森林浴

女沼・仁田沼・男沼 森林セラピー

森林セラピーでリフレッシュ


2016年5月14日(土曜日)

プロローグ


昨日は13日の金曜日で仏滅・・・関係ないけど。

岩沼山の会 山行 計画その3
仁田沼です。
参加人数は31名:体験参加一名(大いに平均年齢を下げた山好き高校生)



13日に金曜日福島の最高温度は28度でした。
「ヒエー」
14日も暑く成る予感がジンワリとしたんですが・・・ちょっと汗ばむ程度の気温。
お天気はまあまあ。
気持ちのいい日和になりました。
なんといっても極めつけは温泉・・・がしかし,準備の段階から肝心の温泉グッズの事を忘れてました。
masa-1_25


それに気付くのは。
「さ~入るぞ!」って,腕まくりをして気合を入れた瞬間なのですが。


散策ルートとその後の温泉について。

女沼の入り口まで舗装されており,乗用車であれば入れるのすが,バスは無理というのが先発隊の調査の結果判明しており,それを基に計画を練っていただきました。
更に,土湯温泉ですからね~。
温泉に入りたい・・・でも500円以下で,できるだけ安いところを探してほしい。
(貧乏山の会の切実なる一面)
と言う明らかに無理難題を先発調査隊にお願いした結果。
≪日帰り入浴:金250円なり≫と言うとってもリーズナブルな温泉を見つけてきてくれました。
但し,石鹸タオルは無。
湯船は狭くてせいぜい頑張っても7人でいっぱい。
「no problem! 
石鹸?持ち込みすればいいだけだよね。
湯船が狭い?交代で入ればいいだけだし。」
と飛びついたのは言うまでもなく,山行の帰りに入浴する事になりました。

土湯温泉バス停前(土湯観光協会前)でバスを下車。
女沼までは,一部のショートカッのトルートと,つつじ山公園の迂回ルート(山は花盛りでした)を除いて舗装道路を歩くことになります。
舗装道路は・・・やはりいまいち。
(全編通してハイキングシューズでも充分楽に歩けるルートです。)

結果

左の地図は山の会の今回のルート。
右側の地図は,土湯観光協会発行の森林セラピーマップです。
森林セラピーというネーミングは,とってもいい響きですね。
チョイと拝借させていただきました。
(今後も使わせていただきます)

女沼からの仁田沼経由男沼のルートは,まさに森林セラピーと銘打った通りの気持ちのいい散策が出来るルートです。
さらに,思いの滝は,マイナスイオンが滝壺周辺に充満しており,セラピーマップによれば,1立方メートル当たり50,000個のマイナスイオン値だそうです。
なんだかピンときませんが,一般家庭では0~100なのだそうですから,なかなか凄い量だってことですね。
一年中シャワーを浴びてる家庭は違うのでしょうけど。
発電所のお話
塩ノ川の水は思いの滝を流れ落ち,滝のすぐ下に設けられた堰を越流してそまま下流域にある荒川に流れ込む水と,堰の脇に設けられた取水口から地下に埋設された導水管で女沼に流れ込む水があります。
女沼に流れ込んだ水は,さらにつつじ山公園の下の導水管を通り,東北電力土湯発電所(最大出力2.38MW)で発電に利用されています。
女沼は水力発電所の貯水池として利用されてるんですね。
土湯発電所



つつじ山公園

つつじ山公園に足を踏み入れる前段階の道筋にも,たくさんのヤマツツジ等が咲いており。

P5141814

P5141800

なかなか,凄いです。

P5141781

P5141786

P5141805


やはり圧巻なのは,ヤマツツジの群生が見られるつつじ山公園ですけど。

P5141830


つつじ山公園の頂上からは,女沼が一望でき。

P5141867

P5141834


さらに,まだ頂に雪を残した箕輪山なども見る事が出来ました。


女沼

P5141887


これが両沼大明神なのかは,石碑からはっきり読み取ることはできませんでしたが。
*沼大明*とかすかに読み取れることから,おそらくそうではないでしょうか。
という事はですね。
ここで五升樽を割って酒を飲みながら雨乞いの祈祷をしつつ,沼に石を投げ込んだ場所ってことになりますが。
ここまで五升樽を上げるのは大変だったでしょうね。
もしかして,パワースポット?

P5141880


サワフタギ

P5141882

副代表のH.O氏(グリーンピア岩沼で活動する,山野草の先生です)に教えてもらいました。



思いの滝

P5141923


怒涛の様な水音は,街の喧騒や意図的に騒音をまき散らしながら走る車やバイクと違い,結構心地がいい物です。
ここで山メシタイム。

masahiro-5_22
055


これに,皆様が持ってきた,フキやワラビを頂いて。
「フ~。ご馳走さまでした」



仁田沼

世界が緑色に染まった感じの仁田沼

P5141953

P5141956

P5141971

P5141977



仁田沼のマイナスイオン値が70,000(個/1㎤)森林セラピーマップ参照
思いの滝が50,000(個/1㎤)で明らかに1.4倍。
単純に比較はできないにしても,森林セラピーマップによれば公園の噴水が2,000~2,500(個/1㎤)。
明らかに図抜けて高い事が分かります。



その一番高い付近で撮影しました。
仁田沼は沼と言うより湿地帯で,ミズバショウが群生していて,その根元を清流が流れていました。
この清流は,仁田沼湿原全体に広く薄く流れているという感じで,清涼感たっぷりの湿原です。
沼全体を微かですが心地のいい風が流れており,頬を撫でる感じがたまらなくいいです。
更に,柔らかい水の流れが醸し出す音が沼全体を包んでおり。
その心地のいい周波数が,鼓膜を心地よく振動させ,まさしく森林セラピーそのものです。
狭い面積を怒涛のような水音を発してながら,流れ落ちて飛沫を飛び散らせる滝より,広い面積をサラサラと流れる清流の方が,空気中のマイナスイオン濃度が高くなるって事なのかな。
等と考えてました。

このマイナスイオンについては,物理的実体について何を指しているのかはっきりしない場合も多いらしく。
いろいろ物議を醸しだした経緯があるのだそうです。
マイナスイオンの定義も曖昧であるし,自然科学の用語ではないとされています。
当然,定義があいまいなものをどう測定するのか。
と言う問題もあると思います。


マイナスイオンをウンチクしても始まらないと思うので。
純粋に仁田沼に立って見ての感想を書きました。
マイナスイオンについては,帰宅後森林セラピーマップを熟読して気付いた内容です。
マイナスイオンが一番高く測定されているとされる場所が,やはりとてもセラピー効果があるように感じました。
何せ,何とも言い表しがたい心地よさがあるのですから。
酸素が一杯。葉緑素が一杯。
「このままこの自然の醸し出す周波数と共鳴し,仁田沼と同化してしまいたいな~」と思った程ですから。

P5141984

P5141991

P5142007



男沼

P5142031

残念ながら今回は,男沼の北端にちょいと触れただけで,グルリと一周はしませんでした。
セラピーマップには秋の落葉浴が心地いいと記述されてるので,次回のお楽しみという事にしておきます。

サンスカイ土湯

5月14日 仁田沼1

お風呂も温泉も好きです。

お風呂にまつわるお話です。
お風呂に入れない生活等考えられません。
しかし,学生の頃。
送金された生活費を丸ごと落とし,お風呂に入る事の出来ない地獄の一か月を過ごしたことがあります。
アパートにお風呂がついてる訳もなく・・・銭湯に通っていたもので。
風呂なんか入らなくても死ぬことは無いといっても,かなりきついです。
まだ水道は止められてなかったので,炊事場で頭洗ったり,体拭いたりはしてました。
そして,送金前の最後の一週間は,食べ物が全くありませんでした。
いや~ヒモジかったです。

こんなこともありました。
震災後にライフラインが復旧して,さ~風呂入れるぞ!と思った矢先に給湯器が壊れました。
此れもきつかったですね。
給湯器をばらしてチェック。
ガラス管ヒューズが切れてるのを発見。
ヒューズの在庫がないので,クリップ付きのジャンパー線でショートしてみて電源が入るのを確認。
ちょっと不安だったので,運転開始する前にガス屋さんに相談。
すると
「絶対やめてください。パ*マと同じことになったら大変ですよ」
といわれ,強制運転は断念しました。
結局,給湯器の交換が済むまでは,お風呂はお預けになりました。


どうしよう。
石鹸は無くてもいいけど,タオルはね~。
と独り言をブツブツ。
「あるわよ~・・・・タオル!折角だから一緒に入りましょう」とタオルを差し出してくれる山ガール達。
「お~!・・・・一緒?」
「・・・・」
(因みに混浴ではありません)
更に,一緒に湯船につかっていたお仲間から石鹸とシャンプーまでお借りして。masahiro-7_24
「いや~ありがとうございました」
久々に本格的温泉に入る事が出来。
とってもいい気分の中で,売店で売ってるジェラートを堪能。
バニラ・ブルーベリー・ラフランス・抹茶等いろんな種類に目移りしながらも,ラフランスをチョイス。






二つ作ってみました。
上の方は,excelを駆使して・・・ちょっとシンドカッタです。




誰もいない家でのお留守番ご苦労様。

嵐の後の林道樽水線

9月13日 樽水ダムへ向かう途中に撮影した朝日。

P9130029

刻々と変わる色彩に暫し見とれていました。

P9130021



樽水ダム湖畔公園(右岸)


想像はある程度していたけど,流石に凄い事になってました。

091

右岸の公園は,濡れた雑草が生い茂っていたので,そちらで遊ぶのは中止。
準備運動なしにいきなり林道へ。
ダム管理所へ向けてGO!

P9130039

林道内は,林道入り口や駐車場のように土砂が流れ出してはいない様で,歩きやすい?
と思いきや・・・「エッ?」・・・滑るんです。
「なんで?」
よ~く見ると・・・苔?ではなくて,苔の生えていない舗装道路の部分がヌルヌルしてるんです。
妙な滑り方をするんで,気持ちが悪い。
なにか,硬い甲羅の上にヌルヌルした液体をかぶって,息をひそめて獲物を待っている。
そんな異星生物の上を気づかずに歩いてる獲物になった気分。
妙な感覚で,オソルオソル。一歩一歩。
Bethをみると。
やはり滑ってる・・・「ハハハ,やはりお主でも,この異星生物のトラップには勝てまい」
等と能書き垂れてると。
みるみる正常の歩行に戻ってくる。
滑らずにスタスタと歩きはじめるじゃあ~りませんか。
そして,グイグイ引っ張る。
流石,元野生児?それとも肉球パワー。

「オッ!栗じゃんか」

P9130041

落っこちたばっかの栗です。
早速「拾え,拾え」
チクチク
「イテテテテ」
ビニール袋を取出し,入れてはみたものの,栗の棘は鋭い。
ビニール袋を突き破って,チクチク。
「ウ~ン。どうしよう」
ふと見るとガードレールにピンクのリボン。
「ヨッシャ。これを利用しよう」

P9130043

戻ってくるときに忘れなければ問題なし。
「忘れないように。忘れないように。
いいか,Beth忘れんなよ!。
忘れるか忘れないかは,お主の鼻にかかっているのだ」

P9130049

P9130066

P9130067

P9130069

P9130080

この辺までは,忘れてなかったのです。間違いなく。

ところが,

P9130088

P9130090

苔の部分を削った様な足跡?
そこらじゅうにあるのです。
実はこの足跡の様な物を発見するまえから
『Bethはスイッチオン』
実は,リスを見つけて,山の中に一度入って行ってしまって,戻ってくるのを待っていたのです。
そして,戻ってきたので,リードにつないで歩いていました。
この足跡への反応が,先ほどのリスへの反応と大分違うのです。
うまく説明できませんけど。
足跡の様な物がなんでついたのだろう。
試しに足先で削ってみると,結構力を力を入れないと,苔は削れないのです。
ただ,勢いよく走ってスリップしたようにも見えるけど,それにしても延々と続いてるのです。

「?」マークが蔓延した頭の中。

その時「バキバキバキバキ」っとダム湖側から凄い音。
「熊?」と思った瞬間背筋に冷たいものが走りました。
林道からダム湖側に下りていく獣道の方なんです。音がするのは。
「ヤバイ」と思いつつ,獣道にBethは近寄って行きます。
そして,林道から獣道が覗ける位置まで来た時。
Bethを二回り小さくしたような,茶色っぽくてマン丸で4本足の動物がこちらを見ていました。
目線があった瞬間,獣道を恐ろしい勢いでダム湖の方に下っていきました。
熊じゃないです。
猪?
と考えが頭の中をめぐった瞬間。
また,バキバキバキと凄い音。
また背筋に冷たいものが走りました。
クンクン言いながら近寄ろうとするBethのリードを,力を込めて引っ張りながら,後ずさり。
キョロキョロしながら,石か棒切れを探してました。

そして,見つけた石ころを,音と逆方向にポイ。
「カーン」と木の幹にあたり,「ガサガサ」と笹の間を転がる音。
バキバキバキの凄い音を発していた動物は,石の落ちた場所とは逆方向に「バキバキバキ,ガサガサガサ」と移動し沈黙。

僕は,しばし聞き耳を立てて沈黙。
Bethはクンクンしてましたけど。

数分の後,まったく音がしなくなったので,ダム管理所方面へ向かったのであります。
そして,この事件をきっかけに,栗の事をすっかり忘れてしまったのでした。

ダム管理所へ到着。
「おお釣り人いるよ」
船外機付きのボートの音も湖畔を渡って聞こえて来るし。
「物好きだね,こんな日に」と自分の事を棚にあげて思ったのでした。


樽水ダムは放流していました。



「さ~て,戻るか」
ダム管理所から右岸の公園へGO!



右岸公園まで来てから
「アッ!忘れったべ~」
栗を回収して来るのをすっかり忘れていたのでした。
「めんどくさいな~。でも誰かが散歩で来た時,あのビニールに入った栗を見て,どんな風に思うのだろうか?」
「忘れて行ったんだべ~」
等と思われるのも癪に障るので,栗を回収しに戻ったのでした。


そして,車に乗って帰宅しようと思った時

P9130139


の看板に気づいたのでした。
「いのししに注意」
「う~ん。いまさらなんだけど。いのししだったのだねあれは」
そして,いのししの親子だったのかもしれないな~。

P9130135


「さ~帰るべ~か」


帰宅中の県道118号線(この路線はあまり好きな路線じゃありません。マナー悪いんだよね)
一難去ってまた一難?
大型バイクと明らかにバトルをしてる大型ワンボックスカーに出逢ったのです。
ワンボックスかーは派手なアルミホイールとビカビカに磨き上げた銀色の車体。
ワンボックスカーは,追い抜く風でもないのにバイクの横を並走しており,どうも幅寄せをしてる様に見えました。
すれ違う瞬間も並走は止めず,「ぶつかる!」と思った瞬間。
たまたま左側に民家の大きな駐車場があり,そこに入り込むことで事なきを得たのですけど。
Bethは,後ろの座席でひっくり返ってました。
そして僕は聞こえもしないのに「あほんだら~」と叫んだのです。
その声に二度びっくりしたBeth。
助けおこして,定位置に戻すと。
自分が怒られた思い。両耳を垂らして神妙にお座りしてました。
「ごめん。ごめん」
こんなことがあると,車載カメラをセッティングしたくなりますね。




今日の収穫

P9130148

喜んでますな~。
戻って,持って来たかいがあったというものです。

歩く理由

多くの苦悩をしょい込んで,悲しみに埋没しないでネ。
体の痛み・心の痛み・・・日々の営みの中で全く無縁と言う訳にはいかない多くの悩み。
外の世界にも内の世界にも悩みが尽きない。
回避するために,軽減するためにいろいろ考えながら成長するんですねきっと。
そのための友人,そのための家族。
照れくさいかもしれないけど一度思いっきり話してみよう。
みんな自分と同じ悩みの中で生きてるかもしれないし,様々な考えを聞く事で何かヒントをつかむことも出来るかもしれない。
言葉にすることで解決の糸口をつかむことが出来るかもしれないと思うんです。
例えば通信ソフトのデバッグの時の話です。
どうしても電文が1bitかけてしまう,その原因が判らなかった。
そして,それを思い切って同僚に話してみました。
通信プロトコルや電文や,そしてerrorの具体的な内容を。
その話の最中・・・・
「あ!なんだそうだったのか」って解かっちゃったのです。
頭の中で考えてることを言葉で表現する時,相手に分かってもらうためには,整理して話さないといけない。
論理的な組み立てをしていくうちに,そもそもの考え方にバグがあった事が解かったのです。
「ネッ!」たとえ助言を得られなくても,話すことで解決の糸口がつかめる事もあるんです。

人の動向を気にしすぎて,自分を見失わないでネ。
失敗の連続等で思うようにいかない時。
自分の失敗で周りに迷惑をかけてしまった時。
そんな事が続くと・・・そういう事って連続して起きたりしますよね。
そして,当然ミスに対してのリアクションは有るでしょう。
必要以上にあるかもしれません。
時にはバッシングの様な形をとる事も。
無視されることも。
そして,心が折れてしまうかもしれません。
心が折れて卑屈になり,周りの顔色を伺う事に神経をすり減らす。
バッシングがあっても無視されてもいいじゃない。
それは自分を見つめなおす好機と考える。
そして,失敗の原因と向かい合って・・・何が悪かったのかを考えて見る。
自信を失っても。
心が折れても。
その経験こそが素晴らしい経験なんだと。
貴重な経験なんだと・・・頭のどこかで考えることが出来ればいい。
そう思えれば解決の糸口を模索することが出来る。
どんな風が吹こうとも。
その経験をしたからこそ,様々な事に対応できるようになるのかもしれないから。
その苦悩を知って見つめなおすことが出来たら,その苦悩は新たな想像を生むきっかけとなると思うのです。
失敗がもたらす結果が,柔軟性を持ちしなやかに生きる道標となると考えればいい。

自信と慢心を取り違え自我が膨張して,破裂してしまわない様にネ。
自我が膨張すると,情報を都合のいいように解釈するようになると思うのです。
その結果,都合のいい情報に自分の欲求が肥大し,人の欲求が見えなくなってしまう。
そして,遂には自分の為に人が存在する様に振る舞い始める。
そんな振る舞いが人を遠ざけ,周りは押しなべて沈黙を守るようになる。
そして膨張した自我はその沈黙を自分の力と信じ心地のいいものと感じるようになる。
それが膨張し続けて喫水線が上昇し,慢心を慢心と気づかずにそのまま膨張し続ければ,破裂するかみんなの乗ってる船の復元力が無くなり転覆する。
正常な意識の持ち主は膨張した自我からの離脱(下船)をはかる。
自信を慢心に変える物は何だろう?
裸の王様の様な性格と周りの環境。
通常は自信が慢心に変異しても慢心が成功を収めることはあまりないのではないかな。
慢心の多くは足元を見えなくしてしまうから,ほとんどの場合簡単につまずき慢心は喪失する。
慢心は失敗という抑制剤で萎んでいく。
慢心の特効薬は失敗をする事。
失敗が慢心を抑制し,新たな出発の想像を生む。
しかし,ごくまれに膨張をとめられずに不幸になる存在もあります。
周りの沈黙を引き起こした慢心は止めることが出来なくなるのです。
その時は,流石に下船するしかないのですね。

グルリンと周りを見ながら歩って見ようヨ
ラッセル車の様に歩くのもいいけど,それじゃ周りが良く見えないのじゃないかな。
修行中の苦行僧の様だヨ。
ヘラヘラ笑って歩ってるのも変だけど・・・楽しくなさそうです。
数人で歩道一杯に広がり,大きな声で会話しながら人を押しのけ歩くのも変です。
点字ブロックを確認しながら歩いてる人まで押しのけちゃうのですから。

いろんな速さで,いろんな歩き方で,みんな歩っています。
そしていろんなことを考えながら歩いてるよね・・・キット。

歩いているのだから,転びもするし,小走りになる事もある。
歩き方にはそれぞれのペースがあり,自分のペースと合わない人と歩き続けるのは,それなりに気を遣うものです。
だからと言って排除して良い訳ないよネ。
歩きにくいという理由だけで。
自分に降りかかった悲しみから逃れるために,歩きながらその厄を振りまくのはよそうヨ。
挙句の果てに通れなくしたり。
皆が歩ってる道なんだから,自らの都合だけで通行止めにするのはよくないな~。

どこに行くのか?
歩いて行く行先は1人1人が考えるものじゃないかな。
強制されて歩くものじゃないし,ましてや人の行先を自分の都合で決めてはいけないよネ。

周りを巻き込んで歩くのではなく,三々五々思い思いのスタイルで歩けばいいんだと思う。
転んだら助け助けおこす。
先に行ってしまった人にはこれから行く人への道標になってもらえばいいだけだよネ。
思い思いに集まりながら,風除けになったり,なってもらったり。
そうやって,歩くのがいいと思うヨ。

そして,歩く理由は自らの力で導き出そうヨ。
歩きながらネ。


コミニケーションの結末は,とどのつまり自分の価値観の押しつけに過ぎない。
そんな悲しい事思わせるような言動・行動はよそうヨ。
自分に何が欠けてるのか自問自答すれば,おのずと判ると思うのですけどね。
此の世に絶対的なものなど存在しないのだから。
大きく見せたい。
良く思われたい。
弱さを認めたくない。
それはとどのつまり,自分より大きいもの,強いものには媚び諂い,小さいもの弱いものには傲慢になることの裏返しですよね。
大きいもの強い者。そして頭のいい者が生き残れるのではないでしょう。
変化についていけるものが成長し生き残るって事でしょうね。
やわらかく包み込むような思考や,吸収し更なる飛躍を遂げる思考が必要だってことですね。



それでも・・・・
想像力の乏しい人たちと付き合う瞬間が訪れないとは限らないです。
自己制御が欠落した人達とのお付き合いは,とっても大変。
人の想像力を楯にしながら,人の気持ちを蹂躙する人って事です。


そんな毒素に汚染されない為にも。
そんな毒素を洗い流すためにも。
普段と違う風景にドップリ浸かり,木の香漂う冷たい風に鼻孔をくすぐられる。
そんな中で歩くのがとても有効だと思うのです。
酸素と葉緑素の浄化作用は欠かせないのかもしれないな~。

「じゃ,お前はどうなんだよ!」って声がします。
充分汚染してきたし,汚染されてしまってるけど・・・だからこれ以上汚染しない様に,そしてされない様に。


だから,

「今日もいっぱい歩きましょ!」



樽水ダム20150124完成

2015年の樽水ダム


1月24日 土曜日 15時31分

湖畔公園には先客あり。
「エ?何頭いるんだろう。・・・1,2,3・・・・公園からは吠える声。少なくても吠えてる犬は2頭?」
大型のワンボックスカーで来てました。
ブリーダーなのかも?
仕方がないので,湖畔公園は後回しにして,林道に突入。
0111


0112

この林道の苔は「お見事~!」
0113
目の奥に焼き付くような色。そして,コンクリートの壁全体が生き物のように見えるんです。
季節季節で,様々な彩りが楽しめます。



ダム管理所の脇の階段を下りてみると
「オッ!いい感じじゃありませんか・・・いいかい,ちょっとじっとしててくれ」
0114
 
0115

16時16分
ダム管理所でちょっと趣向を凝らした記念撮影。
「コレ狙ってました・・・やってみたかったんだよね~へへへ」

樽水20150124
黒い円筒形の物は,放水バルブです。


おやつの所望に答えながら・・・僕はお茶を一服。
そして湖畔公園へ

寒くなってきたのでちょっと急ぎ足。
「テッ・テッ・テッ・テッ・テッ」


16時56分
ブリーダーらしい多頭飼いの人の姿は無。
「シメシメ。公園で走れるぜBeth」
しかし,今度は野良猫の集団に餌を与えに来てる人達が。
でもですね。
この人達は,僕達が登場するとソソクサト何時もすぐいなくなっちゃうのです。
「ヨッシャ!行きなはれ」



17時
樽水ダム湖畔公園を後に118号線を・・・仙台市内の夜景を見ながら・・・下ったのであります。
ここから見る夜景は綺麗ですよ。
アクセスカウンター
  • 累計:

最新コメント
火星から来たBeth : Beth came from Mars.
2009年10月28日に火星から来ました。
Bethと言います。

Bethは,
宮城県動物愛護センターの譲渡会に参加して
(2009年10月28日)
譲り受けてきた犬です。
月齢3か月ぐらいと,スタッフの方が説明してくれました。
出生のすべてが謎に包まれた犬なのです。

Bethが我が家に来たのを機会にブログを開設しようと思い。
タイトルをどうしようか悩んでいる時・・・

札幌在住の友人が
「出生がわからないんだったら火星から来たことにすれば!」
で決まったタイトルなのです。

カテゴリ別アーカイブ
管理人からのお知らせ
虫よけにお薦め
for girls who grow plump in the night
記事検索
just for a moment
Talking in the window as the light fades
I heard my voice break just for a moment
Talking by the window as the light fades
I felt the floor change into an ocean
We'll never leave here, never
Let's stay in here forever
And when the streets are quiet
We'll walk out in the silence
Listening to the movement that the night makes
I let the room fade just for a moment
Sitting in the shadows that the leaves make
I felt the floor change into an ocean
We'll never leave here, never
Let's stay in here forever
And when the streets are quiet
We'll walk out in the silence
Listening to the music the machines make
I let my heart break just for a moment
Listening to the music the machines make
I felt the floor change into an ocean
We'll never leave here never
Let's stay in here for ever
And when the streets are quiet
We'll walk out in the silence
プロパ癌だ!


お散歩時の熱中症予防に
ヤケクソバイオドリンクレモン広告
簡単な作り方を 「火星の食卓」で公開中です。