2015年05月

期待に応えて!エヌ・エチ・ケー

NHKの頑張りに期待する今日この頃。

錦織圭選手の大活躍に,日本全国に俄テニスファンが,ワンサカとテレビの前に集まっているのではないでしょうか。

おかげさまで,プロテニスのツアー内容。
「知らなかったぜ~。
1年中休む暇もなく試合があるんだね~。
彼らにオフは無いのだろうか。
まさしく超人だよな~」

マラソン代表選手の選考方法に物議を醸しだしていた時だったので。
「プロテニスプレイヤーのランキングの決め方を導入したら合理的なのに」
と呟きながら,ポイント制によるランキングの決め方などをネットで閲覧していたのでした。

僕の家では,有料放送はエヌ・エチ・ケーのみで,他はコマーシャルで成り立ってる無料放送のみ視聴可能です。

全米オープンでの快進撃をしっても,ワールドツアーファイナルの時も・・・錦織圭選手以上に無念な事に終わってました。

だからと言って,そのためだけに視聴料を払って見るのも。
「なんだかな~」

ぼくは,その昔『世界初のペイテレビ』と言ううたい文句。
コマーシャル無。
コンテンツが割とぼく好み。
という理由から,番組開始からあまり時がたたない時期から,視聴料を払い見ていました。
「ガ」です。
何やら加入者の許可も得ずに勝手に,コマーシャルが入るようになってしまい。
「経営難だって?日和やがったな~この野郎!」
と思いつつも,ダラダラと契約解除せずにいました。
「ガ」です。
コンテンツも今一になってきて,ほとんど見なくなってきてました。
そして,たまに覗いてみると
「やっぱり!。視聴料払ってコマーシャル見てられるかい!!」
ってんでこの裏切った放送局には三下り半を突きつけてやったのです。

という経緯もあり。
そして,全体的にぼく好みのコンテンツがあまりないので,テニスだけの為にね~。
そして,微妙にグランドスラムからは下位に属するような,イベントカテゴリーに関しては独占契約を結ばず。
微妙に色気を振りまいておいておきながら・・・・肝心かなめのグランドスラムは独占しちゃう。
「ベラボウメ~。コンチクショ~。絶対契約なんかしてやるもんかいッテンダ~」って思ってるのです。



全仏オープンはNHKの頑張りに期待。
普通はこんなに,NHKに期待することないのだけど。
「年間視聴料24.770分頑張ってもらわねば。エヌ・エチ・ケー。期待してるぜ!!」

河原へGO!

「あなたの今まさしく行ってる行為は,5年以下の懲役もしくは一千万円以下の罰金刑なのだよ」
「・・・・・・・」
「つまりですね。
今日からあなたも晴れて犯罪者の仲間入りと言う訳です。
パンパカパーン!
おめでとう!!」
と思わず言っちゃった。

まさしく,交錯した瞬間。


思い出したくもない,今年最も最悪で不愉快な出来事。


土地の境目。
歴史の境目と時間の狭間。
国の境目と利権の狭間。

境目にはいろんな思惑が交錯している。
その境目が接触し交錯した時起きるトラブル。
誰もが,積極的にかかわりたいとは思っていないでしょう。
ごく少数の,曰くのある人たちや,都合のいいように情報を捻じ曲げる為政者達を除いては。


そして,季節の境目に起きた出来事。

『お願いだから目の前で,行為に及ばないでくれ~』と祈る気持ちとは裏腹に。
何の躊躇もなく,行為に及ぶ人達』

『あ~あ,やっちゃった』

まさしく,トリガーを引かれた瞬間。

『言わないで後悔する。
言って後悔する。
どちらを選択しても後悔の念に焼かれるのは間違いないわけで。
言った場合に,こうむるであろう甚大な被害も,ある程度想定できる。
しかし,駄目なものは駄目だろう。』
等々,1から10まで数える間に去来する思い。

そして。
「今日からあなたも晴れて犯罪者の仲間入りと言う訳です。
パンパカパーン!
おめでとう!!」

『あ~あ。交錯しちゃった』


晩冬と初春の境目に。

とっても!トッテモ!面倒なシーンを演出してしまったのです。
三文役者は彼らで,演出は僕です。



という訳で,河川敷から足が遠のいて。
行くエリアが限定されてました。

流れる時間は,感情の凹凸を削りながら,過去の感情の上に堆積物を残していく。
時の力を借りて,恐る恐る来てみました。


風景が変わっていて・・・。
0512

「ン?テロ?・・・・テロ対策警戒実施中?」って書いてある。
何か違和感を感じる。
テロ対策として警戒を実施していると。
こんな文言になる?

それは置いておいて。

「おおお!晩冬と初春の境目に起きた出来事。
あれは,テロだったのか」
彼と彼らは,とある組織の工作員?だったとか。
市民と言う仮面をかぶったテロリストだったとか。
だから境目を微妙に接触させながら,ここぞというときを見計らって交錯。
「合点!!」



それじゃ・・・亡くした心に弔いのうたを



remember how it used to be
when the sun would fill up the sky
remember how we used to feel
those days would never end
those days would never end

remember how it used to be
when the stars would fill the sky
remember how we used to dream
those nights would never end
those nights would never end

it was the sweetness of your skin
it was the hope of all we might have been
that fills me with the hope to wish
impossible things

but now the sun shines cold
and all the sky is grey
the stars are dimmed by clouds and tears
and all i wish
is gone away
all i wish
is gone away

all i wish
is gone away






でも,意を決して来てよかった。
テロリストがいない水辺は,本当にいいな~。

でも,護岸工事などの影響が出始めていて,徐々に侵入できるエリアが限られてきています。

必要なんだろうけど・・・。
日毎に山が削られ。
山肌が痛々しく露出し。
風景の中から消えていくのを見るのは,とても悲しい。


0513

0514



楽しむこと。
それは,自らが欲する物を貪欲に貪る事により,得られるテロリストたちの夕べもあるだろう。
しかし,
ひたすら走る。
ただ,走る事の喜びを体現するのを目の当たりにすると。
その貪欲な喜びは色褪せて見えてきます。



0516

0515

0517

0518

夕べは,
多くの命とそれを育む命の上に成り立っている。
だから大事に,大事に育んでいくべき。
命を軽んじることは,自らの命も軽んじる。
自縄自縛の中であえぐのならば,自らの内面の葛藤の中であえげばいい。
自らのフラストレーションを,自ら以外の命で代用する愚行を知るべきです。

講習会

座学の一日



受講前日
P5184394

まずは準備。
まるまる一日だから,飲み物と退屈しのぎ?の本が必要だよね。
本は講義中に読むわけではありません。
講義の合間の,例えば昼食の時などに読むためです。

まずは飲み物をどうするか。
フィールドに出ての実技などは無いので,”ヤケクソバイオドリンク:レモン”程のものは,いらないだろう。
でもスポーツドリンク原液は,ちょびっと飲む分にはいいのですけど。
一日中飲み続けるには,甘すぎて後味が悪いので却下。
薄めてオレンジジュースを追加してみよう。
例によって500mlのペットボトルに。
350mlから400mlのスポーツドリンク,
50ml~100mlのオレンジジュース(当然100%)
それに,不足分の50ml~100mlの水。
味見しながらトータル500mlになる様調整。
ヤケクソバイオドリンク:オレンジ 完成。
味は飽きずに継続して飲めそうだったので,更にもう一本。
1本は冷蔵庫に。
もう一本は冷凍庫に。

本はどうしようか?
いろいろ悩んだ末。
震災直前に購入していて,震災後ブンナゲっパナシになっていた”スマートグリッド(諸住哲)”を持って行く事にしました。
途中マンガ本買ってもいいしな~。



受講当日
P5204464

受講前

受講票と免状を渡して案内された席は,前から2番目で3人掛けの真ん中。
2人では広すぎる(儲からない)。3人では狭すぎる(儲かる)。
いつもこうなんだよね。なぜか?
震災の数か月前に受験した資格試験の時も,一番前の席だったし。
ただ,効率を重視した座席ではなかったので,楽ちんでしたけど。
ギュウギュウ詰めにしちゃったらカンニングできちゃうもんね。
ただ,隣の回答が見えたって,正解とは限らないけど。
そん時の受験場所は,国立大学のキャンパスだったのですけど,流石にですね広くて快適でした。
今回の講習場所は,狭くて暑くて。
環境ストレス・・・バリバリの講習会なのです。
資格更新の為の義務として,法律で定められたものだから・・・・。
仕方なく「我慢・がまん・ガマン・・・・・・ウリャ」


受講中

当然ペットボトルと筆記用具と受講票を机の上に出して,支給された教材で受講。
やばい,時折混じる仙北の訛に,聞き取れない部分が・・・・
徐々に睡魔が・・・・集中集中とばかりに,教材をめくり始め興味のある記事を必死に探索。
「おおおメッケタ」
睡魔が遠のき。
「フムフム・・・・ヤヤ?ナンデッシャ!ムムム」
どうやったらこんな結果が出るのか考えてるうちに。
講義が僕の開いてるページに差し掛かり。
「ヨッシャ。待ってたぜ」
そしたら何故か担当講師の方は,
「ここは割愛させていただきます」
「エッ?マジッスカ~」


休憩時間1回目

リフレッシュと講義中に補充した水分の排出の為のおトイレなんだけど。
右の人は,お地蔵様の様に動かない。
左の人は,震災後の墓石の様に横たわっている。
出れない。
「ウ~・・・・・すみません」とお地蔵さまの方に救いを求めて席を立ったのであります。
戻って来て見ても状況は変わらず。
横たわった墓石よりは,お地蔵様の方に声をかけて。
「すみません・・・たびたび」


昼食時間

この真ん中の座席で食事したくないし,トイレも行きたい。
でも横たわった墓石と,お地蔵さまは変わらない。
「早く飯食いに行けよ。トイレ行かないの?満タンじゃないのかよ君たち」と思ったのであります。
・・・5分経過。状況は変わらない。
エ~イ,ままよ!「どいてくれ」とは言わず「すみません」とお地蔵さまの方に。
そして,同じ階のトイレは混んでるので,違う階のトイレに直行。
その後,トイレを使った階のロビーを探索。
トイレから出て東側に歩って行くと階段とエレベーターホール。
そこを抜けると広いロビーが北側に広がってました。
おおお!大きな肘掛のないソファーが2つ。
「ラッキー」
ロビーは南北に長い長方形で30畳ほどはある大きなつくり。
長編の一辺の西側にイベントホールとその入り口があり。
其れに向かい合う東側の壁にソファーが。
短辺のほうは,南側が窓とベランダ。
北側は一面窓のない壁になっていて,もう1つのソファーが。
そのイベントホールの北側に控室に通ずる細長い通路がソファーの先に続いてました。
僕はイベントホールに向か合うように配置された東側のソファーに陣取って。
ガサゴソとtomoさん特性のバターロールとヤケクソバイオドリンク:オレンジを出し。
バターロールに挟んであるのはハムと当然火星農園のレタス。
「パクリ・・・モグモグ,ゴクリ・・・グビグビ」
と一個目を処理。
ガサゴソと本を出しながら本を開き,バターロールの2個目を手に取った時。
おそらく同じ会場にいた講習生が,休憩場所を探して迷い込んできました。
ロビーの真ん中まで来て一瞬躊躇したものの,意を決したように北側の壁面に設置されたソファーに進み。
「エエエ?」
ソファー端。僕と同じ方向,廊下の先にある控室の方を向いて,つまり僕ににお尻を向けて座ったのです。
「フ~ン。変なの」と思いながら。
2個目のバターロールをパクリ。
そして読書タイム。

ふと気づくと,イベントホールでイベントの準備が始まり。
騒々しくなってきたので,15分前だけど読書タイムを終了し,トイレ経由講習室へ。
流石に15分も前なのだから,
墓石の御仁やお地蔵様の御仁は,いないだろうと高を括って講習室に。
「エエエ?もういるの。座席から離れずにずっといたのかな?根っこ生えちゃった?」
墓石の御仁はやはり横たわっていたので,右側に回り込みお地蔵さまに。
「すみません」


休息時間2回目

両御仁はトイレにもいかず,根が生えたまま。
横たわった墓石の御仁を起こすのはためらわれ,お地蔵様の御仁に。
「すみません」
空っぽになりスッキリはしたものの。
座席の状況は相も変わらず,席を立った時のまま。
しかたないので,お地蔵様の御仁に。
「まことに・・・すみません」


休息時間3回

流石に右側から出るのはためらわれ,墓石の御仁も横たわっていなかったので。
左側の墓石の御仁に「すみません」
そして,席に着く時も左側の御仁に
「すみません」


休息時間4回目

もうトイレに行くのが嫌なので3回目の休息時間の前から,水分を取るのを中止。
まだまだ,満タンには程遠い状態ではあるものの。
足腰を伸ばした~い。
リフレッシュした~い。
その気持ちを,あと1時間だからという思いでぐっとがまん。






いや~疲れました。
果たして僕は何かい「すみません」と言ったでしょうか。

興味のある部分もある事はあるのですが,残念ながら一番興味のある部分は割愛されちゃうし。

帰宅途中でモンベルによって帽子と下着を購入しつつ。
「あ~今日はビールが飲めるゾ」
ピロリ菌除菌の為の投薬が昨日で終わったのです。
薬を処方してもらった時。
「絶対アルコールは駄目ですよ」
と念を押されていたので,きっちり守ってました。
なが~い一週間も昨日で終わり。
2重に解放された気分で,帰宅したのです。
P5224490
アクセスカウンター
  • 累計:

最新コメント
火星から来たBeth : Beth came from Mars.
2009年10月28日に火星から来ました。
Bethと言います。

Bethは,
宮城県動物愛護センターの譲渡会に参加して
(2009年10月28日)
譲り受けてきた犬です。
月齢3か月ぐらいと,スタッフの方が説明してくれました。
出生のすべてが謎に包まれた犬なのです。

Bethが我が家に来たのを機会にブログを開設しようと思い。
タイトルをどうしようか悩んでいる時・・・

札幌在住の友人が
「出生がわからないんだったら火星から来たことにすれば!」
で決まったタイトルなのです。

カテゴリ別アーカイブ
管理人からのお知らせ
虫よけにお薦め
for girls who grow plump in the night
記事検索
just for a moment
Talking in the window as the light fades
I heard my voice break just for a moment
Talking by the window as the light fades
I felt the floor change into an ocean
We'll never leave here, never
Let's stay in here forever
And when the streets are quiet
We'll walk out in the silence
Listening to the movement that the night makes
I let the room fade just for a moment
Sitting in the shadows that the leaves make
I felt the floor change into an ocean
We'll never leave here, never
Let's stay in here forever
And when the streets are quiet
We'll walk out in the silence
Listening to the music the machines make
I let my heart break just for a moment
Listening to the music the machines make
I felt the floor change into an ocean
We'll never leave here never
Let's stay in here for ever
And when the streets are quiet
We'll walk out in the silence
プロパ癌だ!


お散歩時の熱中症予防に
ヤケクソバイオドリンクレモン広告
簡単な作り方を 「火星の食卓」で公開中です。