月山 : 酷暑の中涼を求めて

  • 日時:2018年8月4日(土曜日)

  • 主催:いわぬま山の会

  • 参加人数:27名

  • 計画

    コラージュ


  • 出発

    P8042476

    とはいっても,リフトを利用します。
    「へへへ,本当は楽しちゃいけないんだぜ。でもみんなで楽しむ登山ですから」
    リフトの左側が飛び入り参加のkouちゃん(27歳)
    右側が山の会事務局長(**歳:A級ライセンス所有)

    飛び入り参加のkouちゃん自己紹介の後の準備体操も終わり

    P8042480


    この日は寒河江のサービスエリア等,トイレと言うトイレは全て蹂躙しました。
    出張中,体調を崩していながらも,食い意地の張った僕は台湾料理を堪能。
    ま~最悪のコンディションのまま週末に突入。
    体の中心部から時折轟く雷鳴には閉口・・・写真までは手が回りませんでいた。
    台湾料理は体に合わないのだな~
    マックスバリューのお弁当とか,おにぎりとかの質素な食事が僕には会ってるのかも。
    「塩鯖か鯖の味噌煮,銀タラが食べたい」と出張中は特に思います。
    最近銀タラはお高いですネ。
    鯖も。
    住みにくい世の中になったもんだ。




    P8042482

    P8042484

    P8042487

    「来てよかった」って感じる瞬間ですね。

    P8042494


    姥ヶ岳

    P8042503

    P8042498


    牛首,更にその先にみえる頂上へ

    P8042510


    「おおお」

    P8042512


    ノンビリ登る我々の後ろは

    P8042521

    良い感じです。

    でも,前は

    P8042522


    頂上到着

    2018.08


    昼食後下山。
    僕達数名は三角点経由で下山。

    P8042543

    ここをスキーで滑り降りてくる人がいました。
    「スゲ~」

    P8042557

    P8042558


    到着

    P8042566


    道の駅
    トイレの後に・・・「ホッ」

    P8042567








酷暑の中涼を求めて。
それなりに涼しくて気持ちがいいのですが,やはり暑い。
山登りですからね。
「下り優先だ!」と叫びながらおりてくる集団はいるし。
「そこのけ,そこのけ」と押しのけて,更には押し倒して行く集団もいました。
やはり,月山は人気の山だけあって,無茶苦茶な人達がいます。
素敵な山ですが,登る人達がネ~。
『テンパって登山する位だったら,来なければいいのに』とブツブツ。
登山ブームが去るのを祈るばかりです。

この時期,やはり熱中症対策が必須であります。
筋肉のけいれん対策として,
9人分の特効薬をもって行ったのですが。
残ったのは3人分でした。
更に,体を冷やすために,冷たい水や冷たい濡れタオル(数枚)が必須ですね。
パッキングする時,それなりに考えながら行ってるのですが。
最終的には,自分の体力との兼ね合いになります。
パッキングはとても難しいと痛感しました。





蔵王

毎年のように,季節変動が極端になってます。
熱中症予防にエアコンを使えば,結果は判りきった事です。
目先の欲望に目がくらみ,技術と金銭欲の先にあった現在。
欲望の先に有るのは・・・・

ジリジリ照らされる太陽,そして,コンクリートとアスファルトに蓄熱された暑さ。
夜のとばりの中で,蓄熱された暑さが放出され,更なる悪循環を繰り返す。
「アホ」ですな
年を追うごとに増す異常な暑さ。
異常気象の根源は,僕達が生活の為に垂れ流している,膨大なエネルギー。

いずれ枯渇すると判っていながら,エネルギーを垂れ流しながら生きる。

人の営みは矛盾に満ちてますね。
つくづく思います。


2018年7月14日(土曜日)
岩沼山の会
参加人数26名

蔵王1


6月末に遭難者が出たのは,もしかして蔵王寺から蔵王古道へ行こうとして
かもしか温泉方面へいって遭難したのでは?
等と噂をしながら・・・

蔵王への避暑ハイキング。

P7142047


P7142034


エコーラインで観光地化されたとはいえ,なかなかの景観です。

P7142041


P7142042


P7142044


P7142053


P7142059


P7142067


余裕を持った行程だったのですが,大幅に遅れる事30分以上。
刈田岳でトイレ休憩・・・「どこでお昼にする?」

レストハウス?
熊野岳?

御田ノ神園地に下るメンバーと熊野岳に登るメンバーに別れる事になり
別れる前に 登山道の脇で

当然でしょうね
僕達は山に来てるんですから。
「広いところで,風に吹かれながら食べようヨ」
狭苦しいところに,集団で入って行って場所を占領。
観光客の視線を気にしながら食べるのは,ちょっとね。

2018.07


代表が持ってきたビールは泡ばかりなり(高度が高いもんね・・・でも美味しい)

P7142094


P7142097


P7142128

真青な空と,荒涼とした山肌。
不思議なコントラストを醸し出しています。

P7142129


P7142133


P7142136


メンバーの方に撮影して頂きました

zaou


シルエットで浮き上がる人の影は,とても美しく感じます。

P7142154


颯爽と馬の背を歩く女性。

P7142158


湧きあがる雲

そして,黄昏る2人。

P7142159


いろんなタイトルが思い浮かびます。

P7142164


P7142169


P7142197


とても素敵な山行でした・・・みなさんありがとう。



もっと速く,もっと楽に,もっと高く,もっと遠く。
『More』
そして,もっと長く。
『歩きたい』

氾濫原 2018年6月3日

氾濫原20180603-2

いや~6月の氾濫原も素晴らしい!

暑いんではないか?という予想は,半分正解で半分不正解でした。
氾濫原は清涼な風が吹いて涼しいし,沢が忽然と消える場所は,
「と~っても,涼しいのです」
足元から冷たい風が吹きあがってきて,もう堪りませんでした。
「ここにビバークしようぜ」
「熊と?」


メンバー:noriさん(福島県郡山在住),aoさん(福島県郡山在住),nozapon(火星から来たBethの管理人) の3名。
集合場所:スプリングバレースキー場
集合時間:9時30分

P6031483

沢の水は,容易に渡渉できるぐらいまで水位が下がり,長靴をチョイスしたのは失敗?
と思わせるぐらいの水位なんですが,
ジャボジャボと渡る快感は,代えがたきものがあり。
沢の中をジャボジャボしながら,
このチョイスは間違いではなかったと実感したのであります。

P6031485


P6031487


おおお!緑だ!!

P6031488


P6031490

身も心も緑色に染まる瞬間。

P6031493

「ン~。清涼感」

P6031495


P6031498


残念ながら,清涼感だけでは満腹にならないのであります。
つくづく,地球からの恵みが無いと生きていけないんだな~と頭の片隅で感じながら。
今朝出がけに作ったパンを「ガサゴソ」とバッグパックから引っ張り出し「パクリ」。

2018.06


「ウメ~」
塩もみしたキャベツとマヨネーズが,
揚げたチキンの油を絶妙にオブラートして,
予想通り食べやすくなってました。

「ムシャムシャ」と一途に食べ進んでいると,目の前が突然明るく・・・

真上に差し掛かった太陽の日差しが,
沢の上にポッカリ空いた木立の間から,
僕達が腰を下ろしている目の前の沢に差し込んできていました。
そして,キラキラと輝く光は,川面の上で眩いばかりに飛び跳ね,光の饗宴が始まりました。

P6031512





P6031514


葉脈がとても美しいです。

P6031518


P6031528


幸せな気分になります。

P6031542


P6031549


5月1日に満面の水を湛えながらも,渦を巻きながら沢の水を吸い込んでいた場所は今・・・

P6031556


P6031558


P6031555


沢の水は此処に届く前に,地下に吸い込まれてしまい,ぽっかりと穴が開いてるだけでした。

P6031567


P6031562


2018.061


7月とか8月の氾濫原は?
おそらく藪漕ぎは覚悟してこなければ・・・でも秋の紅葉の時期には,また行きたいです。
最高にリフレッシュできた一日・・・パワーを貰った気がします。
僕のパワースポットですね。

あまり人の手で加工されていないから,不思議な力が宿っているのかもしれませんね。

都市空間の中にある物は,全て人によって意味づけられた物。
意味のない物は排除された空間。

氾濫原にある物は,都市空間で言えば意味のない物。
沢があり,岩があり,背の丈以上の草が生い茂ってる。
沢は渡渉点を探し,岩は登れなければ迂回し,穴は跨げなければ迂回し,草は掻き分けながら歩く。
歩くための技術がいる場所。
スマホ片手には歩けない場所。
ダウンロードしたDATAに頼り切っても歩けない場所。

だから,楽しい。
五感,さらに第六感を思いっきり働かせ歩く。
常に周囲を観察しながら踏み出す一歩は,誰の一歩でもない自分だけの一歩なのですよ。
DATAをトレースする生き方は,飽きるし・つまらないでしょう。
アクセスカウンター
  • 累計:

最新コメント
火星から来たBeth : Beth came from Mars.
2009年10月28日に火星から来ました。
Bethと言います。

Bethは,
宮城県動物愛護センターの譲渡会に参加して
(2009年10月28日)
譲り受けてきた犬です。
月齢3か月ぐらいと,スタッフの方が説明してくれました。
出生のすべてが謎に包まれた犬なのです。

Bethが我が家に来たのを機会にブログを開設しようと思い。
タイトルをどうしようか悩んでいる時・・・

札幌在住の友人が
「出生がわからないんだったら火星から来たことにすれば!」
で決まったタイトルなのです。

カテゴリ別アーカイブ
管理人からのお知らせ
虫よけにお薦め
for girls who grow plump in the night
記事検索
just for a moment
Talking in the window as the light fades
I heard my voice break just for a moment
Talking by the window as the light fades
I felt the floor change into an ocean
We'll never leave here, never
Let's stay in here forever
And when the streets are quiet
We'll walk out in the silence
Listening to the movement that the night makes
I let the room fade just for a moment
Sitting in the shadows that the leaves make
I felt the floor change into an ocean
We'll never leave here, never
Let's stay in here forever
And when the streets are quiet
We'll walk out in the silence
Listening to the music the machines make
I let my heart break just for a moment
Listening to the music the machines make
I felt the floor change into an ocean
We'll never leave here never
Let's stay in here for ever
And when the streets are quiet
We'll walk out in the silence
プロパ癌だ!


メンバーリスト
お散歩時の熱中症予防に
ヤケクソバイオドリンクレモン広告
簡単な作り方を 「火星の食卓」で公開中です。
宮城県のお天気