お洗濯

衣類のタグにこんなマークが印刷されています。
洗濯表示マーク

以前は殆ど気に掛けたことはありませんでした。

一人暮らしをしていた時。
洗濯当番は,輪番制の輪の中に自分の名前しかなかった為。
少しは気にしてました。

しかし,
基本的に自分で洗えるものしか購入しなかったし。
良く分かんない物は,クリーニングに出してましたけど。

働き出したとき,2槽式の電気洗濯機と電話を購入しました。
文化的な生活の仲間入りをしたわけなのですが。
2槽式の電気洗濯機にした理由は。
全自動電気洗濯機は,あの家電量販店の中でも,とっても生意気にお高くとまっていたのです。
だから嫌いでした。
そういう理由です。

何時もだいたい夜中に帰宅。
(早いときは,皆で酒盛りが多かったです)
「プシュ~」とまずはビール。
洗濯槽の中に汚れた服と洗剤を入れ,蛇口をひねって。
薄ら明りの照明のなか,「ジャー」と洗濯槽に吸い込まれていく水を見ながら「グビグビ」
洗濯槽が水でいっぱいになったら,蛇口をひねって水を止め,ダイヤルを回して。
「ゴ~,ガラガラ,ゴー」
そして,晩御飯を作りながら「プシュ―。グビグビ。プハー」と2本目終了。
そして,「ガラガラ,カラン」と氷。
そして「トクトク」とウイスキーを注いで。
「グビ」
出来たおかずを味見しながら。
「グビ」
時折お洗濯の進行状況に応じて,排水したり,給水したり。

「いただきます」
「パクパク」
「ご馳走様」
茶碗を洗って。

洗濯物を脱水槽に移す仕事が終わるころは,弛緩した神経がさらに「ボヨ~ン」となって。
「グースカピー」と安心しきって眠っちゃうわけなのです。

そして,朝起きて風呂に入って。
「行ってきま~す」
この繰り返しなのですが。
このルーチンワークのなかに,洗濯と言う項目の無い日が何日か続きます。

そして,着る服が無くなって気付くのです。
「忘れった~!ヤバイ」
そして,脱水槽を開けると。
「ギャ~」
白いシャツが,ところどころピンク色に。
それは,暑い夏の夜に起きることが多い。
カビ生えるとですね。
漂白剤でいくら漂泊しても,全然元の白さには戻らないんです。

そして後悔するのです。
そのお高くとまった足元にひれ伏しても。
どんなに足蹴にされ様とも。
全自動電気洗濯機にすべきだった・・・と。


そして,最近洗濯事情に介入するようになったのは何故か?
それはですね。
山に行くようになって,冬は暖かくストレッチ性能が良い。
夏は涼しく速乾性でストレッチ性能が良い。
と言われる様な服を購入するようになったからです。
まだまだ駆け出しで,良く分からないことが多いんですが。
意外と全自動電気洗濯機(洗濯機と言えば今はふつう全自動洗濯機を指すと思うのですが)
が使えない服が多いのです。
特に冬服は。


ですから購入するときに。
「洗濯機使えますか?」
って一応聞いてみたところ。
自信満々に,
「当然使えます!」
と返ってきました。


そして,洗濯の心配をせずに山を歩きまくり。
いい塩梅に疲れて帰宅。
「洗濯すっぺ」
と,タグを見てみると。
洗濯

となってることがあります。
「洗濯機では洗えるけど,ヤッコクね。そして,絞っちゃいやよ」って事です。
全自動電気洗濯機は,全自動をキャンセルして”洗い”と”すすぎ”の工程だけをピックアップしたとしても。
”洗い”と”すすぎ”の間に”脱水”が入ります。
「使えね~じゃんか」
もしかして,あの店員は2槽式の洗濯機を使ってる?のかもしれない。
洗濯機=2槽式電気洗濯機
というイメージで回答したのだろうから。
なんて,思ったりもしたのですが。
モード選択を全自動から,全手動に切り替えて洗えばいいんでしょうけど。
何かめんどくさいので。
トレッキングで楽しんだ後は,トレッキングシューズと同様に,服も自分の手で責任をもって手入れする。
「大人の論理?」
という事で,体の垢を風呂で落としながら,風呂の残り湯でのんびり洗う事にしました。
ところがです。
干すところが無い。
この手の服はだいたい陰干しを指定してます。
物干しは普通,日陰になる場所には設置しないし,家のつくりもそんな風になっていない。
当たり前の事を当たり前に・・・家のつくりの最低限の条件ですよね。
だから,家の中しか干すところが無いんです。

何回かは,家の中にタライを置いて干してましたが,邪魔くさいし水滴が跳ねる。


風呂場に干してみっか。


できれば風呂場の壁には穴を空けたくないので。
そして家にある物で・・・と考えたのが
洗濯ドアフック

です。
何とかうまくいったかな~。










Add Your Comment

名前
 
  絵文字
 
 
アクセスカウンター
  • 累計:

最新コメント
火星から来たBeth : Beth came from Mars.
2009年10月28日に火星から来ました。
Bethと言います。

Bethは,
宮城県動物愛護センターの譲渡会に参加して
(2009年10月28日)
譲り受けてきた犬です。
月齢3か月ぐらいと,スタッフの方が説明してくれました。
出生のすべてが謎に包まれた犬なのです。

Bethが我が家に来たのを機会にブログを開設しようと思い。
タイトルをどうしようか悩んでいる時・・・

札幌在住の友人が
「出生がわからないんだったら火星から来たことにすれば!」
で決まったタイトルなのです。

カテゴリ別アーカイブ
管理人からのお知らせ
虫よけにお薦め
記事検索
just for a moment
Talking in the window as the light fades
I heard my voice break just for a moment
Talking by the window as the light fades
I felt the floor change into an ocean
We'll never leave here, never
Let's stay in here forever
And when the streets are quiet
We'll walk out in the silence
Listening to the movement that the night makes
I let the room fade just for a moment
Sitting in the shadows that the leaves make
I felt the floor change into an ocean
We'll never leave here, never
Let's stay in here forever
And when the streets are quiet
We'll walk out in the silence
Listening to the music the machines make
I let my heart break just for a moment
Listening to the music the machines make
I felt the floor change into an ocean
We'll never leave here never
Let's stay in here for ever
And when the streets are quiet
We'll walk out in the silence
プロパ癌だ!


メンバーリスト
お散歩時の熱中症予防に
ヤケクソバイオドリンクレモン広告
簡単な作り方を 「火星の食卓」で公開中です。