矛盾

meaning of life

正しいと信じ,行動を起こす。
生活を守るために執った行動なのに。
沈黙し受け入れるしかないのだろうか。
正しい筈だったのに,その行動は非難され,心は委縮する。
信じていた自分の中の正義に,疑問符が付く。
繰り返し押し寄せる疑問符。
自問自答を繰り返すうちに,見えない物,聞こえない物が,心の片隅に現れ始める。
こころが病みはじめるとき。
胃壁が鉛の様な重さを醸し出し,停滞が意識を包み込む。

トラブルは予期せず訪れる。
それは,情け容赦もなく心を揺さぶり続ける。
それでも,沈黙は金なのだろうか。
自分達の生の糧の為に,他のこころを蝕んでいいはずはない。




人が人である為に?

多くの生の上に成り立っている生。

そして,人は。
この世界で唯一,生きる為以外に殺し,生きる為以外に悪事を働く。
食べる為ではなく,自分の欲の為に悪事を働き。
食べる為ではなく,自分の欲の為だけに殺す。

私利私欲の為に,自分達が作ったルールを破り,自分の得の為に生きる。

恐ろしく邪悪な生き物。

でも人は,人の為に自分を犠牲にして生きる不思議な生き物。

おかしい事を指摘して,理解されず憎まれる。

矛盾が人の面白さなのかもしれない。

でも,それはとても苦しい。




しきい値

「神の愛を説きながら何をしてるの?」

「しきい値って知ってるかい?
それは自分達が自分達だけの欲望の充足のために作ってきた価値観なんだぜ!」

しきい値

しきい値とは,閾値とも書きます。
電気的にはスレッショールドレベルとも言いますし,
画像処理の中では,
二値化レベルの閾値とも言います。
0~1への変わり目
1~0への変わり目
低く設定すれば,多くのノイズをひろいます。
それは正しい判断の妨げに。
高く設定すれば,虚構の考えになります。
それは・・・。

人の社会は閾値を設けることで,
成り立ってきた社会
そのしきい値は
肌の色
価値観
宗教観

それは,
欲望の充足のために,
永遠に取り除くことができない!
のかもしれない。

しかし・・・・・。

やさしい人に
やさしくない社会。
それが,我々が作り上げてきた社会なのだろう。

すべてはないだろう。
でも・・・・・
何を求めて生きるのか考えるすべを得たことで,
僕たちの不幸と幸福が始まってる。

そこが僕たちの唯一の救い。


信じられるものが,”やさしさ”である社会でありたい。
そして,作られる歴史より作る歴史。
一人一人が主人公になれる歴史を。

lost mind

矛盾に満ちた価値観で思考を拘束しそれをコミニティーの秩序として信奉し続ける時,
可能な事も不可能となる。
矛盾に満ちた価値観が崩壊する時,
不可能なことが可能となる。
その時が人の進化する時。

P2200110

不可能を可能にするのも人。
可能を不可能にするのも人。
すべてを知ることは不可能だけれど,
知らずして生きる事もできる。
すべてを信ずるのも不可能だけれど,
信ずるすべを知らなくて生きる事もできる。
それが人の世。

P2200121

心の中の悪魔。
自らの身勝手さ?
自らの欲望のため?
人を蔑み,憎しみ,攻撃し,陥れ,無視する。
P2139602

学習した記憶は伝達できない。
生まれ落ちた時々で,ゼロからの出発。
前の世代の記憶を引き継ぐことなく,
前の世代の負債のみを引き継ぐ出発。
人の進化?
P2200123

生まれ落ちたときの人。
今も,10年前も,100年前も,そして1000年前だって同じ人。
場所の違いなど意味はない。
言葉を覚え,学習する事は1000年前も今も変わらないのに。
なぜ進化?できる。
1000年前に生まれ落ちた子を現在につれて来る事ができるなら,
現在に生まれ落ちた人と同じく育つのだろうか?
環境を作り変えてきた。その環境によって人は進化?するのだろうか。

P2200125

心の奥底に封印された創世記の遺伝子。
薄皮のように重ねられた遺伝子の奥底に眠ったままの遺伝子。
覗き見ることのできない遺伝子。
その中にどんな記憶が記されているのだろう。

P2210144

負債を抱え込んだコミニティー。
それはすべてのコミニティーが抱える同様の負債になりえる。
当事者だろうとそうでなかろうと,
すべてのコミニティーで一部で大きくのしかかる負債の処理を考える。
それが自らのコミニティーを維持する最良の手段。
人の命は永遠ならざるもの。
しかし人の思考は永遠なるもの。
人は目の前に見える一粒のコメに目を奪われ,影になった負債を見失ってしまっている。
立つ位置を変えてみれば見えて来るのだろうか?
視点を変えることができても,
一度目の前のコメを見てしまったがゆえに視野が狭窄してしまう。
僕たちの社会は,視点すら変える事ができなくなっているのかもしれない。

P2210134

自らの今日の生存だけを見つめる。
すべてに自らの生存が優先する人の性。

P3021154

それが摂理なのだろう。
しかし,
その摂理が自らの崩壊へのプロローグになってはいのだろうか?
P3021174
アクセスカウンター
  • 累計:

最新コメント
火星から来たBeth : Beth came from Mars.
2009年10月28日に火星から来ました。
Bethと言います。

Bethは,
宮城県動物愛護センターの譲渡会に参加して
(2009年10月28日)
譲り受けてきた犬です。
月齢3か月ぐらいと,スタッフの方が説明してくれました。
出生のすべてが謎に包まれた犬なのです。

Bethが我が家に来たのを機会にブログを開設しようと思い。
タイトルをどうしようか悩んでいる時・・・

札幌在住の友人が
「出生がわからないんだったら火星から来たことにすれば!」
で決まったタイトルなのです。

カテゴリ別アーカイブ
管理人からのお知らせ
虫よけにお薦め
for girls who grow plump in the night
記事検索
just for a moment
Talking in the window as the light fades
I heard my voice break just for a moment
Talking by the window as the light fades
I felt the floor change into an ocean
We'll never leave here, never
Let's stay in here forever
And when the streets are quiet
We'll walk out in the silence
Listening to the movement that the night makes
I let the room fade just for a moment
Sitting in the shadows that the leaves make
I felt the floor change into an ocean
We'll never leave here, never
Let's stay in here forever
And when the streets are quiet
We'll walk out in the silence
Listening to the music the machines make
I let my heart break just for a moment
Listening to the music the machines make
I felt the floor change into an ocean
We'll never leave here never
Let's stay in here for ever
And when the streets are quiet
We'll walk out in the silence
プロパ癌だ!


お散歩時の熱中症予防に
ヤケクソバイオドリンクレモン広告
簡単な作り方を 「火星の食卓」で公開中です。