火星からのメッセージ

ポアロのお顔

コラージュ


人は,不愉快になったり,怒ったり。
何故,不幸な気持ちになるような,そんな環境の中に身を置くのでしょう。
避けて通れない場合もあるし,あえて避けない場合もある。
人が不愉快になるであろうと分かっていながら,そういう環境を作り,人にストレスを加える?
人が不愉快になるであろうと分かっていないで,そういう環境を作り,人にストレスを加える?
自分の欲する物の為に?
自分の不快さを取り除くために?
悲観的で否定的な思考をもとに,事実をゆがめ,その歪んだ事実を基に行動する。
人の意見を好意的に受け止めず,怒りを通して批判する。

そんな事をしていたら,壊れてしまいます。
そうやって壊しあって,人も組織も壊れてしまいます。
仕事を通して知り。
友人を通してしり。
震災を通して知りました。
人のこころは,とても儚く脆い事を。
だから,お互いに認め合いながら受け入れて,支え合う事が必要なんだと。

生きる事に大して意味は無いのではないか。
生きるスタンスに意味があるのではないか。
何か意味を探そうにも,見つける事などできないで終わるのではないか。
何かに意味を見いだそうとしても,見つける事が出来ずに終わるのではないか。
そう言う虚しさがついて回ります。

意味がないものなどない。
確かにそうだろうと思います。
しかし,自然の中では,その意味すらなにか色褪せて見える時があります。
広い空間にポツンと1人。
その中ではとても無力な生き物。
という実感がヒシヒシと伝わってくるときがあります。
人の持つ虚栄など,自然の生命力の中では,きっと簡単に踏みつぶされてしまうものに過ぎない。
しかし,その虚栄が集まり,虚栄が虚栄を呼び込むようになるとき。
その力は臨界に達し,大地を震撼させる暴走をする危険を孕んでいます。

そして,それは地球上の生き物の危機を招くことになるのではないでしょうか。
宇宙空間の歴史からすれば,些細な事なのかもしれませんが。



避けようのないトラブルに見舞われて,怒りそうになったときの解決策。
そんな虫のいい解決策があるの?
山ン中に居れば,まずそんな事は無いし。
山のトラブルは即遭難だから,激怒してる暇など無いし。
平地では「ヌハハハハ」と笑い飛ばせばいいだけなんだけど,そうはうまくはいかないし。
ノイズ(雑念)の多く発生する状態では,モードのスイッチが簡単に切り替わってしまう。

笑い飛ばす。
でもね,笑い飛ばす事では,いつまでも笑い続けなければいけなくなってしまうのでは?
笑いつづけた結果,笑いが自分の体の中で虚しく反響するだけになるのではないでしょうか。

集中する。
ノイズをクリアにするための方法としては集中。
トラブルの素に意識を集中して観察する。

それが出来ないのであれば,無視するか心を閉ざすしかない。
のだと思います。

親の仕送りで過ごしていた時期。
働きながら夜学に通っていた同郷の友が,勤労感謝の日が近づくと,勤労青年が休む日だと言い続け。
そして,当日になると一日中事あるごとに「勤労青年は休みましょう」と言い続けていたのを,僕へのあてつけのような気がして,いやな思いをして聞いていた記憶があります。
自分へのあてつけと考えず。
彼の言葉の内側に潜む意味を観察してみるべきだったのです。
言葉の裏に潜む意味など無く,ただ単にそう思っていたかもしれないのだし。

「こっちの連中と一緒にいないで,俺達と一緒に居ようぜ」という言葉に対しては。
どんな意味があったのだろう。
そのままかもしれないし。
今となっては,観察する対象がいないので,明確な回答はだせませんが。

その後彼とは疎遠になって行きました。
当然と言えば当然の成り行きだと思いますけどね。


同じテーブルの上に居ながら,どのようにコントロールするか?
それは,観察する事。
観察することにエネルギーを費やす。
それでも,逸脱しそうになったとき
「イチ ・ ニ ・ サン ・ シ ・ ゴ ・ ロク ・ シチ ・ ハチ ・ キュウ ・ ジュウ」
って数えて,名探偵ポアロの顔を浮かべるのです。
コレ決行効き目があります。

何故ポアロなの?
最近,名探偵ポアロのデジタルリマスター版を,テレビで放送しています。
tomoさんが,アガサ・クリスティーのファンで,付き合ってこの頃見る様になりました。
そして,このポアロの顔が,不思議な効果があるのを知ったのです。

コラージュ1


Atmosphere


alternativem.n


何かに迷ったら?
何かにつまずいたら?
どんなに忙しくても,立ち止まる事。
どんな状況下でも,判断はすべて自分で下す事。
その下した判断を人のせいにしない事。
判断したことの責任はすべて自分に有る事。
ただ,一度下した判断は,それが全てでは無い事。
かならず,心のどこかに坐して瞑想できる空き部屋を持つ事。
空き部屋はどんなことがあっても,雑念で埋めない事。
売り言葉に買い言葉にならないように,10数えて冷静に言葉を選ぶ事。
自分の意見で,事実を否定的な方向に歪め,攻撃的にふるまわない事。

全て,この裏返しの事をして失敗し,挫折を繰り返しながら刻まれてきた記憶。

時間ときを遡ることはできない。
記憶を遡り後悔の念に焼かれることはあっても。

記憶を反芻しながら生きる。
記憶を書き換えるながら生きる。
記憶を忘却すながら生きる。
記憶を消去しながら生きる。

記憶の呪縛の中から心と解き放つために,未来を見つめたい。

人のDNAを持っていても,人には向いていない。
遙か記憶の彼方に,創成期のDNAが息づいているから。
思考性の大気になりたい。
おおらかに地表を包み込む。
地表に吹き荒れる争いと言う嵐は,体にできる小さな吹き出物のようなもの。
潰れて膿が出てしまえば,何事もなかったように快癒する。
汚された大気は,汚したものを淘汰し,新たな大気が蘇る。
そして更なる創成期の時が来る。
心のどこかに,遙か昔の記憶を残しながら。

P4161973

失敗

「また?」
それを聞いたとき,そう思いました。
そして思わず口をついて出た言葉は。
「きっと,そういう因果な宿命を背負ったフェンスなのだよ」
「そうよね。3度目だもんね」
春の嵐の真っただ中の出来事です。


翌日のお散歩に行く朝,その現場をtomoさんと確認しました。
前日は夜だし荒れ模様の天気だったので。

「どこなの?」
「ここ」と,tomoさんが指さす先は。
10年以上前に大型のRV車が,
ステンレスポール(高さ1000mm,直径60mm)をなぎ倒し,
アルミのフェンスとブロックを壊した場所でした。
「これは,あの時の傷跡だよ」
「そうなの」
「ひび割れたブロックの間にコンクリートボンドの注入跡があるよね」
「ふーん。昨日は雨が酷かったから,はっきり判らなかったのよね」
この事故の時は,被害が大きく,そのまま逃走したので,警察に出動を願ったのです。
そして,当て逃げの物損事故として処理して頂きました。
警察曰く。
「おそらく捕まらないだろうけど,修理したら領収書を保管しておいてくださいね。
それにしても,この太さのステンレスポールをこんだけ曲げたんですから,
車の方の被害も凄いと思いますよ」
「じゃ,その線から見つかるんじゃないですか」
「う~ん」
「・・・・・」

そして,業者に修理依頼したのですが。
「う~ん。元通りにするには,かなりの金額になりますよ。
ステンレスポールはコンクリートに埋め込んであるから,周りを斫って掘り起こさないといけないし。
フェンスとブロックは,壊れた部分以外に支柱の部分まで交換になりますし。
叩いて戻るんだったら,お金かける必要ないんじゃないですか?
警察も見つからないだろうって言ってるんだったら,尚更そう思いますよ。
叩いても戻らなかったり,そのまま折れてしまったら考えればいいし」
「そうすか。それじゃうまくやってください。お任せします」
ってことで。

叩いて撫でて注入して,なんとかなったみたいでした。

しかし,その数年後。
その同じ場所から1m離れた場所のフェンスが,真中から10本近く折れ曲がってました。
フェンスは,グランドレベルから約300㎜の高さまで煉瓦モドキブロック。
その上に胸の高さまでのダークブラウンのフェンス。
そのフェンスは直径約10㎜のアルミ棒を80㎜間隔で縦に組み込んだものです。

「あ~あ」
乗用車だったらドアミラーで引掛けたのかな?壊れちゃったよねドアミラー,だったら分かるよね。
軽トラックか2トントラック?バックして荷台に引掛けた?トラックの方の被害はあまりなくても分かると思うな。

郡山に居た時ですが。
現場で軽トラックをバックさせていて,
同じく曲がりながらバックさせてきたタクシーと接触したことあります。
軽トラックの荷台が,かるーくタクシーの側面を擦っただけなんですけど。
「ヤベ―。またタクシーとやってしまった」
って,すぐ分かったもんね。
この時,総務のおねー様に,
「あなたは,なんでぶつけると,いつもタクシーなの?」
「まだ,2回目です」
「2回もあれば十分よ」ってしこたま言われた経験があります。


今回は,実害は無いみたいでした。
擦った車の方の被害が大きいんじゃないかな~。
でも申告してくれたんですね。
業務中の出来事だったみたい。
それも新人さん。
上司のかたも謝りに来て。

「いや~。かえって恐縮してしまいました」

いい職場なんだな~って思いました。

「怪我と弁当は自分持ち。そしてついでに失敗やトラブルも」って組織多いじゃないですか。

そして思ったのは。
今日の失敗に正直に向き合える人は,明日の為の今日の一歩をしっかりと踏み出す事のできる人だよね。
「こんな事にめげないで頑張ってね」
アクセスカウンター
  • 累計:

最新コメント
火星から来たBeth : Beth came from Mars.
2009年10月28日に火星から来ました。
Bethと言います。

Bethは,
宮城県動物愛護センターの譲渡会に参加して
(2009年10月28日)
譲り受けてきた犬です。
月齢3か月ぐらいと,スタッフの方が説明してくれました。
出生のすべてが謎に包まれた犬なのです。

Bethが我が家に来たのを機会にブログを開設しようと思い。
タイトルをどうしようか悩んでいる時・・・

札幌在住の友人が
「出生がわからないんだったら火星から来たことにすれば!」
で決まったタイトルなのです。

カテゴリ別アーカイブ
管理人からのお知らせ
虫よけにお薦め
for girls who grow plump in the night
記事検索
just for a moment
Talking in the window as the light fades
I heard my voice break just for a moment
Talking by the window as the light fades
I felt the floor change into an ocean
We'll never leave here, never
Let's stay in here forever
And when the streets are quiet
We'll walk out in the silence
Listening to the movement that the night makes
I let the room fade just for a moment
Sitting in the shadows that the leaves make
I felt the floor change into an ocean
We'll never leave here, never
Let's stay in here forever
And when the streets are quiet
We'll walk out in the silence
Listening to the music the machines make
I let my heart break just for a moment
Listening to the music the machines make
I felt the floor change into an ocean
We'll never leave here never
Let's stay in here for ever
And when the streets are quiet
We'll walk out in the silence
プロパ癌だ!


お散歩時の熱中症予防に
ヤケクソバイオドリンクレモン広告
簡単な作り方を 「火星の食卓」で公開中です。
宮城県のお天気