RIVER

夏から秋へ

収穫の秋

P9106010

稲穂の香りが漂うこの季節。
そして,斑に漂う秋の気配。
暖かい人のぬくもりが恋しくなり出す季節。
窓辺からこぼれる明かりが醸し出す温もり。
優しい人の営みが培うもの。
やさしく手を添えて,一緒に歩んで行こうって思える瞬間。



スポーツの秋
河原で GO!




河原で GO?
いや~。
もうちょっと場所を考えて頂きたいものです。
走って走って走りまくれる場所が,占有されていました。
仕方のない事ですが,我ままだとは分かってはいますが
ちょっと,近寄りがたく,それでもBethが寄って行きます。
見せてくれるんだったら見てもいいけど,ちょっとね。

実は目指す場所に向かっている時。
耕運機を積んだ軽トラックが追い抜いて行きました。
道幅の狭いところなので,雑草の生い茂る場所に足を踏み入れて,追い抜くのを待っていました。
追い抜く時会釈位すればいいのにね。
河川敷で道を譲って会釈されたこと全くないです。
何ででしょうね。
ただちょっと殺気立っている様な気配。
さらに耕運機は取っての片側だけをロープで固定し,荷台の上で左右に揺れていました。
「危ないな~」

歩く事十分程度。
雑草の少ない広場に到着して納得。

広場の真ん中を通る道の川側に,黒の軽乗用車と先ほどの軽トラックが縦列駐車。
事に及んでいました。
Bethが近寄っていくので・・・何をやってるのか〇見え。
困ります~。
こう言うのを公序良俗に反する行為って言うのかな~と実感しました。
うらやましい?
いろんな思いが交錯する中。

僕とBethはスポーツの秋を堪能したのです。

河川敷を一周してきて,堤防の上から見ていると,終焉を迎えていました。
約40分後のお別れ?
「フ~ン。割と淡白だね」

友人に聞きました。
「この辺りで,このような事は結構あるんだけど,地元民じゃないんだよね。」
でもね。
耕運機背負って仙台から来ないよね。
河川敷を縦横無尽に歩き回っていたので,どちらの方面に帰宅したのまで判ってしまいました。
だって,あそこまで見せられたら,気になるよね。

あれは芸術ではない?欲術から派生した技術と,生命力?なのかな~。
全く違う秋?を見せつけられました。
秋だけじゃないけどね。




芸術の秋

P9106059

普段見てる景色も,あの暑い夏が過ぎ去った後の季節には,不思議な名残が漂います。
多くの命を育む季節の終焉が訪れる。
なにか不思議な感情が湧いてきます。




天高く馬肥ゆる秋

09

躍動を感じながら,生きる。
冬に備える気持ちが躍動へ駆り立てるのだろうか。
冬を乗り切るために。




食欲の秋

20160922食欲の秋

暖かくて美味しいものは,心の氷河さえも溶かします。
暖かい部屋で,暖かい夕食を迎えることができる喜び。
優しさが溢れる夕食が。
笑顔があふれる夕食が。
明日の糧となる。
生きて行くための。
素晴らしい世界だと思います。
だから,守っていかなければいけない。

P9226595

左がtomoさん特性「はらこ飯」
右がノザポン特性「豚汁」
この取り合わせ「まじで,ヤバイ」




山の秋

094

これはこれで楽しいのですけど・・・More・More・Moreなのです。

でも未だに高いとこ苦手です。
変かもしれませんが,人気がなくて見通しの悪い樹林帯を歩くのが好き。

河川敷の出会い

6月7日午前5時30分
流石に釣り人以外はいないだろう?と思って乗り込んだ河川敷は・・・

P6075219

P6075229


いましたリモコン飛行機を飛ばすセ君・ス君・ナ君達。
釣り人「こんだけ水あれば,大丈夫だべ~」君とその連れ。
猫のイ君・ロ君・ハ君・ニ君。
キツネのゴン君
雉のギャ~君とトットちゃん・・・彼らの脚力はなかなか凄く,あっという間に草原を駆け抜けていきます。
そして,良く分からない小動物の権平君。



亘理大橋の近くの桟橋付近から上流へ向かって出発。

「ワ~イ。お・と・も・だ・ち。イ君あそぼ」



唸り続けるイ君。
お友達にはなれそうもないので,立ち去ろうとした時。
イ君,船から飛び降り・・・「逃がさないわよ」と,とうせんぼ。
困ったな~と思った瞬間。
猫パンチ炸裂。
スエーバックで交わしつつ「キャン,キャン」
「河川敷は,みんなのもんだから仲良くしようよ」と言うBethの論理は通用しなかったのです。
なかなか好戦的なイ君でした。
「アブネ~,アブネ~・・・逃げろ逃げろ」とリードを引っ張るBeth。
尻尾を巻いて逃げだしたのであります。

そして,第一のターゲットポイントへ。
しかし,先客あり。
飛行機を飛ばし始めたセ君達の視線を尻目に,
Beth最大のお仕事をしちゃったのです。
「走れないのは,あんたたちのせいよ」
「こんなとこでしなくても」と僕。


第二のターゲットポイントへ。
林の中の河川敷の道をさらに上流へ移動。

すると前方から権平君がピョンピョンと。




我々に気付かないのか,だんだん近寄ってくる権平君。
しかし,気付いた瞬間踵を返しもと来た道を戻り,途中で林の中へ姿を消したのでした。
何者?という疑問を残して。



第二のターゲットポイントでは,権平君が林の中へ逃げて行ったところからほんのちょっと上流にあります。
問題なく走れそうかな?キョロキョロしながら草原へ侵入。
「オッ?ゴン君」
我々が侵入してきた場所とは,まるっきり反対側の藪の近くに,キツネのゴン君がたたずんでいるのです。
こちらをじっと見ながら様子をうかがっている気配。
あわてて電源オン。
遠すぎるので,急ぎ足であまり音をたてない,妙なさじ加減?で近づきながら撮影。
そして,藪の中へ逃げるまでの数秒間撮影できたのです。
が,最大望遠で,でこぼこした草の上を気にしながらだったため。
帰宅してから見てみると,
焦点の定まらない画面が草原を彷徨い,
画面を見てると酔いそうになったので。
編集段階でUPはあきらめました。


Bethはゴン君に全く気付かず。
「お?コノニオイハ」


と何時もの場所の何時もの葉っぱを食べるのに夢中なのでした。


ひとしきり食べた後。
P6075274

草原を出て林の中の道へ戻ると,下流方向にロ君。
ロ君は我々にすぐ気づき,下流の方へスタコラと。
Bethは気づかないのか,猫パンチがトラウマとなったのか,スタコラと上流へ。


数分歩いて第三のターゲットポイントへ
道端から「走れるかな~」って草原を覗いてみると,ど真ん中で雉がツガイデ逢引中。
走れるのを確認して,
Bethと僕はお構いなく,
づかづかと草原へ侵入。
ギャ~君は,
頭は真っ赤で首が青。
胸はラメ入りの緑で,背中から尻尾にかけて薄青がかった燕尾服。
その燕尾服の一部に茶色の斑点と言う超ド派手なナンパ装束。
トットちゃんは,全体的に薄茶色でこげ茶の斑点と言う地味目の装束。
草原のまんなかで,逃げ惑うギャ~君とトットちゃん。
そして,「ギャ~」という声と共に。
二人とも踵を返し,ギャ~君は左の藪,トットちゃんは右の藪へ,一目散。
「早え~」
Bethは,ド派手な方のギャ~君を追いかけて,藪の中へ消えて行ったのです。

数分の後戻ってきたBethは


そしてさらに上流へ向かうべく林の中の道へ
出た途端ハ君に遭遇。
Bethは尻尾を振って立ち往生。
しかし,彼はすぐに来た道を逆戻りして藪の中へ。


歩く事さらに数分。
第四のターゲットポイント。
草原はやはり草を刈ったばかりで走り易そう・・・なのですが。
草原のほぼ中央付近のややくぼんだ部分にニ君。
彼はまさに狩りの真っ最中。
戦闘モードで匍匐前進して,その先には何やらかすかに蠢くものが。
ドドドドと侵入するや。
蠢くものがバタバタと飛び立ち。
狙いは鳥だった模様。
迷惑そうにこちらをチラ見しながら,走って藪の中へ消えて行くニ君。
「ナハハハ,溜飲が下がるぜ」・・・・匂い付けをしながら草原を縦横に歩き回り。

満足げなBethに「よっしゃ帰るか」と一言。

堤防の上に登り。
見晴らしのいい遊歩道の上をのんびりぶらぶら。
ヒンヤリして気持ちのいい酸素と葉緑素たっぷりの空気を。
お腹いっぱい吸い込み。
背中の方からスーッと灰汁が抜けていくような。
とってもいい気持ちになりながら,
下流の桟橋付近まで戻ったのでした。


おそらく,イ君は河原のドンだったのかもですね。
テリトリーを荒らす侵入者を威嚇したのかもしれないです。
ドンとしての御役目?
そんなの僕達には関係ないけど。

P6075306

午後のお散歩までのお昼寝。










『火星の食卓』夕食献立コーナー

「夕食にハンバーグを作るぜ!だから豚挽き肉1㌔買っておいてね」
そして,「散歩に行く前に食パンで生パン粉作っておいてね」とお願いしてました。
Beth & tomo が午後の散歩にお出かけ。
調理開始。
まずは生パン粉に牛乳。
そして欠かせない燃料補給。
「グビグビ・・・プッハー」
と一気に半分を飲みほし,残りは冷蔵庫へ。
微塵切りから焼き始めるまではおあずけになります。
玉葱と人参とピーマンをみじん切りにして,豚挽き肉,卵,粗塩,胡椒。
コネコネ・・・・ジューとなれば,あとは酒盛りあるのみ。
って調子にのってると焦がしちゃいますけど。
デモ焦げたのも美味しいですヨ。
我家の約3日分の夕食とeiちゃんへの差し入れを含め,
フライパン3つを総動員。
ハンバーグは少量つくるより大量に作った方が美味しいし,手間もそんなに気にならない。
1個の手間と12個の手間。
比重がそんなに変わらない。
レンジを3つフルに使うことが出来ればですけど。
量が多いだけで同じ手順だしね。
コネコネぐらいかなちょっとメンドイのは。
06





3人6脚?

P5063819

Bethの脚は4本だから・・・3人4脚+ワン+ワン?


樽水ダム湖畔公園(右岸)
連休最終日にようやっとお出かけ

そして,tomoさんの林道デビュー!

P5063814

Bethもtomoさんも,歩くの早い早い。
僕はついて行くのが精いっぱい。
食べるのは早いのに歩くのは遅い。
食べる速さと,その他の行動との因果関係は,やっぱりないと実感しながらの散歩。

P5063836
 
P5063839


tomoさんの林道とダム管理所デビューを記念して。
クボタ製放流バルブの前?で記念撮影。

樽水ダム管理所

058



新緑の美しさに気分も爽快。
そして,酸素と葉緑素の補充もバッチリ。



アクセスカウンター
  • 累計:

最新コメント
火星から来たBeth : Beth came from Mars.
2009年10月28日に火星から来ました。
Bethと言います。

Bethは,
宮城県動物愛護センターの譲渡会に参加して
(2009年10月28日)
譲り受けてきた犬です。
月齢3か月ぐらいと,スタッフの方が説明してくれました。
出生のすべてが謎に包まれた犬なのです。

Bethが我が家に来たのを機会にブログを開設しようと思い。
タイトルをどうしようか悩んでいる時・・・

札幌在住の友人が
「出生がわからないんだったら火星から来たことにすれば!」
で決まったタイトルなのです。

カテゴリ別アーカイブ
管理人からのお知らせ
虫よけにお薦め
for girls who grow plump in the night
記事検索
just for a moment
Talking in the window as the light fades
I heard my voice break just for a moment
Talking by the window as the light fades
I felt the floor change into an ocean
We'll never leave here, never
Let's stay in here forever
And when the streets are quiet
We'll walk out in the silence
Listening to the movement that the night makes
I let the room fade just for a moment
Sitting in the shadows that the leaves make
I felt the floor change into an ocean
We'll never leave here, never
Let's stay in here forever
And when the streets are quiet
We'll walk out in the silence
Listening to the music the machines make
I let my heart break just for a moment
Listening to the music the machines make
I felt the floor change into an ocean
We'll never leave here never
Let's stay in here for ever
And when the streets are quiet
We'll walk out in the silence
プロパ癌だ!


お散歩時の熱中症予防に
ヤケクソバイオドリンクレモン広告
簡単な作り方を 「火星の食卓」で公開中です。