孤独の中のイマージュ

meaning of life

正しいと信じ,行動を起こす。
生活を守るために執った行動なのに。
沈黙し受け入れるしかないのだろうか。
正しい筈だったのに,その行動は非難され,心は委縮する。
信じていた自分の中の正義に,疑問符が付く。
繰り返し押し寄せる疑問符。
自問自答を繰り返すうちに,見えない物,聞こえない物が,心の片隅に現れ始める。
こころが病みはじめるとき。
胃壁が鉛の様な重さを醸し出し,停滞が意識を包み込む。

トラブルは予期せず訪れる。
それは,情け容赦もなく心を揺さぶり続ける。
それでも,沈黙は金なのだろうか。
自分達の生の糧の為に,他のこころを蝕んでいいはずはない。




人が人である為に?

多くの生の上に成り立っている生。

そして,人は。
この世界で唯一,生きる為以外に殺し,生きる為以外に悪事を働く。
食べる為ではなく,自分の欲の為に悪事を働き。
食べる為ではなく,自分の欲の為だけに殺す。

私利私欲の為に,自分達が作ったルールを破り,自分の得の為に生きる。

恐ろしく邪悪な生き物。

でも人は,人の為に自分を犠牲にして生きる不思議な生き物。

おかしい事を指摘して,理解されず憎まれる。

矛盾が人の面白さなのかもしれない。

でも,それはとても苦しい。




Let me, let me, let me freeze again to death..


ちょっと残念な部分もあるけど ↑ 結構気に入ってます。




*********************************************************  本編  ********************************************************** 



Klaus Nomi  : Cold Song
Snakeman Show  B面6曲めに収録されていた曲です。
友人がcopyをして送ってくれたtapeの中にありました。

その友人は,
ターンテーブルを持っていなかった僕の無理なリクエストに応えてくれたり。
NEWヴィニールを入手すると,その中から選んだ推薦版などもcopyをして送ってくれてました。
今も手元にある数百本のカセットテープは,その彼がcopyしてくれたものがほとんどです。

その当時。
僕は只々,その膨大な情報量に圧倒されてました。
そして今もそれは続いています。
未知の音源。アナログ音源をデジタル化したもの等。
全てリスト化されたものが今は届きます。
それらのリストを紐解きながら,新たな発見をする。
その楽しみは何事にも代えがたい宝物なのです。
好きな物に埋もれる喜びとでも行ったらいいのかな~。


学友?達になじめずに,ただひたすら条件反射の様に学校に通い。
夢見た1人暮らしとその学生生活が,現実的な生活の中で色褪せだしたとき。
友人から届いた荷物の中でそれは一際輝いて見えました。

カセットテープデッキとアンプ,それだけでも充分贅沢なんですけど。
その他にミカン箱のスピーカー。
フォステクスのフルレンジユニットを,ミカン箱に組み込んだスピーカーです。
冬は夏服,夏は冬服を吸音材代わりにそのミカン箱に詰め込んで,スコーカーの様にして鳴らしてました。
アパートにあった電気製品は,
電気釜(炊くだけ保温機能なし)とオーブントースターは秋葉原で購入。
炬燵だ。炬燵!家にあった古い電気炬燵を送ってもらって使ってました。
でもやっぱりですね。
メインはカセットデッキとアンプ。
そしてエンクロージャーがミカン箱のスピーカーでしょうね。

引越しの荷造りをしてる僕に,周りは。
「何考えてんだか」
と,吐き捨てるように言ってました。

でも,この音源を再生するアイテムが無かったら。
そして,多くの音源を送ってくれる友人がいなかったら。
おそらく,思考の停止を求め,凍てついた氷の中に自ら進んで埋没していっただろうと思います。

数か月の間,ほとんど会話が無い生活。
銭湯と炊事場での洗濯。
そして食事。
兎に角なじめなかった。
浮いた存在だったのかもしれない。
でも,割とその変には慣れっこで平気だったはずなんだけど。
地域や方言などから生まれる,無視や,蔑みなど。
no problemと思ってました。
しかし,自分が思ってた程,強くなかった。
生活の中で響く言葉は独り言だけ。
その独り言で目が覚め。
かび臭いアパートの暗闇の恐怖にまんじりともせずに夜を明かし。
朝日とともに,その恐怖から解放され,疲労から来る睡魔に抗うかのように起きだす。
でも,その繰り返される疲労は,徐々に蓄積され,ネガティブな思考に囚われる様になります。
性格の悪さと向き合い。
甘えと向き合い。
虚栄心と向き合い。
様々な自分のダメ出しの思考を巡らせ,内側から徐々に崩壊しつつありました。
精神的骨格が実に小さくもろい事を思い知らされたのです。

そんな時,届いた宅急便。
外界とのやり取りが,ルーチンワークの様な毎日。
そのネガティブな日常の中で,予告なく届いた友人からの荷物。
とても新鮮な気持ちで受け取ったのです。
その中には,メッセージとたくさんカセットテープが入っていました。

そんな風にして受け取ったカセットテープの中にこの曲はありました。

そして,作られた価値観に翻弄されることなく,自分の本来ある欲に根差した,とんでもない音に共感を覚えました。
さらに普遍的な価値観等この世には存在しないのだとも。

そんな思い出がこの音源にはあります。
そして送られてきた音源を聞きあさり。
様々な価値観に巡り合い。
その感性に触れる事で多くの喜びや,悲しみや,怒りの表現方法を知りました。


聴いているときのこころの動きが,音とともに刻まれる。
こころに残る音とは,そんな音なのかもしれないですね。
繰り返し音楽を聴くとき。
こころに刻まれた記憶の断片から,様々な感情を呼び覚まし。
音とともに刻まれた断片に,こころを大きく動かされる。
だから,音楽が人に大きく愛される所以なのかもしれないです。



その数年後,僕のアパートにも電気テレビなる物が登場します。
世間一般常識で言うところの文化的な生活が,訪れた訳です。
購入したわけではありません。
夏休み等のバイトで得た収入は,祖母のテレビとアパートのスチール机と椅子に変わってましたし。

拾ったのです。

食料調達で出かけた帰りに,ごみ集積所で見つけました。
昔は集積所にある物を,勝手に持ち出しても何のおとがめもなかったように思います。
でも,ちょっと勇気がいりました。
そのごみ集積所は,とっても交通量の多い県道沿いにあり。
とても人の出入りの多い新聞販売店の前。
そして牛乳の自動販売機の脇にあったからです。
この牛乳の自動販売機では,ごく一部で大人気だったパンピーオレンジ
(牛乳とオレンジジュースを混ぜ合わせたような)
を販売してました。
ブラウン管のサイズは,そうですね・・・16インチはあったと思います。
人通りがあるし,無事アパートまでたどり着くだろうか?
写らなかったら?
「拾うは一時の恥,拾わぬは一生の恥」
と訳の解らない言葉を呪文のように唱えながら・・・持ち帰りました。


白黒でしたけど,ちゃんと映りました。
テレビはもともとあまり好きではなかったのですが,
拾って来てアパートで電源を入れた時。
「ブ~ン」と言ってブラウン管に映像が映った時の,
喜びは計り知れないものがありました。
まるで人類が初めてブラウン管で見た「イ」の文字の感動と同じ?
テレビを見ない生活に慣れていても・・・感動しました。

災間の時を生きる。



if


アクセスカウンター
  • 累計:

最新コメント
火星から来たBeth : Beth came from Mars.
2009年10月28日に火星から来ました。
Bethと言います。

Bethは,
宮城県動物愛護センターの譲渡会に参加して
(2009年10月28日)
譲り受けてきた犬です。
月齢3か月ぐらいと,スタッフの方が説明してくれました。
出生のすべてが謎に包まれた犬なのです。

Bethが我が家に来たのを機会にブログを開設しようと思い。
タイトルをどうしようか悩んでいる時・・・

札幌在住の友人が
「出生がわからないんだったら火星から来たことにすれば!」
で決まったタイトルなのです。

カテゴリ別アーカイブ
管理人からのお知らせ
虫よけにお薦め
for girls who grow plump in the night
記事検索
just for a moment
Talking in the window as the light fades
I heard my voice break just for a moment
Talking by the window as the light fades
I felt the floor change into an ocean
We'll never leave here, never
Let's stay in here forever
And when the streets are quiet
We'll walk out in the silence
Listening to the movement that the night makes
I let the room fade just for a moment
Sitting in the shadows that the leaves make
I felt the floor change into an ocean
We'll never leave here, never
Let's stay in here forever
And when the streets are quiet
We'll walk out in the silence
Listening to the music the machines make
I let my heart break just for a moment
Listening to the music the machines make
I felt the floor change into an ocean
We'll never leave here never
Let's stay in here for ever
And when the streets are quiet
We'll walk out in the silence
プロパ癌だ!


お散歩時の熱中症予防に
ヤケクソバイオドリンクレモン広告
簡単な作り方を 「火星の食卓」で公開中です。