body

イボゴロリ 3

イボゴロリ2から続く。

P8305930


8月29日から戦闘開始!

取扱いマニュアルによれば

  • 一般家庭用浴槽の湯(約180L)にキャップ1杯程度を温湯にいれ,よくかき混ぜて入浴します。

  • 1日の入浴は1~2回にしましょう。

  • 入浴後はただちに浴槽のお湯を落とし軽く水洗いをしてください。



キャップ一杯=10mLなので
湯の素10mLに対し,お湯180Lだと,お風呂の湯の素濃度は約0.056ppm
これを湯の素1mLに対しお湯2L。
湯の素濃度を0.5ppm。約10倍ですね。
足湯にして開始。

足湯のタイミングと時間は,入浴時5分から10分ですね。
只「ボ~」っと足を漬けていられるのが5分ぐらいかな~
後は足を漬けながら,何時もの様にゴシゴシしてます。


すぐには良くならないのは判っていますが。

歩ってる時も痛いけど,歩った後が最も痛い。
血液が流れるのが判るというのか。
血液の流れが痛みを増幅してると言ったらいいのか。

あの何とも言えない,液体窒素の痛み。

早く解放されたい。

ので二日目からは。
湯の素の濃度を1ppm。
足湯の場所をリビングへ移動。
食事中,足を漬しています。
約30分位かな~

イボゴロリ 2

イボゴロリから続く

足裏のイボが4つに増え,最後(最後にしてくれ)の4つ目は,
爪の間にできたので・・・治療の時看護師のお姉さんが見つけてくれました・・・液体窒素の滲みる事。
デカい2か所を削り,4か所全部に液体窒素をふりかけます。
「・・・・・・」

本当は今日,南蔵王登山口から不忘-南屏風に登る計画を立ててました。
前回の治療のあと数日は痛かったのですけど,少しづつ痛みが引いてきており。
土曜日の治療の結果次第で,日曜・・・予報では晴れ・・・久しぶりに登っちゃおうと考えていたのです。

が・・・・です。
イボが増殖し,治療は凄惨さを極め(僕の中では・・・爪の間に注入させる液体窒素は極めて痛い)。
剥ぎ取られ,液体窒素で焼きつくされたイボの後は。
蔵王のお釜の様にぽっかりと口を開けているのです。
水面は綺麗なピンク色。
それでも,取り切れない。
このイボの執着心はいかほどのものなのか。
いい加減にしてくれと言いたい。


土曜日の治療の結果は,
歩くと大変痛い。
歩いた後,血液が傷口に「ドク,ドク」流れるような感じで,痛みが「ズッキン,ズッキン」
土曜日の夕食の時。
中止を決断し,

飲んだくれてました。
夕食の秋刀魚は美味しかったですね。
まだ一尾190円と高い・・・次は底値までガマンしよう。
秋刀魚をビニール袋に取分けながら,皆さま呪文を唱える様に・・・・秋刀魚好きには高値だもんね。

食後確認したんですが。
足が腫れていて,トレッキングシューズに足が上手く収まらない。
判った瞬間「ガ~ン」
致命的ですねこれは,どうあがいても山は無理。

完治予想がおよそ2か月。
毎週のように,こんな思いをするのは,いやだな~。
それに,土曜日必ず休めるとは限らないし。
9月の16日~18日は由利本荘に出張で,16日(土曜日)には通院できない。
この日は,山の会で一切経山(8月雨で中止になった山行のリベンジ)なんですけど。
仕事優先で,涙を呑んで断りました。
等々,治療に行けないことだってあるし・・・。
そこで考えたのは六一〇ハップ(むとうはっぷ)
しかし,製造中止。
理由は(リンクしたWikipediaからのコピペです)
2007年(平成19年)頃から、
硫化水素ガスを発生させることによる自殺への使用が多発しため社会問題となり、
2008年(平成20年)4月に販売自粛の措置が講じられた。
同年7月末で自粛要請は解除されたものの、
販売の見通しが立たなくなってきたことや後継者不足等の社内事情も重なり、
同年10月末で生産工場が操業を停止した。
なお、六一〇ハップの容量は1キログラム及び440グラムの2種類が存在していた。

仕方がないので,更にネットで調べて。
硫黄乳白色湯 湯の素 薬用入浴剤 (医薬部外品) 490g
を購入。
月曜日に届きます。
入浴剤としては使いません。
硫黄の成分は浴槽のFRP(僕の家のお風呂)を,黒く変質させてしまいます。
だから,足湯として考えてます。

液体窒素で焼けた傷口がふさがるのを待って使ってみようと思ってます。
治療に行けなかったときとかも。
出来るだけ早く治して,山に行きたい。
9月の下旬に夏休みを申請してるので,その時まで何とかしたいな~。


そして,日曜の朝。
「何と気持ちのいい朝だろう」週末の不愉快な出来事(治療の事ではないです)
をも吹き飛ばす爽快な朝。
でも,お散歩は中止。そして,山も中止。
「なんてこった!」と気持ちのいい朝なのに,憤りを感じる朝を迎えた訳です。

でも,西洋朝顔は,今までのうっぷんを晴らすがごとく,咲き乱れ始めました。
火星農園にアップする予定です。

何かジッとしていられないので,垣根の剪定作業をしたいな。
胡瓜はもうヨレヨレだし,茄子とトマトのお手入れしなくっちゃ。
でも,痛い。

来週は山へイクド~!!ではなく行きたいな~ですけど。

イボゴロリ

半年前に
右足の親指と人差し指の間に,①イボができました。
痛くないのでほっといたんですが,だんだん大きくなってきたので。
掛かりつけの内科医に,イボがとれる薬がないか相談しました。
その時お医者様は。
「ウイルス性だと厄介なので,専門医に見てもらった方がいいですよ」
で,なかなか病院に行けなくて,更にほっておいたんです。
そしたら,更に大きくなってきて。
結構邪魔なんですよね。
市販のイボコロリを購入。
根気よく継続して貼りつづけたんですけど,一向に良くならない。
取説によれば,効果を期待するのであれば,継続使用が望ましいと断言しており。
仕方なく,更に数度購入。
結構市販のこういう薬は,お高いのです。
そして,走ったり登ったり,結構ハードに動き回るせいか,すぐに剥がれる。
効果が全然期待できない。
更に,僕の財布のemptyランプが点灯。

「ヤ~メタ」


そして数か月後。
足の裏に鋭い痛みがあり,足の裏を覗いてみると。
そこには,②大型のイボが突如出現。


これはヤバイと
お財布を覗いてみると,ここ数カ月で若干の蓄えが。
やむなく僕は,清水の舞台から飛び降りるつもりで,イボコロリを購入。
また数度に渡って購入を続け。
そして,貼りつづけたのですが,まったく改善されず。
そして,更に③が追加。
『イボコロリ じゃなく イボゴロリ でっせ』

その間。
7月の秋田駒ヶ岳には,何としても行きたかったので,痛い思いをしながら登りました。

足の裏



そして,8月。
耳は痛くて聞え難くなってるし,足の裏の痛みは酷い。
そこで,土曜日に病院の梯子をする計画を立てました。
当初は耳鼻科の優先順位が高かったのですが
足の裏の痛みの方が勝ってきて, 皮膚科>耳鼻咽喉科 となり。
8時10分に病院へ出発。
8時30分には病院の駐車場に到着したんですが。
車を降りて病院の前を見てみると。
雨が降ってるのにもかかわらず,傘をさした長蛇の列。
そのとぐろを巻いた長蛇のを見た瞬間,帰ろうか思案しました。
しかし,そこは右足の裏の痛みもあり,左足で踏みとどまりました。

結果は
『ウイルス性イボ 尋常性疣贅』
特効薬無。
治るまで1~2か月。
治療方法
・削る。
・液体窒素でイボ細胞を殺す。

イボ20170820_00000

「それは痛いですか?」と僕。
「待合室で,子供のギャーギャーって声聞えたでしょう。そう言うもんです」と,
液体窒素の様に冷たい事を,ニヤニヤしながら先生。
「ガ~ン。山登れない?」
「登っても大丈夫です。痛いけど」

あの時,内科医の助言を素直に聞いていれば・・・後悔先に立たず。
おそらく治療費は,イボコロリに支払った金額の7分の1でっせ。

アクセスカウンター
  • 累計:

最新コメント
火星から来たBeth : Beth came from Mars.
2009年10月28日に火星から来ました。
Bethと言います。

Bethは,
宮城県動物愛護センターの譲渡会に参加して
(2009年10月28日)
譲り受けてきた犬です。
月齢3か月ぐらいと,スタッフの方が説明してくれました。
出生のすべてが謎に包まれた犬なのです。

Bethが我が家に来たのを機会にブログを開設しようと思い。
タイトルをどうしようか悩んでいる時・・・

札幌在住の友人が
「出生がわからないんだったら火星から来たことにすれば!」
で決まったタイトルなのです。

カテゴリ別アーカイブ
管理人からのお知らせ
虫よけにお薦め
for girls who grow plump in the night
記事検索
just for a moment
Talking in the window as the light fades
I heard my voice break just for a moment
Talking by the window as the light fades
I felt the floor change into an ocean
We'll never leave here, never
Let's stay in here forever
And when the streets are quiet
We'll walk out in the silence
Listening to the movement that the night makes
I let the room fade just for a moment
Sitting in the shadows that the leaves make
I felt the floor change into an ocean
We'll never leave here, never
Let's stay in here forever
And when the streets are quiet
We'll walk out in the silence
Listening to the music the machines make
I let my heart break just for a moment
Listening to the music the machines make
I felt the floor change into an ocean
We'll never leave here never
Let's stay in here for ever
And when the streets are quiet
We'll walk out in the silence
プロパ癌だ!


お散歩時の熱中症予防に
ヤケクソバイオドリンクレモン広告
簡単な作り方を 「火星の食卓」で公開中です。