霊山

2019年1月4日まさしく1年前の今日・・・登った時は、雪が積もっていて楽しかったのです。
ですので今年も・・・計画はしてました。
ただ、12月中旬ごろから左脚と左腕に原因不明の痛みがあり、どうしようか迷ってました。

12月29日にBethといった里山。
その後の数日は、不思議なことに体調が良くなったのですよ。
痛みが和らいだ程度ですが。

と言うこともあり、思い切って行ってみました。

残念ながら雪は全くなく、ちょっと拍子抜けしたのですが。
今まで行ったことのない霊山寺まで足を延ばすことができ、結構楽しかったですね。
霊山寺のほうは、登山客が皆無。
なので元気溌剌やりたい放題?・・・最高でした。



夕食の牡蠣鍋の出汁を作ってから家を出発。

115号線は通行止めの標識。
標識の内容は「福島へは通り抜けできません」でした。
行けるとこまで行ってみようと思い通過。


霊山登山口には9時過ぎに到着。
登山口駐車場のトイレは冬期間閉鎖のため、
りょうぜん紅菜館に一度おりて、トイレをお借りしてから登山口に戻り準備。
登山口付近は積雪は殆ど見られなかったのですが、トレッキングポールは万一に備えて持っていくことにしました。
トレッキングポールは冬用にスノーバスケットをつけてきたので通常のバスケットに交換。
スノーバスケットはバックパックのポケットに入れ。
さらに石突にはゴムキャップを装着。

では、出発。

P1040257


P1040271

鍛冶小屋岩を通り過ぎて、振り返ってみると

P1040274

岩の上の木の根っこが岩を突き抜けて、地面に到達してるように見えたのです。
「スゲ~」と思いながら戻って確認。

P1040268

「なんだ、突っ支い棒だよ」
石が倒れない様に?ですかね。
「フフフ」面白いですね。


去年と同じように

P1040275


日暮岩・弁天岩へ

P1040276


日暮岩到着

P1040279


P1040280

高いところは苦手なので・・・今回も遠慮しときます。

P1040287


P1040291



3分岐

2020.01



雲切岩?

P1040303

P1040305


そして、弁天岩経由 大山祓神社跡

P1040308


今回初めてです。

これ以上は進めそうもなかったので、先ほどの山分岐まで戻り、弘法突貫岩・東物見岩へ。

P1040331



弘法突貫岩到着

P1040339



やはりこういうのを見ると

P1040335


やってみたくなりますよネ。

目いっぱい入れても奥に届かないのです。
どのぐらい深いか、今日はコンベックスを持ってきてないので、
枯れ枝(約500~600㎜)を使って、

P1040336


P1040337


棒が抜けなくなって、ちょっと焦りましたが、なんとか抜くことができ。
「ホッ」

明らかに普通の人間の手の長さでは一番奥に触れることはできない様です。

弘法大師は異常に手の長い人だったのか?

更に左の穴には手は入りませんでした、いったい何で?


五百羅漢岩を通過

P1040340

P1040342

P1040343




分岐点へ到着

P1040348


1分少々で望洋台到着。

P1040351

P1040354

P1040357


4~5分で天の釣舟入り口到着

P1040359


ここから東物見岩までの雑木林がとても好きです。

P1040387

P1040398

P1040402

P1040404


霜柱も

P1040412

P1040413


学問岩

P1040416


ご利益がありますように・・・・今更。

P1040417


P1040419



東物見台 海抜825m

P1040421


P1040423

P1040424


お腹がすいてきたので、ここで昼ご飯にしようと思ったのですが、風が強い。
ので東物見台と霊山城跡の途中の分岐点から下った窪み「仙人水」

P1040430

でお昼ご飯。

P1040433


分岐点に戻って霊山城跡へ

分岐点で、

P1040437

霊山寺跡へひってみたくなり、
Let's go!

P1040438



釣瓶落岩へ寄り道

P1040442


P1040445


P1040447


P1040449


P1040450


高いところは苦手なので・・・パス

分岐点

P1040454


ここを右に

P1040455


霊山寺到着

P1040458

P1040457




柱の跡

2020.011


日枝神社

P1040477


P1040478


くだらない落書きが・・・情けないですね。


P1040483


霊山城跡

P1040500


P1040501


P1040502


P1040507


P1040511

P1040510

P1040513


下山

P1040520


P1040534


P1040535








相馬方面へ出かけたとき、Petite Joieによってケーキを買って帰ります。

2020.012

今回は2種類買いました。
どちらもとても美味しかったのですが、
右側のシュークリーム:ラムレーズンがクリームに入っており、
ラムレーズン大好きな僕にとっては、最高のシュークリームでした。

金剛寺ー寄り道しながらの五社ー外山ー三方塚ー大師

金剛寺ー大師.tif


金剛寺-大師


今回は間違って愛島塩手のほうに降りてしまいました。
この分岐点周辺は伐採が進んでおり、登山道の上をブルドーザーがトレースして判りにくくなってます。
登山道だから、登山道らしいほうを単純にチョイス。
左手にナスパの喧騒が聞こえてきたとき、明らかに間違ったと判断できたのですが、
どこに降りるのかを見極めたくて、どんどん歩いたのでした。
おかげで、歩いたぜ~と感じる里山散策になったのでしたが。

出発

PC299823


29日は大掃除の日として予定していたのですが、
余りにもいいお天気なので里山散策に変更しました。

PC299825


金剛寺から登ると金剛寺のお墓の一部を抜けるのですが。
猪よけの柵が設けられており、それを2か所開閉しないと抜けられなくなってます。

PC299826


まさしく山日和

PC299837


絶好調

PC299827


2019.121



倒木がやたら多く、足元に気を取られながら・・・

PC299838

何か依然の雰囲気と違うのが気になりつつ「よいしょ」

PC299839


周りの風景が「ガラリ」と・・・思いっきり禿げてるんです。

PC299840

PC299841

なんとも・・・ま~思いっきり伐採しちゃったもんです。

PC299843


登山道など跡形もなくなってました。

PC299842


殺風景な風景の中、依然は見ることができなかった

蔵王連峰や

PC299848


大東岳を横目に見ながら

PC299850


登山道は「何処へ」

ブルドーザで均された道は面白くないので、藪の中にぽっかり口を開けた登山道へ駆け込み・・・

PC299857


しばらく歩くと、ナスパの運動公園からの歓声が聞こえてきて
・・・明らかに間違いだと気づいたのですが・・・
どこに降りるのだろうという興味が湧いてきて、そのまま下って行くと。

登ってくる女性が一人。

PC299854


「こんにちは」と挨拶を交わした後、話しかけてきました。
五社山へのルートを探してる様子でした。
金剛寺から登った時、今回登ってきた愛島塩手に降りてしまい、金剛寺まで車道を歩いた事。
更に、金剛寺から登り始めて、垂水に到着してしまったことなどなど。
と言うことで、五社へ行けるかどうか聞いてきました。
行けるとは思うのだけど、僕も間違ってきたので、何とも言えないな~。
女性はちょっとがっかりした様子。
女性が入山した登山口は、僕たちがいる位置からどのぐらいかを尋ねてみると。
目と鼻の先との回答。

そのまま降りたらつまらないので、女性と一緒に登り返すことに。

PC299858


樽水ダムから登ってきた女性にご挨拶。
一緒に登ってきた女性がこの女性に五社へは行けますか?と聞いていました。
まっすぐ行けば行けます。との回答。
一緒に登り返してきた女性は、五社への分岐を確認せずに、元来た道を引き返していきました。
(いや、まっすぐ行くと垂水だと思い)
五社への分岐は登山道が崩落しており、踏み後のついた迂回路を見つければ大丈夫ですよ
と助言はしておきました。

そして、僕はそのまま垂水・五社方面へ

2019.122


滑りながら、跨ぎながら。
途中お腹がすいたのでおにぎりをかじりながら。

約1時間遅れの到着

五社には4人ほどいました。

お天気がいいので、登っちゃうんでしょうな。

PC299873



まずは腹ごしらえ



PC299879


PC299883






外山到着

2019.123


三方塚

2019.124


傘の落とし物:ほとんど新品

2019.125

何故、こんなところに?

牛道峠から沢を下って大滝へ

PC299917


何じゃこりゃ

PC299919


ここも禿げちゃってる。

PC299922


PC299923


強引な伐採が原因による土砂崩れのように思えます。

何が起きてるんでしょうね。


PC299929

PC299930

PC299931

PC299932

PC299937

PC299934

PC299935


牛道峠から大滝までの沢沿いのルートは、かなり荒れておりました。

PC299940

大滝到着


なんだかスッキリしました。
こう言う発散の仕方は最高です。


久しぶりの山行にBethの脚が







大滝から県道へ出る沢沿いの道は、

相変わらず不法投棄が絶えないようです。

不愉快な写真なので、リンク先に張り付けてます

裏磐司散策

日時 : 11月9日(土曜日) 岩沼中央公民館:岩沼駅西口 7:55~8:00
参加メンバー : 山の会ご一行様
目的 : 裏磐司散策

出発 : 9:50

2019.114


PB099290


PB099293


PB099306


PB099311


PB099310

こういうの『いいですね~』

PB099325


PB099326


PB099327


PB099329


PB099330


肉団子のような岩

PB099334

お腹すいてきた?

PB099336


PB099337


PB099338




「おおお!いいな~こういうの・・・最高です」

PB099339


PB099345


PB099350


PB099366

PB099363

PB099364

PB099365


PB099371


順番待ち

PB099378


PB099383


PB099386


PB099397


PB099391


お腹すいたデ~ス


沢に降りて遊んできました

IMG_2245


IMG_2248


IMG_2249


IMG_2260


なかなかいい滝壺です。

「リフレッシュ光線 浴びまくり」です
アクセスカウンター
  • 累計:

最新コメント
火星から来たBeth : Beth came from Mars.
2009年10月28日に火星から来ました。
Bethと言います。

Bethは,
宮城県動物愛護センターの譲渡会に参加して
(2009年10月28日)
譲り受けてきた犬です。
月齢3か月ぐらいと,スタッフの方が説明してくれました。
出生のすべてが謎に包まれた犬なのです。

Bethが我が家に来たのを機会にブログを開設しようと思い。
タイトルをどうしようか悩んでいる時・・・

札幌在住の友人が
「出生がわからないんだったら火星から来たことにすれば!」
で決まったタイトルなのです。

カテゴリ別アーカイブ
管理人からのお知らせ
虫よけにお薦め
記事検索
just for a moment
Talking in the window as the light fades
I heard my voice break just for a moment
Talking by the window as the light fades
I felt the floor change into an ocean
We'll never leave here, never
Let's stay in here forever
And when the streets are quiet
We'll walk out in the silence
Listening to the movement that the night makes
I let the room fade just for a moment
Sitting in the shadows that the leaves make
I felt the floor change into an ocean
We'll never leave here, never
Let's stay in here forever
And when the streets are quiet
We'll walk out in the silence
Listening to the music the machines make
I let my heart break just for a moment
Listening to the music the machines make
I felt the floor change into an ocean
We'll never leave here never
Let's stay in here for ever
And when the streets are quiet
We'll walk out in the silence
プロパ癌だ!


メンバーリスト
お散歩時の熱中症予防に
ヤケクソバイオドリンクレモン広告
簡単な作り方を 「火星の食卓」で公開中です。