Morning walk

置き去り・・・

2017年2月18日 土曜日 午前 5時34分
Bethが跨線橋の上で何か見つけました。

P2180203


これはどう考えても『おにぎり』

021


落とし物?なのでしょうか。
ちょっと,触れてみると,まだ何となく暖かい。
落とすか普通。
落ちたら判るだろうよ。
「ボタッ」って音するもん。

もったいないよね。
「食べてあげようかな~」って・・・それは拾い食いですぜ,Beth。



P2180211

P2180213



そして,戻りの跨線橋
午前6時22分

P2180216


まだありました。

P2180217


「もったいない。バチアタリメ!」

「誰も拾い食いしていない!なんてもったいない!!」

P2180221


「食べてあげてもいいな~」



「・・・・・・・・・」

P2180222


「・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・」

P2180225


「・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・」


P2180231

P2180227

P2180236



置き去りにされた『おにぎり』
おしまい

私は童

やっぱり,雪が降って,積もると。
「ワクワク」して楽しい。

この地域は,あまり雪が降らないし,積もらない地域です。
それでも一冬で何度か雪掻きをします。

そして,カーポートに雪が積もると。

02

<上記写真は2014年2月9日に撮影しました>

七尺脚立に登って,雪下ろしをします。
少なくとも一冬に一回はありました。

≪理由は,カーポートの下記表示によります≫

私は童



しかし,2年前あたりから,雪があまり降らなくなり,それはそれで,ラクチンなのですが,ちょっとつまらない訳です。
こんな事を書くと豪雪地帯の人たちに怒られそうですが・・・・

降ったら降ったで,電車の運行状況が気になったりするのですけどね・・・・

そして,1月15日 日曜日の朝。
待望の雪が。

P1159812


休日の雪は,もろ手を挙げて楽しい!!

私は童2
P1159830


立ち止まってこんな事してると,シンシンと足から冷えが伝わってくるのですが。
なんだか夢中になるのです。
その辺はBethと同類なんだな~って「シミジミ」思ってしまいます。



何が楽しいんだろう?って・・・でも,何も考えずに只ひたすら楽しい。

無と空

P1159826

P1159828


色即是空~(^^♪

011


利便性を求めて形あるものが生まれ。
形あるものから欲が生まれる。
欲の集まりが人の社会を形作って,更なる欲を呼ぶ。
欲には欲を呼び寄せる性質があるのかもしれないです。






帰り道。
自分の足跡の匂いを嗅ぎながらのBeth。



自分の匂いと認識していないような気がします。
人だって,自分の放ってる匂いが,自分の匂いと認識できない様に。
どんな生き物も,対峙する生き物があって初めて,自分の存在を認識できるのだろうと思います。


人の痛みを判る人は,
人の痛みを判らない人より,
不幸になるのかもしれないです。

見える物,見えない物が見える人より,
見える物さえ見えない人の方が,楽かもしれないです。

それでも,知らない幸せより,知った不幸の方が,僕的にはいいと感じてます。

サンスクリット語のメッセージ

近所にサンスクリット文字(梵字)の様な,不思議な文様が背中に浮き出てきたワンチャンがいます。
それに気付いたのは,今年のはじめ。
最初のころは,間違いなく無かったのですけど。
チョロチョロ動き回るので,なかなか写真に収められませんでした。

PB108561


この時もジッとしているのはこの一瞬で・・・撮影に失敗。

そのワンチャンの名はGuru Guruと言います。
名は体を示すと言いますが,まさしくサイケデリックな吠え声のワンちゃんです。
グルグルと言う名に対する私の認識。
Guru Guru : 1968年西ドイツで結成されたロックバンド。
サイケデリックムーブメントのなかで生まれたドイツのロックバンド。
同じ時期アモン・デュール、タンジェリン・ドリームと言うバンドも活躍をはじめ,クラウト・ロックと言われています。
アモン・デュール、タンジェリン・ドリームの音源はデーターでもっていますが。
残念ながらグルグルの音源は,探したけどなかったですね。

このサイケな吠え声の主を前にして,名前の由来について聞いたことがあります
グルグルは二代目で,初代のグルグルは「グルグル回るから」と聞かされていたので。
「やっぱり,この犬もグルグル回るから,グルグルと言う名にしたの?」と聞いてみました。
「エ?違います~。魔方陣グルグルのグルグルで~す」
「初代と二代目の由来が違うだね。ふーん」
「ウンニャ。初代も魔方陣グルグルのグルグルなんで~す」
「おばあちゃんが,そう言ってたんだけど・・・」
「うちのおばあちゃん勘違いしてるだけです~・・・多分」
初代のワンチャンの吠え声は,一度も聞かずに亡くなってしまいましたが。
ビスケットを鼻の上にのせると,クルリと鼻を回し,ビスケットが落ちる瞬間をねらい。
パクっと食べちゃう芸当ができるワンチャンで,なかなか面白いワンチャンでした。

二代目は,写真のguruguruです。
サンスクリット文字を背負ってるワンチャンなのです。
どんなメッセージが浮き出てるのか,とても興味がありました。
彼のサイケデリックな吠え声は,警鐘であり。
それに気付かない我らに,背中でメッセージを伝えようとしてる?
等と考えれば,考えるほど,撮影したい!という欲求が満タンになってました。

そして・・・満を持して,撮影に成功。

PB188826


しかし,単なるまだら模様?になってました。
なんと,タイミングの悪い。

もしかしたら,次のメッセージの丁度狭間って言うか,文字が入れ替わってる時期かも?
「ヨシ。経過観察をするとしよう」



アクセスカウンター
  • 累計:

最新コメント
火星から来たBeth : Beth came from Mars.
2009年10月28日に火星から来ました。
Bethと言います。

Bethは,
宮城県動物愛護センターの譲渡会に参加して
(2009年10月28日)
譲り受けてきた犬です。
月齢3か月ぐらいと,スタッフの方が説明してくれました。
出生のすべてが謎に包まれた犬なのです。

Bethが我が家に来たのを機会にブログを開設しようと思い。
タイトルをどうしようか悩んでいる時・・・

札幌在住の友人が
「出生がわからないんだったら火星から来たことにすれば!」
で決まったタイトルなのです。

カテゴリ別アーカイブ
管理人からのお知らせ
虫よけにお薦め
for girls who grow plump in the night
記事検索
just for a moment
Talking in the window as the light fades
I heard my voice break just for a moment
Talking by the window as the light fades
I felt the floor change into an ocean
We'll never leave here, never
Let's stay in here forever
And when the streets are quiet
We'll walk out in the silence
Listening to the movement that the night makes
I let the room fade just for a moment
Sitting in the shadows that the leaves make
I felt the floor change into an ocean
We'll never leave here, never
Let's stay in here forever
And when the streets are quiet
We'll walk out in the silence
Listening to the music the machines make
I let my heart break just for a moment
Listening to the music the machines make
I felt the floor change into an ocean
We'll never leave here never
Let's stay in here for ever
And when the streets are quiet
We'll walk out in the silence
プロパ癌だ!


お散歩時の熱中症予防に
ヤケクソバイオドリンクレモン広告
簡単な作り方を 「火星の食卓」で公開中です。
宮城県のお天気