2014年12月

スリップ

ランジェリーはありません。
そしてタイムスリップのスリップでもありません。
この時期のスリップと言えばスリップ事故です

2014年12月30日 6時10分頃
(写真参照)
信号機ポールの右側(西側)1本目のコンクリート柱が立ってる植木。
その草葉の陰でBethの御用足しに付き合ってると。
斜め後ろの方から
「シュル・シュル・シュル・シュル・・・・・・・・・・」
「おっ滑ってる」
そしてすぐ後ろで。
「グシャ」
「ゲッ」
振り向いてみると。
真後ろにある信号機のポールに車が激突してました。
北側から交差点に進入して,スリップして曲がり切れなかったらしい。
御用足真っ最中のBethは草葉の陰から御用そっちのけで脱兎のごとく飛び出し。
あっち行ったりこっち行ったり。
リードを持った左手は。
「ブンブン」うなってる様でした。
僕は車の中で動かない運転手の黒い影を。
おそらくほんの数秒見つめてました。
車の被害はたいしたことなさそうだけど,怪我したのかな?
って思い。
あっち行ったり,こっち行ったりするBethを引き摺るように。
数歩・・・救急車呼ばないといけないかも・・・またあなたですかって言われそう。
何かとっても縁のある救急隊。
と頭の隅で思った瞬間。
黒い影が動き出し,止まっていたエンジンをかけ。
「おっ大丈夫そうだね」っと思いながら立ち止まって見てました。
すると,車は徐々に動き出し,ベコバコした凄い音を立てながら西へ走り去って行ったのでした。
左のヘッドライトは壊れて,タイヤは間違いなくパンクしてたね。
かろうじて走れる状態だと思うのだけどね。
走り続けたらホイールは間違いなくお釈迦になるだろうな。

PC306322

写真を撮りながら・・・警察仕様の鋼管ポールは丈夫だ。
と感心したのであります

この瞬間の数秒前。
跨線橋方面東から2台の車が来てました。
そして,先頭を走ってる車は,
「ノロノロ」と滑る名所の跨線橋を手に汗握りながら走っている様子がうかがえました。
その後ろの車が「イライラ」しながら,でも流石に追い抜けずに,ピッタリその車の後ろについて煽ってました。
あきらかに。
「行儀悪いな~」って思いながら,赤信号で止まるのを見てました。
そして,Bethの御用足しのお付き合いとスリップ事故。
僕から見れば真後ろなんですが,彼らから見れば真正面でその現場を見た訳です。
事故後彼らの信号が青になり,衝突した車を避ける様に2台が通過したのですが。
遅い車を煽っていた車は?
とってもおとなしく車間距離を空けて通過していきました。

人のふり見て我がふり直したんでしょうね?

続きを読む

strange boutique - It's no use crying over spilt milk.

ガラス張りの部屋2

冬到来

2014年 12月27日
2014年12月27日岩沼温度2
レタスの栽培はビニールで覆って栽培を続けてます。
そして氷点下になってからは,試行錯誤の結果。
お風呂の残り湯をペットボトル(2ℓ)×2本にいれてビニールハウスの中に置いて寝ることにしてました。
それが,凍りました。
tomoさんが朝回収してくれるのですが,
「ホーラ,凍ってるよ」って見せてくれました
ここのところ冬将軍が日本海側や北海道を蹂躙してますけど。
宮城県の平野部は比較的穏やかで・・・それでも「寒い寒い」って言って過ごしてます。


4年前の秋。
行政の土木科の職員と話しをする機会があって。
いろいろ話をしているうちに,県外出身(関東地域)である事,そして今は岩沼に家を建てて住んでることが判り。
「どうして岩沼に住む気になったの?」って聞いてみました。
すると。
「大学が仙台市内だったんです」
「でも,工学系の仕事ってさ,仙台にあまりなかったでしょう?」
「そうなんです。でも四年間住んでこの地域は災害も少ないし,住みやすいとこだな~って思ったので」
「確かに,でも宮城県沖地震が30年以上前にあって結構大変だったよ」
「でもこの変は,雪も少ないし,台風の直撃も殆どない。災害も比較的少ないですよ。そして住みやすい」
と世間話をしていたら。
翌年ですけど,
「ドンドンドン。ドンドンドン。グラグラグラ。グラグラグラ」って何度も何度も。
そして,
「ドドドドドドドド」って何度も何度もきちゃったので。
まったく関係ないとは思いますけど,あまりこういう話はしなくなりました。

『冬将軍』の由来って?
ナポレオンのロシア遠征が寒さに負け撤退。
その記事をイギリスの新聞が「general frost(厳寒将軍)に負けた」と報じ,
それを日本で『冬将軍』と訳されたのがきっかけだってことは,みなさんご存知の事と思いますが。

なんで冬だけ冬将軍なのって思っていたら,これが違ったのです。
なんと夏にもちゃんと将軍様がいらっしゃったのです。
それは『*将軍』

*は夏です。
期待した通りの何の変哲もないネーミングでしたね。
こういうのって,そんなもんなのかもしれないですね。
ところが
『**将軍』というなんだか汗だくになりそうな将軍がいる事が判りました。
摂氏35度を超える猛暑のときに使われるらしく。

**は熱中です。
なんと『熱中将軍』
ちょびっとですけど・・・捻りを加えた・・・B難度ぐらいかな。



冬は苦手だけど,冬の散歩は欠かせません。
特に里山の散歩は,冬が本番です。
矛盾してるけど,
「人の生き様なんか理屈に合わないのが当然さ!」
気温が高い時期の里山は,草,藪に阻まれ。
それでも,「コンニャロ」って進むと。
虻,蜂,蛇の突然の襲撃に見舞われるので。
藪は注意しないと顔面にあたる・・・これが痛い。
そして,虻はこれも痛いそして,その痛さが持続するのでたまらないんです。
幸いにして蜂や蛇の被害はまだありませんけど。

虻は生きるために,血を欲して襲ってくるのだろうけど。
ちょっと,一言言ってくれれば,考えなくもないのに。
5週間に一回。
数十mlの血をお金を払って抜いてもらってるので,
そん時に若干多めに抜いてもらう事だって可能なんです。
それを無理やりしがみ付いて,皮膚を切裂き・・・蚊と違って虻は皮膚を切って血を飲む。
だから,とっても痛い。
そのとき,
何か余分のものをお礼として注入するためか,
後々赤黒くなって大きく硬く腫れあがる。

だから,里山の散歩は冬に限るのです。
20センチ以上の積雪の時は,Bethが立ち往生してしまいますけど。


苦手意識のある冬ですけど,散歩の時にいろんな事に巡り合えるので楽しい。
手先足先は,ピリピリしてますけど。
それを差し引いても,楽しいが優ってる。


一瞬の間だけですけど,記憶の奥底の何かを揺さぶる様な色彩。

12月28日 6時59分~7時5分

PC286166

PC286168

PC286177

PC286183

PC286198


足元の草の間に白く輝く光の結晶の様。

12月28日 7時28分~7時39分

PC286223

PC286230

PC286233

PC286240

PC286252

PC286304

PC286297

できる範囲でですけど,入念なストレッチをするようになって。
筋金入りの身体が,すこし「ヤッコク」なりました。
しゃがんで・シャガンデ・足を開いて撮影しても,楽勝なんです。
「ムフフフ」と勝ち誇った気分だったのですが,
夢中になりすぎて,
右側の膝を開いて田んぼについていたのを意識していませんでいした。
「ガーン」滅茶苦茶汚れてます。
ズボンが泥で・・・洗ってもらったばかりなのに。
帰宅後「ゴメン洗ったばっかりなのに汚しちゃった。また洗ってもらわなくっちゃ」
「いいわよ。洗濯は洗濯機がするんだから」
「な~るほいど」
小さい頃,服を汚してはこっぴどく怒られた記憶が,脳のどこかにこびり付いてるんですね。
アクセスカウンター
  • 累計:

最新コメント
火星から来たBeth : Beth came from Mars.
2009年10月28日に火星から来ました。
Bethと言います。

Bethは,
宮城県動物愛護センターの譲渡会に参加して
(2009年10月28日)
譲り受けてきた犬です。
月齢3か月ぐらいと,スタッフの方が説明してくれました。
出生のすべてが謎に包まれた犬なのです。

Bethが我が家に来たのを機会にブログを開設しようと思い。
タイトルをどうしようか悩んでいる時・・・

札幌在住の友人が
「出生がわからないんだったら火星から来たことにすれば!」
で決まったタイトルなのです。

カテゴリ別アーカイブ
管理人からのお知らせ
虫よけにお薦め
for girls who grow plump in the night
記事検索
just for a moment
Talking in the window as the light fades
I heard my voice break just for a moment
Talking by the window as the light fades
I felt the floor change into an ocean
We'll never leave here, never
Let's stay in here forever
And when the streets are quiet
We'll walk out in the silence
Listening to the movement that the night makes
I let the room fade just for a moment
Sitting in the shadows that the leaves make
I felt the floor change into an ocean
We'll never leave here, never
Let's stay in here forever
And when the streets are quiet
We'll walk out in the silence
Listening to the music the machines make
I let my heart break just for a moment
Listening to the music the machines make
I felt the floor change into an ocean
We'll never leave here never
Let's stay in here for ever
And when the streets are quiet
We'll walk out in the silence
プロパ癌だ!


お散歩時の熱中症予防に
ヤケクソバイオドリンクレモン広告
簡単な作り方を 「火星の食卓」で公開中です。