2012年06月

you and beth

悪しき空間との接触。
誹謗や中傷によって悪しき空間へ身を投じ,
何時しか自らも悪しき者になってしまう。


そんな嫌な気分を振り払いに,午後の散歩に出かけました。

散歩の声がかかるのをジット待つBeth
0675

出発。
Bethも何となく元気がありません。
P6235506

海岸から8㌔地点で車を乗り捨て突入開始。

0670

素晴らしい青空。
強い日差しの中,川面を吹く冷たい風が頬を撫でていく。
気持ちがいい。
一歩一歩足を踏み出すたびに,体の汚れが落ちていくような感覚がしました。
Bethは一気にレッドゾーンに突入。
P6235521

P6235597

水辺でちょっと一休み
P6235613

一休み中でも,Bethはとても忙しそう?
0671
何やってんでしょうね?


河川敷の道には,だんだん大きな水たまりが・・・・
なにかとってもいやな予感。
P6235668

「ガーン」池になってました。
P6235666
どうしようか迷ったけど。
今日の目的の一つは荒浜のyou君に会う事。
だから迂回して,堤防の上に移動。

「フ~」
P6235671

迂回するのに30分以上かかりました。
堤防までの草原をショートカットしようと試みたのですが,草が腰の高さまでありショートカットは断念。
来た道を堤防に登れるところまで戻ったので,時間がかかりました。
今日は,阿武隈川の河口まで行くのは無理かな?

P6235681

到着。
荒浜のボーイフレンドyou君です。
「おひさしぶり」
P6235683

0672

0673
P6235698

これはですね。
ひまわりなんですが,やけに大きいのでyouおかあさんに聞いてみました。
P6235700
7mぐらい伸びるひまわりなんだって。
「スゲー」。
咲くころ来てみよっと。 

若干の休息後,帰宅。
youおかあさんが,「大根持ってかない」
残念ながら徒歩で来たのでと,丁重にお断りさせていただきました。
阿武隈河川敷に再突入。

御休息
P6235727
 
アスファルトは固くてお尻にやさしくないのですが,ホカホカして暖かく不思議に気持ちがいい。
P6235730

おやつの時間。
0674
① おやつのジャーキーを横目でチラ見しながら頑張ってますね。
②   OKの合図とともに,そそくさとジャーキーに忍び寄るBeth。
③   ジャーキーゲット。

帰宅途中の河川敷から見た景色は,とても素晴らしいものでした。


you君にも会えたし,楽しい一日になりました。
先週から今週にかけて暗い気分の日が続いてました。
悪意に満ちたものが,すべて流れ落ちた気がする・・・
ボディー内蔵のファームウエアーが,最新ヴァージョンに更新された感じかな。
P6235845
今日の散歩は,たくさんの拾いものをしたね。
P6235760
P6235766
0676

悪意に満ちた空間からは,意識的に遠ざかろう。
積極的にコンタクトがない限りは。

人の発電能力

ジムデビュー。
トレーニングルームを利用する場合は,講習会の受講が必要なので事前に予約。
そして受講してきました。
受講料は無料で,施設の利用料200円を支払って頑張ったのであります。
年間会員になってると施設の利用料は,4時間で200円とリーズナブル?
講習会の定員は3名ですが受講者は,僕とtomoさんの2名だけでした。

もともと,この施設内にあるプールを利用していたので,スタッフの人達とは顔見知り。
講習は機器の使い方をメインにして,あっという間に終わりました。


早速・・・ジムの中にある自転車・・・なんて言うのかな。
屋内トレーニングバイクとでもいうのでしょうか。
やってみたかったんです。
これを。
機器の説明を受けてた時に,
ペダルを踏むときの負荷表示がワット(W)表示と言う事を知った瞬間から。
「へへへ」
なんだかワクワクしてました。
どういう事かと言いますと。
自転車のペダルを踏むときの重さを調整できて,
重くすると発電量も大きくなるという事なんです。
自分の発電する力はどれくらいかな?
「フフフ」
自分の発電能力に挑戦。
「・・・・・・」
頑張って
「ムムムムウ」
150Wで20分が限界。
(機器の使用時間に30分という制限があり,まずは20分で挑戦してみました。)
悔しいので,ウエイトトレーニングを若干行ってから。
リベンジ。
「・・・・・・」
バイクの下は汗で水浸し。
今度は
150Wで10分で顎が上がったので残りは120Wで10分。
「こんなもんなの」
「150Wじゃ,食パンも焼けねーよ」
昔昔,千葉の船橋から自転車で,
26時間かけて帰省した時の体力はなくなっていたのでした。
(夏休みで帰省する時に,電車賃がなかったというだけなんですけどね。
地図変えなかったので,図書館で地図をコピーして帰ってきたんです。
若かったんですね。)
自転車_25


写真をクリックっすると,””電気のなぜ”へワープします。
電気のなぜ

模様

自転車_18

0658

雨の日は,さすがのBethも散歩に出たがりません。
単なる雨嫌いなのか,気圧の関係なのかは定かではないですが。

基本的に散歩が生活の一部のBethは,雨の合間を縫って散歩に出かけます。
最初はボーっと歩っているんだけど,歩いてるうちにスイッチが入り散歩に熱中してしまうんですね。

僕の方はと言うと,Bethが火星から来たときにカッパを購入し,雨の度に真面目に着て散歩してました。
それが去年壊れて,新しいのを購入。
それを着て散歩してました。
しかし梅雨の終わり等は特になんですが,
雨模様だと判断して出かけても,途中で雨が上がり・・・・灼熱地獄になることがあるんですなこれが。
上下のカッパなので,道端でそう簡単に脱ぐことはできないし,
仮に脱げたとしても,ガサバッテ持つのが大変なんです。
カッパってさ,なんであんなに着心地が悪くてバタ臭いデザインなんでしょうね。
長靴もそうですね。
長い時間履いて歩いているとくるぶしが痛くなるし。
だから最近は,通気性が良く薄手のヤッケを着用し,傘を差してスニーカーで出かけます。


 
そういえば今年の冬に安い防寒着上下を購入しました。
釣り用の防寒着と言う事だったので,多少濡れても大丈夫だと思って雪の日も来てました。
ところが,2~3週間後の早朝その防寒着の袖に腕を通した時,手にべっとりと水滴がついてきたのです。
裏返してみると裏地がベトベトでした。
値段なりにそうなのかと思い,メーカーにメンテナンスの方法などあるか問い合わせてみると,調査するので小売店経由で送ってくれとの事。
早速小売店へtomoさんが持って行きました。
10日ぐらい経過してから,交換しますので小売り店に取りに行ってくれと言う事なので,またまたtomoさんの登場。
いや~tomoさんご苦労様です。
と言う事は,不良品?メーカーの対応から,僕はこの時点でこの製品は不良品なのだと判断しました。
そして,翌日から交換してくれた防寒着で散歩に出かけました。

調査期間についてメーカー側から何の説明もないし,防寒着なしでの早朝の散歩はしんどい。
だから今度は,結露をしない防寒着を,よおく吟味しながら購入てたんですけどね。
購入時,そのメーカーの店員に結露しないよねと念を押したのは言うまでもないことなのですが。
メーカーの店員は,怪訝な顔をしながら「当社の製品では絶対ありませんし,防寒着が結露したら防寒着の意味がないです。もしそんなことがあればすぐに交換いたします。当社の製品は,他メーカーと比較して多少高いですが,長く着れるいいものを提供してますから,安心して着てください」といってました。

交換後やはり同じ現象が発生するので,再度メーカーに問い合わせをすると。
カッパや長靴と同じだから内側が結露するのは仕方がないとの回答でした。
じゃ,最初の調査中に何故交換してくれたのか聞いてみると。
確認したいので送り返してもらっただけで,その間僕が寒い思いをするといけないので,
メーカー側が僕を気遣って代替え品を出しただけなのだそうです。
「当社の製品には,お値段は高くなりますが結露しない製品もありますのでそちらをご購入されるのがいいと思います。」
「フ~ン」
事の成り行きを説明して,小売店に引き取ってもらいました。
このメーカーが不思議なことを言ってました。
この製品は,安く仕上げるために中国で縫製してる。そして不良が出て困ってるんだけど,中国製だから・・・・。
「????」
基本的に製造業と言うものは,どこで作っても同一の品質維持するための管理を徹底するのが当たり前だと思います。
つまりこのメーカーは,製造現場を管理できていないのでしょうね。
品質を製造現場だけに押し付け品質が悪いのは現場のせいにしてる。
自らの会社で作ろうが,外注で作ろうが,自分達のメーカーロゴの入った製品が,市場に出回るのだから品質の管理は当然すべきだと思うのですが。

それ以来,ちょっと高くても長く着れるいいものを選ぶことにしたし,最近よく来てるヤッケもこの時購入した防寒着のメーカーの製品です。



そして神出鬼没の謎の友達にまた会ったのでした。
0657


雨はやはり好きではありませんし,雨模様の時間の長い梅雨も好きではありません。
しかし,梅雨の時期にも梅雨の時期にしか見れない梅雨模様があると言うのを最近知りました。
平日は朝の散歩担当なので,梅雨の朝の空模様が正しい表現かもしれませんが。

梅雨に入ってから6月22日までの平日の空模様です。

0667

0668

0666

0665

0664

0660

梅雨の空模様も満更捨てたもんじゃ無いですね。


一緒に寝てしまいそうでした。


写真をクリックっすると,それぞれの火星へワープします。
火星農園
火星の食卓





自転車_23
0644
0661
0662
0663

アクセスカウンター
  • 累計:

最新コメント
火星から来たBeth : Beth came from Mars.
2009年10月28日に火星から来ました。
Bethと言います。

Bethは,
宮城県動物愛護センターの譲渡会に参加して
(2009年10月28日)
譲り受けてきた犬です。
月齢3か月ぐらいと,スタッフの方が説明してくれました。
出生のすべてが謎に包まれた犬なのです。

Bethが我が家に来たのを機会にブログを開設しようと思い。
タイトルをどうしようか悩んでいる時・・・

札幌在住の友人が
「出生がわからないんだったら火星から来たことにすれば!」
で決まったタイトルなのです。

カテゴリ別アーカイブ
管理人からのお知らせ
虫よけにお薦め
for girls who grow plump in the night
記事検索
just for a moment
Talking in the window as the light fades
I heard my voice break just for a moment
Talking by the window as the light fades
I felt the floor change into an ocean
We'll never leave here, never
Let's stay in here forever
And when the streets are quiet
We'll walk out in the silence
Listening to the movement that the night makes
I let the room fade just for a moment
Sitting in the shadows that the leaves make
I felt the floor change into an ocean
We'll never leave here, never
Let's stay in here forever
And when the streets are quiet
We'll walk out in the silence
Listening to the music the machines make
I let my heart break just for a moment
Listening to the music the machines make
I felt the floor change into an ocean
We'll never leave here never
Let's stay in here for ever
And when the streets are quiet
We'll walk out in the silence
プロパ癌だ!


お散歩時の熱中症予防に
ヤケクソバイオドリンクレモン広告
簡単な作り方を 「火星の食卓」で公開中です。