お誕生日

1年に1回

朝起きると

P1194564.ORF

お誕生日なのであります。
当たり前ですが,1年に1回しかありません。
回数を重ねるごと老けて行く~。

最近,雨のしずくが頭髪を突き抜け,地肌を流れる感じが不快になりました。
頭髪が日本の出生率の様な悲しい状況に・・・。
一杯あったのにな~昔。


1年に1回?
でも,よ~く考えてみると。
毎日が違う新しい一日で,昨日の自分と今日の自分,そして明日の自分は違う自分ですよね。
意識は睡眠時間のインターバルを除いては,覚醒してるので同じ自分の様な気がしてるだけ?
そう,同じ繰り返しを過ごしてるのではないのだと実感した次第です。
だから,今日は今日しか味わう事が出来ないし,明日は明日でまた違う一日なんだな~。

どんな人も同じスタンスで接したいと考えてますが。
どうしても駄目な人達はいます。
責任が無い人ですね~と言うよりは責任の無い仕事をする人です。

P1194577


等と考えながら,美味しいランチも一期一会。
だから,精一杯美味しく食べよう。
予約をしていた浜寿しでランチ。
ここは,知る人ぞ知る『はらこ飯発祥のお店』なのです。
以前は鳥の海の近所にお店がありましたが,震災後移転しました。

今の時期の季節限定は『ホッキ飯』です。

P1194601

美味しいです。
生れてはじめてこんな美味しいホッキ飯は!

「おおおおお!裏雅山流」

P1194594

多くは語りません。
判る人は判る。
その他にも希少日本酒と粕取り焼酎が・・・教えたくないもんね。

そして,夕食。
阿部勘のうすにごり酒で,山への思いを熱く語りあったのでした。

P1204719


僕の目指す登りは下りにあり!

P1194592.ORF



自転車とリードと看板

「自転車は危ないよ」
「大丈夫よ」
「・・・・・」
Bethにリードを付け,いそいそと歩道に。
「お散歩行ってきまーす」と自転車にまたがり颯爽と出発。
車道が右側なので,リードは左手に持って,Bethは自転車の左側。
最初はちょっとフラフラ。
初めての経験のBethは,戸惑いながらも走り始め。
自転車の脇で「イイの走って?」とでもいうように,右後ろのtomoさんを振り返り,振り返り「タッタッタッタッ」
その顔は,堪りませんぜ!!という笑顔。
「ハッハッハッハ」と息を弾ませながら,口を大きく開き,舌がなが~く「ブラブラ」
tomoさんも徐々に感覚がつかめてきたようで,徐々にスピードアップ。
「おおお!楽しそうだ」
さらに,スピードが上がり,tomoさんを楽しそうな顔でチラ見しながら,「グイグイ」とリードをひっぱり。
絶好調!!

歩道に出てお見送りしながら。

歩道を。
「たったったったった」足音が聞こえてきそう。
そして,その後ろ姿からからも判るほど。
「ルン ♪ ルン (^^♪」してる。

「ワーイ」いつもよりハイスピードな散歩にBethは上機嫌のようです。

「まっ,大丈夫か」
と思いつつ大分小さくなった後姿を見ていると。

走りながらも,歩道の草に鼻を突っ込み,「そっちフラフラ・・・こっちフラフラ・・・ワーイ」


そのとき,歩道の端に四角いポールで支えられた看板。
Bethは草のある方の左側。
tomoさんは,当然舗装された歩道側。
「アッ!!」
「キャー!!・・・ガッシャーン。」
「ヤッタ,ヤッチマッタゼ」と叫びながら,現場目指してダッシュ。

自転車のコケタ音にビックリして,リードを引っ張ったまま,突き進むBeth。
Bethさん,思いっきりスイッチオンを継続中。
tomoさんは,転んだままの状態で,リードを握りしめ放心状態。

そんな状態を走りながら見つつ現場到着。
「大丈夫かい?だから言ったじゃじゃないか,危ないよって。怪我無かった?」
自転車を起こしながら。
Bethは看板の支柱に絡まって右往左往。
「・・・・・」
怪我と言うよりは,転んだショックでしゃべれない様子。
絡まったBethを救助すべく,tomoさんの手からリードを受け取ろうとすると。
しっかり握っていて離さないtomoさん。
「リードよこしなヨ」
口を真一文字に結んだまま,しっかり握って渡さない。
「どうしたの,早くよこしな」
尻餅をついたまま足を踏んばって,力いっぱいリードを握って離さない。
そして,とうとう大きなオメメから大粒の涙がポロリ。
「ア~ア,泣かしちゃった」と通りすがりの人。






9月4日の朝。
散歩の後の朝食の時。
「頑固なんだよ」
「だれが?」
「tomoさん」
「ナニヨ,朝から」
夢の顛末をかいつまんで説明しつつ。
思い出しては。
「アハハハハ」
更に説明しては。
「アハハハハ,頑固なんだよ,アハハハハ」

「そういう夢を今日見る?」
「今日だから見たんだよ」

「・・・・・・・」

「アハハハハハ,頑固,頑固」



「お誕生日おめでとう」
P7268068





晩夏

kyoukyouちゃんが30キロ近い荷物を抱えてイタリアから帰ってきました。
中身はチーズ?
お迎えに上がりましたです。
時差ボケでテンションが高いやらボーっとしたりやら,なんだかわかんない。
と言う感じでした。
お出迎えの僕の第一声が
「東電。電気料金値上げしたよ。」
その言葉に不愉快な現実に引き戻されたようでした。
「フフフ。我ながら嫌な奴。」

そしてお土産をいただきました。
0917
この他にチーズがありますが,写真は諸事情により控えさせていただきます。
知子face大2_16

susie tomo の鼻息にチーズも飛んでしまいそう。
仕方なく,
「チーズ様には,お控えなすって」なのでした。
彼女は筋金入りのチーズ嫌いなのです。

野菜の種もいっぱい
0918
来年の火星農園は,イタリア野菜でいっぱいにできればいいな~。
「ヨッシャ,イッチョヤッタリマスカ!」と気合が張ったのであります。
それにしても農地改良が必要ですけど・・・米糠を使った農地改良を今年行う予定です。

そしてたくさんの画像dataをいただきました。
素敵な写真がいっぱいです。
許可をもらったので一部掲載することにしました。
(アンダーラインの都市名をクリックすると地図が別ウインドウで開きます)
Vasto
mare
mare1
vasto

Trino
torino

roma

bologna


イタリアの香りをプンプン漂わせた
・・・ほぼ一か月間のシャワーだけの生活の後の沐浴でいい味出して・・・
一皮むけたkyoukyouちゃんとともに秋の気配がやってきました?
日中はまだまだ暑いですけど,夜は割と涼しくてラクチンに寝れることが多くなってきました。
P9074281
P9074291

日がこんだけ短くなってきたんだから・・・もうちょっと涼しくなってヨ。
P9074293
P9074304

今日はお日柄もよろしく,ノリノリで歩いていると・・・
Bethのファンに遭遇。
「頑張ってください」
という応援の言葉に後押しされるように,足は山へ向かって動き出したのであります。

「Bethよ!あれが千貫山だ!」
「???」
リンドバーグになった気分で叫んだのであります。
P9084525

日陰はとっても涼しくて快適なんですが,
日向はとっても
「フ~,アヅイ」です。
P9084553
P9084560

ここからの景色は,やはりgoodです。
P9084575
P9084582

トゲトゲシイ奴との再会
0921

P9084610
P9084588

お久しぶりの記念撮影です。
0919

お持ち帰りしたトゲトゲしい奴
P9084637
久しぶりの山で,興奮冷めやらぬBethっていう感じですね。

今日は久しぶりに家族が集合したので,
僕以外のお誕生日のパーティを漬まぐりろ丼でお祝いしました。
みんな夏場に誕生日が集中してるんですが・・・僕だけ一月なもので。
0920
漬鮪丼の写真をクリックすると,火星の食卓 ”漬鮪丼のレシピ” にワープします。

舌づつみ,腹づつみの競演となり,にぎやかな食卓となったのでした。

皆々様ご満足いただけたようで
「誠に恐縮です」。
今度は白身魚でやってみたいな~。

アクセスカウンター
  • 累計:

最新コメント
火星から来たBeth : Beth came from Mars.
2009年10月28日に火星から来ました。
Bethと言います。

Bethは,
宮城県動物愛護センターの譲渡会に参加して
(2009年10月28日)
譲り受けてきた犬です。
月齢3か月ぐらいと,スタッフの方が説明してくれました。
出生のすべてが謎に包まれた犬なのです。

Bethが我が家に来たのを機会にブログを開設しようと思い。
タイトルをどうしようか悩んでいる時・・・

札幌在住の友人が
「出生がわからないんだったら火星から来たことにすれば!」
で決まったタイトルなのです。

カテゴリ別アーカイブ
管理人からのお知らせ
虫よけにお薦め
記事検索
just for a moment
Talking in the window as the light fades
I heard my voice break just for a moment
Talking by the window as the light fades
I felt the floor change into an ocean
We'll never leave here, never
Let's stay in here forever
And when the streets are quiet
We'll walk out in the silence
Listening to the movement that the night makes
I let the room fade just for a moment
Sitting in the shadows that the leaves make
I felt the floor change into an ocean
We'll never leave here, never
Let's stay in here forever
And when the streets are quiet
We'll walk out in the silence
Listening to the music the machines make
I let my heart break just for a moment
Listening to the music the machines make
I felt the floor change into an ocean
We'll never leave here never
Let's stay in here for ever
And when the streets are quiet
We'll walk out in the silence
プロパ癌だ!


春爛漫
メンバーリスト
お散歩時の熱中症予防に
ヤケクソバイオドリンクレモン広告
簡単な作り方を 「火星の食卓」で公開中です。