河原へGO!

「あなたの今まさしく行ってる行為は,5年以下の懲役もしくは一千万円以下の罰金刑なのだよ」
「・・・・・・・」
「つまりですね。
今日からあなたも晴れて犯罪者の仲間入りと言う訳です。
パンパカパーン!
おめでとう!!」
と思わず言っちゃった。

まさしく,交錯した瞬間。


思い出したくもない,今年最も最悪で不愉快な出来事。


土地の境目。
歴史の境目と時間の狭間。
国の境目と利権の狭間。

境目にはいろんな思惑が交錯している。
その境目が接触し交錯した時起きるトラブル。
誰もが,積極的にかかわりたいとは思っていないでしょう。
ごく少数の,曰くのある人たちや,都合のいいように情報を捻じ曲げる為政者達を除いては。


そして,季節の境目に起きた出来事。

『お願いだから目の前で,行為に及ばないでくれ~』と祈る気持ちとは裏腹に。
何の躊躇もなく,行為に及ぶ人達』

『あ~あ,やっちゃった』

まさしく,トリガーを引かれた瞬間。

『言わないで後悔する。
言って後悔する。
どちらを選択しても後悔の念に焼かれるのは間違いないわけで。
言った場合に,こうむるであろう甚大な被害も,ある程度想定できる。
しかし,駄目なものは駄目だろう。』
等々,1から10まで数える間に去来する思い。

そして。
「今日からあなたも晴れて犯罪者の仲間入りと言う訳です。
パンパカパーン!
おめでとう!!」

『あ~あ。交錯しちゃった』


晩冬と初春の境目に。

とっても!トッテモ!面倒なシーンを演出してしまったのです。
三文役者は彼らで,演出は僕です。



という訳で,河川敷から足が遠のいて。
行くエリアが限定されてました。

流れる時間は,感情の凹凸を削りながら,過去の感情の上に堆積物を残していく。
時の力を借りて,恐る恐る来てみました。


風景が変わっていて・・・。
0512

「ン?テロ?・・・・テロ対策警戒実施中?」って書いてある。
何か違和感を感じる。
テロ対策として警戒を実施していると。
こんな文言になる?

それは置いておいて。

「おおお!晩冬と初春の境目に起きた出来事。
あれは,テロだったのか」
彼と彼らは,とある組織の工作員?だったとか。
市民と言う仮面をかぶったテロリストだったとか。
だから境目を微妙に接触させながら,ここぞというときを見計らって交錯。
「合点!!」



それじゃ・・・亡くした心に弔いのうたを



remember how it used to be
when the sun would fill up the sky
remember how we used to feel
those days would never end
those days would never end

remember how it used to be
when the stars would fill the sky
remember how we used to dream
those nights would never end
those nights would never end

it was the sweetness of your skin
it was the hope of all we might have been
that fills me with the hope to wish
impossible things

but now the sun shines cold
and all the sky is grey
the stars are dimmed by clouds and tears
and all i wish
is gone away
all i wish
is gone away

all i wish
is gone away






でも,意を決して来てよかった。
テロリストがいない水辺は,本当にいいな~。

でも,護岸工事などの影響が出始めていて,徐々に侵入できるエリアが限られてきています。

必要なんだろうけど・・・。
日毎に山が削られ。
山肌が痛々しく露出し。
風景の中から消えていくのを見るのは,とても悲しい。


0513

0514



楽しむこと。
それは,自らが欲する物を貪欲に貪る事により,得られるテロリストたちの夕べもあるだろう。
しかし,
ひたすら走る。
ただ,走る事の喜びを体現するのを目の当たりにすると。
その貪欲な喜びは色褪せて見えてきます。



0516

0515

0517

0518

夕べは,
多くの命とそれを育む命の上に成り立っている。
だから大事に,大事に育んでいくべき。
命を軽んじることは,自らの命も軽んじる。
自縄自縛の中であえぐのならば,自らの内面の葛藤の中であえげばいい。
自らのフラストレーションを,自ら以外の命で代用する愚行を知るべきです。

Add Your Comment

名前
 
  絵文字
 
 
アクセスカウンター
  • 累計:

最新コメント
火星から来たBeth : Beth came from Mars.
2009年10月28日に火星から来ました。
Bethと言います。

Bethは,
宮城県動物愛護センターの譲渡会に参加して
(2009年10月28日)
譲り受けてきた犬です。
月齢3か月ぐらいと,スタッフの方が説明してくれました。
出生のすべてが謎に包まれた犬なのです。

Bethが我が家に来たのを機会にブログを開設しようと思い。
タイトルをどうしようか悩んでいる時・・・

札幌在住の友人が
「出生がわからないんだったら火星から来たことにすれば!」
で決まったタイトルなのです。

カテゴリ別アーカイブ
管理人からのお知らせ
虫よけにお薦め
記事検索
just for a moment
Talking in the window as the light fades
I heard my voice break just for a moment
Talking by the window as the light fades
I felt the floor change into an ocean
We'll never leave here, never
Let's stay in here forever
And when the streets are quiet
We'll walk out in the silence
Listening to the movement that the night makes
I let the room fade just for a moment
Sitting in the shadows that the leaves make
I felt the floor change into an ocean
We'll never leave here, never
Let's stay in here forever
And when the streets are quiet
We'll walk out in the silence
Listening to the music the machines make
I let my heart break just for a moment
Listening to the music the machines make
I felt the floor change into an ocean
We'll never leave here never
Let's stay in here for ever
And when the streets are quiet
We'll walk out in the silence
プロパ癌だ!


メンバーリスト
お散歩時の熱中症予防に
ヤケクソバイオドリンクレモン広告
簡単な作り方を 「火星の食卓」で公開中です。