2013年10月

火星から来た日 10月28日

MORNING1
tomoさんの名古屋時代のご学友からの贈り物。
そのスイーツを堪能するところから始まった4周年記念のパーティー。
ご学友1
そうなんです。
Bethが火星から来て4年になります。

そして,生まれて初めて食べるパイナップルケーキ。
1031
紅茶・・・ブランデーをたっぷり・・・で
「デへへへ」
masahiro-1_22
とってもいいタイミングで送られてきました。
ケーキに関してはど素人なので,何と表現したらいいのかわからないんですが。
真ん中に入ったパイナップルの繊維が不思議な食感を生み出しているんです。
そして,甘さを控えてパイナップルの微妙な酸味を引き出していました。
そう。
最高に『おいちぃ~』んです。
hiroちゃんありがとう。
そして。
散歩三昧の日々を送るべく。
作ったのがこれ。
朝食や夕食の心配をせずに散歩三昧に一日を送るべく作りました。
冷蔵庫に入れておけば,いつでも食べれます。
「キャハハハハ~」
知子face大2_20
「さっ,イクワヨ!」

明日から,また新たな一年です。
Bethのための時間,そして僕たちの時間の始まり始まり。
FULL POWER

4年の間。
たくさんのワンちゃん。
そして,そのお付添いの人たち。
多くの仲間たちとお知り合いになりました。
散歩しなければお知り合いになれなかった人たちです。
不思議な出会いだと思います。

4年間の間,様々な事がありました。
あまりにも大きな出来事の中で翻弄され,
恐ろしく動揺している時でも,
この仲間たちがもたらす情報や温もりに,
救われる思いがしました。

僕たちは,このネットワークを 『ワンチャンNET』 と命名しました。

皆様ありがとうございました。
そして,これからもどうぞよろしくお願いいたします。
僕たちは,更にもっともっと歩き続けるでしょう。
『Beth』 と 『ワンチャンNET』 と共に。

deep down

PA298220


lou reed20131029_00000

変貌する
人故に
恐ろしい存在にも
優しい存在にも
悲しい存在にも

伝染り広がる


Staring at my picture book
She looks like mary, queen of scots
She seemed very regal to me
Just goes to show how wrong you can be

I'm gonna stop wastin' my time
Somebody else would have broken both of her arms

Sad song, sad song
Sad song, sad song

My castle, kids and home
I thought she was mary, queen of scots
I tried so very hard
Mojim.com
Shows just how wrong you can be

I'm gonna stop wasting time
Somebody else would have broken both of her arms

Sad song, sad song
Sad song, sad song
Sad song, sad song
Sad song, sad song
Sad song, sad song
Sad song, sad song
...



恐ろしく,優しくて,悲しい存在


背中でささやく声
ざわめきの中から聞こえる
刺すような意識に
叫びだす事さえもでない
たとえ叫ぶことができても
ガラスに隔てられた意識には届かない

彼は言う
僕に責任があったと
彼は言う
能力を過大評価したと
彼は言う
差し出された手は悪意に満ちていたと

投げつけられる意識
ざわめきの中から聞こえる
悪意に満ちた意識に
叫びだす事さえもでない
たとえ叫ぶことができても
ガラスに隔てられた意識には届かない

彼は言う
過ちは全て自分にあると
彼は言う
思い上がっていたと
彼は言う
システムはもともと構築されていなかったと

悲しみに満ちた意識は
自らに嘘をつくことで
生きながらえる
隔てられたガラスの中で


コラージュ17


酸素の密度が濃くなっていく
人の記憶が混じり合う
そして
たくさんの彩りが混じり合う
大好きな・・・とっても大好きな
LOU REED   forever

Over the Rainbow

「小さい秋見っけ」

メタセコイアの切株に。

105
おおお!きのこ。
「食べれないかな~。このまま,ほっておくのはもったいないよね」
レジャー_25
「灰汁抜きとかサ。裏ワザがあってもいいような気がしない」

「・・・・」
face大2_19

”天高く馬肥ゆる秋の馬肥ゆる方”
PA127065
これは試作品の火星の食卓特性親子丼です。
鶏肉に一手間加えて・・・香ばしく仕上げてみました。
「う~ん。まだまだ改良の余地がありそう」
納得できたら火星の食卓にupしますネ。
masahiro-panda_29



太りたくないけど食べたい人応援サイト
食べてもいいよさん


秋!って感じが,ちょっぴり。
最近の秋は,そのちょっぴりから,いきなり冬になっちゃうのですけど。
当然この時期,我々はハリキルわけです。
歩きやすい季節到来ってことでですが。

朝起きるや否やスタンバッテルBeth。
”天高く馬肥ゆる秋の天が高い方。第一弾!”
さっ。本番でっせ!
2013年10月13日 日曜日
『いざ行かん!河川敷』
morning1
調整池から線路沿いを蛙をかまいながら
106
(僕じゃないです)
歩いていると。


「おおおおお!虹だ~。それも2つ重なってる」
morning4
はっきり見える虹の外側にもう一個あります。
はっきり写っていませんけど。
虹は1個2個で数えていいのだろうか?
PA137082
PA137131
PA137141
PA137152
PA137149
PA137163
PA137154
河原に到着しても,虹はかかったままでした。

はっきり見える虹を主虹。
その外側に見える虹を副虹と言うのだそうです。
そして主虹は一番外側が赤で内側が紫。副虹はその逆に見えるのだそうです。
確認してみますね。
PA137145
ウーン。
副虹の色が薄くてはっきりはしませんんが。
主虹と副虹では色は対称になってるようです。

河原=走る
走るの好きなんだよね。
とっても楽しそう「アタチは,ハッピー。キャハキャハ」。
見てる方も楽しい。

PA137174
PA137209


107


108

虹を最初に見つけたのは6時1分。
河原から撤退中のこの時間は7時49分。
結構長い時間虹が出続けていたのです。
「渡れたかも?」


この季節は,
とっても大好きな季節なんですけど,
とっても大嫌いな季節でもあるんです。

人は,糸の長さや太さを,人それぞれに成長させながら生きているのだと思うんです。
そして,その糸に,その時々に応じて張力をかけて,平衡を保ち過ごしている。
張力が弱いとき,弛緩した状態。
張力が強いとき,緊張した状態。
それを繰り返しながら
張力が弱いときに絡まらないように。
そして張力が強いとき,切れてしまわないように。
意識せずにコントロールしてるのだと思うのです。

絡まってしまえば,それをほどくことが必要になります。
切れてしまえば,切れてしまった糸の端を探して,結ぶことが必要になります。

糸は空間の中で,隣り合う世界と世界を縫い合わせるためのもの。
だから,絡まらないように,切れないように優しく扱わなければいけない。

糸が絡まって元に戻らなくなってしまえば,
縫い合わせる時,
絡まった部分が引っ掛かり,
しっかり縫い合わせることができなくなります。
糸が切れてしまえば,
切れた糸をうまくつなげても,
縫い合わせる時,
結び目が引っ掛かり,
しっかり縫い合わせることはできなくなります。
一度絡まったり切れたりした糸は,もとの様に1本の糸としては機能しなくなるのです。

時折立ち止まる。
絡まった糸をほぐし,切れた糸の端を探しつなぎ合わせるために。
修復できても,できなくても。
そして,縫い合わせながら歩きはじめる。
ところどころに隙間を作りながら。

そんな経験をした秋だから。
様々なことを考えるようになりました。



”天高く馬肥ゆる秋が高い方。第二弾!”
2013年 10月14日 月曜日 体育の日
『いざ行かん!森林浴』

109

今日は,山に入れるかの調査も兼ねての出動です。
1010
森林浴。
酸素がいっぱい。
「思いっきり。吸い込む~。すいこむ~。スイコム~・・・・・・ブハ~」
ちょっと吸い込みすぎちゃった。
と言うぐらい。
今日は,(焼却処理する煙もなく)気持ちいいんです。



平地に降り立ったとき。
明らかにポリスチレンを焼却してるにおいに包まれました。
目はショボショボだし頭はずきずき。
(燃やさないで欲しい!大気はつながっているのだから)


1014

生い茂った木々に覆われ陰になった道を抜けると
PA147270
おおお!抜けるような青空。
気持ちいいです。最高!!
俄然やる気が出てきますね。
僕は行く気満々なんだけど・・・・。

そんでもって。
ここから,右に行くのが定番のルートなんですが。
1013
藪漕ぎするための手袋は持ってきましたが。
入り口でこれだから・・・やっぱり,もう少し草が枯れてからの方がいいだろうな。
Bethも思いっきり嫌がってるし。

おやつを食べて(今日はBethだけ)
PA147277

朝日に輝く太平洋と阿武隈川を見ながら帰宅したのであります。
PA147283
PA147292

”天高く馬肥ゆる秋を彩る芸術”
宮城県美術館でシャガール展をやってます。
10月27日までなので,是非見に行きたいな~。

続きを読む

アクセスカウンター
  • 累計:

最新コメント
火星から来たBeth : Beth came from Mars.
2009年10月28日に火星から来ました。
Bethと言います。

Bethは,
宮城県動物愛護センターの譲渡会に参加して
(2009年10月28日)
譲り受けてきた犬です。
月齢3か月ぐらいと,スタッフの方が説明してくれました。
出生のすべてが謎に包まれた犬なのです。

Bethが我が家に来たのを機会にブログを開設しようと思い。
タイトルをどうしようか悩んでいる時・・・

札幌在住の友人が
「出生がわからないんだったら火星から来たことにすれば!」
で決まったタイトルなのです。

カテゴリ別アーカイブ
管理人からのお知らせ
虫よけにお薦め
for girls who grow plump in the night
記事検索
just for a moment
Talking in the window as the light fades
I heard my voice break just for a moment
Talking by the window as the light fades
I felt the floor change into an ocean
We'll never leave here, never
Let's stay in here forever
And when the streets are quiet
We'll walk out in the silence
Listening to the movement that the night makes
I let the room fade just for a moment
Sitting in the shadows that the leaves make
I felt the floor change into an ocean
We'll never leave here, never
Let's stay in here forever
And when the streets are quiet
We'll walk out in the silence
Listening to the music the machines make
I let my heart break just for a moment
Listening to the music the machines make
I felt the floor change into an ocean
We'll never leave here never
Let's stay in here for ever
And when the streets are quiet
We'll walk out in the silence
プロパ癌だ!


お散歩時の熱中症予防に
ヤケクソバイオドリンクレモン広告
簡単な作り方を 「火星の食卓」で公開中です。