rainy season

梅雨

体の具合は,
一昔前の品質の悪いモデムの様な状態。
なんとか復調はするんだけど。
通信速度が遅い。
遅くても品質が良ければいいのですが,
ノイズだらけで文字化けする。
もたつく感じが品質の悪いモデムそっくり。
挙句の果てに伝送路の状態も梅雨のせいか良くない。


昔,通信ソフトにバグが潜んだまま出荷した事があり。
皆様にご迷惑をおかけしたことがあるのですが。
修正後(現地にて同僚が対応)にも通信状態が悪くなることがありました。
顧客はバグのあった通信ソフトに不信感を持っていて。
「持ち帰って,出直してこい!」
社内に持ち帰り約1か月間状態を再現させるべく,
できるだけフィールドと同じ状態の中で,
ランニングテストを試みました。
しかし,
通信に障害は発生しませんでした。
その間,
通信ソフトの見直しを行い,
改善を施し絶対バグなどあり得ないと自信を持って納め直したのですが。
数か月後,通信障害が発生。
担当者が僕から他の担当者に代わり,
モデムを使わずにダイレクトに動作させる方式を採用。
距離的に電圧降下が予想されたのですが,クリア。
改造後納品しました。
しかし,やはり情報はうまく伝わらない時があり。
顧客殿で伝送路を確認したところ(伝送路は顧客管理),
断線してることが判りました。
断線と言っても一番たちの悪い切れ方で,
風などない時,断線してる部分は接触してるのですが。
風に煽られたりすると,断線してる部分が離れる。
と言うものでした。
嫌な思い出なのですが,
身体を動かさないと,
頭の回路がネガティブなメモリーを掘り起こすので,
どうもよくないですね。



変調前の状態まで復調するには,時間がかかりそう。
もどらないのかな?
それが加齢って事なのかな?

「ゴクン?イテッ・・・今度は何?喉かよ」
飲み込む時の痛みと違和感。
地味に痛い頭。
身体のいたるところから悲鳴が上がってる?のかな。
「梅雨だし??」
「ナンダなんだ!いつの間に梅雨なんだよ」
火星農園はまだ梅雨の備えが完全ではありませんでした。

「梅雨入り早すぎとチャウンカイ!」

そして,先週植替えできなかった西洋朝顔達。
(実は緑のカーテンの布設で手いっぱいだったのです。)
「ザワザワ。ザワザワ」とザワついていました。
ザワザワ
「?」
近くによって聞いてみると。
「早く植え替えてくれ~絡まっちゃうよ~」

5月下旬の猛暑とその後の雨が絶好調へのトリガーになって,
「ガンッガンッ」っと伸び出した西洋朝顔達。
蔦が凄いことになってるのです。
「今日なんとがすっから。もうちょっと待ってでけろ」
合羽来てやるしかないね。
「早く頼むぜ!ダンナ」
「了解!」
折角芽を出して大きくなりかかってる苗木を,
駄目にする訳にはいかないです。



それにしても,まだ散歩には無理の様で・・・ストレス貯まる貯まる。
朝の散歩はここ1週間tomoさんに交代してもらっています。


火星の食卓的朝食
火星農園の管理人の仕事に備えて腹ごしらえ。
P6083794
特性tomoさん食パンとポテトマカロニサラダ。
+牛乳とオレンジジュース。

「時間かかってもいいから,休み休みジックリやろう」

緑のカーテン用の少し大きめのプランターは13個:西洋朝顔と風船蔓・・・済み(先週)。

フェンスの通常プランター15個+α:西洋朝顔・・・未。
西洋朝顔をプランターに植えるためには,
プランターの数に制限があるので,
いま苗床として使ってるプランターを空けなければ,
植え替えることができないのです。
そのためには,
先週植え替えることができなかった,
きゅうり:8本+多数。
とまと:8本+2本。
なす:7本+10本。
げきからとうがらし:約60本。
具体的な本数は,今日現在植替え可能な本数。
を植え替える作業から始めなければいけないので,
ちょっと気が重い。
通常の身体の状態であれば,
苗木の状態と畑の状態さえ整っていれば一日かからないでできるんですが。
これとフェンス側のプランターに水を供給するためのペットボトルの台座の設置があります。
これは,一部tomoさんにお願いすることにしました。

火星農園には努力目標があります。
①基本的に種からの栽培。
②できるだけ無農薬。
③単位面積当たりの収穫高の向上。
④できるだけ有機農法。
⑤本当に食べたい野菜を美味しく作る。
⑥火星の食卓とコラボする。
⑦管理主幹は”火星から来たBeth”である。
④は今の畑の状態では,難しいけど努力目標ですので。
①は去年から完全実施しています。
③は米糠農法により実施中。
②これは火星農園以前から実施。
ただし,
引越した年の1年目は亡くなった父と母の共通の知り合いが,
管理していたのでわかりません。
⑤⑥⑦に関して,
この時期,前述した人が管理していた時期です。
同じ品種の野菜が大量に植えられていたので,
収穫時期にはちょっと大変だったのです。
かつ,僕のレシピの中では汎用性に欠ける品種ばかりなのです。
たとえば春菊やゆき菜なんですけど。
これが,今の畑前面に植えられてる訳です。
「頭イテ~」
特に春菊に関して僕は,鍋以外はちょっと苦手なのです。
それに,畑の管理のためにちょくちょく家に訪れるようになってきていていました。
ある日の事。
シリアル通信を使った簡易出退表示板のソフトを社内で仕上げてました。
ややっこしいソフトじゃないので,
青森出張の準備の合間にできると思っていたんです。
ところが,前日の夕方から作業に取りかかたのですが,うまくいかない訳です。
午前零時の時を刻む頃。
どう考えてもハードウェアーの問題としか考えられず,分解してみました。
このときハード設計担当者はIO表のみを僕に渡しとっくの昔に帰宅していました。
「オヤ!マ~」
ってことで配線違うじゃあ~りませんか。
仕方ないので,半田ごてを手に修正。
草木も眠る丑三つ時,デバッグ開始。
ソフトを完成させたときは,午前6時を回っていました。
困ったのは,
青森に約1週間の予定の出張で,着替えなどは持ってきてなかった事。
そして,装置の機能説明をハード設計者にしないといけない事。
設計過誤なのか製造過誤なのか明確にする必要がある事。
(結果は設計過誤なのですが)
1週間家を空けるので,
家のお風呂掃除と食事の材料を準備する必要がある事。
(keiちゃんは体が弱かったのと,まだ僕はチョンガ~だったので。)
まずは仕事を優先して,
ハード設計者が出勤してくるのをまって,
装置の説明をしたあと買い物をしながら帰宅。
次に僕のお腹の事情と家の事情の対策。
昨夜から食事をしてなかったので,
炊飯器をセットしお風呂に入りながらお風呂掃除(面倒くさかったのと,寒くなかったから)。
そして,
仮眠を取ろうと思ったら,
畑の仮の管理人が訪れたのです。
僕は徹夜である事。
仮眠をとってから食事をし青森に車で向かわなければならない事を告げたのですが。
一向に帰る気配がない。
どうにかこうにか食事はできたのですが,
仮眠をとることはできなかったのです。
「イヤ~。シンドかった」です。
この事件をきっかけに,畑は自分で管理することにしたのです。
そして,今の火星農園に至るのです。


午前中は合羽のお世話にならなくて済んだので,
多少楽でした。
合羽はですね動きにくいし,
フードは視野が狭くなる。
一番しんどいのは掻いた汗が蒸発しないので蒸し暑い。
それが,徐々に体力と思考力を奪っていくんですね。
だから,午前中はスコ~シ余力を残して終了。
「フ~」
火星の食卓的昼食
P6083865
稲庭風細うどんと昨夜の残りの天ぷらで,天ぷらうどん。

食後は,我が家で一番快適な1階の和室で,体力の復調(回復)のためのお昼寝。

文字化けなしで午前中の状態を復調。

ところが,雨
「フ~,仕方ない合羽来てやるか」
上下の合羽の上だけを着込んで作業開始。
ズボンまで穿くとかなり暑いし,オトイレが面倒くさい。
幸いなことにズボンを穿くほどに強い雨じゃなかったのです。
後半は土砂降りでしたけど,
もうその頃になると。
「疲れて,どうでもいいや」ってちょと投げやりな気分になってたのですけど。

その間。
2度ほどBethとtomoさんとの駆け引きが玄関先で行われていました。
14時30分ごろ。
「ほーらBeth。チッチしなくていいの」
玄関の外まではシブシブ出てくるのだけど。
「デン」と座ったまま動かない。
「ハハハハ」とまだ笑いが出てました。まだ余裕あり。
15時30分ごろ。
「Beth。今日ウンチしてないんだから,お尻痛くなるよ?」
先ほどと同じように,玄関の外までは出て来るものの。
「デン」と座って,
リードを引っ張られてても,
前足を踏ん張って体全体を硬直させながら,
お尻を浮かせまいとしてる。
リードの先の首輪が後頭部の方までずれて,
首の皮と肉が顔全体に押し寄せ二重顎?になってる。
「クヘッ・・・ゲホ」
それでも頑張ってるBeth。
根負けしたtomoさんは,シブシブ玄関の中に消えたのであります。
そして,16時ごろの3度目の正直。
ちょうど雨も小降りになって,
イソイソと出かけて行ったのであります。



僕はと言うと。
ダラダラと歩きながら・・・はたで見てるとやる気あんのか?て感じ。

早朝の散歩で遠くにお散歩の集団を見かけた時の事。
反対側の車線の歩道上にです。
歩き方が,
失礼な話ですがシャキッとしてなかったので,
勝手に年配の人達。
そう思いこんでいました。
でも,だんだん近づいてくるにしたがって。
「何か。違う」
声の張りとか,服装とか。
でも歩き方は,どう見ても年配の・・・。
と言うよりも,
「ズ~リ,ズ~リ」
「なんだ。なんだ」このだらだらした雰囲気と,スリッパの様な歩き方は。
若者たちでした。朝帰り?
すれ違う瞬間
「シャキッとせい!シャキッと」
とは言いませんでしたけど。

を思い出したんだけど,シャキッとはしませんのです。

彼らもきっと体調が思わしくなかったんだろうな。

とは全く思いませんでしたけど。


そして,ダラダラ歩きながら最後の仕上げ。
植え付けたプランターの上に乾燥防止の腐葉土を掛ける作業です。
そして後片付け。
スコップを洗ったり,余ったプランターを洗ったり。
「フ~」100%とはいかなかったけれど・・・終わった。

お風呂沸かして,
沸く間に工具と火星農園アイテムの後片付け。

入浴後。
Bethとtomoさん御一行様到着。
順番にお風呂・・・お風呂。

そして,「お疲れ様~」
火星の食卓的麦酒
P6083896
火星の食卓的肴
昨夜の残りの鮭のマリネと柿の種。

火星の食卓的夕食
P6083913
肉団子。そしてトマトとオクラ。

火星の食卓的食後
P6083937


雨降っても散歩はするけど,やはり物足らないBethは。
「ウォッ,ウォッ,ウォ~」
06


0613


*******************  おまけ  *******************
午後の散歩の帰り道に見っけたんだって。
「お~い。面白いから来て見な」
「ナンダ!なんだ!」って言いながら,
カメラを持って外に出てみたら。
こんな感じだったのです。
およそ200㍍口に咥えて,一心不乱に家に向かって帰ってきたのだそうです。
いまだにBethのお宝になってます。

長すぎる梅雨

東北地方は,なかなか梅雨が通り過ぎて行ってくれない!!


居座ってしまっている梅雨に引きづられて,
すっかり梅雨空の様な気分になってしまったら。
こんな曲を聴くのがいいのかもしれませんね。

梅雨空に元気の出る音源1
右側のオジチャンなんか笑えるんですけど。
「フフフ」
インドカレー屋のBGMってタイトルだから・・・インドのオジチャン?なんだろうな。

「フフフ。なんかいい感じですね
・・・脳天気な感じもするけど・・・
それはそれで楽しいからいいんだと思うんです」
不思議と元気が出てくる。
そんな気がしてきます。


それでも

どこかで雨が降りはじめ。
風が吹きだし。
そんなに遠くない場所で轟く雷の音。
曇り空の延長線上には曇り空。
曇天の下をくぐり抜ける,
足元の水たまりを気にしながら。
くぐり抜けてもくぐり抜けても曇り空が続く。
時折通り過ぎる水たまりに起きる小さな波紋。
それの数が増えたと思った瞬間。
追いかけてきた雨音が体を包む。
どこに逃げても追いついてくる雨。
そんなどうしようもない気分の時には,
瞑想にふけるのもいいかもしれないですね。
首まで梅雨に浸かってしまうんです。
全てを肯定し,
受け入れてみることも考え方なのかもしれませんね。

開け放っていた窓。
雲が厚く垂れこめ部屋が薄暗くなって,
レースのカーテンが風で激しく揺れ出す。
稲光が薄暗くなった空を引き裂き。
大粒の雨が降り出したら窓を閉めて,
バタバタと窓をたたきつける雨の音を聞きながら,
ガラスをつたって流れる雨をぼんやり眺める。
そんな雰囲気で,こんな曲を聴くのもいいかもしれません。
梅雨空に元気の出る音源2



今年は梅雨が明けないのでは?
と思いたくなるような長い梅雨。
このままでは,せっかく実がついたトマトが赤くなる前に駄目になってしまう。
緑色のまま・・・。
penguin_25

火星農園は,去年不作の年でした。
もともとやせた土地だし,耕せば耕しただけコンクリート片等が出てくる土地です。
そんな痩せた土地なので収穫を期待するのは難しいのはわかってはいます。
でも何とかしたい。
米糠を再度投入することにしました。
数年前,冬場に一度米糠を投入した(すきこんだ)のですが,
畑が焼けるのでやめた方がいいと言う助言に従い中止してました。
しかし,去年の不作でいろいろ検討した結果。
再度米糠投入を検討したのです。
精米所に行けばタダだし。
「ご自由にお持ち帰りください」
と書いてあります。
そこで米糠のデメリットを考えてみました。
米糠そのものを土にそのまま投入して,すぐに植物の植え付けをすると,
①米糠の発酵時の熱で,根焼けをお越し植物が枯れてしまう。
(上手?に発行させると土の温度が70度近く上がるという情報もあります。)
②散布時期を暖かい時期にするとウジ等虫が発生する。
等が考えられるので冬場の時期に2回投入。
スコップで丹念に土にすきこみました。
当然植え付けの2週間前に,
牡蠣殻石灰・苦土石灰・化成肥料・モミガラ・鶏糞・油粕・火星農園:リサイクル堆肥を全体にすきこみ,
きゅりはその他に溶成リン肥を施してます。
P7069404

トマトは,根が成長して伸びたことを想定して場所に堆肥を一塊埋めておいてます。
その甲斐あって,成長著しいのでありますが・・・
0725
トマトの実が完熟する前に腐っちゃってます。
penguin_26
トマトの上に傘でもさしてあげたい気分です。
・・・・来年からは,何か対策を・・・
今年も今から何とかできないか検討してみる必要がありますね。
去年は土に,今年は天候。
「う~ん。ままならないもんですね」

緑のカーテンも,冬の間に米糠をすきこんだ畑の土を使ってます。
0727
米糠の力は偉大なり。

今回は火星農園との合作でした。


続きを読む

梅雨の合間の過ごし方

0717


7月14日(日曜日)
梅雨の狭間・・・晴れそうな気配。
そして・・・猛暑になりそうな予感。
そして,長~い一日の始まりなのです。
それはなぜかと言うと。
今日は今年二度目の町内消毒の日。
まさしく消毒日和?
長袖・・長ズボン・・マスク。
そして帽子。
炎天下に重装備でheavyな消毒用機械を押す役目なのであります。
開始時間8:30-途中休憩1回-終了時間12:00(実際の終了時間は11:30ごろでした)
メチャクチャハードでっせ。
後片付けが終わって「ホット」しつつも来てる服は水を浴びたようにビシャビシャ。
気持ち悪いのなんの。
帰宅して脱ぐにも,体に張り付いて簡単に脱げない。
悪戦苦闘の末,お風呂に「ジャボン」。
masa-7_27

「フ~」生き返りました。
お風呂に入ってすっかり蘇生した僕は,懸案となっていた鉢の転倒防止の最終局面に突入。
火星農園1
詳細は「火星農園」で紹介しています。
いつまた雨が降ってくるかわからない最近のお天気。
まるで亜熱帯のスコールの様な降り方なので,電動工具など外に出しておくと一気に濡れてしまいます。
今日を逃したら・・・お風呂で行水して蘇生した僕は思ったわけなのです。


0718
木の香りの中にいると,とっても心が和みます。
そして体の血液が浄化されていくような錯覚に陥ります。
木の材料を切ったり,削ったりするのが大好きな理由です。
汗だくになっても,腕がパンパンになっても,腰が痛くなっても,
何故か豊かな気持ちになります。
そして,いろんなことが思考の狭間に流れ込んできます。
木の削りかすが飛ぶのを見ながら
無機質な空間から有機的な温かみのある空間へ,思考の短い旅をする瞬間です。

0719

人は自らの寿命を延ばすために
大地の寿命を削り取ってるのではないか?
今の命を数年延ばすために,
数万年の命を削り取っているのではないか?

大量に消費されるエネルギーは,熱変換され大気に放出される。
『ある孤立系の中のエネルギーの総量は変化しない』
というエネルギー保存の法則は,近い将来の警鐘のように聞こえる。
削り取り・燃やす
電気エネルギーを作るために燃やされる燃料は,それぞれの燃料が持つカロリー(熱量)を発生する。
燃やされたエネルギーは熱となって放出されるだけで消滅はしない。

どんな燃料を使おうと,
燃料を燃やし水を沸騰させて蒸気タービンを回転させ発電するしくみは,
大量の熱を生み出す。

原発だって汽力発電の一種です。

ほとんどの場合,
削り取る熱量+輸送に要する熱量+製錬する熱量+発電のための熱量+送配電時の熱量+消費される熱量。
これらすべての合計の熱量が放出され・・・その総量が変わることがないわけです。

その繰り返しが待つ結末を想像する能力も失せるぐらいに,
今の利権にしがみ付き,利権に同化してしまったのだろうか。
おぞましいぐらいに,繰り返される金と権力への執着。
人が人故に欲する物。
生きるためだけでなくそれ以上に貪欲に。
手一杯に握りしめ,持ちきれなくなると両手を広げて,さらに大風呂敷を持ち出す。
無限に欲し続ける。
それは人故に,人が生きるために培われ続けDNAに刻み込まれたのだろうか。
生きるために欲することが,近い将来の滅亡につながる危険性をはらんでいるように思える。
人の命の育みは,もろ刃の刃の様な危険なものなのでしょうか?
そうは思いたくはない。
けれど・・・。




************ 梅雨の合間のBethの過ごし方。2013年板 ************
 long long ago  
小学校のとっても広い校庭で,
こんな光景を・・・僕自身も・・・。
楽しかったんです。
とっても。
だから,しばしBethの泥遊びにお付き合いしたのです。


続きを読む

アクセスカウンター
  • 累計:

最新コメント
火星から来たBeth : Beth came from Mars.
2009年10月28日に火星から来ました。
Bethと言います。

Bethは,
宮城県動物愛護センターの譲渡会に参加して
(2009年10月28日)
譲り受けてきた犬です。
月齢3か月ぐらいと,スタッフの方が説明してくれました。
出生のすべてが謎に包まれた犬なのです。

Bethが我が家に来たのを機会にブログを開設しようと思い。
タイトルをどうしようか悩んでいる時・・・

札幌在住の友人が
「出生がわからないんだったら火星から来たことにすれば!」
で決まったタイトルなのです。

カテゴリ別アーカイブ
管理人からのお知らせ
虫よけにお薦め
記事検索
just for a moment
Talking in the window as the light fades
I heard my voice break just for a moment
Talking by the window as the light fades
I felt the floor change into an ocean
We'll never leave here, never
Let's stay in here forever
And when the streets are quiet
We'll walk out in the silence
Listening to the movement that the night makes
I let the room fade just for a moment
Sitting in the shadows that the leaves make
I felt the floor change into an ocean
We'll never leave here, never
Let's stay in here forever
And when the streets are quiet
We'll walk out in the silence
Listening to the music the machines make
I let my heart break just for a moment
Listening to the music the machines make
I felt the floor change into an ocean
We'll never leave here never
Let's stay in here for ever
And when the streets are quiet
We'll walk out in the silence
プロパ癌だ!


メンバーリスト
お散歩時の熱中症予防に
ヤケクソバイオドリンクレモン広告
簡単な作り方を 「火星の食卓」で公開中です。