paradox

情報の並列化をすることで,進化していく頭脳。
自分を特定するための記憶の断片(かけら)さえも,並列化した情報の波に飲み込まれる危険をはらみながら。
波に飲まれ,周りの人をを引きづり込みながら,消えていくもの。
都合のいい情報に乗り,流されていくもの。
情報の波にのまれ波間に消えていくもの。
すべて,平面の思考の故。
それでも,否応なく並列化は進む。
平面的な思考を置き去りにしながら。

記憶は単なるdataに過ぎない。
しかし,個が介在する記憶は,単なるdataではなく,網のなかで常に増殖していく生き物となる。
進化の過程?
情報の並列化の中で意識が意識にのみこまれ個を特定する記憶までもが共有される時。
いったい何が起きるのだろう。
究極は,個々の好奇心が個を特定するfaceになるのかもしれない。


今の社会システムの醜悪さは,皆が知るところです。
そして,多くの人が幻滅してる事でしょう。

インチキがまかり通り,真に生きるために闘う事を忘れた空間。
虚無が蔓延する空間。
未来を創るためと称し,
行動に対する責任。
生きるためのベースにあるもの。
行動規範のベースにあるもの。
それらを回避するために作り上げられたシステムが動いている。
平面的な行動規範。
マニュアルとその遵守。
それらが,決定された出来事を繰り返すという虚像に過ぎない作業を作り上げる。

見えないものへの際限のない作業と,結果の見ない永遠は,人を虚無に陥れる。
マニュアル社会の先に見えてくる平面思考の世界。
虚栄心の満足のために実務を捨ててきた社会。

不思議な思考。
個の主張を求めているのに,
個を強調する反面没個性的。
自我の存在証明を各々の才の価値に求めているにもかかわらず,
違う思想の人間を排斥しようとする。
まさしく平面思考のシステム。

そして今。
網の中にはびこるもの。
それは何の生産性もない無責任と平面的な思考の世界。
自分ではなにも生み出すことがなく,
道具としては使えるが,なにも理解していない。
自分にとって都合のいい情報を見つけると,
いち早くそれを取り込み,踊らされてしまう。

網のなかに巣食いそのものを食いつぶす。
動機なき行為がどんな無責任な結果をうみだそうとも,
何の責任も感じない。
口当たりのいい情報をまのあたりにすると,
都合のいい方向に流れていく。
水の流れのごとく,都合のいい方向へ流れる社会

網の中で難民と化す人々。

人は他者の介在があって,初めて存在しうる。
互いに関わり合うことができなければ,存在し得ないという事。
網の中の一人遊びは,存在そのものを否定し続ける叫びなのかもしれない。


頭の中に住むカオス

明日の希望を蝕む記憶
記憶のはざまでのたうちまわる意識
意識の中に割り込む記憶
意識か記憶か判別がつかなくなる時




見誤った判断と修正できなかった道程
積み重なった記憶が
意識の上に重くのしかかる

積み重なった苦悩の記憶
最大限の覚醒を持って涙した苦悩の記憶
嫌悪と羞恥とが錯綜する意識の中で交錯する

曲がりくねりながらも歩んだ道程
矛盾に満ちたものでも
明日につながる道程に違いはない
それさえも否定された時
明日を信ずるためのかすかな希望の今日までも消滅する

新たな苦悩の記憶を残さないために停止した意識
それは停滞を招き更なる不快な記憶の増幅に繋がる

すべてを肯定し受け止める
削除不可能な嫌悪と羞恥だらけの記憶を
新しい記憶で包み込む
それには歩き続けるしかない
歩き続けることで新しい記憶を積み重ね
新しい記憶で古い記憶を包み込む

それとも
一瞬の忘却のため
疲労で身動きができなくなるまで
そして思考できなくなるまで歩き続けるしかないのだろうか
しかし疲労しきって立ち止まる時
記憶の波が意識を包み込む

どの選択肢も
歩き続ける事・・・。



初秋の長雨と秋の匂い

季節は鼻で感じるもの。
稲穂のにおい,稲藁のにおい,季節季節でいろんな匂いがします。
夕食の準備の匂いも,季節によって変わるものです。

9月19日午前零時30分。
寝苦しくて目が覚め,温度を見ると30℃を超えてました。
今日の予想最高気温が23℃。
これから7℃以上も温度下がるの?

シンドイ夜が明けて・・・
朝の散歩は,いろんな意味で大変。
gIMGP4222

最近2~3日は,大気が重い。
名取閖上。亘理荒浜。岩沼。がれきが燃えたり,くすぶったり。
南東の風でも,北東の風でも,凪ぎの時でも漂うこの重さはとても辛い。
頭痛だけではなく。吐き気までします。
がれきが燃えなくても・・・
このエリアでは,春秋に野焼きが行われます。
日が短い朝の散歩では,煙が見え無いので煙にまかれる事もあります。
基本的に避けるように歩きますが,暗闇の中煙に巻かれ,嘔吐した事もあります。
切実な問題ですが,どちらもどうすることもできません。
風を読む力をつけるしかないのかもしれないと・・・常風を読む力。
最盛期は,町全体が煙に覆われる事もあるのだから,
読めたって何になるんだって気もしますが。

雨降りの今日は,Beth様,家の中でお戯れを







雨の中の午後の散歩の後・・・洗足の儀式が待っているのです。
gP9198766

ヤダな~。またお風呂かよ!
gP9198768
ほ~ら,足を洗うよ
gP9198771

え~。もう終りよね。
gP9198779
ふ~。やっと終わった。
gP9198786

gP9198821

gP9198826

いい匂いだけかがせられて,なんかイジケテルような感じですね。
そして,外に・・・実は原っぱでおトイレタイム。
gP9198832

家の外で・・・・
gP9198836
夜の緑のカーテン。
とても綺麗だったので,写真を撮りました。

夕食を食べたら,やっと落ち着いた感じですね。
P9198855

午後からは20℃以下の肌寒い陽気になりました。




お し ま い

**********追伸**********

2010年散歩中に煙に巻かれて,体調がおかしくなったのを機会に
野焼き,焼き畑,その他の焼却処分について,関係機関に規制ができないかを含めて,問い合わせをしました。
ちょうど同じ時期にロシアで,大規模な森林火災があり,必死に消そうとしてる人もいれば・・・
河川敷等では,行政が指揮をとって野焼きをしてる・・・矛盾を感じていました。

行政サイドからの回答書です。
焼き畑2
 
農業関連団体からの回答書です。
焼き畑1
 

行政サイドに規制を求めるのは,酷かもしれないですね。
彼らは,上意をもとに?法律を準拠するのが仕事だと言う事を改めて感じました。
関連団体に関しても同様ですね。
一市民の声には,マニュアル通りの回答と言う事でしょう。

今の社会は,品質維持管理をする為の最近はやりのシステムと同じなのですね。
品質マニュアルが,品質維持管理システムに逸脱していなけらば,そのマニュアルに沿ったシステムの運用がなさせる。
マニュアルが全てになり,それ以上もそれ以下もない。
時々改版はされるが,運用面での不具合がもとの改版がメインとなる。
自分たちが作った枠からは,絶対逸脱する事がない。
閉塞した思考が蔓延し,進歩がないシステム。
一度作られてしまうと,変更,改版,廃止するのが容易でない。
世の中にも会社にも変なプライドだけが横行し閉塞感が漂う。
法律も,品質マニュアルも同じ。
不具合,矛盾を変えるには,力(power)が必要になる。
しかし,powerがpowerを呼び,そしてpowerを統合するpowerが。
原子力発電の推進を強行した背景にも同じような事があったのだと思う。
エネルギーが社会の発展につながる事は誰もが承知している。
そして資源のない国が,原子力の光に活路を求めていく。
確かに素晴らしいエネルギーに思えた。
開発当初は,あまりにも明るすぎる光に,矛盾が見えなかったのかもしれない。
その矛盾が見えても,その巨大なpowerは矛盾を飲み込んで進んでしまった。
技術的な矛盾をも無視し成長を遂げ,今もまた走り続ける。
今の社会の最大の問題点は,進むべき道がpowerに左右される事。
しかし,powerに左右されるのは,社会が機能する上では仕方のない事なのかもしれない。
そして現状は,途中で立ち止まり考え,矛盾点を修正できない。
powerが自らの保身のためだけに,自ら持ってる強大なpowerを行使してしまう事にある。



自分達の住む社会が全てである。
等と言う思い上がりは捨てるべきであろう。
人が人として生きる姿は?慈愛でもなければ,尊厳でもない。
それは,今回の大震災で充分わかったであろう。
僕たちは,生きる事の疑問を解決するために,生き続けなければいけないと言う事。
それ以外の何物でもない。
生きる喜びもあれば,苦しみもある。
それは,自分たちが生きる意味を見出すための段階にしか過ぎないのではないか。
生きる意味を,見出すためだけの命。
永遠の命題あろう。
たかだか数十年の生。
地球。宇宙。それを包括するであろう意識の世界は,我々に何を求めているのだろう。
それは,やはり自分が生に対する意味を真摯に考える事が出来ないから思う疑問かもしれない。
宇宙をも包括する空間は,砂粒にも満たない僕たちの生など,意味のないものかもしれないのだから。

アクセスカウンター
  • 累計:

最新コメント
火星から来たBeth : Beth came from Mars.
2009年10月28日に火星から来ました。
Bethと言います。

Bethは,
宮城県動物愛護センターの譲渡会に参加して
(2009年10月28日)
譲り受けてきた犬です。
月齢3か月ぐらいと,スタッフの方が説明してくれました。
出生のすべてが謎に包まれた犬なのです。

Bethが我が家に来たのを機会にブログを開設しようと思い。
タイトルをどうしようか悩んでいる時・・・

札幌在住の友人が
「出生がわからないんだったら火星から来たことにすれば!」
で決まったタイトルなのです。

カテゴリ別アーカイブ
管理人からのお知らせ
虫よけにお薦め
for girls who grow plump in the night
記事検索
just for a moment
Talking in the window as the light fades
I heard my voice break just for a moment
Talking by the window as the light fades
I felt the floor change into an ocean
We'll never leave here, never
Let's stay in here forever
And when the streets are quiet
We'll walk out in the silence
Listening to the movement that the night makes
I let the room fade just for a moment
Sitting in the shadows that the leaves make
I felt the floor change into an ocean
We'll never leave here, never
Let's stay in here forever
And when the streets are quiet
We'll walk out in the silence
Listening to the music the machines make
I let my heart break just for a moment
Listening to the music the machines make
I felt the floor change into an ocean
We'll never leave here never
Let's stay in here for ever
And when the streets are quiet
We'll walk out in the silence
プロパ癌だ!


お散歩時の熱中症予防に
ヤケクソバイオドリンクレモン広告
簡単な作り方を 「火星の食卓」で公開中です。