trekking

霊山

オムニバスな山です。

IMG_0925


11月23日(金曜日)勤労感謝の日
前日の夜,休みが確実になってから,会社で山行の打ち合わせ。
風邪をこじらせ,更に2週間無休による疲労の蓄積。
もう限界寸前だったので「ゲホゲホ」しながら登りました。
登らないと体が持ちませんので。
ノンビリですけど。

世の中そんなに甘くはありませんでした。
(緊急対応:土曜日の夜から日曜日にかけて・・休んだ気がしませんでした)

でも登れたので,少しはリフレッシュできたかな~
member : kouちゃんとnozapon 2名
登山開始 : 10時40分
下山   : 13時40分

ルート

霊山こどもの村の奥にある登山口から大きく右回りに回ってみました。

登山口⇒鍛冶小屋岩⇒見下し岩⇒天狗の相撲場⇒護摩壇⇒霊山城跡(昼食)
東物見岩⇒猿飛岩⇒望洋台⇒無線中継所跡⇒登山口

2018.113



PB233900


PB233973



2018.114


「おおお!みくだし岩・・・すごいネーミングだ」

PB233920

ルビがふってありました。
「みおろし岩」でした。僕だけでしょうか「みくだしてたのは」

PB233925

PB233928



PB233943

霧氷ですね。
下から見上げた時,とても綺麗でした。
残念ながらその絵は撮影しませんでした。

なかなかの登山道です。

PB233945


PB233946


PB233948

PB233949

PB233950


「オッ!イイネ」

PB233951


「ツレが,挟まってます」

PB233953


PB233959


護摩壇到着

PB233956



霧氷です。

PB233969

PB233970



お昼で~す

PB233980

PB233981


2018.115


学問岩だって

PB233993

撫でたら・・・ご利益が?

2018.116


蟻の戸渡り中

2018.117


猿飛岩から下を覗いて

PB234016

肝を冷やしてから
無線中継所跡を経由して・・・トットコ下山開始。

PB234023

PB234024

PB234025

PB234026

PB234036

登山口到着

PB234042


入り口付近のアイスクリーム屋さん「まきばのジャージー
ソフトクリームを食べて:ここのミルクソフトはとても濃厚で美味しいです。

IMG_0931


更に山元町にあるケーキ屋さん「Petite Joie」へ

無花果のケーキが目的だったのですが・・・無花果の旬は夏の終わりから秋の初めぐらい。
無花果が目的だとすれば,その時に来ていただいた方がいいです。
と,御主人が説明してくれました。
そして今日のお薦めは「ラフランスのケーキ」と勧めてくれたケーキを購入。
家路に付いたのであります。
すご~く美味しかったのですよ。

応援してます『やまうち農園
50年以上昔,庭に無花果の木が数本ありました。
完熟した無花果の実を捥いで食べてた記憶があります。
シャリシャリと言う独特の食感で,摘み取った時の手がベトベト・・・口の周りがベトベト。
美味しかったのですたまらなく。
あま~い香りが蘇ってきます。


温海嶽

2018年10月28日 日曜日
閉山祭
メンバー:kuniさんとnozapon

久々の山,そしてUP。

出張の間隙を縫って,出かけた先は温海温泉の温海嶽。
そして,生憎のお天気

PA283837

雲の流れが速く,降ったり止んだりを繰り返す,日本海独特の秋のお天気。
ザッグカバーをセッティングし,レインウェアーを上だけ着込んでから,集合地点の熊野神社へ。
御祈祷と記念撮影後出発。

2018.10

カメラはバッグパックにしまい,スマホでの撮影となりました。
無念じゃ。
この山は苔が綺麗なんですよ。

IMG_0813


2018.101

時折降る雨,頂上に着くころは止んでるとタカを括っておりました。
だから,パンツの上はレインウェアーを穿くこともなく・・・・。

2018.104

暗い森の中を,腹ペコになりながら登ったのであります。

2018.103

(食事は3時半ごろ,自宅を出発する前に摂取・・・
それ以降は,レインカバーに包まれたザッグを紐解くのがめんどくさくて食べてませんでした)
いつもの「ヨイショ」の代わりに出る単語は「腹減った」

ブナ林は,やはり気持ちがいいです。
雨のブナ林もなかなかいいもんですよ。

頂上到着。

PA283844


PA283847


なんだか晴れてきたので,ザッグのレインカバーを剥ぎ取り,レインウエア―を脱ぎ

2018.106

「めし~」
今日は,賞味期限が切れていない,鮮度の高いカップ麺!!
(山には非常食のカップ麺の携行を義務付られており,古い順番に「ハイ」と渡されるのでありますが,買い置きが少なかったせいなのかな~?)



食事後,頂上で記念撮影。

2018.105


カッパを着こむ事もなく,ザッグカバーを装着する事もなく,下山。

2018.107


爺杉の切株で休憩をとったあたりまでは,よかったのですが・・・
森の中が暗くなりはじめドシャブリ!

急ぎ足・・・無事下山(びしょ濡れ)

ナメコ汁と赤カブの漬物

PA283868


僕の希望としては,たんぱく質が欲しい!

と写真を

記念写真20181111_00000


渡され解散。

入浴と山形道寒河江SAでソフトクリームを堪能しつつ帰宅。

2018.108


今日の収穫は天然ナメコ(でかいです:kuniさんが採取したのを頂きました)

あと,日本酒の

PA283876

摩耶山,麻耶姫。




 追伸 


まだまだ,忙しい日が続いてます。
お誕生日のお祝いを作れなくています・・・落ち着いたら作って送りますね。




禿岳

日時:9月22日(土曜日)
メンバー:山の会 25名
禿山

雨の為中止

翌日の9月23日(日曜日)
メンバー:kuniさんと,kouちゃんと,nozaponでリベンジ。
この日はなんと快晴なのでした。
朝7時30分出発,近所のkuniさんを拾い,仙台在住のkouちゃんを仙台で拾い,
通いなれた108合線を花立峠へ。

10時15分登山開始。

P9233180

P9233182

P9233184

「目指せ禿」

P9233187


気持ちのいい木漏れ日の中を

P9233185

P9233189


頂上を目指して

P9233197


結構,苔の多い山で・・茸も

P9233195


茸の事は全く分からないので
何かおいしそうなんですが・・・未だに残ってるという事は,毒茸?

P9233196


P9233199

P9233202

P9233205


小休止

P9233208

赤とんぼがいっぱい

登山口があんなに下の方に見えます。

P9233213


7合目

P9233217


7合目と8合目の間の,ちょっとした岩場で大休止。

P9233220

P9233218

8合目
P9233223

P9233227

P9233230


ナナカマドが,青空に映えて,とても綺麗。

P9233240

P9233246


P9233255


南峰通過 12時

P9233257

「お腹がすきました~」

もうひと踏ん張りで「メシだ~」

P9233259


「到着」

P9233263

2018.091


頂上でほぼ1時間過ごしてから

P9233289

下山開始

P9233295

P9233302


P9233307

緑色のビロードを満喫しながら

P9233309

P9233310

P9233312

P9233314

P9233315

P9233317

そっちフラフラ~,こっちフラフラ~。
寄り道しまくりの下山。

2018.092

美味しそうな?茸を横目に・・・(温海嶽のスキモタケの一件もあり)
「自然は自然のままに・・・お店の茸で間に合ってるんだよね」
(茸の事が判らない悔しさを飲み込んでの,捨て台詞)

2018.093

秋の気配を感じながら。

P9233347

登山口到着 : 14時30分。

P9233351


P9233365


道の駅「あ・ら・伊達な道の駅」へ寄り道。
ソフトクリームを堪能してから帰宅。
アクセスカウンター
  • 累計:

最新コメント
火星から来たBeth : Beth came from Mars.
2009年10月28日に火星から来ました。
Bethと言います。

Bethは,
宮城県動物愛護センターの譲渡会に参加して
(2009年10月28日)
譲り受けてきた犬です。
月齢3か月ぐらいと,スタッフの方が説明してくれました。
出生のすべてが謎に包まれた犬なのです。

Bethが我が家に来たのを機会にブログを開設しようと思い。
タイトルをどうしようか悩んでいる時・・・

札幌在住の友人が
「出生がわからないんだったら火星から来たことにすれば!」
で決まったタイトルなのです。

カテゴリ別アーカイブ
管理人からのお知らせ
虫よけにお薦め
for girls who grow plump in the night
記事検索
just for a moment
Talking in the window as the light fades
I heard my voice break just for a moment
Talking by the window as the light fades
I felt the floor change into an ocean
We'll never leave here, never
Let's stay in here forever
And when the streets are quiet
We'll walk out in the silence
Listening to the movement that the night makes
I let the room fade just for a moment
Sitting in the shadows that the leaves make
I felt the floor change into an ocean
We'll never leave here, never
Let's stay in here forever
And when the streets are quiet
We'll walk out in the silence
Listening to the music the machines make
I let my heart break just for a moment
Listening to the music the machines make
I felt the floor change into an ocean
We'll never leave here never
Let's stay in here for ever
And when the streets are quiet
We'll walk out in the silence
プロパ癌だ!


メンバーリスト
お散歩時の熱中症予防に
ヤケクソバイオドリンクレモン広告
簡単な作り方を 「火星の食卓」で公開中です。
宮城県のお天気