2013年12月

2013年 山の走り納め

散歩の前に,メガネをレンズクリーナで拭いていたら。
「ポロ」
PC301545
「エ?何?何が起きたの?」
最初ネジが外れたのかな?って思ってよく見ると
折れてました。
それもレンズのついてる方のフレームの方が
「ガーン」嵐の予感?
「・・・・・」
PC301520
なんとなく不機嫌で無言のお散歩。
PC301522
今日はお天気になりそうだし。
午後は葉緑素たっぷりの空気を吸いに行くんだし。
「まっ,いいいか。なんとかなるサ」



12月30日 月曜日

金蛇水神社から千貫山までの縦走コース。
な~んてね。
「大げさだよ」
普通に歩いて普通に楽しい。
特にこの時期に山に入る人は極端に少なくなるので,
Bethにとっても僕にとっても,
最高のリフレッシュになるのです。
金蛇水神社から千貫山まで歩く人はあまりいないみたいですけど。
その他に今回は,
トレッキングジューズと踝の関係に新た一歩を築くべく,
新たな試みに挑戦するんです。
それについては日を改めてご報告いたします。
「へへへ楽しみだな」

PC301565

6番目のロッシャラ堤です。
フェンスができていました。
実は5番目の金原堤にも,
フェンスができてたんですが,
釣り人がたむろしてたので撮影できませんでした。

これはきっと今年の5月3日と6月4日の事故がきっかけで,
岩沼市が設置したのだと思います。
もう半年以上も経過したので,さわりの部分をちょっとだけ説明します。
5月3日は連休の真っただ中。
当然散歩三昧の日々を送るべく,
5時ちょっと前に家を出発。
金蛇水神社へ向かったのであります。
頂上まで登ってひとっ走りした後,
帰宅途中の金原堤でその事故と遭遇しました。
時間は6時半ごろです。
金原堤の横を通り過ぎようとした時,
堤に何か大きなものが浮いてるのが見えたのです。
その脇で人が1人悲鳴のような声で叫んでました。
その周辺を走り回っている人が2人。
尋常じゃない様子なんです。
よっく見ると浮いてるのは人でした。
岸から5~6mぐらいのところで,
浮いてる木につかまってました。
あわててBethをフェンスにつなぎ,
どんな状況なのか,
落ちてからどのぐらい経過してるのか聞くと,
30分ぐらいだとのこと。
水温の事を考えると「とってもやばい」
消防に連絡したか聞いてみると,
誰もしていない。
あわてて携帯で消防に連絡,
レスキューと救急車をよび,
そうしてるうちにトラロープを持ってきてくれる人がいたので,
そのトラロープ救出活動を継続し,
レスキューが到着する前に引き上げることができたのです。
体は氷の様に冷たくなっていました。
ひきあげた僕ともう一人で体をこすりながら,
声をかけて呼びかけていました。
その時にレスキューと救急車が到着したのです。
危機一髪で助かったのでした。
「本当によかった。よかった」
山の中の堤で民家もない場所。
人通りなど到底期待できない場所,
それも早朝の偶然の出来事です。

6月4日は,グリーンピアの用水路でも事故がありました。
時間は朝の8時。
グリーピアの施設に行く途中の道路わきにある用水路なので,車は比較的通ります。
残念ながら,ここでの事故は,死亡事故になったそうです。

という事で市でフェンスを設置したのだと思います。
景観が変わってしまったので,ちょっと残念ですけど・・・仕方ないのかな~。


「ヨッシャ行きまっせ」
PC301559
釣り人達の話し声が気になる?
PC301566

出発が遅かったので,あまり寄り道はできないのだヨ。

通行止めだね。
PC301568
僕達には合計6本の足があるから大丈夫?
こんなとこだって
1212
こんなとこだって
1213
道のないとこだって平気なのさ!
1214
道のないところは,本当の事を言うと,僕はちょっとシンドイ。
汗だくになっちゃうもんね。
道なき道の登り下りは,さほど負担にならないんだけど。
汗かくと後が大変なのですよ。
体が冷えて。

「今年の走り納めだぞ!行って来いBeth!」

残念ながら蔵王は雪雲が被っていて,はっきり見えませんでした。
PC301618

ちょっと休息。
今日は暖かかったですね。
登り始めからフリースも手袋も,
毛糸の帽子もいらなかったし。
でも,さすがに冬ですね~。
日が陰ってくると流石に寒いです。
汗もかいちゃったし。
1215
帽子・手袋・フリースを着込み帰宅の途に就いたのであります。
PC301675
PC301676
PC301685

山の走り納めでした。
河原の走り納めもできたし,心残りは海岸の走り納めができなかったことかな。
工事やってるから・・・・

イブ・イブ・イブの河川敷

2013年12月22日 日曜日

river5

やっぱり休日はこうでなくっちゃ!

「ハハハハッ」の高笑いと共に河川敷に突入!
river1
ようやっと,ようやっとです・・・僕の元気の源の新鮮な空気の中での散歩の時間。
でも,ちょっと煙かったんだよね~。


気持ちよ~く出発したのもつかの間。
草葉の陰から,叫び声が
124
「ナシテ?」
まだ,イブ・イブ・イブなのに・・・・。

ここでちょっとわき道に・・・。
tomoさんが散歩の途中で,保健所のオジチャンに聞いたお話を思い出しました。
この時期,捨て犬が急に増えるのだそうです。
理由は?
年末,長期で家を留守にするためではないかとのこと。
つまり,ペットホテルとかを利用するのがめんどくさくて,捨てちゃうんじゃないかって。
ひどい話だよね。

最近,飼い殺しにされてるワンちゃんの話をよく聴きます。
だからですね。
この推測はあってるような気がするのです。



気を取り直して・・・再出発。
PC221240

「いい感じだネ。Beth」

125

そんじゃ,ひとっ走り行きますか!


気分よく歩ってると・・・
パン~」と言う衝撃音。
その音が川面をこだましていくのと同時に,野鳥が一斉に飛び立ち,騒然とする中。
Bethはハイテンションになってました。
そして,頭の中を駆け巡ったのは,「花火じゃないぞ。銃声だ!」
そしてそう思った瞬間,しゃがんであたりの様子をグルリンって見回したんです。
すると・・・
PC221318

挙動不審の男が一人。
数分様子を見て,立ち上がりその男がいる方向に向かって行ってみました。
残念ながら,うまく写真は撮れませんでしたが・・・。
徐々に近づいていくと,
その男が気付いたらしく,
明らかにソワソワしだし,
左の背の丈以上に伸びた草の中に分け入っていきました。
「残念」・・・でもちょとホットしたのも事実です。


またまた,リセットしなおして
「今日はなんだか調子が出ないな~」
と思いつつ「もう一丁走りますか」

おやつに魚肉ソーセージ。
久々の登場です。

勲章いっぱいつけて誇らしげ?だね。


銃声がした時間が15:30分ごろ,
挙動不審の男が草原に消えた位置周辺は,
ここから目と鼻の先でよく見えるんです。
僕たちがここを立ち去ったのが16時ごろなんですが,
そのころまで草原から出てくる気配はありませんでした。
いったい,何者なんだろう?
と言う疑問に後ろ髪をひかれながら,帰宅の途に就いたのであります。


雨が降ったりやんだり,
風も強く目まぐるしく変わる天気。
今日は時折雲の切れ間から見える青がきれいな一日でした。

river2


久しぶりに河川敷に突入して,思う存分歩いたんですけどね。
今日はなんとなく変な気分で終了。
PC221382

続きを読む

失敗の本質

PC171177

人は多くのものを失いながらも生きていけるのは,
それ以上の多くの物を得られるからなのかもしれないですね。
ひとつの失敗に対して,次はきっとうまくいくと思えればいいし。
その失敗の本質を見極める努力を惜しまなければ・・・
失敗が続いてもいつかうまくいくと信じながら生きれれば・・・
そんなしたたかで柔軟な気持ちで生きれたらいいね。
手前勝手で虫がいい話かもしれないけれど。


多くの失敗は,一つの成功で報われるが。
多くの成功は,一つの失敗で帳消しになる。
多くの失敗で委縮せずに,
多くのことにチャレンジしながら,
失敗の本質に迫れば成功の道筋は見えてくるのかもしれない。
しかし,
成功に敷き詰められた道を歩く者にとっては,
失敗を恐れるあまりそれを直視できなくなり,
それが大きな落とし穴となるのではないでしょうか。

失敗ばかりしている者のせめてもの心の慰めかもしれないけど。


PC121114


僕は自分のしでかした多くの失敗の代償を払いながら生きています。
そして,更にその失敗を積み重ねながらも生きていけるのは,
少ないながらも周りにいる友人たちの,やわらかくて暖かい笑顔があるからかもしれないのです。
だから,その友人たちには,とても感謝しています。

失敗の代償とは,
葛藤が心をむしばみ続けてもなお生き続けなければいけない事。
すべて自分に問題があるから。
それが失敗の代償を支払うという事なのかもしれないと思っています。


うまくいったことがあまりないから,
そのうまくいったイメージを思い描くことができない。
それだけではなく,
想像力と持って生まれた性格に加えて環境がそうさせたのか。
は解りませんが。
問題の多い性格だというのが最近判ってきました。
一番いいのは,人とのかかわりを断ってしまう事。
もともと,外に向かって何かを唱える性格ではなく,内側に向かって問いかけるタイプなので。
山の中の畑を耕しながら,土と共に生きるのが性に合ってるのかもしれないです。
鍬を持つ手に汗が流れるのを見ながら生活するのがあってるんですね。
きっと。
失敗ばかりの連続で委縮してる心はそう訴えかけてきてるんです。
ちょっと,つらいですね。

PC171184

新鮮な空気を,お腹いっぱい吸い込みたい~
ちょっと多めに葉緑素をまぶした奴がいいな
アクセスカウンター
  • 累計:

最新コメント
火星から来たBeth : Beth came from Mars.
2009年10月28日に火星から来ました。
Bethと言います。

Bethは,
宮城県動物愛護センターの譲渡会に参加して
(2009年10月28日)
譲り受けてきた犬です。
月齢3か月ぐらいと,スタッフの方が説明してくれました。
出生のすべてが謎に包まれた犬なのです。

Bethが我が家に来たのを機会にブログを開設しようと思い。
タイトルをどうしようか悩んでいる時・・・

札幌在住の友人が
「出生がわからないんだったら火星から来たことにすれば!」
で決まったタイトルなのです。

カテゴリ別アーカイブ
管理人からのお知らせ
虫よけにお薦め
for girls who grow plump in the night
記事検索
just for a moment
Talking in the window as the light fades
I heard my voice break just for a moment
Talking by the window as the light fades
I felt the floor change into an ocean
We'll never leave here, never
Let's stay in here forever
And when the streets are quiet
We'll walk out in the silence
Listening to the movement that the night makes
I let the room fade just for a moment
Sitting in the shadows that the leaves make
I felt the floor change into an ocean
We'll never leave here, never
Let's stay in here forever
And when the streets are quiet
We'll walk out in the silence
Listening to the music the machines make
I let my heart break just for a moment
Listening to the music the machines make
I felt the floor change into an ocean
We'll never leave here never
Let's stay in here for ever
And when the streets are quiet
We'll walk out in the silence
プロパ癌だ!


お散歩時の熱中症予防に
ヤケクソバイオドリンクレモン広告
簡単な作り方を 「火星の食卓」で公開中です。