2012年12月

2012.12.31

忙しくても,忙しいなどとは言わず,何気に見える人になりたい。
でも,とっても多いです。
忙しいと言ってる人に限って,本当の忙しさを知らない人が。
本当に忙しいとき。
忙しい等とさえ言ってる暇もないものです。
そんな無駄口さえ叩く余裕もないときでも,何気に生きれたらすごいな~と思っています。


すべてが傾き始めている(かもしれない)この世界。
その秩序とは,利益と権益。
そしてそれは,今を生きる人々の守るべき秩序。
傾き始めたテーブルから滑り落ちないように (くさび)の ように突き刺さる利益と権益。
傾きかけてるからこそしがみつく。
いっそひっくり返し,新秩序をと考えたくもなります。
盤石なようにも見えるこの(くさび)は,テーブルが裏返しになれば意味をなさないのだから。
年末に違憲状態での選挙などあり,つくづくどうなるのかなって思う年末なのであります。
そして,
活断層を動かす力より,
自らが有する金と権力が勝っているという人たちがいるのもよくわかった一年でありました。
それは平面社会でのこと。
平面でしか思考できない社会。
悲しい限りであります。

PC294918
コラージュ48

原子力を推進する人のなかに,
真実を消す作業をしてる人々がいる。
それが事実だという事が明確になった年でもありますね。

でも,そのインチキを正当化させるわけにはいかないですよね。

響け復興の第九

PB041087

聴くたびに,何か熱いものがこみあげてくる。
昂揚感が全身をつつみ,
歓喜に満ちた時間を空間全体で共有する。

歌詞の内容がわからなった子供の時も,
歌詞の内容を理解して聴いてる今も,
同じ感動が全身を貫く。

PB041303


それは,
ドイツ語の響きゆえか?
合唱と言う圧倒的な臨場感の為か?
オーケストラが奏でる幾重にも重ねられた曲の深みと空間の振動で揺さぶられるためか?
それともbeethovenが死しても,なお放ち続けるαύραが記憶の深淵へ導くためか?

PB041263



震災後知り合いになったスポーツトレーナ(♀:南相馬出身)が合唱で出演。
この女性が ”響け復興の第九” を教えてくれたのです。
そして,なんとか被災者枠でチケットを確保できたので,聴きに行きました。

PB041345
コンサート
PB041533

その彼女が来年早々家族で神奈川に引っ越してしまいます。
「家も流されたし,それ以上に線量も高いので・・・」
とても悲しげにつぶやくように言っていました。
「来年も歌うんですか?」って聞いたときの回答でした。
「でもまた来て歌いたいな」とも・・・。

Merry Christmas


クリスマス?
僕の思い出は
127
8歳の時
引っ越しをきっかけにステレオを購入:16回転,33回転,45回転,78回転・・・sp版が聴けます。
その時おまけについてきたマスコット(瀬戸製)の犬です。
写真は2代目です(初代はもっと大きかったと記憶してます)。
そしてその年のクリスマスイブの日:小学校の終業式の日。
クリスマスプレゼントに購入してもらった”マグマ大使”のソノシート
blog
を聞こうと「ルンルン」気分で帰宅。
ステレオのターンテーブル(レコードを載せる部分)にソノシートを載せようと蓋を開けた瞬間。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
その気分は奈落の底に落ちたのです。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
この写真の初代マスコットがステレオの蓋の上に置いてあったのです。
それに気づかず。「ルンルン」気分で開けたのですから・・・結果はお察しの通りなのでです。
明日からのバラ色の人生が?バラ色の冬休みが血塗られた冬休みに変わった瞬間なのでした。



それまでは,ラチ゛ヲ付蓄音器がありそれで聞いてました。
蓄音器は,micchiが自分のラチ゛ヲ講演を家族に聞かせるために,購入したものです。
当然両方とも管球(真空管)式です。
講演の内容はその当時の僕には,難しすぎて覚えていません。

そして,本棚の奥にしまい込み,今や聴くことがなくなってしまったSP版なんですが,
ひょんなことがきっかけで,その存在を意識する事になったのです。
そのきっかけと言うのはですね・・・東日本大震災だったのです。
それはとても痛いおもいだったのですが,
たまたま家にいた僕は揺れと同時に,
サンダーバードのレーザーディスクの救済に気をとられて,
不覚にも後頭部に落下してきた物体を回避できなかったのであります。
そしてこれが,後頭部を打撃,かつ数十分間の記憶を奪った張本人たちの一部です。
129
1210
1211
貴重なレコードなので,整理しようと思いつつも・・・。
来年こそは・・・。



micchiは酔っぱらってご機嫌なときは,
このSP版をかけkeiちゃんか,僕のいとこのqumienとチークダンスを踊ってました。

そういえば,その当時の ”アイスクリームケーキ”ってまずかったよね。
甘味が少ない時代でそうだったのだから,よっぽどひどかったんだと思うな。
当日食べきれずに残ったアイスクリームケーキは,
濡れ縁に出して・・・冷蔵庫がなかったから・・・翌日また食卓に上ったんだけど。
結局それを目の前にして,誰も手をつけなかったんですね。


そして今年のクリスマスは,こんなうれしいことが。
コラージュ45
Ziro & Margaritaから・・・クリスマスケーキのプレゼントが届いたのであります。
早速ですね・・・紅茶を入れブランデーを少々たらし。
『いただきます』
『う~ん。おいち~。』
南蛮漬けも一瓶・・・ハラペーニョソースのような香りで辛さはその数十倍はある感じでした。
いろいろありがとうございます。

こういう美味しいものを食べると・・・がぜんやる気が出てきちゃうのです。
てなわけで
このケーキのお返しに
パプリカを使った肉詰めに挑戦。
同時にピーマンの肉詰めとスコッチドエッグも作っちゃいました。
1216
作り方は ”火星の食卓” をご覧ください

**********  パプリカの裏話  **********
最近ですよね町場の八百屋さんに並ぶようになったのは。
その昔デパ地下などに行くと並んでました。
あまりにきれいで鮮やかなので,
プラスチックでできた飾り物だと思ってました。
なんでお金をかけてまで購入し,
少ないスペースに飾り付けるのだろう?
と真剣に悩んでいました。
単なるオブジェ?

食べれるもので,
パプリカと言うものだと判明したのは,
学生になって一人暮らしをするようになってからです。
荻窪の友人宅にお邪魔したときに,昼食に出されたスパゲッティに入っていたのであります。
見た瞬間
「・・・エッ・・・・」
「・・・なんでプラスチックの破片が入ってるの・・・」
「・・・それにしてもどうやって切断したのだろう・・・」
東京の人たちは,プラスチックを食べるの?とは思わなかったけど・・・。
目が点に・・・なりながらも,
友人のホークの動きを目の端で追いながら,
プラスチックの破片とおぼしきものをよけ食べ始めたのです。
そして,友人がプラスチックの破片も一緒に食べてるのを確認してから,
おそるおそる破片を口に運んでみたのです
「・・・おおおおお!ピーマンじゃね~の・・・」とこころで叫び。
思わず「う~ん」とうなってしまったのであります。
友人は怪訝な顔をしながら
「どうした?美味しくない?」
と聞いてきたので,今までの経緯を友人に話すと。
大笑いされました。
そして彼のお母様にまで・・・。
帰宅時には友人のお母様にパプリカを数個持たされ,
津田沼のアパートへ帰宅したのであります。
これが,僕とパプリカのと正式な最初の出会いなのであります。
アクセスカウンター
  • 累計:

最新コメント
火星から来たBeth : Beth came from Mars.
2009年10月28日に火星から来ました。
Bethと言います。

Bethは,
宮城県動物愛護センターの譲渡会に参加して
(2009年10月28日)
譲り受けてきた犬です。
月齢3か月ぐらいと,スタッフの方が説明してくれました。
出生のすべてが謎に包まれた犬なのです。

Bethが我が家に来たのを機会にブログを開設しようと思い。
タイトルをどうしようか悩んでいる時・・・

札幌在住の友人が
「出生がわからないんだったら火星から来たことにすれば!」
で決まったタイトルなのです。

カテゴリ別アーカイブ
管理人からのお知らせ
虫よけにお薦め
for girls who grow plump in the night
記事検索
just for a moment
Talking in the window as the light fades
I heard my voice break just for a moment
Talking by the window as the light fades
I felt the floor change into an ocean
We'll never leave here, never
Let's stay in here forever
And when the streets are quiet
We'll walk out in the silence
Listening to the movement that the night makes
I let the room fade just for a moment
Sitting in the shadows that the leaves make
I felt the floor change into an ocean
We'll never leave here, never
Let's stay in here forever
And when the streets are quiet
We'll walk out in the silence
Listening to the music the machines make
I let my heart break just for a moment
Listening to the music the machines make
I felt the floor change into an ocean
We'll never leave here never
Let's stay in here for ever
And when the streets are quiet
We'll walk out in the silence
プロパ癌だ!


お散歩時の熱中症予防に
ヤケクソバイオドリンクレモン広告
簡単な作り方を 「火星の食卓」で公開中です。