2014年02月

雪の樽水ダム湖畔公園

2014年2月22日 土曜日

冬の間のターゲットポイントは,やはり。
「五社山」
「外山」
「増田川の守り人(奇岩)」
「増田川の分水嶺」
「三方塚」
「牛道峠」
等々。
行きたい場所がいっぱい。
「雪が少ない,少ない・・・ツマンナイ,ツマンナイ」
って叫びながら歩っていた2月6日の五社山と外山そして三方塚。
その数日後に,
「ドカッ,ドカッ」って「タイリョウ,たいりょう」

「エ? 何がって。雪ですよ雪」
この変としては,ちょっと尋常じゃなかったですね。
多すぎてノーマルな足の長さ?では,
ターゲットポイントへ行けなくなってます。

ターゲットポイント突入に向け,
雪の事前調査をしに,
樽水ダム湖畔公園へ行って見ました。

県道118号線は除雪はしてあるものの,
除雪した雪で道幅がかなり狭くなって,
走りにくいのなんの。
大型のジャリトラが来たらすれ違えないな~。
とか考えながら・・・。
でも118号線にこの手のトラックが進入してきた現場に居合わせたことがないので,
安心しきって運転してました・・・・・・・・・・。

そして無事到着。
まずは118号線沿いの公園の駐車場に止めて様子を見ようと思ったのですが,
「止メラレマッシェーン」
道路を除雪した雪が山盛り。
その雪をどけて駐車場内に入れたとしても・・・入れないだろうけど,
スタックするのは目に見えてました。
仕方なくダメ元で橋を渡り樽水ダム湖畔公園の右岸へ強行突入を試みました。
「おおお!除雪してあるじゃんか」
しかし,
「甘かった」
途中の民家までは除雪してあるのですが。
民家のないその先が全く除雪されていませんのです。
0240
徒歩で侵入して撮影。
左側の写真が下流方面(公園)
右側の写真が上流方面(118号線からの侵入ルート)
をそれぞれに向かって撮影した写真です。


車の入った形跡はあります。
おそらくオフロード車でしょうね。
そのワダチの後に雪が被っています。
左側のわだちの跡だけがしっかりついてる。
「なぜだ?」
ワダチの後の左側だけを使って人が歩いた形跡があります。
この公園には捨て猫がたくさんいて,餌をやりに来てる人たちが結構いるんですが。
その人たちの通り道かな?
今日は流石にいない・・・ようですけど?

どう考えても僕の車では,
「イケマッシェーン」
「バック,バック~。オーライ,オーライ」
「qoo!狭いよ~」
なんとか118号線まで戻った僕たちは,
道路沿いに駐車スペースを探してみました。

唯一118号線沿いの駐車場の入り口付近だけは,
車2台分のスペースがありました。
車同士すれ違う際の緊急避難所のために除雪したのだろうか?
雪のやり場に困って駐車場の方に雪を寄せたのか?
は解りませんが・・・多分前者の方だと思うのですが。
「ウ~ン」・・・・思案中,思案中・・・「ヨシ決めた」
何の収穫もなしに帰宅したくないのだヨ。
このまま帰宅したら出直しの散歩ってことになるのは必定。
「この変は大分雪が融けて道幅が確保されてる。
充分すれ違える道幅だ!だから駐車しても迷惑じゃない!」
勝手に論理を展開するわがままぶりブリ?
客観的に見ても大丈夫なんだけどね・・・でもちょっと心配だったのは事実です。
P2225253

早速
20140222樽水2
20140222樽水

Bethは軽いのでそうでもないですが,
僕が歩くと脛の半分以上埋まってしまって,
ちょっと大変。

Bethもちょっと走りにくいせいか,
散々走った?のだと思うのですが,
僕を置いて駐車してる車の方へ・・・。
118号線に出てしまうとまずいので,
一生懸命走ってるつもりで歩いて歩いて・・・汗だくで車に到着。

Bethを車に乗せようとしたのですが・・・。
まだ全然足りない様子で車に乗らないのです。
「フ~」
仕方ないので,
先ほど断念した右岸の公園へ徒歩で行くことにしました。
増田川の上流にある橋へ約250㍍
そこから橋を渡り右岸づたいに下流へ約650㍍。
なんとか右岸の公園の駐車場へ到着。

「おおお!やっぱり猫がいる」
去年この場所で,Bethと一緒に猫たちを追いかけまわして・・・
何度かスッコロンデいるので。
今回はスイッチの入ったBethをなだめながら,
おとなしく猫が山へ分け入るのを傍観していました。

樽水ダム右岸の林道へ突入しようと,
その入口へ歩いていくと。
P2225445
公園内の公衆便所から山の中,
そして竹藪の中等へ,
人によって踏み固められた道があるんです。
どう考えても人の行きそうにないところへです。
今まで観察した結果から,猫の通り道であると考えられるんですね。
この雪の中誰かが来て,猫の世話をしてるとしか考えられないのです。
0242

歩いてみると。
日当たりのいい左岸より,
あまり日の当たらないこちらの右岸の方が,
歩きやすいです。
融けて凍った部分の層が分厚いためか。
踏み出した足の踝がせいぜい隠れるぐらいなのです。
先ほどよりは歩きやすいのですが,ちょっと寒いですね。
さっきBethを追いかけた時にかいた汗が「シャッコイドー」
林道内は,もっと気温が低く,ほとんど足がめり込まないぐらい固まってました。
人のあるった痕跡がない!
「俺たちが第一歩を標したんだぜ」
まるで,火星に人類史上初めての第一歩を踏み出した気分。
「ハハハ!」
勝ち誇ったような笑い声が,
樽水ダム湖畔にこだましたのであります。
0241

今日の目的の一部。
実は,増田川沿いに下って,凍った樽水ダムへ行ってみる事。
林道で遊ぶのは程々にして,
右岸側の公園へ戻ってきました。
P2225465
「おおお!ここも我々の第一歩が」
「ハハハハ!」
さらに大きな笑い声が,樽水ダム湖畔にこだましたのであります。
多分誰もいなかったと思います。


雪が積もっていれば,沢沿いに歩けるだろう
P2225496
「甘かった」
P2225505
撤退
P2225501
早朝の最も寒い時間帯だったら,
沢が凍っている可能性があるよねキット。
その上を歩いて行けないだろうか?
いつか試してみたいな~。


「そんじゃ,帰ろうか。Beth」

車のところまで戻るには,
来た道を戻るコース:沢を渡らず上流の橋経由で約1㌔。
ショートカットのコース:沢を渡っていけば4分の1の約250㍍。
ショートカットしたい気持ちはわかるけど。
「ダメです!!」
工業用コーキング剤で特性の防水処理を独自に施してる靴だけど,
どう考えても無理です。
P2225519
諦めて迂回ルートを車に向かって・・・。


「おや~?侵入車両あり」
オフロード車です。
一度駐車場の近くまで来て停車。
数分後数10㍍バック?
雪で駐車場に入れないと判断して,そのまま帰るのかと思いきや。
二人組の若い男女が下りてきたんです。
スタックした?
そして公園の駐車場に向かって歩いてきました。
「エッ?エ゛ッ?エ゛エ゛エ゛ッ~?」
女性が手に持っているものは。
和式便器カバー深型
どう見ても『・・・・の蓋』なのですヨ。
そして,男性の手にはレジで渡される白い袋。
なにか,ずっしりしたものが入っている様子。
その時
「こんにちは」と女性。
「こんにちは」と僕。
ちょっと戸惑いながら
「車抜けられなくなったの?」手に持っている物に視線が釘付けになりながらの僕。
「違います。ありがとうございます」と女性と男性。
ってすれ違ったのであります。

「なんだ?なんだ?なんだ?今の?え~?」
「??????」

橋を渡ってからも,対岸の二人組が気になるBethと僕。
0243

どうも先ほどの二人組の若い男女の持ち物が気になって,
ちょっと運転が上の空。
ってその時。
「ガリガリガリ」
「エッ?ナンダなんだ」
雪の重みで道路に倒れかけてた枝に気づかずに,
「やっちまったぜ!あ~あ」
って落ち込んでる間もなく。
今度は,正面から大型のジャリトラ。
118号線には入ってこないんじゃなかったの?
と勝手な思い込みは吹き飛んで。
「ゲ!どないしよう」
幸いに左側に民家があり,民家の中に車を入れることができたので。
「ラッキー」と胸を撫でおろしたのであります。
どう考えても避難所あるいはすれ違う事ができる場所までバックしなきゃいけないのは,
身軽な僕の方だもんね。

2014年2月22日
今日のBethのデーター見てtomoさんに。
「22時から23時まで散歩したの?」
僕はビールを飲みトットト寝ちゃってました。
「違うのよ。チッチしないで。夜遊び!」
face2_16

散歩として連れ出したのは2回なんですが,Bethのオトイレタイムがお散歩タイムになってしまったらしい。

********************** おまけ. **********************

続きを読む

Wandant 『わんダント』

富士通の愛犬の健康応援サービス「わんダント」が開催する。
『モニターキャンペーン』に応募してみました。
もちろん無料です。
3か月間だけですけど。
それ以降は有料になるみたいです。

これでどんなことができるの?
wandanto20140218_00000
「フムフム,なーるホイド」
面白そうなので2月3日の夜に応募してみました。

2月14日の夜。
忘れかけていた『わんダント』なるもの到着。

フェリカポートとわんダント本体
0238
①フェリカポート
②わんダント本体

まずは,
わんダント本体のセッティング
1
この首の真後ろにと言うのが,首輪が動くのでうまくいかないです。
首輪と別に添付バンドで試してみましたが,
わんダントには16gという重さが有る為,散歩してるうちに首の下側に確実に移動してしまいます。
どちらかと言うと,
添付バンドを使うより首輪の方が割と安定してるようなので,
首輪に取り付けて継続使用ってことになりました。
ずれたのを確認できた時点で元に戻すという,
運用上の手順が必要ですが。
P2205173


取扱説明書によれば,
わんダント本体とフェリカポートにより構成され,
ワンダント本体で計測されたデーターを,定期的に通信させる作業があるようです。
記録日数は14日分と明言してます。
ただどうなんでしょう。
一日のデーター量が多ければこの記録日数は減るのじゃないのかな?
10分毎のロギング(記録)だから,10分間の扱うデーター量の上限を決めておけば,14日分と明言できるか。
「う~ん。なるホイド」
10分間の扱うデーター量の上限を,10分間では歩けない歩数に設定しておけば,オーバーフローもないか。
「う~ん。なるホイド。ホイド」

どんなシステムなんだろう?
その運用方法は?
僕はPCしか所持していないのでPCの手順になります。
それと初期設定は当然行ったものとしてお話を進めます。


わんダントをフェリカポートに近づける。
具体的には,上の写真:フェリカポートとワンダント本体の白い矢印の部分同士を近づける。
わんダントのアプリをひらいてデーター転送を選択。

わんダントアプリメニュー画面

そのデーターはPCに接続されたフェリカポートからネット経由でサーバーにアップデートされ,
わんダントサイトのフォーマットでグラフ化してくれる。
それをユーザーが閲覧できる。
と言う凄くシンプルなシステムらしい。
わんダント本体には,3D加速度センサーが内蔵されており。
それにより振動を計測。
歩数とぶるぶる(震え)を10分単位でロギング(記録)するものらしい。
その他にアバウトではあるが環境温度もロギングできるみたいです。
ただし,このセンサー仕様は取扱説明書には載っていませんでした。





フェリカポートってなんだろう?


フェリカとは,FeliCaと書きます。
通信する物同志を接続せずに情報を読みだしたり,書き込んだりする機能。
でsonyが開発し,特許も取得した技術だとのこと。
Suicaやお財布携帯などに広く使われてる技術です。
ポートとは,通信プロトコル(手順)に乗っ取った情報の出し入れ口と考えていただければいいと思います。
通信する物同志を接続せずに情報を読みだしたり,書き込んだりする機能をもった出入り口ってことになりますね。
電磁誘導の技術を応用したものです。

通信プロトコル(手順)てなんだ?
電磁誘導ってなんだ?

具体的には火星電気商会をご覧ください。
「今工事中ですので少々お待ちを」

さわりの部分。
まずは通信プロトコル(手順)についてですが
通信するためには,出鱈目な手順では情報が伝わらないのであります。
送り手と受け手のフォーマットが決まってなければという意味です。
例えば,電話の場合。
呼び出し音が鳴って,電話を取るまで通信できませんよね。
相手がいるかいないか解らないのに話しかけても仕方ありませんし。
そして相手が電話を取ったのを確認して
「**様のお宅ですか」
「はいそうですが。どちら様ですか?」
って手順があるようにです。

電話という機器を手にして情報のやり取りをする場合でも,
電話と言う装置内部の通信プロトコル(手順)以外に,
使い手の人と人との手順があります。
無視した場合や意識の低い利用者の場合どうなるかって言うと。
深夜に電話が鳴り,何事かと思って電話をとると。
「〇×△◇☆」
「どちら様ですか?」って聞くと
「オメ~ダレヤ」
「名を名乗るのは,貴様だろ」
あまりの腹立たしさに怒鳴ってしまいました。
「プチ。ツ~。ツ~」
とか
「**ちゃんゲ」
「ハッ?」
「**ちゃんじゃねーのゲ」
「どちらにおかけですか?」
「プチ。ツ~。ツ~」
こんな風に不快感が増幅してしまう訳です。
手順を無視した脳天気なスパム電話の場合は,
まったく会話になりませんのですな。
情報のやり取りをする手順を無視すると,こういうことになります。
情報の扱いを間違えると被害は甚大な事に発展します。
それはこの脳天気なスパム電話のおかげで,何年か前ですが電話番号を変更せざるを得なくなりました。
当然現在は電話帳に電話番号は載せていません。

だからそのために手順と言うか手続きと言うかが決められているんです。


homepageを開いてdataグラフの内容を確認して
「ちょっとガッカリ」
homepage上で1時間,1日,1月,1年単位でそれぞれグラフ化したものを提供。
の様です。
僕としてはグラフ化されたdataをもらうよりは,
生dataのテキストファイル形式で公開してもらった方が,
いろいろ加工して楽しめるんだけどな。



早速セッティングとBethの装着してフィールド試験開始。
0237
このとき,
PCの時間とわんダント本体の時間を同期させずにフィールドに出てしまい,
データー収集失敗。
毎度ながら,マニュアルを読まずに,勝手に操作してしまう悪い癖が出ました。
(取りあえずやってみて,うまくいかなかったら,マニュアルを読む習慣がアダに)
「反省!」
早速操作マニュアルを読み。
「解決」

2014年2月20日

「おおおお!おもせんでね~の」
22時近辺に歩数が測定されてる訳をご説明いたします。
Bethのオトイレ(チッチ)timeなのであります。
近所の空地で用を足せばですね,たいした歩数にはならないのですが。
雪が降ってる時。
雪が積もってる時。
喜んじゃって,なかなか用を足さないのです。
歩って遊んで・・・『チッチ』・・・して終了。
その時間30分から60分ぐらい。
これは,幸いなことに僕の担当ではないのです。
「ヘヘヘ」
face大2_25


それは,真夏の夜などもよくあるようです。

環境温度が高いのは,Bethの体温が影響してるんでしょうね。
想像してる以上に歩数が多いのと,
ぶるぶるをこんな頻度でやっていたとは・・・。


3か月間ですが・・・面白いものを手に入れたと喜んでる次第です。
ma-penguin_21

artと言う心の窓

P2144818

人の心を映す鏡だから。
心の内面の告白だから。
心の内側を真実を求めて彷徨いながら流す涙なのだから。
そして,自分を信じ,惑わされず,自分を押し通すところに,人が生み出すartの輝きがあるのだろう。

心の内側で彷徨う苦悩を背負うのではなく,
周囲の考えに惑わされ,自らが信じる意志を持たず彷徨う。
自らが信じる意志をもたずに彷徨う心は真実を見失う。
教えられた歴史。
教えられた言葉。
教えられたart。
与えられた事実と言う裏側に潜む真実を見失うことで,
自らの力で思考する事を見失う。

言葉が力を持つのは,それが自分の言葉として使われるとき。
それが,
たとえ人の教えだろうとも,
人の言葉だろうとも,
心の目で見た教えや言葉には力がある。
本当に見えている物がなんなのか,
見えているものの背景にあるものを想像することができずに,プロパガンダを叫ぶのは誤りだと思う。
心の目を持たない者は,感情的に遠吠えし,人の世に災いを招く。
真理を見極める力のない者達。
本物の値打ちを見抜く力のない者達。
そんな者たちの陰湿な負のスパイラルが網状には蔓延しているのではないか?
蔓延したただなかにいるとそのおかしさにも気づかないだろうし,
その世界の窓から見える物も,
そして窓から覗き見る景色さえも,
真実から遠く離れたものに見えるのかもしれない。



思い出そうとしても思い出せない。
でも確かにしこりの様に脳の一部に巣食っている。
解りそうで解らない不思議なベールに包まれた記憶。
その記憶を紐解くことが,窓を解放し,多くの光と空気を呼び込むことができるのかもしれない。

自分が,そしてこの世界の多くの自分が何者なのか。

謎を解くための閉ざされた窓の外側にあるもの。
しかし,それは内側でも外側でもないのかもしれない。
内側に秘めた記憶だけれども,それは今の外側の現実へ導いてきた原動力なのかもしれないから。


アクセスカウンター
  • 累計:

最新コメント
火星から来たBeth : Beth came from Mars.
2009年10月28日に火星から来ました。
Bethと言います。

Bethは,
宮城県動物愛護センターの譲渡会に参加して
(2009年10月28日)
譲り受けてきた犬です。
月齢3か月ぐらいと,スタッフの方が説明してくれました。
出生のすべてが謎に包まれた犬なのです。

Bethが我が家に来たのを機会にブログを開設しようと思い。
タイトルをどうしようか悩んでいる時・・・

札幌在住の友人が
「出生がわからないんだったら火星から来たことにすれば!」
で決まったタイトルなのです。

カテゴリ別アーカイブ
管理人からのお知らせ
虫よけにお薦め
for girls who grow plump in the night
記事検索
just for a moment
Talking in the window as the light fades
I heard my voice break just for a moment
Talking by the window as the light fades
I felt the floor change into an ocean
We'll never leave here, never
Let's stay in here forever
And when the streets are quiet
We'll walk out in the silence
Listening to the movement that the night makes
I let the room fade just for a moment
Sitting in the shadows that the leaves make
I felt the floor change into an ocean
We'll never leave here, never
Let's stay in here forever
And when the streets are quiet
We'll walk out in the silence
Listening to the music the machines make
I let my heart break just for a moment
Listening to the music the machines make
I felt the floor change into an ocean
We'll never leave here never
Let's stay in here for ever
And when the streets are quiet
We'll walk out in the silence
プロパ癌だ!


お散歩時の熱中症予防に
ヤケクソバイオドリンクレモン広告
簡単な作り方を 「火星の食卓」で公開中です。