誤診

  1. 舞い降りた警告
  2.  降り続く梅雨の雨は、
    ダメージを受けた体に情け容赦無く浸み込んでいく。
    闇の中でジトジトと神経を逆撫でする雨音は、寝床の中へ苛立たしさを誘い、微睡を揺り動かす。
    窓から暗い光が差し込み始めた時、瞳の奥にガスが立ち込める朝が訪れる。

  3. 誤診
  4. 救急搬送された病院での診断は
    ①仙腸関節障害 or ②椎間板ヘルニア(4番・5番)
    ブロック注射による治療だけなので後日退院。
    通院加療しながら経過観察。
    2週間目に最終的に①の仙腸関節障害と診断。
    排尿障害や排便障害があり、確認したが処方した薬にそのような副作用はないと一笑。
    満足にお風呂にも入れない状態が続く中、流石に気持ちが悪いので無理やり風呂に入り、
    湯船の中で痛みに身動きがとれなくなり溺れそうになる。
    この間、痛み止めの処方は4種類になる。
    数十度(あざになりました)臀部に打たれたブロック注射の効き目は数十分がいいところ。
    それでも、なんとかこの状態から抜け出したい一念でお願いしてました。
    僕の見立て:仙腸関節障害 or 椎間板ヘルニア(4番・5番)の複合ではないか?
    仙腸関節障害の患部に直接ブロック注射を実施しても、
    上記のような状態は改善されなかった為そう感じ始めてました。

    仙腸関節障害の専門医が治療してる医療機関へ紹介状を出していただき、7月29日に受信。
    細かな問診と触診により、左脚に脊椎反射がなく、排尿障害排泄障害が出てることから、
    4番5番の椎間板ヘルニアと診断。
    即日入院となり手術を検討。
    救急搬送された病院で処方された痛み止めは、体の事を考えすべて服用を止められる。
    翌日、CT画像を見ながら腰椎穿刺による患部の確認。
    実際に神経を圧迫してる部分に針を刺し、
    左臀部から左脚側面・脛・親指に同一の痛みが再現するかの確認。
    これはですね、とても痛いです。
    患者さんの中には、痛いので、再現しなくても、再現したと言っちゃう人いるのだそうです。
    今後の治療の足掛かりになるので、正直に言ってくださいと要請されました。
    でも、その気持ちはすごく判りました。
    更にブロック注射を実施し、この晩およそ2カ月ぶりに痛みから解放された睡眠がとれる。
    翌日手術の日程に空きがないのと、早期の退院を希望したために、
    快癒はこの病院では約50%のヘルニコア注射による治療方法を提案される。
    施術後数日から2週間程度の期間が経過観察期間として必要となるため、
    経過観察しながらダメだった場合は、手術しましょうと。
    また、アナフィラキシー症候群と言われる副作用の危険がある。
    副作用が起きたときはすぐに対策します。
    この治療は一生に一度のみ可能。
    等の説明を受け、ヘルニコアの注射治療で行くことを決心。
    8月5日15時実施 術後一日目に股関節の痛みが消える。
    ただし、歩き始め等動作に変化があった時、
    左脚の左側面から脛、親指にかけてのしびれあり。
    8月8日退院。 


  5. 新人の洗礼
  6. 治療のために抗生剤の点滴がありますとの連絡。
    そのための準備に2名
    眼だけ美人の新人女性と、目でものを言うベテラン男性。
    最近猫も杓子もマスクしてますからね。
    コロナの最中顔を合わせた人でコロナが収束した後、
    顔を合わせて何人の人が名前と顔が一致するのでしょう。

    男性は今日僕の担当で、女性は点滴の準備をする係であるとの紹介。
    女性が左手肘の上にゴムバンドを結び付け、
    「指握ってください」
    「・・・」親指を中に握りしめ。
    「ここらあたりでいいですかね」と血管のある付近を指でなでなでしながら、
    見つめあう二人。
    「そうだね」
    と言いつつ、ちょっと違う部分をなでながら。
    「ここらあたりでいいよ」と男性。

    「じゃほどきますね」
    「??」僕
    「じゃ準備してきます」と二人で雲隠れ。
    「???」僕
    何のために来たの?


    しばらくしてから、目だけ美人の新人女性だけ表れて。
    「じゃ、点滴の針いれま~す。
    まずは腕の下にシート敷きますので。手をあげてください」
    シートを敷き終わり、なんだか嫌な予感がするので、目をつぶってました。
    「・・・・・」
    なかなか始まらないので、ちょっと不安になりかけた時
    「チクットします」
    「・・・・・」
    ちょっと鼻息が荒くなって
    「イテテテテ」
    「親指にしびれありませんか?」
    「ないけど、痛いです」
    「・・・・・」
    「ハイ、終わりました」
    挿入した針の周りのテーピングに手間取ってる様子。
    心配になり目を開けて見ると、腕が赤く染まってました。
    「エ?」と思わず
    「大丈夫です防水シートですから」
    「?」
    腕の裏側に着いた血をふき取るのに手間取りながらも、
    なんとか真っ赤になった防水シート片付け終わり。
    「テーピングの中に血が入ってしまってるので、これでいいのか先輩に聞いて来ます」
    「了解」
    聞いて来ますと言ったのですから、
    OKかNGの結果を伝えに来てくれるのだろうと思っていたのですが
    待てど暮らせど、その目だけ美人の新人女性はきませんでした。

    結局治療が終わり、重度の副作用も発症しなかったので、
    点滴の必要がなくなり、目でものを言うベテラン男性が点滴の針を外しに来てくれました。

    その外した後を見たとき、
    血管の直角方向に3mm間隔で2か所の穴を発見。
    『こりゃ痛かったわけだ』と穴を見ながらしみじみ思ったのでした。







アクセスカウンター
  • 累計:

最新コメント
火星から来たBeth : Beth came from Mars.
2009年10月28日に火星から来ました。
Bethと言います。

Bethは,
宮城県動物愛護センターの譲渡会に参加して
(2009年10月28日)
譲り受けてきた犬です。
月齢3か月ぐらいと,スタッフの方が説明してくれました。
出生のすべてが謎に包まれた犬なのです。

Bethが我が家に来たのを機会にブログを開設しようと思い。
タイトルをどうしようか悩んでいる時・・・

札幌在住の友人が
「出生がわからないんだったら火星から来たことにすれば!」
で決まったタイトルなのです。

カテゴリ別アーカイブ
管理人からのお知らせ
虫よけにお薦め
記事検索
just for a moment
Talking in the window as the light fades
I heard my voice break just for a moment
Talking by the window as the light fades
I felt the floor change into an ocean
We'll never leave here, never
Let's stay in here forever
And when the streets are quiet
We'll walk out in the silence
Listening to the movement that the night makes
I let the room fade just for a moment
Sitting in the shadows that the leaves make
I felt the floor change into an ocean
We'll never leave here, never
Let's stay in here forever
And when the streets are quiet
We'll walk out in the silence
Listening to the music the machines make
I let my heart break just for a moment
Listening to the music the machines make
I felt the floor change into an ocean
We'll never leave here never
Let's stay in here for ever
And when the streets are quiet
We'll walk out in the silence
プロパ癌だ!


メンバーリスト
お散歩時の熱中症予防に
ヤケクソバイオドリンクレモン広告
簡単な作り方を 「火星の食卓」で公開中です。