山形県の山

月山 : 酷暑の中涼を求めて

  • 日時:2018年8月4日(土曜日)

  • 主催:いわぬま山の会

  • 参加人数:27名

  • 計画

    コラージュ


  • 出発

    P8042476

    とはいっても,リフトを利用します。
    「へへへ,本当は楽しちゃいけないんだぜ。でもみんなで楽しむ登山ですから」
    リフトの左側が飛び入り参加のkouちゃん(27歳)
    右側が山の会事務局長(**歳:A級ライセンス所有)

    飛び入り参加のkouちゃん自己紹介の後の準備体操も終わり

    P8042480


    この日は寒河江のサービスエリア等,トイレと言うトイレは全て蹂躙しました。
    出張中,体調を崩していながらも,食い意地の張った僕は台湾料理を堪能。
    ま~最悪のコンディションのまま週末に突入。
    体の中心部から時折轟く雷鳴には閉口・・・写真までは手が回りませんでいた。
    台湾料理は体に合わないのだな~
    マックスバリューのお弁当とか,おにぎりとかの質素な食事が僕には会ってるのかも。
    「塩鯖か鯖の味噌煮,銀タラが食べたい」と出張中は特に思います。
    最近銀タラはお高いですネ。
    鯖も。
    住みにくい世の中になったもんだ。




    P8042482

    P8042484

    P8042487

    「来てよかった」って感じる瞬間ですね。

    P8042494


    姥ヶ岳

    P8042503

    P8042498


    牛首,更にその先にみえる頂上へ

    P8042510


    「おおお」

    P8042512


    ノンビリ登る我々の後ろは

    P8042521

    良い感じです。

    でも,前は

    P8042522


    頂上到着

    2018.08


    昼食後下山。
    僕達数名は三角点経由で下山。

    P8042543

    ここをスキーで滑り降りてくる人がいました。
    「スゲ~」

    P8042557

    P8042558


    到着

    P8042566


    道の駅
    トイレの後に・・・「ホッ」

    P8042567








酷暑の中涼を求めて。
それなりに涼しくて気持ちがいいのですが,やはり暑い。
山登りですからね。
「下り優先だ!」と叫びながらおりてくる集団はいるし。
「そこのけ,そこのけ」と押しのけて,更には押し倒して行く集団もいました。
やはり,月山は人気の山だけあって,無茶苦茶な人達がいます。
素敵な山ですが,登る人達がネ~。
『テンパって登山する位だったら,来なければいいのに』とブツブツ。
登山ブームが去るのを祈るばかりです。

この時期,やはり熱中症対策が必須であります。
筋肉のけいれん対策として,
9人分の特効薬をもって行ったのですが。
残ったのは3人分でした。
更に,体を冷やすために,冷たい水や冷たい濡れタオル(数枚)が必須ですね。
パッキングする時,それなりに考えながら行ってるのですが。
最終的には,自分の体力との兼ね合いになります。
パッキングはとても難しいと痛感しました。





温海嶽

春の苔むした温海嶽


2017年5月14日 (日曜日) 開山祭


参加:2名 Mr.kと僕。

P5143361


岩沼を4時出発 


途中のコンビニ(岩沼市内)で朝食調達 ・・・・ 雨 (カッパか~)
Mr.K「温海嶽の時って,だいたい雨なんだよな~」
去年の閉山祭の時は下山途中まで雨でした。
寒河江SAで朝食 ・・・・ 雲の間から晴れ間 (おおお!)
温海温泉入口のコンビニでコーヒーブレーク ・・・・ 快晴 (暑くなりそう)

太平洋側と日本海側で,全然お天気が違う。
因みに温海温泉について自宅に電話してみると。
「しっかりと降ってま~す。サブイで~す」とのお返事でした。

温海温泉6時55分到着。

0511


開山祭でございます。 (1500円:お餅,筍汁,お風呂付)

0512



暫くは車道を歩きます。
変化がなく疲れる道のり・・・。

0513

お天気がいいので,ドタキャンもなく・・・多分。
結構な人数でした。

P5143347

ネ!

古和清水と一の滝を過ぎて,チョイとすると,登山口が現れます。
そこからが登山道です。

P5143355


秋の時とは全く風景が違います。

P5143356

全体が苔むしていて,目に優しい緑色で覆われていました。
只,油断すると「ツルリン」と滑ります。
「オオオ!」と簡単の声をあげながら,
苔に近づいてしゃがみこんで「カシャ」ではなく「ツルリン」。
それでも,人の迷惑顧みず「カシャ」

0514

苔が何とも瑞々しく美しいのです。


女滝

0515


男滝

0516


鶴見の滝

0517

・・・でも,視線は苔に釘づけ

P5143396

P5143400

0518

P5143404


ブナの森は気持ちがいいです。
空気が綺麗。
身体のエキス?が浄化されていく~。

登りながら,毒素が抜けて行くのを実感しつつ。
更に大きく深呼吸したりして。
「気持ちい~。最高」




温海嶽頂上でございます。

P5143471



鳥海山・・・左にかすかに男鹿半島。

P5143483



月山。

P5143461



摩耶山。

P5143465



粟島・・・その奥には佐渡島。

P5143477




「日頃の行いのいい俺のおかげジャ」

山メシをゆっくり堪能してから


月山を背に

P5143495

下山開始。



下山後
記念撮影で撮影した写真を受け取り。

0519

を堪能。
お餅は,トチノミの入ったお餅でした。

普段食べないあんこ餅なんですが・・・トチノミで作ったあんこ餅という事で食べてみました。
甘すぎず美味しかった!!
結構皆さん残して帰ってしまっていたので。
残っていた3皿分を頂いてサランラップに包んでいただき。
tomoさんへお土産。
実はこの後の寄り道の為に,ご機嫌とっておかなくっちゃ。


今回の温泉は。

P5143553

風情のある木造三階建の旅館でした。

摩耶姫(にごり酒)と摩耶山(しぼりたて)を購入。
ルンルン気分で




サービスエリアで,大好きなさくらんぼミックスソフトを堪能。

とてもいい天気。

ところが宮城県に入ると,お天気は一転して凄いドシャブリ。

山形県と宮城県の間にはタカ~イ山が一杯あるんだな~と実感しながら帰宅。








(北)面白山 


  • 日程
  •     11月5日(土曜日)
  • コース
  •    (北)面白山 1264.4m : 西尾根コース~かもしかコース
  • メンバー
  •    のざぽん,Mr.k(山へ誘ってくれるお兄さん) 2名
  • 目的
  •    日帰り登山
  • コースマップ
  •    



面白山へは行きたいと思っていました。

でも,
一人の僕は,

    ≪障害≫
  1. 電車でしかいけない(トレッキングシューズで平地をあまり歩きたくない)。
  2. 片道運賃1.140円。

もう一人の僕は,

出来ない事を挙げ連ねて,伏線張る様などっかの公的な職員みたいですね。
情けないこと極まりない。
本当に登りたいのだったら,登れる方法を自分で考え出しなさい。

人格の狭間で,悩めるおっさん。


ところが,Mr.kからのお誘いのメールには,熊ヶ根駅に車をデポ。
そこから,面白山高原駅まで電車で移動。
この情報源はblogのマロのページⅢと教えてもらいました。
そしたらなんとですね。
熊ヶ根駅でこの方たちと出会ったのです。
「いや~ビックリ」です。
実際覗いてみました。
山の情報満載で,とても楽しいblogです。
それと,同行していたこの方のblog
船形山からブナの便り(ブログ版)も素晴らしいです。
世の中には,何気に凄い人たちがいる事を痛感したのであります。

これで,障害1・2共にクリア。
後は,技術と体力の問題・・・・それと電車時間。
本数が限られるので,1本乗り遅れると大きく遅れる。
急ぐ旅じゃないんだから,いいと言えばいいんですけど。

熊ヶ根駅ー面白山高原駅目安時間

もう1つは,日没時間・・・・5日は16時42分が日没。
いくらヘッドライトを持っていても。
暗闇の登山道は遠慮したいので,遅くとも15時までには下山と言う行程になりますね。
陽の高い日中においても,ヘナチョコな歩きっぷりなので。
過大評価しようにも,どこにもその片鱗を?伺わせるものは見当たらない。
しいて言ううならば,大地に優しく歩っている?
でも時折,お尻で大地をえぐる事があるので,優しくない事のほうが多いかもしれませんけど。


岩沼 6時10分出発

岩沼駅 から 熊ヶ根駅 秋保経由- Google マップ

意外と近かった熊ヶ根駅。
7時ちょっと前に着いてしまいました。
コンビニでコーヒーを調達し,駅の待合室でコヒーブレーク。


熊ヶ根駅

11




面白山高原駅

112


仙山線の上にかかる橋を渡り,

PB058143


のっけから素晴らしい景色が展開します。

PB058150

駅構内の面白山トレッキングガイド(標示板)によれば,藤花の滝。

8時25分
舗装道路の右手。
下山してくるであろう,沢沿いの道を見上げながら,舗装された道を進みます。

PB058153



天童高原への登山口 : 8時28分
 
 
登山開始。
PB058155

PB058157

この登山口に来て,見上げた時。
真っ青なキャンバスに浮き上がる紅葉の彩りは,とっても遠くの記憶を呼び覚ますような,不思議な郷愁を感じ。
「来てよかった」と思わず呟きました。

「さ~。行きまっせ」

PB058162


PB058173



天童高原 : 9時15分

左の雪のかぶった山が月山です。

PB058192

トイレ閉鎖


ここのトイレはこの時,全てシャッターが下ろされ,使えませんでした。
ログハウスの工事(躯体のログハウスです。立派でした)をしているお兄さんに尋ねると。
写真の下の方にある交流センターに行けばあるとの事。
しかし,チョイと遠いので,工事現場の仮設トイレを使わせていただきました。
「感謝」
皆様にお礼を言いつつ出発。

龍命水方面と(北)面白山方面への分岐。

PB058219

天童高原から山に分け入ろうとする場所に,この標識があります。
ヤヤなんぞや龍命水とは?奇怪な・・・長命水と違うの?
僕の予備知識の中の山ページを検索。
大都会の大停電の如く,ブロックごとに明かりが消えて行き。
「ブブ~」
龍命水と言うページは,404-File not found。
ここで計画段階で,丹念に地図を読み込んでるうちに,気付いたことを思い出しました。

昭文社疑問

変でしょう?
この疑問符を,そのまま・・・龍命水=長命水に当てはめてました。
この時コンパスを出して確認すれば,おそらく一目瞭然だったのでしょうけど。
「こっちに行ってみましょう」と僕が言って,北を目指してしまいました。
明らかに下りばかりなので。
「オカシイよね」という事で,戻ってまいりました,この分技まで。
「ヌハハハ。ズミ゛マ゛ゼン゛」

PB058224

チョンボを,忘却の彼方に吹き飛ばしてしまう彩り?に目を奪われながら。

PB058227

紅葉を堪能しつつのんびり歩いていると。



「エ?コシアブラ・・・・・デッケ~」

113

PB058239

PB058248



長命水(本物):10時07分

PB058257


PB058260

PB058265

PB058275



三沢山 1041m : 10時43分

114


ここからが本番なのでした。

PB058292

PB058293

「俺,頑張ってるんだけど・・・なかなか結果がついてこないんだよね」とブツブツ。

PB058295

PB058297



(北)面白山 : 11時34分


PB058307


お地蔵様の前で山メシ。

PB058315

今日は海老カツ&ザワークラフトのサンドイッチ。
ハムカツと胡瓜(火星農園産)の特性ピクルスのサンドイッチ。
そして,飲み物はホットカルピス。

特性サンドイッチを片手に。
僕が作ってきました。そして,今頃家族もこれを食べてます。
これぞ家庭円満の秘訣。
等とウンチクを垂れる変なおっさん。
そのウンチクを嫌な顔一つせずに聞く,うら若きおにいちゃん。
お兄ちゃんは二十歳だそうで,よくできたお兄ちゃんです。
このお兄ちゃん。
渓流釣りが趣味で,沢に下っては登る,そのような登り方をしてるらしい。
道理で早い。
Mr.kに手渡された干し柿を美味しそうに食べてました。
「ウイスキーにきっとあいます。この干し柿」満面の笑みを浮かべながら食べる姿をみて。
涎が「ジュル」
Mr.kは,シーフードのカップ麺。
良いにおいなんですけど・・・・
頂上付近は,真っ青な空。
そよ風程度の風がたまに吹く素晴らしくいいお天気。
ですから・・・
匂いが・・・
海老カツのサンドイッチも。
ハムカツのサンドイッチも。
風味はすべてシーフードのカップ麺。
「ムムムム」

PB058305

PB058320


12時25分 下山開始



かもしかコース・長左衛門平分岐 : 12時33分 

PB058326


ちょっと広くなっていてお弁当を広げる事が出来ます。
風があるときはこちらの方がいいかもしれません。

僕達は右のかもしかコースへ

左の長左衛門平方面を見ると,中面白山へ続く稜線の道が雪で白く浮き上がって見えました。
PB058328

右側は大東岳です。

まだ振り返る余裕はありました。

PB058332

PB058333

そして,結構ぬかるんでました。

PB058335

無残な結果に・・・
泥遊びは卒業したはずなんですけど~。

雪で泥を拭い落としていただきました。
「デヘヘヘ。ドモです」ちょいと恥ずかしい。
アンダーまでベトベト,気持ち悪~。

暫くすると乾いて,何事もなかったように・・・流石速乾性のパンツとアンダーウエアー

気を取り直して

PB058342



長左衛門道分岐 : 13時30分

PB058348


長左衛門道や天童高原宝お面は,こんな登山道です。

PB058350


かもしかコースは,こんな道です。

PB058349



面白山高原駅-(北)面白山 標識 : 14時37分

この標識が見えたらもう間もなくかもしかコースの登山口です。
115

左手が崖になっていて,木々の間から面白山高原駅がチラチラ見え出します。

こんな塩梅の所もあるので,注意で~す。

PB058400



かもしかコース登山口 : 14時49分

PB058403


電車時間まで余裕があるので,寄り道。
PB058411



PB058420

一息ついて。

駅構内へ移動。

面白山駅構内にあった地図です。

PB058424

PB058427


PB058430



面白山高原駅15時22分発





この時,下り線は40分遅れでした。

PB058439

「俺達は,来年も来るぜ!!」

作並街道仙台方面は,ものすごく混んでいました。
秋保に抜けても,やっぱり混んでいました。
なので,川崎経由で帰宅。

熊ヶ根駅 から 岩沼駅 - Google マップ
アクセスカウンター
  • 累計:

最新コメント
火星から来たBeth : Beth came from Mars.
2009年10月28日に火星から来ました。
Bethと言います。

Bethは,
宮城県動物愛護センターの譲渡会に参加して
(2009年10月28日)
譲り受けてきた犬です。
月齢3か月ぐらいと,スタッフの方が説明してくれました。
出生のすべてが謎に包まれた犬なのです。

Bethが我が家に来たのを機会にブログを開設しようと思い。
タイトルをどうしようか悩んでいる時・・・

札幌在住の友人が
「出生がわからないんだったら火星から来たことにすれば!」
で決まったタイトルなのです。

カテゴリ別アーカイブ
管理人からのお知らせ
虫よけにお薦め
for girls who grow plump in the night
記事検索
just for a moment
Talking in the window as the light fades
I heard my voice break just for a moment
Talking by the window as the light fades
I felt the floor change into an ocean
We'll never leave here, never
Let's stay in here forever
And when the streets are quiet
We'll walk out in the silence
Listening to the movement that the night makes
I let the room fade just for a moment
Sitting in the shadows that the leaves make
I felt the floor change into an ocean
We'll never leave here, never
Let's stay in here forever
And when the streets are quiet
We'll walk out in the silence
Listening to the music the machines make
I let my heart break just for a moment
Listening to the music the machines make
I felt the floor change into an ocean
We'll never leave here never
Let's stay in here for ever
And when the streets are quiet
We'll walk out in the silence
プロパ癌だ!


メンバーリスト
お散歩時の熱中症予防に
ヤケクソバイオドリンクレモン広告
簡単な作り方を 「火星の食卓」で公開中です。
宮城県のお天気