2014年01月

友遠方より来たる2014.01

P1273207




2014年1月25日 土曜日
P1273167

zirとmargaritaが一緒に実家に帰ってきました。
margaritaに会うのは6年ぶりぐらいかな~。
「お久しぶりブリ」

夕食にご招待しました。
友遠方より来る2014年1月
ちょっと頑張っちゃいました。
margaritaはちょっと事情があって食べ物に制限があります。
1日目は,まずはmargaritaご所望の「スコッチドエッグ」。
そして,2日目はちょっと冒険をして,margaritaの食の範囲拡大を模索。
できるだけいろんな食材を,おいしく食べて,体力つけて欲しいという願いを込めて作りました。
「挽き肉入りオムレツ」と「ロール白菜」です。
結果は好評で「メデタシ。めでたし」
ひき肉は全て豚挽き肉。
玉子は半熟分を残さない堅焼きで,極力添加物は使っていません。
野菜は土がついたまま売っている地場産をできるだけ使っています。
作り方に興味のあるお方は「火星の食卓」と「のざぽんの食道楽」をご覧ください。
食事をしながらの楽しい会話。
食べながら・・・こぼれ落ちそうな笑顔は,みんな素敵なお顔をします。
至福の時ですね。
そしてあっという間のひと時。
時間の感じかたの不思議を実感する瞬間です。

そして帰宅の時間。
0125

「ピンポピンポン。ピンポピンポン」
の音とともに到着時刻50分遅れのアナウンス。
そして「事情によっては千歳に下りないこともあるんだかんね」って。
他人事のように,流暢な日本後?と綺麗なお声で・・・。

呆然と立ち尽くす友人
0124
しかし,案内板にはアナウスの内容はまだ未掲示。
アナウンスミスであって欲しいと願うかのような後姿。

「千歳に下りれない時って,仙台に戻ってくるの?」
「羽田って言うか東京空港に下りるんだって」
「なんで?」
「最終便だし。最終便が離陸したらあとは仙台が営業時間終了するかららしいよ」
「という事は,その分飛べる燃料は,最初から積んでるってことなんだね」

結局1時間遅れの搭乗開始。
お見送りをして
「ご安全に!」



そして,zirからの早朝メールを受信。
飛行機01

P1273207
目が落ち窪み,
左目が二重になってお疲れモード。
お疲れ様です。
そしてご苦労様です。


P1263138


**************** P.S. ****************

でもこれが不幸中の幸いだったらしいです。
予定通りついていたら,夜だし駐車場で雪に埋もれた車を出せなかっただろうとのこと。
高速も通行止めだったらしいし。
翌日の朝6時50分の便だから,到着後駐車場の除雪をブルドーザーでしてもらえたのだそうです。
そして車の雪下ろしをして出発できたのだそうです。
雪が半端じゃないですね北海道は・・・。
いや~ご苦労様でした。

僕のモードの中に書かれたチャート

2014年1月25日 土曜日
長期予報では,年明けから寒くなるって言ってたような?
今日は,日中の最高気温が11℃でっせ。
それでも畑の土は一部凍っていたのですけど,
おかげ様で11月にできなかった米糠による施肥が,
なんとか午前中で出来ちゃったのです。
休眠中の火星農園は,上の写真をクリックしてご覧ください。




お疲れモードになっても,散歩に行けばモードが切り替わる。
モード:殺伐から,モード:安穏へ切り替えるために,お散歩をします。
モードとモードの接触が,時には苦悩に満ちたものとなる。
そのモードから切離し,
様々なモードから隔離された状態で,
自分のモードを見直すために,
葉緑素たっぷりの酸素を必要とするのかもしれません。

僕のモードの中のチャートには,節目節目にお散歩の処理が記入されてるのです。
P1252825
P1252829
定期的に灰汁抜きをしないとね。
渋くなっちゃうのであります。
オイシイ人になるために?
「ナハハハ」
今日も出かけました樽水ダム湖畔公園。

まずは右岸の湖畔公園で足慣らしをして・・・

この場所は,あまり人気のスポットでないせいか,夏場でもあまり人がいません。
冬場は尚更閑散としています。
でも,それがいいんです!
ただ,野良猫に餌をやりに来る人がいたり。
なにか怪しいブツのやり取りを車上でしてる,おじ様やおば様たちがいたり。
ゴルフの打ちっぱなしと勘違いしてる人がいたりはします。
冬以外左岸側では,ディスク犬が遊んでいるのをよく見かけます。


そして林道に突入!

ここは,湖畔の右岸を通る林道なんですが,
土砂崩れのため車両通行止めになったままなのです。
だから,車はまったく通らないし人もあまり通りません。
たまにバリケードを動かして入ってくる車やバイクがある事はありますが。
車が通れるように作った道なので比較的平坦で,
雪が積もってない限りはスニーカーで,
のんびり歩く事ができる往復4~5キロのコースが,
ダム湖畔公園からダム管理所まで続いています。
この林道から湖畔に下りるルートが何本かあり(おそらく釣りのポイントなんじゃないのかな~),
地面が湿っていなければスニーカーでも充分下りることができます。
0129
0126
0127
0128
ねっ,いい雰囲気でしょ。

林道脇に面白いものを発見。
氷の下をおたまじゃくしの様に動き回る何者かが?
なかなか面白いので,山の中へ分け入って撮影。
こういうのって時間たつの忘れるんですよね。
三点指示が基本なれど・・・左手にリード,右手にカメラ。
Bethは元気よく登りまくり,僕は引きずられるように滑りまくる。
滑った瞬間。
カメラを持ってる右手を地面につけることは当然できないので,
リードを持った左手を地面に・・・。
当然元気よく登ってるBethは引っ張られて。
「キャイ~ン」
「ハハハ,ワリー,ワリー。
んだげっどね。
滑って落ちる時は一緒だかんな。」
自分だけ助かろうなどと努々思うなかれ。
寒くても足場が悪くてもとっても楽しい。
滑って落っこちても2~3メータぐらいだから,たいしたことないッス。


しかし,今日の夕方は。
”友遠方より来たる” のです。
そんなお楽しみが待ってるので,Bethさんには悪いが・・・
それ以上山へ分け入るのはやめて,帰宅したのであります。
「けーるぞ・・・Beth」


「運転は,ワタチには関係ないわ~」
P1253070
どこでもすぐに寝れるやつだぜ~,まったく。



********************* P.S. *********************

ね!ネコさんがいるんです。
おそらく捨て猫なんでしょうね。
「モゾコイ事すんな~」
0130
0131

知恵の輪騒動

とある昼下がり。
問題になっているコミニティーのごみ問題の相談をすべくロッキーお父さん宅へ伺ったとき。

にこやかに迎え入れたロッキーお父さん。
「寒いね~。こたつに入って入って」
「おじゃましま~す」
「これ知ってる?」ってこたつのテーブルの上にあるものを指さして
キャスト・パズル

「何ですか?それは」
「知恵の輪というかパズルだね。儂のボケ防止だって言ってJYUNが持ってきたんだ」
「知恵の輪にしては一個はあまりにも奇妙な形だし,パズルなんでしょうね・・・それにしてもかなり難しそう」
「そうなんだ。難易度が一番高いのを持ってきたんだ。何も一番難しいの持ってくることないじゃないか。ね~」
といって,商品の一覧表を
キャスト・パズル1

「でロッキーお父さんはクリアしたんですか?」
「いや~まだなんだ。なかなか厄介な代物だよこれは。なんで一番難易度の高い奴持ってきたのかな~」
しきりにパズルの難易度が高いのを嘆くロッキーお父さんであります。
そして,
「チョットやってみるかい?」
「は~」
と言って手に取ったのは,
一番斬新な形をした,
どう見ても知恵の輪ではなくパズルの領域の”CAST NEWS”。
妙に生温かい。
「ロッキーお父さん,ずっとこれと格闘してたんですか?」
「ん?どうしてだい」
「いや~これなんだか生温かいですけど」
「ははは,多分こたつの上で温まったんじゃないかな」
本当だろうか?疑いつつも
”CAST NEWS"を手にしながら,本来の打ち合わせを行い。

打ち合わせ内容は,極秘事項の為シークレット扱いになります

**********  打ち合わせ 打ち合わせ 打ち合わせ  ********** 


打ち合わせ後
「どっちか持って行ってチャレンジしちゃどうかね?」
「う~ん。どうしようかな」
この手のパズルは,おそらく小学校以来やったことないし,かなり複雑そう。
更に悩みながら
「どうしようかな?」
パズルと格闘してるうちに,頭痛くなりそうだったので,ちょっと腰が引けた感じで悩んでました。
「い~よ。しばらく持って行ってても,何の支障もないから」
としきりにチャレンジすることを進めるロッキーお父さん
「どっちでもいいんですか?」
「OK!OK!全然問題ない。ただクリアできなくて,投げつけたりしないようにね。ガラスにぶつけたら割れちゃうから」
とニヤニヤしながら
「そうよ。イノシシ年生まれの猪突猛進。そして今年55歳。GOGOのイケイケだものね~」
ってロッキーお父さんの妻までニヤニヤしながら。
「ぼくだったらやりそうだと思ってるんでしょ。心外だな~。でも55で今年はブタなんですヨ」
と訳の解らない言い訳をしながら。
二つを比べてみて,”CAST NEWS"を借りて会長宅を後にしたのであります。
持ち帰った当日は机の上に置いたまま,忘れてました。

翌日は,
年末に壊れたというか壊したメガネを持ってメガネ屋さんに。
なかなか行けずにいたのです。
そして,一世代前のメガネで間に合わせようと頑張っていたのですが,
壊したメガネも相対視力が変わってきてるみたいだったし,
その前のメガネですからね。
どうにも不便で新しいメガネを購入しに行ったのです。
そして,昼食にはお誕生日のお祝い。
「ヒャッホー」
鮨勘のランチ
「ん?らんち?今ランチって言った?」
そう満腹盛りという1050円の鮨勘ランチ味噌汁付。
「え゛~」
「足らなかったら,単品で頼んでいいからね」
「それって寿司屋に行く前にカップヌードル食わされる様なものじゃない?」
「カップヌードルじゃないわよ。正真正銘の上から見ても下から見てもにぎり寿司よね。」
「ハハ~。お見それいたしました」
ってんで,満腹盛りだけに満腹満腹。
おいしかったス。
僕の胃袋に単品を頼む余力は残っておりませんでした。
見事にtomoさんの策に落ちた僕・・・。
チョット腑に落ちないお誕生日の食事ではあったのですが,ホドホドに満足。


そして,14時ごろ帰宅。
帰宅後なんとなく机のうえのパズルを手に取って見て。
「う~ん。普通の知恵の輪と違い,
どういう風に動かせば外れそうとかがなく,
なんとなく動かしながらの手ごたえが得られない不思議なパズルだな~」
と思いながら。
「ほんじゃちょっとやってみっか~」
って始めたのが14時30分ごろ。
微妙に動く感触を試しながら・・・・・
ここからはまだ解けていない人のためにシークレット扱いとなります。
約一時間の悪戦苦闘
m-1_16
15時30分ごろ・・・「ヤッター!」
nozapon

そして早速。
ロッキーお父さんに自慢をしに
m-1_24
玄関で
「ホラッ見てください。できちゃいました」
「え゛~!まずは,あがってあがって」
パズルの解き方を説明
*****シークレット シークレット シークレット シークレット*****
「え゛~,そんな!」
ちょっと悔しそうでした。


「じゃこっちのもやってみてよ」
って”CAST QUARTET"を渡されたのであります。
受け取りながら,
「週末にでもゆっくりやってみます。あまり期待しないで待っていてくださいね」
って言いながら自宅へ帰宅。
机の上において2日目の夜。
20時過ぎぐらいに夕食終了。
PCの電源を入れて机を見ると
”CAST QUARTET"が,
その体を黒光りさせながら,
「解けるもんなら解いてみやがれ」
って言って僕を挑発しているように感じたのです。
「そうかい,そうかい。じゃやってやろうじゃないか」
ってんで開始したのが20時ちょっとすぎ
なんとなく動かしてるうちに
「オヤ」って思ったのが15分過ぎぐらい。
tomoさんにコーヒーを所望しながら,雑談をちょっとして再開。
「オオオ!行けるぜこれは」って思ったとき,部屋にコーヒーの香りが。
ただ,コーヒーを飲むのに手を休めたら,解けそうな状態を放棄することになる。
コーヒーを飲まずに継続してチャレンジ。
とその時
「おおお!解けちゃったぜ。ハハハハ」
tomoさんが
「スゴーイ」
褒められて悪い気がしない僕というか,とっても嬉しいというか。
『快感!病み付きになりそう』
コーヒーを飲んでいたtomoさんに,
「明日ロッキーお父さんに,これ持って行って自慢してきてチョ~ダイ」
冷めかけたコーヒーを飲みながら,
「元に戻せなかったら,相談に応じますよって言ってみて。フフフ」


翌日tomoさんがロッキーお父さんのお家に持って行き,
事の次第を報告しながら,バラバラになったパズルを見せると。
「え゛~・・・かなわんな~」ロッキーお父さん夫婦は石川県出身なのです。
「こういうものはね。3日3晩寝ずにやるとかさ~。一か月間は悩まなきゃダメなんだよ~」
良識のあるtomoさんは,
パズルを元に戻す件に関しては,ロッキーお父さんにお話ししなかったそうです。

CAST PUZZLE
アクセスカウンター
  • 累計:

最新コメント
火星から来たBeth : Beth came from Mars.
2009年10月28日に火星から来ました。
Bethと言います。

Bethは,
宮城県動物愛護センターの譲渡会に参加して
(2009年10月28日)
譲り受けてきた犬です。
月齢3か月ぐらいと,スタッフの方が説明してくれました。
出生のすべてが謎に包まれた犬なのです。

Bethが我が家に来たのを機会にブログを開設しようと思い。
タイトルをどうしようか悩んでいる時・・・

札幌在住の友人が
「出生がわからないんだったら火星から来たことにすれば!」
で決まったタイトルなのです。

カテゴリ別アーカイブ
管理人からのお知らせ
虫よけにお薦め
for girls who grow plump in the night
記事検索
just for a moment
Talking in the window as the light fades
I heard my voice break just for a moment
Talking by the window as the light fades
I felt the floor change into an ocean
We'll never leave here, never
Let's stay in here forever
And when the streets are quiet
We'll walk out in the silence
Listening to the movement that the night makes
I let the room fade just for a moment
Sitting in the shadows that the leaves make
I felt the floor change into an ocean
We'll never leave here, never
Let's stay in here forever
And when the streets are quiet
We'll walk out in the silence
Listening to the music the machines make
I let my heart break just for a moment
Listening to the music the machines make
I felt the floor change into an ocean
We'll never leave here never
Let's stay in here for ever
And when the streets are quiet
We'll walk out in the silence
プロパ癌だ!


お散歩時の熱中症予防に
ヤケクソバイオドリンクレモン広告
簡単な作り方を 「火星の食卓」で公開中です。