dinner

友遠方より来たる2014.01

P1273207




2014年1月25日 土曜日
P1273167

zirとmargaritaが一緒に実家に帰ってきました。
margaritaに会うのは6年ぶりぐらいかな~。
「お久しぶりブリ」

夕食にご招待しました。
友遠方より来る2014年1月
ちょっと頑張っちゃいました。
margaritaはちょっと事情があって食べ物に制限があります。
1日目は,まずはmargaritaご所望の「スコッチドエッグ」。
そして,2日目はちょっと冒険をして,margaritaの食の範囲拡大を模索。
できるだけいろんな食材を,おいしく食べて,体力つけて欲しいという願いを込めて作りました。
「挽き肉入りオムレツ」と「ロール白菜」です。
結果は好評で「メデタシ。めでたし」
ひき肉は全て豚挽き肉。
玉子は半熟分を残さない堅焼きで,極力添加物は使っていません。
野菜は土がついたまま売っている地場産をできるだけ使っています。
作り方に興味のあるお方は「火星の食卓」と「のざぽんの食道楽」をご覧ください。
食事をしながらの楽しい会話。
食べながら・・・こぼれ落ちそうな笑顔は,みんな素敵なお顔をします。
至福の時ですね。
そしてあっという間のひと時。
時間の感じかたの不思議を実感する瞬間です。

そして帰宅の時間。
0125

「ピンポピンポン。ピンポピンポン」
の音とともに到着時刻50分遅れのアナウンス。
そして「事情によっては千歳に下りないこともあるんだかんね」って。
他人事のように,流暢な日本後?と綺麗なお声で・・・。

呆然と立ち尽くす友人
0124
しかし,案内板にはアナウスの内容はまだ未掲示。
アナウンスミスであって欲しいと願うかのような後姿。

「千歳に下りれない時って,仙台に戻ってくるの?」
「羽田って言うか東京空港に下りるんだって」
「なんで?」
「最終便だし。最終便が離陸したらあとは仙台が営業時間終了するかららしいよ」
「という事は,その分飛べる燃料は,最初から積んでるってことなんだね」

結局1時間遅れの搭乗開始。
お見送りをして
「ご安全に!」



そして,zirからの早朝メールを受信。
飛行機01

P1273207
目が落ち窪み,
左目が二重になってお疲れモード。
お疲れ様です。
そしてご苦労様です。


P1263138


**************** P.S. ****************

でもこれが不幸中の幸いだったらしいです。
予定通りついていたら,夜だし駐車場で雪に埋もれた車を出せなかっただろうとのこと。
高速も通行止めだったらしいし。
翌日の朝6時50分の便だから,到着後駐車場の除雪をブルドーザーでしてもらえたのだそうです。
そして車の雪下ろしをして出発できたのだそうです。
雪が半端じゃないですね北海道は・・・。
いや~ご苦労様でした。

収穫の時期のお誕生日

日中の陽射しが強く刺すような感じは変わりませんが,
朝晩の大気は重々しい感じから,
徐々にではありますが軽快な感じに変わってきました。
そして,朝の空はあの押しつけがましいほどの権威主義的なオレンジ色から,
リベラルな青に変わりつつあります。
0916
うきうきするような青。
こんな青を見ると,自転車に飛び乗って海や川,そして山へ出かけたくなるのです。
自転車_21
P9054130

そして収穫の秋
0915

こんな素晴らしい季節に誕生日だなんて・・・うらやましいぜ。
そうなんです。
今日9月4日は
火星から来たBeth・火星農園・火星の食卓・電気のなぜの
共同運営者 susie tomo の**回目の誕生日なのです。

そこで,tomoさんのために新たな漬マグロ丼を製作してみました。
0913
tomoko-bq_22masahiro-5_21

メインは漬マグロ丼。
付け合せは,
モロッコいんげんに梅マヨネーズと焼きナスです。
味噌汁はシジミの味噌汁。
デザートが卵舎のオムレットと,
tomoさんの名古屋時代のお友達が贈ってくれた
(9月4日着と言うイキな計らい)
”ぶどう:マニキュアフィンガー,ロザリオ,ゴルビー,セキレイ,巨峰”
の中の巨峰をいただきました。
流石にデザートは食べきれませんでしたけど。

漬マグロ丼は,
焼いたり,お湯を通したりして漬けだれにつけ込むより,
生のまま切り身を漬けだれにつけ込んだほうがおいいしいです。
今回はメバチマグロを使いました。
昔は本マグロがお高くとまっちゃっていてむかつきましたけど,
最近はメバチマグロも,結構お高くとまっていてむかつく存在になってきましたね。
なので,次回はちょっと庶民派のキハダマグロを使ってみます。
火星の食卓で紹介しますのでよろしくね。


riku君(♂)4歳です。

チーズ入り

休日の昼下がり。
「・・・・・・・・・」
なんとも記述しようのない悲鳴が。
何事かと,悲鳴の聞こえたキッチンの裏手の倉庫に行ってみると。
そこには・・・・・・ですね。
ドッグフードを手にしながら,愕然としているtomoさんがいたのです。
「どうしたの?」
「チーズ入りを買って来ちゃった!」
かなりショックの様。
「tomoさんがドッグフード食べるわけじゃないから,
いいんじゃないの。」
「・・・・・・・・・・・・・・・・・・」
「でもさ。ショックなのよ」
チーズ入り
Bethにとっては何の問題もない様なんですが。
ご飯をセッティングするtomoさんに大いに問題がある様でした。
僕が気付いた範囲でなのですが,
「チーズくさ~い。」を連発しながらあげていました。
そして,最後に必ず,
「もう絶対買わないわ。」
と言って,Bethの食事が終わるのでありました。
一番の被害者は,Bethなのかもしれないな~と思って聞いてました。

アクセスカウンター
  • 累計:

最新コメント
火星から来たBeth : Beth came from Mars.
2009年10月28日に火星から来ました。
Bethと言います。

Bethは,
宮城県動物愛護センターの譲渡会に参加して
(2009年10月28日)
譲り受けてきた犬です。
月齢3か月ぐらいと,スタッフの方が説明してくれました。
出生のすべてが謎に包まれた犬なのです。

Bethが我が家に来たのを機会にブログを開設しようと思い。
タイトルをどうしようか悩んでいる時・・・

札幌在住の友人が
「出生がわからないんだったら火星から来たことにすれば!」
で決まったタイトルなのです。

カテゴリ別アーカイブ
管理人からのお知らせ
虫よけにお薦め
for girls who grow plump in the night
記事検索
just for a moment
Talking in the window as the light fades
I heard my voice break just for a moment
Talking by the window as the light fades
I felt the floor change into an ocean
We'll never leave here, never
Let's stay in here forever
And when the streets are quiet
We'll walk out in the silence
Listening to the movement that the night makes
I let the room fade just for a moment
Sitting in the shadows that the leaves make
I felt the floor change into an ocean
We'll never leave here, never
Let's stay in here forever
And when the streets are quiet
We'll walk out in the silence
Listening to the music the machines make
I let my heart break just for a moment
Listening to the music the machines make
I felt the floor change into an ocean
We'll never leave here never
Let's stay in here for ever
And when the streets are quiet
We'll walk out in the silence
プロパ癌だ!


お散歩時の熱中症予防に
ヤケクソバイオドリンクレモン広告
簡単な作り方を 「火星の食卓」で公開中です。