のざぽん

氾濫原 2018年6月3日

氾濫原20180603-2

いや~6月の氾濫原も素晴らしい!

暑いんではないか?という予想は,半分正解で半分不正解でした。
氾濫原は清涼な風が吹いて涼しいし,沢が忽然と消える場所は,
「と~っても,涼しいのです」
足元から冷たい風が吹きあがってきて,もう堪りませんでした。
「ここにビバークしようぜ」
「熊と?」


メンバー:noriさん(福島県郡山在住),aoさん(福島県郡山在住),nozapon(火星から来たBethの管理人) の3名。
集合場所:スプリングバレースキー場
集合時間:9時30分

P6031483

沢の水は,容易に渡渉できるぐらいまで水位が下がり,長靴をチョイスしたのは失敗?
と思わせるぐらいの水位なんですが,
ジャボジャボと渡る快感は,代えがたきものがあり。
沢の中をジャボジャボしながら,
このチョイスは間違いではなかったと実感したのであります。

P6031485


P6031487


おおお!緑だ!!

P6031488


P6031490

身も心も緑色に染まる瞬間。

P6031493

「ン~。清涼感」

P6031495


P6031498


残念ながら,清涼感だけでは満腹にならないのであります。
つくづく,地球からの恵みが無いと生きていけないんだな~と頭の片隅で感じながら。
今朝出がけに作ったパンを「ガサゴソ」とバッグパックから引っ張り出し「パクリ」。

2018.06


「ウメ~」
塩もみしたキャベツとマヨネーズが,
揚げたチキンの油を絶妙にオブラートして,
予想通り食べやすくなってました。

「ムシャムシャ」と一途に食べ進んでいると,目の前が突然明るく・・・

真上に差し掛かった太陽の日差しが,
沢の上にポッカリ空いた木立の間から,
僕達が腰を下ろしている目の前の沢に差し込んできていました。
そして,キラキラと輝く光は,川面の上で眩いばかりに飛び跳ね,光の饗宴が始まりました。

P6031512





P6031514


葉脈がとても美しいです。

P6031518


P6031528


幸せな気分になります。

P6031542


P6031549


5月1日に満面の水を湛えながらも,渦を巻きながら沢の水を吸い込んでいた場所は今・・・

P6031556


P6031558


P6031555


沢の水は此処に届く前に,地下に吸い込まれてしまい,ぽっかりと穴が開いてるだけでした。

P6031567


P6031562


2018.061


7月とか8月の氾濫原は?
おそらく藪漕ぎは覚悟してこなければ・・・でも秋の紅葉の時期には,また行きたいです。
最高にリフレッシュできた一日・・・パワーを貰った気がします。
僕のパワースポットですね。

あまり人の手で加工されていないから,不思議な力が宿っているのかもしれませんね。

都市空間の中にある物は,全て人によって意味づけられた物。
意味のない物は排除された空間。

氾濫原にある物は,都市空間で言えば意味のない物。
沢があり,岩があり,背の丈以上の草が生い茂ってる。
沢は渡渉点を探し,岩は登れなければ迂回し,穴は跨げなければ迂回し,草は掻き分けながら歩く。
歩くための技術がいる場所。
スマホ片手には歩けない場所。
ダウンロードしたDATAに頼り切っても歩けない場所。

だから,楽しい。
五感,さらに第六感を思いっきり働かせ歩く。
常に周囲を観察しながら踏み出す一歩は,誰の一歩でもない自分だけの一歩なのですよ。
DATAをトレースする生き方は,飽きるし・つまらないでしょう。

外出

原釜

P5050889

P5050887



阿武隈急行

車窓

P5241209

P5241250

P5241254




列車通過待ち

丸森

P5241232

P5241228

P5241230

P5241231



梁川

P5241259



光と影

P5241272



桃畑の僕

P5241314

P5241308

P5241325



東西南北

P5241276

P5241273

P5241274

P5241276



半田山

P5241278


吾妻連峰

P5241281



サービスエリア

P6011432

P6011433


月山

P6011444

P6011447


月山湖

P6011442


条件:1人,時間と気持ちに余裕,カメラ携帯。

ハクビシン

5月29日午前零時近く,タダならぬ鳴き声に目が覚めました



どうも,庭にあるコナラの木の上で「ガサゴソ」しながら鳴いてる奴がいる様なのです。

ビックリしてベランダに出て見ると。
庭園灯の薄明かりに照らされた庭で何かが動く気配。
庭園灯はタイマーとセンサー付で,深夜はセンサーが反応しない限りつかないようになってます。
何かはいる「何だろう」
LED懐中電灯を手に階下に降り,庭に出た時には気配がありませんでした。
その後,周辺をくまなく操作。

翌朝眠い目を擦りながら,散歩の前に家の周りをチェックしながらBethとお散歩。
「う~ねむい」
お騒がせな事件でした。

5月31日
5時頃
今日から北上,鶴岡と日帰り出張が続くため,tomoさんがBethのお供でお散歩。
5時20分頃
僕は,気になっていた胡瓜の苗木の確認の為カメラを手に庭に。
残念ながらこの時レンズはフィッシュアイ。
曇りで暗かったので,レンズを変えるべきだったのですが。

そして,
ベニカナメの垣根の一番密生した中を,
肥えた鴉ぐらいの大きさの生き物が,上から下に下りて来るではありませんか。

P5311402


こちらを「ジッ」とみて。
物置に方へ歩きはじめました
これは,もしやハクビシン?

P5311403


兎に角,木登りが美味い。
何気に垣根とフェンスを登って,道路側へ。

P5311406


調べてみました。
間違いないです・・・これはハクビシン。

良い噂は聞かないハクビシンと判明。
アクセスカウンター
  • 累計:

最新コメント
火星から来たBeth : Beth came from Mars.
2009年10月28日に火星から来ました。
Bethと言います。

Bethは,
宮城県動物愛護センターの譲渡会に参加して
(2009年10月28日)
譲り受けてきた犬です。
月齢3か月ぐらいと,スタッフの方が説明してくれました。
出生のすべてが謎に包まれた犬なのです。

Bethが我が家に来たのを機会にブログを開設しようと思い。
タイトルをどうしようか悩んでいる時・・・

札幌在住の友人が
「出生がわからないんだったら火星から来たことにすれば!」
で決まったタイトルなのです。

カテゴリ別アーカイブ
管理人からのお知らせ
虫よけにお薦め
for girls who grow plump in the night
記事検索
just for a moment
Talking in the window as the light fades
I heard my voice break just for a moment
Talking by the window as the light fades
I felt the floor change into an ocean
We'll never leave here, never
Let's stay in here forever
And when the streets are quiet
We'll walk out in the silence
Listening to the movement that the night makes
I let the room fade just for a moment
Sitting in the shadows that the leaves make
I felt the floor change into an ocean
We'll never leave here, never
Let's stay in here forever
And when the streets are quiet
We'll walk out in the silence
Listening to the music the machines make
I let my heart break just for a moment
Listening to the music the machines make
I felt the floor change into an ocean
We'll never leave here never
Let's stay in here for ever
And when the streets are quiet
We'll walk out in the silence
プロパ癌だ!


お散歩時の熱中症予防に
ヤケクソバイオドリンクレモン広告
簡単な作り方を 「火星の食卓」で公開中です。
宮城県のお天気