の究極のリフレッシュ。
そして、僕の元気の源がここにあります。
脳を休ませて、継続的に考えるエネルギーを貰う事ができる。
一本調子に陥りがちな生活に新緑の風が吹き込まれるとき、
クリアな思考が目覚めます。



出会いは、kuniさんに誘われていった2017年5月4日。
北泉ヶ岳経由の氾濫原。


何故か、人の道を外れたルートでの北泉ヶ岳。

人生のようだ!

北泉ヶ岳と大倉山の稜線へ行くのに、素直に人の道を行けなかったのです。
徐々に北泉ヶ岳のほうにそれていき、
急斜面を滑り落ちるのを必死で耐え・・・耐えられなくなって滑り落ち。
それでも、なんとか登り切った我々の目の前に現れたのは、直角にそそり立つ雪の壁。
戻ることは全く考慮せずに、行きつくとこまで行こう。
まっすぐ登れば、絶対に稜線にたどり着くのだから。
直角にそそり立った雪の壁をキックステップで登り、
藪こぎを経て、ようやっと人の道にたどり着いたのであります。
人の道に外れた登山は、やたら擦り傷のできる登山でした。

桑沼側から登った方がはるかに楽!

今回で6回目になります。

人の道に外れた登山は、初回の5月4日のみですけど。



前日、メールで行かない?と誘われて。
天気予報を確認したところ、晴天!

いかずばなるまい!

tomoさんに明日氾濫原行きますゼ!
メインはアブラコシだけどね。
「氾濫原に油濾しに行く訳」
「んな訳ね~よ。なんで油濾しに行かなきゃなんね~の」
「油濾しって言ったわよ。間違いなく」
「え?」





2020年5月8日 6時30分出発

メンバー:
  • hisaさん(コシアブラマイスター)
  • 歩きながら突然「あそこ」と指をさす。
     そして、その方向に間違いなくブツがある。 まさしくコシアブラマイスター。
     根こそぎかっさらっていき、枯らしてしまう心無き登山者には、とても厳しい。
  • kuniさん(コシアブラマイスター一番弟子)
  • 時折間違えるが、一度見つけると急斜面だろうが、
    あっという間に片手一杯のコシアブラをもってきてしまう強者。
    ピークハントや登るスピードに生きがいを感じていたようですが、
    コシアブラ散策にも目覚めた模様「大人になったね」
  • nozapon(コシアブラマイスター見習い)
  • 山に分け入り一緒に探しはするが、結果が出ないので飽きてしまい、
     写真を撮影しながら、マイスターたちのおこぼれに与るお調子者。
    火星から来たBethの管理人


    の3名。


天気:晴天


P5082476




行くぜ!皆の者儂に続け。

P5082478

P5082483

P5082486

見よ!あれがコシアブラだ

P5082489

P5082497

「どうだ。見習いの実力を思い知ったか」


往路:コシアブラをチェックしながらの山行です。

往路ですれ違った女性3人組は、旗坂野営場から来たと言っておりました。
大倉山経由で旗坂野営場に戻るルートの様です。
ヤマレコで検索すると氾濫原の北側からのルートがあるらしく、気にはなってました。


P5082576



 P5082580




 

P5082848

 

P5082851

P5082852

P5082854

P5082856

P5082862

P5082864

P5082869

P5082874

少し早めのお昼ご飯をここで

P5082881

P5082882

ここから北側を眺めてるとピンクテープらしきものが見えたので、
行ってみました。
P5082896
おそらく、ここが旗坂野営場へ通ずる登山道じゃないでしょうか。
次回のお楽しみにとっておきましょう。




 氾濫原


氾濫原2

素晴らしい青空に浮かび上がる鮮やかな木々の緑。
呼吸するたびに浄化されていく感じがします。

P5082918

P5082919

P5082920




 



P5082925

P5082927

P5082928

P5082929

P5082931

そろそろ、氾濫原を後に・・・落穂ひろい(コシアブラ)の復路の開始です。

P5082942

P5082941


iPhoneも割と奇麗に映ってました。

IMG_2886

氾濫原と僕

iphone




およそ2時間にわたり、落穂ひろいに専念。
僕は、「アッタ」という声のする方に藪を漕ぎつつ、こっちふらふら、あっちふらふら。
足手まといにならない様に、こっちふらふら、あっちふらふら。


 

コシアブラのおまけ
P5083042



帰宅後すぐに天ぷらに。

「あら、油濾してきたんじゃなかったの」と言われながらも。
冷たく冷えたビールと・・・


そして、翌日コシアブラマイスターのhisaさんが
お昼に間に合うように持ってきて来てくれました。
コシアブラご飯
P5093046
美味しいです!
皆様ありがとうございます。

コシアブラマイスターへの道は険しいのであります。

続きを読む

半田山

昔,江戸直轄の銀山だった,半田山へ登りました。

計画は右回りでした。
半田山

駐車場を後ろに登りはじめると思いきや,
駐車場や売店を左手に見ながら,みなさん歩いて行ってしましました。
(左回りも右回りも大差ないので,地図は直さずupしました。)
それも・・・いいかな。
僕はいつも一番後尾につけて,勝手に好きな写真を撮りながら,歩きます。
集団での登山者としては失格だろうけど。
集団のなかでイニシアチブを発揮するのは,
イライラや疲労が付きまとうし。
気ままな登り方が良いのです。

他人に合わせて日常という社会を彷徨っているので。
せめて山行ぐらいは,気ままに生きたいのですネ。
一人で登れば?いやいや一人でも登りますが,
きっかけを作ってくれた人たちへの恩返しですね。
僕にできる事で。



いつも思うのですが,コシアブラやタラノメ等を根こそぎ採って行く,
不心得者がいます。
とても不愉快な気持ちになります。
この半田山も同じで,実際にレジ袋を片手に自然の恵みを搾取している集団に遭遇しました。
知らないのでしょうか?
それとも,知っていて自分の今の事しか考えていないのでしょうか。
次の年も,その次の年も・・・自然の恵みを口にしたいと考えないのでしょうか。

その袋を目の高さまで上げ,自慢げにて見せてくれたのには,閉口しました。


猛者もいました。
登山中3度すれ違った二人組のランナー。
話を聞いてみると。
この登山ルートを周回しながらトレーニングしてるのだそうです。
話を聞いたときは6週目を登りはじめるところでした。
今日は5時に入山し,10周が目標なのだそうです。

「ヒエ~」
60㌔はありますぜ



この登山口にはシラネアオイ,ヒメサユリの自生地があり。
手厚く保護されていました。
そのシラネアオイが満開でした。
自生地は,
左回りに回れば下山口
右回りに回れば登山口になります。
当たり前ですけど。

半田沼と半田山を左手に見ながら
P4280570

P4280579

P4280582


登山開始

P4280586
P4280587


こう言う彩りはたまらないです
P4280592
P4280590
P4280591


頂上到着

041

頂上には目隠しが付いた祠があります。

P4280599


ここで昼食
お腹が空いていたので,思わずガブリと一口
失礼いたしました。
P4280601

今日は僕にとっては,あまりうれしくないオカズが一品
タップリと油ののった皮つき鶏肉
なかなか,歯でかみ切れないので無理やり「ゴクリ」豚汁で流し込みました。
いや~,バスに酔って登って「ウェ」が更に「ウェ」調子ワル。
僕は車に弱いので,酔い止めの薬は飲んできたのですが・・・。

梁川の街を横切る様に流れる阿武隈川。
景色を楽しんでマッタリしていると,みんなに置いて行かれました。
置いて行かれついでに
頂上には我々の他に2名の登山者がおり,
ちょっと,お話・・・奥州市から来たそうです。

そして急ぎ下山開始。
が,しかし
これか・・・ハートレイク半田沼

P4280609

P4280610

寄り道は楽しい。
「人生の様だ・・・ムフフフ」
只,一生懸命歩くのは,詰まんないですから・・・
「人生だって同じだ・・・ヘヘヘ」


下山口で見たシラネアオイは見事でした。

こんなに見事に群生してるシラネアオイを見るのは,初めてです。

P4280617

P4280619

見事としか言いようがありません。

P4280627


P4280629


P4280635


帰りに道の駅で寄り道。
まずは

IMG_0104


食べ終わって・・・でっかい蕪を購入。
葉っぱがついてると購入したくなります。
アクセスカウンター
  • 累計:

最新コメント
火星から来たBeth : Beth came from Mars.
2009年10月28日に火星から来ました。
Bethと言います。

Bethは,
宮城県動物愛護センターの譲渡会に参加して
(2009年10月28日)
譲り受けてきた犬です。
月齢3か月ぐらいと,スタッフの方が説明してくれました。
出生のすべてが謎に包まれた犬なのです。

Bethが我が家に来たのを機会にブログを開設しようと思い。
タイトルをどうしようか悩んでいる時・・・

札幌在住の友人が
「出生がわからないんだったら火星から来たことにすれば!」
で決まったタイトルなのです。

カテゴリ別アーカイブ
管理人からのお知らせ
虫よけにお薦め
記事検索
just for a moment
Talking in the window as the light fades
I heard my voice break just for a moment
Talking by the window as the light fades
I felt the floor change into an ocean
We'll never leave here, never
Let's stay in here forever
And when the streets are quiet
We'll walk out in the silence
Listening to the movement that the night makes
I let the room fade just for a moment
Sitting in the shadows that the leaves make
I felt the floor change into an ocean
We'll never leave here, never
Let's stay in here forever
And when the streets are quiet
We'll walk out in the silence
Listening to the music the machines make
I let my heart break just for a moment
Listening to the music the machines make
I felt the floor change into an ocean
We'll never leave here never
Let's stay in here for ever
And when the streets are quiet
We'll walk out in the silence
プロパ癌だ!


メンバーリスト
お散歩時の熱中症予防に
ヤケクソバイオドリンクレモン広告
簡単な作り方を 「火星の食卓」で公開中です。