山形県の山

温海嶽

2018年10月28日 日曜日
閉山祭
メンバー:kuniさんとnozapon

久々の山,そしてUP。

出張の間隙を縫って,出かけた先は温海温泉の温海嶽。
そして,生憎のお天気

PA283837

雲の流れが速く,降ったり止んだりを繰り返す,日本海独特の秋のお天気。
ザッグカバーをセッティングし,レインウェアーを上だけ着込んでから,集合地点の熊野神社へ。
御祈祷と記念撮影後出発。

2018.10

カメラはバッグパックにしまい,スマホでの撮影となりました。
無念じゃ。
この山は苔が綺麗なんですよ。

IMG_0813


2018.101

時折降る雨,頂上に着くころは止んでるとタカを括っておりました。
だから,パンツの上はレインウェアーを穿くこともなく・・・・。

2018.104

暗い森の中を,腹ペコになりながら登ったのであります。

2018.103

(食事は3時半ごろ,自宅を出発する前に摂取・・・
それ以降は,レインカバーに包まれたザッグを紐解くのがめんどくさくて食べてませんでした)
いつもの「ヨイショ」の代わりに出る単語は「腹減った」

ブナ林は,やはり気持ちがいいです。
雨のブナ林もなかなかいいもんですよ。

頂上到着。

PA283844


PA283847


なんだか晴れてきたので,ザッグのレインカバーを剥ぎ取り,レインウエア―を脱ぎ

2018.106

「めし~」
今日は,賞味期限が切れていない,鮮度の高いカップ麺!!
(山には非常食のカップ麺の携行を義務付られており,古い順番に「ハイ」と渡されるのでありますが,買い置きが少なかったせいなのかな~?)



食事後,頂上で記念撮影。

2018.105


カッパを着こむ事もなく,ザッグカバーを装着する事もなく,下山。

2018.107


爺杉の切株で休憩をとったあたりまでは,よかったのですが・・・
森の中が暗くなりはじめドシャブリ!

急ぎ足・・・無事下山(びしょ濡れ)

ナメコ汁と赤カブの漬物

PA283868


僕の希望としては,たんぱく質が欲しい!

と写真を

記念写真20181111_00000


渡され解散。

入浴と山形道寒河江SAでソフトクリームを堪能しつつ帰宅。

2018.108


今日の収穫は天然ナメコ(でかいです:kuniさんが採取したのを頂きました)

あと,日本酒の

PA283876

摩耶山,麻耶姫。




 追伸 


まだまだ,忙しい日が続いてます。
お誕生日のお祝いを作れなくています・・・落ち着いたら作って送りますね。




月山 : 酷暑の中涼を求めて

  • 日時:2018年8月4日(土曜日)

  • 主催:いわぬま山の会

  • 参加人数:27名

  • 計画

    コラージュ


  • 出発

    P8042476

    とはいっても,リフトを利用します。
    「へへへ,本当は楽しちゃいけないんだぜ。でもみんなで楽しむ登山ですから」
    リフトの左側が飛び入り参加のkouちゃん(27歳)
    右側が山の会事務局長(**歳:A級ライセンス所有)

    飛び入り参加のkouちゃん自己紹介の後の準備体操も終わり

    P8042480


    この日は寒河江のサービスエリア等,トイレと言うトイレは全て蹂躙しました。
    出張中,体調を崩していながらも,食い意地の張った僕は台湾料理を堪能。
    ま~最悪のコンディションのまま週末に突入。
    体の中心部から時折轟く雷鳴には閉口・・・写真までは手が回りませんでいた。
    台湾料理は体に合わないのだな~
    マックスバリューのお弁当とか,おにぎりとかの質素な食事が僕には会ってるのかも。
    「塩鯖か鯖の味噌煮,銀タラが食べたい」と出張中は特に思います。
    最近銀タラはお高いですネ。
    鯖も。
    住みにくい世の中になったもんだ。




    P8042482

    P8042484

    P8042487

    「来てよかった」って感じる瞬間ですね。

    P8042494


    姥ヶ岳

    P8042503

    P8042498


    牛首,更にその先にみえる頂上へ

    P8042510


    「おおお」

    P8042512


    ノンビリ登る我々の後ろは

    P8042521

    良い感じです。

    でも,前は

    P8042522


    頂上到着

    2018.08


    昼食後下山。
    僕達数名は三角点経由で下山。

    P8042543

    ここをスキーで滑り降りてくる人がいました。
    「スゲ~」

    P8042557

    P8042558


    到着

    P8042566


    道の駅
    トイレの後に・・・「ホッ」

    P8042567








酷暑の中涼を求めて。
それなりに涼しくて気持ちがいいのですが,やはり暑い。
山登りですからね。
「下り優先だ!」と叫びながらおりてくる集団はいるし。
「そこのけ,そこのけ」と押しのけて,更には押し倒して行く集団もいました。
やはり,月山は人気の山だけあって,無茶苦茶な人達がいます。
素敵な山ですが,登る人達がネ~。
『テンパって登山する位だったら,来なければいいのに』とブツブツ。
登山ブームが去るのを祈るばかりです。

この時期,やはり熱中症対策が必須であります。
筋肉のけいれん対策として,
9人分の特効薬をもって行ったのですが。
残ったのは3人分でした。
更に,体を冷やすために,冷たい水や冷たい濡れタオル(数枚)が必須ですね。
パッキングする時,それなりに考えながら行ってるのですが。
最終的には,自分の体力との兼ね合いになります。
パッキングはとても難しいと痛感しました。





温海嶽

春の苔むした温海嶽


2017年5月14日 (日曜日) 開山祭


参加:2名 Mr.kと僕。

P5143361


岩沼を4時出発 


途中のコンビニ(岩沼市内)で朝食調達 ・・・・ 雨 (カッパか~)
Mr.K「温海嶽の時って,だいたい雨なんだよな~」
去年の閉山祭の時は下山途中まで雨でした。
寒河江SAで朝食 ・・・・ 雲の間から晴れ間 (おおお!)
温海温泉入口のコンビニでコーヒーブレーク ・・・・ 快晴 (暑くなりそう)

太平洋側と日本海側で,全然お天気が違う。
因みに温海温泉について自宅に電話してみると。
「しっかりと降ってま~す。サブイで~す」とのお返事でした。

温海温泉6時55分到着。

0511


開山祭でございます。 (1500円:お餅,筍汁,お風呂付)

0512



暫くは車道を歩きます。
変化がなく疲れる道のり・・・。

0513

お天気がいいので,ドタキャンもなく・・・多分。
結構な人数でした。

P5143347

ネ!

古和清水と一の滝を過ぎて,チョイとすると,登山口が現れます。
そこからが登山道です。

P5143355


秋の時とは全く風景が違います。

P5143356

全体が苔むしていて,目に優しい緑色で覆われていました。
只,油断すると「ツルリン」と滑ります。
「オオオ!」と簡単の声をあげながら,
苔に近づいてしゃがみこんで「カシャ」ではなく「ツルリン」。
それでも,人の迷惑顧みず「カシャ」

0514

苔が何とも瑞々しく美しいのです。


女滝

0515


男滝

0516


鶴見の滝

0517

・・・でも,視線は苔に釘づけ

P5143396

P5143400

0518

P5143404


ブナの森は気持ちがいいです。
空気が綺麗。
身体のエキス?が浄化されていく~。

登りながら,毒素が抜けて行くのを実感しつつ。
更に大きく深呼吸したりして。
「気持ちい~。最高」




温海嶽頂上でございます。

P5143471



鳥海山・・・左にかすかに男鹿半島。

P5143483



月山。

P5143461



摩耶山。

P5143465



粟島・・・その奥には佐渡島。

P5143477




「日頃の行いのいい俺のおかげジャ」

山メシをゆっくり堪能してから


月山を背に

P5143495

下山開始。



下山後
記念撮影で撮影した写真を受け取り。

0519

を堪能。
お餅は,トチノミの入ったお餅でした。

普段食べないあんこ餅なんですが・・・トチノミで作ったあんこ餅という事で食べてみました。
甘すぎず美味しかった!!
結構皆さん残して帰ってしまっていたので。
残っていた3皿分を頂いてサランラップに包んでいただき。
tomoさんへお土産。
実はこの後の寄り道の為に,ご機嫌とっておかなくっちゃ。


今回の温泉は。

P5143553

風情のある木造三階建の旅館でした。

摩耶姫(にごり酒)と摩耶山(しぼりたて)を購入。
ルンルン気分で




サービスエリアで,大好きなさくらんぼミックスソフトを堪能。

とてもいい天気。

ところが宮城県に入ると,お天気は一転して凄いドシャブリ。

山形県と宮城県の間にはタカ~イ山が一杯あるんだな~と実感しながら帰宅。








アクセスカウンター
  • 累計:

最新コメント
火星から来たBeth : Beth came from Mars.
2009年10月28日に火星から来ました。
Bethと言います。

Bethは,
宮城県動物愛護センターの譲渡会に参加して
(2009年10月28日)
譲り受けてきた犬です。
月齢3か月ぐらいと,スタッフの方が説明してくれました。
出生のすべてが謎に包まれた犬なのです。

Bethが我が家に来たのを機会にブログを開設しようと思い。
タイトルをどうしようか悩んでいる時・・・

札幌在住の友人が
「出生がわからないんだったら火星から来たことにすれば!」
で決まったタイトルなのです。

カテゴリ別アーカイブ
管理人からのお知らせ
虫よけにお薦め
for girls who grow plump in the night
記事検索
just for a moment
Talking in the window as the light fades
I heard my voice break just for a moment
Talking by the window as the light fades
I felt the floor change into an ocean
We'll never leave here, never
Let's stay in here forever
And when the streets are quiet
We'll walk out in the silence
Listening to the movement that the night makes
I let the room fade just for a moment
Sitting in the shadows that the leaves make
I felt the floor change into an ocean
We'll never leave here, never
Let's stay in here forever
And when the streets are quiet
We'll walk out in the silence
Listening to the music the machines make
I let my heart break just for a moment
Listening to the music the machines make
I felt the floor change into an ocean
We'll never leave here never
Let's stay in here for ever
And when the streets are quiet
We'll walk out in the silence
プロパ癌だ!


メンバーリスト
お散歩時の熱中症予防に
ヤケクソバイオドリンクレモン広告
簡単な作り方を 「火星の食卓」で公開中です。
宮城県のお天気