遊びをせんとや生まれけむ

梅雨は鬱陶しい。
けれど,
その鬱陶しさがとても似合う。
鬱陶しさと戯れているから?
紫陽花
どんよりした空から,
「シトシト」と降りしきる雨。
「一日に決められた最低量の雨は必ず降らせちゃうぞ」と言ってる様に。

寝床から這い出てくる時間帯は,ヒンヤリしてるのに。
動き始めると汗ばんできて。
「ベトベト」
ちょっと晴れ間が見えて。
「お~!」っと言うう間もなく気温が急上昇して大気がheavyになる。
そして,更に厚くてダークグレーの雲が頭上に舞い戻ってくる。

降りしきる雨の夕暮れ時。
質感をさらに増しつつある大気の中で,
その重く沈んだ中にも鮮やかな青は,
視界の及ぶ範囲の空間から浮き上がるように戯れる。
そして,
網膜の奥の脳裏にうすぼんやりと映しながら,
現実が記憶に変わり続ける時間。
その多くの事を背負う一歩一歩の中で戯れる事を誘う。
しかし・・・

03


原発推進の為に切り捨てられた人や考え方がある。
多くの金を掛けたプロパガンダで。

同じような事が原発事故の収束していない今も起こりつつある。
事故前と同じ政治主導の基に。
今度は人・土地・生活を切り捨てようとしている。
そして,因果関係の証明が困難な事を楯に命さえも。
新たな原発推進への道筋として。

「国民の命を守るのに想定外はない」
違う目的で使った言葉だとしても,重い響きである。
しかし,
震災前も震災後も都合のいいように使われ続ける想定外。
この文言を純粋に受け止めれば,
過酷事故の要因を想定しながら設計された原発は停止せざるを得ないし,
今後建設はできない事になる。

2011年6月5日の朝の散歩の後。
061
徒歩で阿武隈川の土手を海岸線まで行ってみた日です。
P6059241
062
物思いにふける日々。
梅雨の狭間によみがえる多くの記憶。
かびやほこりにまみれた記憶のなかに,
今でもカビやほこりを寄せ付けない記憶があります。


『プロメテウスの罠 2』
**電力のずさんな運用管理。
著しくコンプライアンスから逸脱した企業倫理。
都合の悪いことを隠蔽し,お金に物を言わせたプロパガンダ。
札束で人心を惑わせ続ける国家と企業。
さらに,原発に巣食う寄生木たちの暗躍。
腹立たしくなり途中で読むのをやめていました。

なんとなくですけど。
散歩を休止しているのを機会に45ページ目から読みはじめました。
散歩の休止期間中でも,
朝はやはりBeth timeと言われる定刻通りに目覚めるので,
その時間が読書timeとなりました。
早朝から読むには少々ハードな内容ではありましたけど。
でも4巻まで読み終え5巻に入ったところで,
お散歩開始・・・徐々にですが。
やはり,
読んでいくうちにいろいろ憤りを感じ,
一日中不愉快な気分になる内容なんです。
でも読み続けました。
前回の衣替えの中でも若干書きましたが,
なにかとっても陰湿な物が背後で動いてる。
そんな何とも言えない気分です。


プロメテウスの罠 3
第17章 がれきの行方 P191~P236
震災前も震災後も変わらぬ国。
2001年厚生省が作ったがれき処理マニュアル。
1998年に起きた阪神大震災の教訓をもとに作られたマニュアルでこう書かれているそうです。
「国は広域処理の仕組みづくりを指導する」
プロメテウスの罠3がれきv2-1
プロメテウスの罠3がれきv2-2
プロメテウスの罠3がれきv2-3
プロメテウスの罠3がれきv2-4
プロメテウスの罠3がれきv2-5
特に広域処理には何か引っかかる物があったので熟読しました。
その理由は。
当初,広域処理には賛成でした。
早くがれきが無くなって欲しい。
ただそう願うあまり,受け入れを拒否する自治体に対しても批判的な意見を持っていました。
焼却処理が進むに従って,
風向きによっては大気に押しつぶされそうになる事があり,
焼却処理にも疑問点が出てきました。
さらに,
推定されたがれき量が少なくなっても,
以前と変わらず広域処理を続けていることにも。
さらに放射性物質の拡散につながる現実を目の当たりにしたからです。


3年以内の処理とはどうやって決定したのだろう?
早ければ早いに越したことはない。
しかし,どこをどう読んでも,阪神大震災のがれきの処理が3年以内でできた。
広域処理を使えば3年で処理できるだろう。
から始まってるとしか思えない。
そんないい加減な決め方で,振り回されたのだろうか。
本文には環境省のコメントのなかに
「広域処理はできるだけ早く行わなければならないのであり,基準(低線量被曝)の見直しをしてる余裕はない」(原文です)がある。
「早く行うためには,放射性物質の拡散も意に介さない」と僕には聞こえる。

現場の状況を把握しようとせずに,自らの作った計画を広告会社を使ったプロパガンダで,強引におし進めるやり方。
マニュアルに縛られ,現場のイレギューラーを聞き入れることもなく,想像力に乏しい者達が机上で考え,強引に推し進めるやり方。
震災前そして最近また始まった原発推進のプロパガンダと似通ってはいないだろうか。



人は素晴らしいと思います。

現場は,自分達の生活や命を守るために最良の判断を下そうとする。
判断ミスをしても,試行錯誤しながら軌道修正し,その時々で最良の判断を必死で模索する。
生活や命に関わる事。
だから不具合があればすぐにでも軌道修正しなければ生きてはいけなくなる。

でも組織の中で机上の論理を繰り広げ,
マニュアルに固執しながら出される結論は,
どんな時も現場の足かせになる。
どんな現場でも(不幸な戦いの場でも)。
現場と机上でしか考える事の出来ない想像力の乏しい事務方との軋轢は,
事務方の「現場の責任でやるならいいでしょう」と言う言葉で終わることが多い。
「責任は僕には無いよ」ってことだね。
にっちもさっちもいかなくなり現場に判断を任せる。
そうやって様々な現場で起きた不幸は歴史が物語っている。

想像力と思いやり。
多くの事を見る事。
多くの事を聞く事。
様々な情報をもとに考える事。
そして,冷静に判断する事。
さらにその判断の行方を確認しながら。
これを繰り返し行えない者達が組織の中の歯車としている限り同じことを繰り返すだろう。
現実味のない判断をごり押ししながら。



立憲主義の根本である憲法ですら,
自らの都合に合わせて勝手な解釈をするのに。
なぜ?様々な状況に合わせた判断ができないのだろうか。
それに判断基準にしてるのはマニュアルだよ。
イレギュラー処理にまでマニュアルと戯れていて
「どうすんだって言いたい」んですけどね。

Add Your Comment

名前
 
  絵文字
 
 
アクセスカウンター
  • 累計:

最新コメント
火星から来たBeth : Beth came from Mars.
2009年10月28日に火星から来ました。
Bethと言います。

Bethは,
宮城県動物愛護センターの譲渡会に参加して
(2009年10月28日)
譲り受けてきた犬です。
月齢3か月ぐらいと,スタッフの方が説明してくれました。
出生のすべてが謎に包まれた犬なのです。

Bethが我が家に来たのを機会にブログを開設しようと思い。
タイトルをどうしようか悩んでいる時・・・

札幌在住の友人が
「出生がわからないんだったら火星から来たことにすれば!」
で決まったタイトルなのです。

カテゴリ別アーカイブ
管理人からのお知らせ
虫よけにお薦め
記事検索
just for a moment
Talking in the window as the light fades
I heard my voice break just for a moment
Talking by the window as the light fades
I felt the floor change into an ocean
We'll never leave here, never
Let's stay in here forever
And when the streets are quiet
We'll walk out in the silence
Listening to the movement that the night makes
I let the room fade just for a moment
Sitting in the shadows that the leaves make
I felt the floor change into an ocean
We'll never leave here, never
Let's stay in here forever
And when the streets are quiet
We'll walk out in the silence
Listening to the music the machines make
I let my heart break just for a moment
Listening to the music the machines make
I felt the floor change into an ocean
We'll never leave here never
Let's stay in here for ever
And when the streets are quiet
We'll walk out in the silence
プロパ癌だ!


メンバーリスト
お散歩時の熱中症予防に
ヤケクソバイオドリンクレモン広告
簡単な作り方を 「火星の食卓」で公開中です。