trekking

霊山

2019年1月4日まさしく1年前の今日・・・登った時は、雪が積もっていて楽しかったのです。
ですので今年も・・・計画はしてました。
ただ、12月中旬ごろから左脚と左腕に原因不明の痛みがあり、どうしようか迷ってました。

12月29日にBethといった里山。
その後の数日は、不思議なことに体調が良くなったのですよ。
痛みが和らいだ程度ですが。

と言うこともあり、思い切って行ってみました。

残念ながら雪は全くなく、ちょっと拍子抜けしたのですが。
今まで行ったことのない霊山寺まで足を延ばすことができ、結構楽しかったですね。
霊山寺のほうは、登山客が皆無。
なので元気溌剌やりたい放題?・・・最高でした。



夕食の牡蠣鍋の出汁を作ってから家を出発。

115号線は通行止めの標識。
標識の内容は「福島へは通り抜けできません」でした。
行けるとこまで行ってみようと思い通過。


霊山登山口には9時過ぎに到着。
登山口駐車場のトイレは冬期間閉鎖のため、
りょうぜん紅菜館に一度おりて、トイレをお借りしてから登山口に戻り準備。
登山口付近は積雪は殆ど見られなかったのですが、トレッキングポールは万一に備えて持っていくことにしました。
トレッキングポールは冬用にスノーバスケットをつけてきたので通常のバスケットに交換。
スノーバスケットはバックパックのポケットに入れ。
さらに石突にはゴムキャップを装着。

では、出発。

P1040257


P1040271

鍛冶小屋岩を通り過ぎて、振り返ってみると

P1040274

岩の上の木の根っこが岩を突き抜けて、地面に到達してるように見えたのです。
「スゲ~」と思いながら戻って確認。

P1040268

「なんだ、突っ支い棒だよ」
石が倒れない様に?ですかね。
「フフフ」面白いですね。


去年と同じように

P1040275


日暮岩・弁天岩へ

P1040276


日暮岩到着

P1040279


P1040280

高いところは苦手なので・・・今回も遠慮しときます。

P1040287


P1040291



3分岐

2020.01



雲切岩?

P1040303

P1040305


そして、弁天岩経由 大山祓神社跡

P1040308


今回初めてです。

これ以上は進めそうもなかったので、先ほどの山分岐まで戻り、弘法突貫岩・東物見岩へ。

P1040331



弘法突貫岩到着

P1040339



やはりこういうのを見ると

P1040335


やってみたくなりますよネ。

目いっぱい入れても奥に届かないのです。
どのぐらい深いか、今日はコンベックスを持ってきてないので、
枯れ枝(約500~600㎜)を使って、

P1040336


P1040337


棒が抜けなくなって、ちょっと焦りましたが、なんとか抜くことができ。
「ホッ」

明らかに普通の人間の手の長さでは一番奥に触れることはできない様です。

弘法大師は異常に手の長い人だったのか?

更に左の穴には手は入りませんでした、いったい何で?


五百羅漢岩を通過

P1040340

P1040342

P1040343




分岐点へ到着

P1040348


1分少々で望洋台到着。

P1040351

P1040354

P1040357


4~5分で天の釣舟入り口到着

P1040359


ここから東物見岩までの雑木林がとても好きです。

P1040387

P1040398

P1040402

P1040404


霜柱も

P1040412

P1040413


学問岩

P1040416


ご利益がありますように・・・・今更。

P1040417


P1040419



東物見台 海抜825m

P1040421


P1040423

P1040424


お腹がすいてきたので、ここで昼ご飯にしようと思ったのですが、風が強い。
ので東物見台と霊山城跡の途中の分岐点から下った窪み「仙人水」

P1040430

でお昼ご飯。

P1040433


分岐点に戻って霊山城跡へ

分岐点で、

P1040437

霊山寺跡へひってみたくなり、
Let's go!

P1040438



釣瓶落岩へ寄り道

P1040442


P1040445


P1040447


P1040449


P1040450


高いところは苦手なので・・・パス

分岐点

P1040454


ここを右に

P1040455


霊山寺到着

P1040458

P1040457




柱の跡

2020.011


日枝神社

P1040477


P1040478


くだらない落書きが・・・情けないですね。


P1040483


霊山城跡

P1040500


P1040501


P1040502


P1040507


P1040511

P1040510

P1040513


下山

P1040520


P1040534


P1040535








相馬方面へ出かけたとき、Petite Joieによってケーキを買って帰ります。

2020.012

今回は2種類買いました。
どちらもとても美味しかったのですが、
右側のシュークリーム:ラムレーズンがクリームに入っており、
ラムレーズン大好きな僕にとっては、最高のシュークリームでした。

藤倉山閉山祭 

11月1日(金曜日)kuniさんからお誘いのメールが来ました。
藤倉山閉山祭
当然二つ返事で『了解』

ただ、6カ月ぶりの山行なので( ^ω^)・・・

11月3日(日曜日)午前5時30分出発。


8時ごろ到着

2019.11


水無神社からは、軽トラックの荷台に乗っての移動。

PB039147


閉山祭開始

PB039152


ニュートレッキングシューズ : デビュー

2019.111


登山開始

2019.112


PB039164


PB039170


PB039173


PB039175


見晴台 : 小休止

PB039176

PB039179

PB039180


藤倉山頂上へ

PB039181

PB039183


見晴台から藤倉山頂の途中にある覗き穴。
別に覗かかなくてもいいような気もするんだけど、
見渡す限り続く眺望をわざわざね~。
人の心理としては除きたくなるんでしょうね。


PB039185

PB039186


頂上から
カップ麺とおにぎりを食べながら

PB039188


蒸気機関車Ⅽ11の汽笛が聞こえたので、
望遠にしてのぞき込みましたが?

PB039190

PB039191


記念撮影をして

IMG_2198


下山

2019.113


途中、何とか我慢していた空が、とうとう泣き出してしまいました。
結構滑ります。

大泣きし始めた空に・・・僕は半泣き。

滑って尻もちをついて『デヘヘヘ』と照れ笑い。
(やっぱりバランスと体幹すかね)
今日もやっちまったぜ。


帰宅後
温海温泉で購入した摩耶姫で乾杯!

PB039197








追伸

kuniさんへ
次回は僕がお迎えに上がりますので・・・よろしくデス。


宮城オルレ 気仙沼唐桑コース

コース:巨釜・半造~唐桑半島ビジターセンター
参加人数36名(過去最高の参加人数にビックリ)

唐桑オルレ

逆から辿るコースをチョイス


IMG_1237


唐桑オルレは
リアスの大地を体感し,
リアスの人々の温かみを感じる旅でした。


僕達は何のために生きるのかな~。
そんな究極の命題を抱えながら生きているのではないでしょうかね。
それは,頂上へ到達できないでいる時・・・
ルートチョイスを見誤った時,
とても似た状況に追い込まれます。
まさしくその時の閉塞した心の中で生み出される感覚と似ています。

生きるルート,そして登るルートのチョイスは,僕達自身の五感+αですね。
大した山も登っていないくせに,エラそうな事言ってますが,
体と心で実感したからこそ言えるのだと考えます。

トレッキング前日は,深夜に帰宅。
体力的にもキャンセルしたくなるようななかで,何とかバスに間に合いました。
バスの中ではほとんど寝まくっていましたが,
こんな景色を見た瞬間


P4135405


P4135407


P4135411


P4135423


P4135420


「あ~来てよかった」

P4135435


P4135438


P4135454


P4135460


P4135461


P4135471


「絶句しました。あまりにも美しいので」

P4135480









特別なトレッキングです。

明治の人たちが作った堤防。

P4135511

標高28mです。

どう考えても,東電と国の考えはおかしい事に気付きますね。

2019.04


皆さまリアスの大地を実感してる様です。

2019.041


P4135555


P4135559


御崎神社で記念撮影

P4135565


もう一息ですよ「**ちゃん」

P4135576


2019.042

アクセスカウンター
  • 累計:

最新コメント
火星から来たBeth : Beth came from Mars.
2009年10月28日に火星から来ました。
Bethと言います。

Bethは,
宮城県動物愛護センターの譲渡会に参加して
(2009年10月28日)
譲り受けてきた犬です。
月齢3か月ぐらいと,スタッフの方が説明してくれました。
出生のすべてが謎に包まれた犬なのです。

Bethが我が家に来たのを機会にブログを開設しようと思い。
タイトルをどうしようか悩んでいる時・・・

札幌在住の友人が
「出生がわからないんだったら火星から来たことにすれば!」
で決まったタイトルなのです。

カテゴリ別アーカイブ
管理人からのお知らせ
虫よけにお薦め
記事検索
just for a moment
Talking in the window as the light fades
I heard my voice break just for a moment
Talking by the window as the light fades
I felt the floor change into an ocean
We'll never leave here, never
Let's stay in here forever
And when the streets are quiet
We'll walk out in the silence
Listening to the movement that the night makes
I let the room fade just for a moment
Sitting in the shadows that the leaves make
I felt the floor change into an ocean
We'll never leave here, never
Let's stay in here forever
And when the streets are quiet
We'll walk out in the silence
Listening to the music the machines make
I let my heart break just for a moment
Listening to the music the machines make
I felt the floor change into an ocean
We'll never leave here never
Let's stay in here for ever
And when the streets are quiet
We'll walk out in the silence
プロパ癌だ!


メンバーリスト
お散歩時の熱中症予防に
ヤケクソバイオドリンクレモン広告
簡単な作り方を 「火星の食卓」で公開中です。